春庭Annex カフェらパンセソバージュ~~~~~~~~~春庭の日常茶飯事典

今日のいろいろ
インターナショナル食べ放題
ことばのYa!ちまた
春庭ブックスタンド
春庭@アート散歩

ぽかぽか春庭「東京よさこい」

2016-10-18 00:00:01 | エッセイ、コラム

東京よさこい「しん」

20161018
ぽかぽか春庭日常茶飯事典>2016十六夜さまよい日記10月(2)東京よさこい in 池袋

 10月9日の一人散歩。
 池袋のふくろ祭り「東京よさこいコンクール」に行きました。これまで、池袋駅近くにつとめていたミサイルママと待ち合わせをして、いっしょに見てきたのですが、ミサイルママ、今年は10月から職業訓練「ホテル・レストラン業務」を受け始めて、かなりハードな研修であるのに加えて、9月末に高尾山登山をしたあと、疲れからか首が回らなくなった、と言います。訓練のない土日は、治療院で首の治療を受けるというので、いっしょにいけませんでした。

 「今までだって、さんざんお金無くて首が回らない生活してきたのに、なにを今更、本当に首回らなくなってんのよ」と、からかってみましたが、実は私も五十肩のぶり返しで六十肩(正式名称は「肩関節周囲炎」ですと)。
 パジャマにしているTシャツを脱ごうとしたら、手が回らなくて脱げないので、息子に「ほおい、助けて。このシャツ脱がせて」と頼んで、ひっぱってもらいました。

 リュックサック背負った肩も心配なので、演舞スケジュール表を見ながらあちこちの会場を回る、いうことはしないで、池袋西口広場(ウェストゲートパークのほうがわかりやすいか)のベンチに座ったまま、最後まで見ていました。昼ご飯食べてから出かけたので、残念ながら殿堂入りしている長野のチーム「風林火山」は終わったあと。筑波大学斬桐舞チームから、終了まで見ていました。延々4時間半もベンチに座り続けて踊りを見ていて、ほんとに好きだなあ、と自分でも思います。

 原宿元気よさこいで優勝した「しん」が、池袋でも優勝。二冠二連覇です。踊りのレベルも高いし、琉球ことばを取り入れた歌もよかったです。

2016東京よさこい大賞チーム「しん」


 踊りが上手なチームもゆるいチームもありますが、それぞれが振り付けを工夫し衣装をを準備し、せいいっぱい練習を続けてきたのだろうと思うと、それぞれのよさをくみ取りたいと見ているうちに、あっという間に終了の6時になりました。

豊島区長賞 REIKA組


 クラシックバレエやジャズダンスなど、たいていのジャンルの踊りが好きですが、たとえば、バレエを4時間半座って見続けるのは、途中休憩が挟まったとしても、しんどいかも。よさこいのいいところは、気楽に気兼ねなく見ていられるところ。バレエ見ながらおせんべかじったりしたら顰蹙ですが、よさこいのダンス会場のまわりには、各地の食べ物屋が出ていて、みな、食べたり飲んだりしながら、気楽に見ています。

 私が座ったベンチの隣にいた外人夫婦は、生春巻など買ってきて、食べながら見ていて、夫婦で盛んに写真を撮って楽しんでいました。
 東京五輪の文化プログラムでは、日本の民衆の祭りとして、よさこいもぜひ紹介してほしいと思います。能や歌舞伎もよいけれど、こんなふうに、人々が自分のお金を出し合って衣装を作り、練習場所を確保して、みなでひとつの踊りを作り上げていくエネルギー、すごいと思います。

高知県知事賞 疾風乱舞

 疾風乱舞は、次々に衣装を脱いで替えていく演出


 私が見た中で、ここ、すごいなと思ったチームは、なんらかの賞をうけたところが多かたです。準大賞のdance compani REIKA組、 kagura、 疾風乱舞、燦-SUN-、それぞれ衣装も工夫され、踊りも「あ、私がこのチームに入ったら、4分半の途中で息切れだあ」と思いました。



 ミャンマー赴任から休んでいた私のダンス練習、10月から再開しました。10月は区の健康フェア連動行事で、一般からの応募者を招いての練習なので、手助けする人が必要だから、1年間踊っていなくて体重増の私でも、いないよりましです。
 昨年までは「シニア元気塾。参加者は50歳から」というしばりがあったので、60代以上70代80代の人もいて、スキップも忘れてしまった、という人が多かったけれど、今回は年齢のしばりがなくなったので、40代50代の人中心で、スキップ出来ない人はいなかった。

