Live !!

インドネシアはジョグジャカルタでの生活

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨が降るよ...

2010-11-21 18:15:39 | Jogja Life
もうすぐ雨が降るよ

凄い黒雲だね

急いでね、おじちゃん...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3年ぶりの書き込み

2010-11-16 00:15:28 | Jogja Life

最初は、見るもの聞くもの全てが新鮮で刺激的だったジョグジャカルタでの生活も、

いつしか日常となり、いちいちカメラを持ち歩いて写真を撮り歩くこともなくなり、

気が付けば、ブログも放置プレイ。



3年ぶりに、ふと思い立ってログインしようとするも、

IDとパスワードが思い出せずに、何度もログイン画面で蹴られる始末。



どうして再びブログをいじってみようと思ったかというと...

近くにある火山が噴火してけっこう大変なことになっているから。




野太い噴煙を上げているのは、

ジョグジャカルタ市街から北に約25kmのところにあるメラピ(Merapi)火山。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いなせ!

2007-09-22 13:11:37 | Digital Camera

刺身を作って食べてみたい..  という下心を胸に、

まだ足を運んだことがないDepok海岸に行ってみた。

 

 やはり、いつどこの海岸へ行っても、インド洋は大荒れ。

砕けた波のしぶきが霞のようになって岸に流れてくる。

 

しばらく海を眺めていたら、小さな漁船が戻ってきた。

大波に追いつかれないように、スピードを上げて浜に突っ込む。

 

加速をつけた船が砂浜に乗り上げると同時に、

どこからともなく人がたくさんやってきて

船が海に引き戻されないうちに引き上げる。

 

一仕事終えて満足顔の漁師さんの顔は、

どことなく日本の漁師さんと似ているように感じた。

厳しい環境で生活していると顔つきが変わってくるのだろう。

 

ところで、あがってきた魚はサメや小魚だったので、

刺身は諦めました。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2007-09-08 13:23:19 | Digital Camera

ネタがないので花の写真でお茶を濁すことにする。

 

買い物のためによく歩く道である日、

大きな黄色い花がたくさん落ちているのを見つけた。

見上げると、ケヤキに似た大木に、花が鈴なりになっている。

その落ちてくる様子はバドミントンの羽根のよう。

 

 

花が咲く木は家々に庭木として植えられているので、

目にする機会も多い。

 

でも、なぜか草に咲く花は見かけることが少ない。

こんなカラフルな花をつけるのもあるのにね。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

寂しい南の海 ~その2~

2007-08-20 20:18:47 | Digital Camera

前述のKukup海岸からさらに東に数kmのところにある

Krakal海岸

ジョグジャカルタに住む人の多くが、ここがイチ押しの海岸だと言う。

でも、

 ゴミがまったく落ちていないこんなにきれいなビーチなのに、

コテージらしき建物もあるのに、

だ~れも居ない。

 

お店も全部閉店、駐車場もガラガラ。

人影といえば、壊れた看板を修理しているおじさん2人だけ。

 

 実は先月、インド洋に面したこの地域一帯は高波を受け、

海沿いの露店は軒並み被害を受けた。

人がいないのも、お店が開いていないのもそのせい。

観光客がたくさんお金を落とせるように、

早くお店を再開してねと願いながら帰途についた。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寂しい南の海

2007-08-18 00:29:38 | Digital Camera

ジョグジャカルタの南東には、"Gunung Kidur"(南の山)という

石灰岩の小山が連なる地帯がある。

石灰岩は割れ目が多く水持ちが悪いため稲作はできず、

代わりにキャッサバ畑が山の上まで作られている。

 

そんな丘陵地の道を延々と走り抜け、いいかげん飽きた頃、

唐突に真っ青なインド洋が現れる。

 

この日は、以前来たときのようにBaron海岸で魚を食べた後、

その東に点々と続く別の海岸に足をのばしてみることにした。

まずは、Baronの約1km東にあるKukup海岸。

駐車場と簡素な土産物屋が並ぶ小道を抜けると、

白い砂浜の海岸に出る。

海岸には若者のグループや家族連れが数組だけ。

 

海に膝まで浸かってはしゃぐのは一部の若者だけ。

あとはインド洋の荒波の音と砕ける白波を眺めている。

こんなに波が荒くなきゃもっと外国人も来るんだろうにねぇ..

 

海岸のそばに、熱帯魚すくいの露店が出ていた。

ただでさえまばらな客は、みんな眺めるだけで通り過ぎる。

店番のおいちゃんには申し訳ないが、私も写真だけ撮らせてもらった。

強烈な日差し、泳げない海。

長居をするのはちょっとキツい。

気だるい雰囲気は十分満喫したので、

もひとつ東にあるKrakal海岸も覗いてみることにした。(つづく)

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国旗屋

2007-08-10 07:13:38 | Digital Camera

8月17日はインドネシアの独立記念日。

毎年この時期になると、道端には国旗を売る露店が並ぶ。

紅白ボーダーの旗は、さながら紅白幕のようで、見た目にもおめでたい。

 

 

考えてみれば去年もこの光景を目にしたっけ。

ここで生活し始めてから既に1年以上が過ぎたということ。

早いものである。

 

そんな個人的な感慨もあって、一番小さい国旗を買ってみた。

1つでいいというのに、3枚セットで1万ルピア(約130円)。

 

3つもあったら、本当に紅白幕が出来ちゃうじゃない....

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コブラ

2007-08-01 21:33:48 | Digital Camera

インドネシアには、野生のキングコブラがいる。

野生のものかどうかは知らないが、

そのキングコブラの肉を食べさせる食堂を見つけたので、行ってみた。

その名も、『レストラン コブラ』!

 

『コブラ肉の黒コショウ炒め』

ワクワクして料理の到着を待つこと数分、最初に運ばれてきたのがこれ。

コブラと言われなければ何の肉だかわからない。

肉は淡泊で歯ごたえあり。ウマ~

 

見かけは焼き鳥と何ら変わらない『コブラ肉の串焼き』

たれの味が強すぎて肉の味はよくわからず。

 

『コブラ肉のステーキ』

失敗! 臭いが気になる(泣)

 

ひととおり食したが、決して鼻血がでるようなことはなかった。

残念だったのは、肉が全部切り身になっていて

本当にコブラ肉なのか確認できなかったこと。

今度は調理前の肉を見せてくれと尋ねてみようかな?

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

走れマッシュルーム

2007-07-17 21:42:20 | Digital Camera

前方に奇妙な物体を発見!!

左右にゆっさゆっさ揺れながら、

時には遅い車を追い越しながら、

張り出した木の枝を豪快にこすりながら、

楽しげに走る。

 

この堂々とした姿には、

もはや『過積載』とかいう後ろめたげな言葉は当てはまらない。

聞いてみると、これはけっこうよく見られる光景なんだそうな。

このお姉ちゃんも全然気にしてないもんね。

インドネシア、恐るべし..

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

大編隊

2007-06-23 23:32:49 | Digital Camera

洗濯洗剤ですが..

洗い上がりが心配です

 

日本では企画段階でボツな名前だなぁ

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加