柏レイソル観戦記

ほぼ柏レイソルの話題だけになると思います

中山雄太のベストポジションはどこだろう

2016-10-18 19:05:00 | 2016年
U19のイラン戦は残念ながら引き分けでしたが、中山雄太の出来は全出場メンバーの中でも際立っていました。
対人守備、空中戦での競り合い、ピンチでのカバーリング、ビルドアップの精度と、CBが求められるプレーの全てで高いパフォーマンスを見せてくれました。
しかも後半のアディショナルタイムではドリブルでPA付近までボールを持ち上がり、パスの後もPA内まで侵入してシュートまで放ち、攻撃面でも能力の高さを見せてくれました。
レイソルサポーターからすると中山のオールマイティーさは周知の事実ですが、同年代とプレーするとそのレベルの高さがよく分かりますね。

そんな中山ですが、残念ながら(?)1度にプレーできるポジションは1つだけです。
正直、2,3人中山が欲しいところではありますが、そんな冗談を言っていても仕方ないので、どのポジションがベストなのか考えてみました。

センターバック
現状、一番出場機会の多いポジションです。
前述の通り、CBとして必要な能力は高いレベルで兼ね揃えている上に、世界的にも貴重な左利きのCBです。
ただ、身長180cmというのが若干惜しいです。
地上でも空中でも競り合いに負けない強さは持っていますが、この身長は世界レベルで考えると低めと言わざるを得ません。
ただ、どんな場面でも冷静にプレー出来るメンタルは一番CBに向いてるんですけどね。

ボランチ
ボランチは攻撃でも守備でも高い能力が求められるため、中山のオールマイティーさを一番活かせるポジションの1つだと思います。
唯一問題なのは柏はボランチの人材が豊富なので、どうしても他のポジションに回されてしまうことです。
日本代表として考えてもボランチは激戦のポジションなので中々回ってこないでしょうね。

サイドバック
このポジションも何気に中山のオールマイティーさを活かせるポジションだと思ってます。
中山がSBにいれば守備もビルドアップも安定すると思いますし、逆サイドからのクロスに飛び込ませてもいいと思います。
ただ、中山は相手選手をちぎれる程のスピードやアジリティがある選手ではなく、体の強さもサイドよりかは中央の方が活きるので、サイドに張らすのはちょっと勿体無いですかね。

攻撃的ミッドフィルダー(トップ下、サイドハーフ、インサイドハーフ)
十分以上にやれそうですが、プレーを直接見たことがないのでなんとも言えません(ユース時代にミドルシュートで得点していたらしいですが)。
ただ、高い位置でボールを奪ってくれそうなので結構面白いと思います。
一度見てみたいのですが、ボランチ以上に国内では競争が激しいため、中山までお鉢が回ってくることは殆どないと思います。

まとめ
中山個人の能力を考えるとボランチがベストなのですが、クラブや日本の選手層を考えるとどうしても他のポジションに回されてしまうことになると思います。
オールマイティーであるせいで、逆にボランチへの専念を許されないといのは皮肉ですね。
ただ、中山が世界に出ていくとしたらボランチになるんじゃないかと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選手の首を振る動作について | トップ | サイドバックへの無茶振り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。