 みなさん、健康のためにダンスしましょうよ。東京よさこいはチト激しい振り付けが多かったけれど、春庭が踊るサークル、ゆる~いです。サークル維持のために、あと5人は加入して欲しいです。スキップ出来ない人も、体うごかせば楽しくなることうけあい。

 前回の健康フェアに参加したミヤちゃんが、サークルに加入しました。その理由。「私、こういう体型だから、ダンスサークルとか入りづらかったけれど、健康フェアでこのサークル来てみたら、私より丸々した体型の人がいたんで、私でも大丈夫と思って加入しました」
 ミャンマーから帰ってきたら「e-Naちゃんがいてくれたおかげで、ひとりメンバーが増えたんだよ」と、コズさんが教えてくれました。
 ほらね。私のこの「超ふくよかな」体型が功を奏した。

 超々ふくよかな方も、五十肩六十肩の人も、首回らない人も、どうぞShall we dance!!

<つづく>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽかぽか春庭「地の花空の花」 | トップ | ぽかぽか春庭「九州観光物産... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yokochann)
2016-10-18 05:51:43
何でも楽しめる春さんってやっぱりバイタリティ溢れる人なんだなって感心。
私は好き嫌いが何事にも多いと反省。でも、これが私・・・。
こうしたのも社交ダンスも日本舞踊も踊るのは勿論、見るのも苦手だけれど、タップダンスとかヒップホップダンスは見とれてしまう。

春家の食卓、メニューも食欲も負けます(笑)。
Unknown (ほうせん)
2016-10-18 08:31:24
音楽でも、ダンスでもクラシックが好きだと思っても
長時間は厭きます。

気楽に、どのチームが良いか、好きかなど評価するのも
楽しみですね。

クラシックバレエ、古い話ですが習ったことがあります。
すぐ辞めました。体が硬くてお稽古に耐えられなくて。
yokoちゃん (春庭)
2016-10-18 08:34:26
好きなことがたくさんあるのは、貧乏人生にとってはありがたいこと。無料で楽しめる「好き」が多い。
読書は幼稚園から、音楽は小学校から、ダンスと美術鑑賞は中学校から、科学は高校から、映画演劇は大学から、楽しんでこられました。建築巡りは、「建築探偵」本を読んでからだから、いちばんあとからの趣味。
築めぐりはほぼ無料で楽しめるし、
好きなことを追いかけていくと、毎週でかけることになります。

今は特に、息子が休みの土日は、でかけることにしています。ずっと母親が家にいると30過ぎた子にとってはうっとうしいだろうから。

我が家のメニュー、一汁二菜が基本だけれど、たぶん、通常の2倍の量は食べます。質より量。
いつもステーキ肉は生協の特売品でしたが、土曜日、肉の専門店で赤城牛A4級の特売していて、100g500円。あまりに安いので本当にA4かとひとり200gの切り身をぺろりでした。たぶんA5級ならもっと食えるかもしれないが、我が家の家訓、ステーキ肉はA4まで。ひとり250gまで。
これで、娘にも「体重を考えなさい」と言いつつ食わねばならぬので、うっとうしがられるわけです。
東京よさこい (すみとも)
2016-10-18 08:37:30
衣装も凄いですね^^ 間近で見たら楽しいでしょうね。

 10月から ダンス復帰なさったのですね。 また発表会があるのですね!

  来春までの ゆったり時間楽しんでいらっしゃいますね。 流石!春先生~~
  四十肩は この頃は起きませんが首は回りが悪いのは続いていますワタクシ!
ほうせんさん (春庭)
2016-10-18 12:52:24
クラシックバレエは、基本メソッドががっちり決まっているので、合う人合わない人がいますが、ジャズダンスなら体が硬くても、足があがらなくても、自由に動く振り付けが基本ですから、楽しいですよ。

日常生活のおそうじや料理でも、カロリーは消費されているので、運動している、ということにはなるのですが、今回の健康フェアに参加した人たち、いかに、日頃動かしていない筋肉が多いということを知ったと感想を述べていました。
ラジオ体操でも、ストレッチでも、日常生活では動かすことのない筋肉を鍛えると、のちのち役にたちます。
おためしを。
すみともさん (春庭)
2016-10-18 12:55:28
すみともさんの「首が回らぬ」は、ミサイルママの「右向け右」ができない、ってほうでしょうか、それとも春庭のように、おアシがなくて首が回らぬ、というほうでしょうか。
首をぐるぐる回す運動、毎日やってくださいね。

今年はよさこいも十分楽しみました。来年9月の発表会にむけて、少しずつ体重管理もがんばります。って、毎年決心しているのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL