HAL WEB Photo Blog

花のこと、空のこと、海のこと、映画のこと、小池さんのこと...

ハドソン川の奇跡

2016年12月12日 | MOVIE
「ハドソン川の奇跡」を見ました。



クリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。


2009年1月15日、
真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。

飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。



このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。



着水は成功!

ちょうど、その様子を見てたボートやヘリなど、偶然がかさなって24分で乗員乗客全員を無事救助することに成功!



155人全員の命を救ったと、機長はヒーローに!

しかし、、、



コンピューターでのシミレーションでは近隣の飛行場へも無事に戻れたと結果が。
飛行場に戻ることができたのに、なぜ危険な川に着水したのか?

そういう判断を下され、一夜にして犯罪者扱いに!



保険会社とか、だれの責任とか、、、そういう裏事情で、機長を称えるだけじゃ終わらせられない大人の事情か??

でもね、最後はハッピーエンドです^^

映画だからじゃなくて、実際の実話でも同じ結末なんだよね???
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンタスティック・ビース... | TOP | 貞子vs伽椰子 »
最近の画像もっと見る

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。