タイガース日記

阪神タイガース奮闘の記録。
勝った時だけの戦況報告&雑感です。

梅ちゃん絶好調

2017-05-05 18:06:05 | 日記
2017/5/5 阪神 8-5 広島

甲子園に帰って来て首位の広島を迎え討ち、見事に力でねじ伏せたった。
レフトスタンドを真っ赤に染める広島ファンのために、先発のメッセンジャーはエルドレッドに2本もホームランを打たせたったりして4点をプレゼントをしたりよった。
相手チームがあんだけレフトに入るんは広島だけやから、メッセはサービスしたんやろけど、ちょっとサービスのしすぎやった。

そんでも今の阪神は反撃あるで。
ボールがどこ行くかわからん田中をじわじわと追い詰めたった。
先ずは4回にファーボールのランナー二人を置いて、昨日のヒーロー梅野が今日もライトへタイムリーヒット。
不調やった梅ちゃんはふっきれたようなバッティングで完全復活や。

6回もファーボールのランナー二人を置いて北條が粘ってレフトへタイムリーヒット。
糸井もレフト、センター、ショートの間にポトリと落ちるタイムリーヒットで1点差に詰め寄った。
糸井には初回に風に邪魔されたけど、なんであれがホームランにならんのんという強烈な当たりを見せられてたから、外野があんなに深く守るんもわかるわなあ。

圧巻はラッキーセブンの攻撃や。
リリーフ陣が頼りない広島の投手陣に阪神打線が襲い掛かった。
先頭の中谷がレフト線へツーベースを放って攻撃の開始。
鳥谷が送りバントを2球ファールにしたんやけど、そこから粘ってファーボールを選ぶんが選球眼のええ鳥谷らしい。
糸原が送って1アウト、2塁3塁。
1点負けてるんやけど、なんか勝ってるような雰囲気になってきた。
反対にマウンド上の一岡は勝ってるのに、サヨナラ負けでもしそうな雰囲気や。
顔を引きつらせて投げてきよったボールを梅野は見逃さんかった。
ひっぱたいた一撃は左中間を真っ二つに割ってフェンスまで抜けていく逆転の2点タイムリースリーベースや。
梅ちゃん絶好調で、今日もヒーローインタビューや。
リリーフが手薄な広島は一岡が続投。
そしたら代打原口の一打はフラフラとセカンドの頭を超えるタイムリーヒット。
糸井は低めのボールを狙いすましてライトへ強烈なタイムリーヒット。
福留も狙いすましてレフトへ流し打ちのタイムリー。
打者10人で5点を入れて勝負を決めたった。

その後はエラーとか振り逃げとかしてやって、子供の日で大勢来てた子供たちにはらはらドキドキのスリルを味わせたったんやけど、最後はドリスが一打同点の場面で広島の4番鈴木を空振りの三振に仕留めて、首位攻防戦の初戦をものにした。
強い広島も阪神には歯が立たんと見えるわい。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15安打の猛攻 | トップ | 大、大、大、大逆転 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事