HAL WEB Photo Blog

花のこと、空のこと、海のこと、映画のこと、小池さんのこと...

BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

2016年11月11日 | MOVIE
「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」を見ました。



巨匠スティーヴン・スピルバーグがロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化した、孤独な少女と心優しい巨人の友情を描くファンタジーアドベンチャー。
スピルバーグ×ディズニーの初作品です!


10歳の女の子ソフィー(ルビー・バーンヒル)は、ロンドンの児童養護施設で生活していた。
寝付きの悪いソフィーが窓から夜の街を見ていると、身長約7メートルの巨人(マーク・ライランス)が出現し、彼女を巨人の国へ連れていく。



巨人の名はBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。
優しいBFGに、ソフィーは心を許すようになる。



そして、子供たちに夢を吹き込む仕事をしているBFGと一緒に、ソフィーは夢の国へと向かう。

しかし、その巨人の国の、BFG以外の巨人は人を「豆」として食う習慣が。
そして、豆を食うために人間の国を襲撃するつもりらしい、、、



なんとして食い止めなければ!!

ソフィーが思いついたプランは、女王陛下に会いに行き、直接、その事情を伝えて助けを求めようというプラン。

ソフィーのまっすぐな思いを感じた女王陛下は、その気持ちを受け入れ、BFGの存在も怖がらずに、客人として迎えます。

そして、英国軍隊が一気に悪い巨人を捕獲!
遠くの孤島に閉じ込め、水が嫌いな巨人はその島から泳いで出ることもできず、、、

これにて一件落着~~ww

そして、ソフィーとBFGは友情を確かめ合い、離れ離れになりつつも一生の友人として、、、



めでたしめでたし^^
 
ストーリーがシンプルすぎて、ETのような手に汗握るシーンが無いのが残念ですが、
映像も、ストーリーもファンタジー一色の素敵な作品でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグロ納豆丼 | TOP | ウルトラスーパームーン »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | MOVIE

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。