春庭Annex カフェらパンセソバージュ~~~~~~~~~春庭の日常茶飯事典

今日のいろいろ
インターナショナル食べ放題
ことばのYa!ちまた
春庭ブックスタンド
春庭@アート散歩

ぽかぽか春庭「秋の生活」

2016-10-13 00:00:01 | エッセイ、コラム
20161013
ぽかぽか春庭ことばのYaちまた>神無月のことば(4)秋の生活

 農水省2015年の速報によると、農業就業人口は200万人割れ。2011年の統計で、農業就業人口のうち基幹的農業従事者数(農業以外の職業を持っていない専従者)は、186万2千人にまで減少したことがわかりました。しかし、それから4年で、農業に副業として携わっている人でさえも、200万人割りが迫ってきました。

 TPP受け入れておいて、「農業人口を増やす人材育成」とはちゃんちゃらおかしい。減って当然。食っていけないもの。
 今や農業は、マネーゲームで成金になった人が「自然農法で、自分だけは安全なものを食べるために趣味で行う道楽」となったのであるからして、大方の若者が、職業として農業で食べていこうとは思わないのも、当然でしょう。

 日本が近代国家として走り出した1875年から、1960年まで。農地面積550万ha、農業就業人口1,400万人、農家戸数550万戸という数字が維持されてきました。高度成長期までは、一定の農業従事者がいました。
 農業基本法が作られた1961年から、農業衰退は急速に進み、今、農業の総生産はGDP(Gross Domestic Product)の1%を切っています。日本の国土は、国民が食べる食料の1%も生み出していない。
 豊洲市場の盛り土を決めた責任者さえ出てこない日本だから、日本の農業をだめにした責任者など出てくるはずもないけれど、2000年以上続いた農耕技術は消えてしまえば、だれもそれを伝えることはできなくなる。。

 かくして金持ちは国産のまつたけなどお召し上がりになり、我ら貧乏人は、「食の安全」とやらに不安かかえながら、どこやらの輸入食品を日々食卓に上らせて、残留農薬やら添加物やら保存料やらを体に蓄積させていく。「きちんと検査をしてます」と、担当者は言うに違いない。しかし、きちんとやってきたはずの豊洲市場地下にはなにやらわけのわからぬ水がたまり、東京五輪の経費削減を計れば、利権にまみれている某森氏が「それはできない」とおっしゃる。

 で、何が言いたいかというと、歳時記、季語の中の死語累々のページです。
 時候、天文、地理にはそれほどの変化はありません。時代がどのように変わろうと、立春から210日たてば「二百十日」という季語は使える。陰暦八月十五日に空を見上げれば十五夜満月。
 しかるに、「生活」とタイトルがついたページ、死語の山です。こんな言葉を日常生活で使う人はいるのか、と思います。

 日本の詩歌では、行ったことない土地でも、名所であるなら「歌枕」として和歌にし、恋愛経験なくとも「忍ぶ恋」という題が出ればそれらしき歌を詠む。それが詩歌の技法でした。
 だから、見たこと聞いたことない季語でも、想像で一句ひねって悪かろうはずもない。しかし、しかし、実感のない「落とし水」も「毛見」も、「添水」も、それらを使って、いったいどのような。句が生まれているのやら。

 「砧」打つ音など、実際には聞いたこともない。「鹿火屋」など、見たこともない。
 歳時記見ていて「高擌たかはご・たかはが」というものを、初めて知りました。竹串や木の枝に黐(もち)を塗って,おとりのそばに立てる。おとりの声を聞いて「なわばり」を取られるかもと、近づいてくる小鳥を捕まえる。現在では狩猟法で禁止。高はごで小鳥を捕まえた経験を持つ人はもはやいないだろうと思います。それでもちゃんと例句は載っています。

高はごにつかず去る鳥美しき(山崎布丈)

 生活実感はなくとも、歌枕のように、見たこともない農耕を句にすることもあるし、あるいは、東京も高度成長期以前は街中に空き地原っぱもあったということなので、今のようにビル林立の町よりは自然が残っていたのかもしれません。

茜堀夕日の岡を帰りけり(尾崎紅葉)
 紅葉は、江戸の終わり慶応3年に、芝中門前町(現・東京都港区浜松町)で生まれ、牛込でなくなった江戸っ子だったので、「茜を掘る」作業をどのあたりで目にしたのかわからないけれど、戦後生まれの私は、そもそも染料にする茜の根を見たことがありません。

 山本作兵衛の炭鉱絵がユネスコ記憶遺産になってうれしかった。でも、季語のことばは「日本記憶遺産」として遺されたとして、意味があるでしょうか。
 女性下着名称からシミーズやズロースが消えて、だれも困っていないように、榾火(ほだび)という物や言葉が消えても、それはそれで仕方がないのでありましょう。 
 農耕技術も、それに関わることばも、あるいは、他の「絶滅危惧語」となっていることばも、保存はできるでしょうが、生きた言葉ではなくなる。
 それでもいいのかなあと思いつつ、歳時記をぱらぱらとめくり、初めて見ることばに「あらら、知らなかった」と己がことばの貧しさを知る。

 ま、消えたことばをあれこれ惜しむのも、秋の夜長のひまつぶし。ひつまぶし食い、、、、あ、昨日も言ったな、これ。

 こんな具合に、秋の生活もつるべ落とし。といっても、だれもつるべを使ってない。

 消えたと思っていたら、どっこい生き残っていました。昭和の宣伝媒体、チンドン屋。10月5日、渋谷の駅前。


<つづく>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽかぽか春庭「鰯、鯖、鱗」 | トップ | ぽかぽか春庭「はがむはイミフ」 »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yokochann)
2016-10-13 07:11:27
農耕技術もですが、一度荒廃させてしまった農地を復旧させるのは難しい。
ただ、自然と向き合いながら命を育てるのも大変な仕事だろうと思います。
私自身は多分出来ない職業だろうと思うので。

言葉は文化でありアイデンティティーそのものですからね。
イスラム教では偶像としての神を禁じ、コーランの言葉こそが神聖で神とされる。
わかる気もします。
追伸 (yokochann)
2016-10-13 07:12:51
落語で使われる言葉も説明しないとわからない時代になりましたね^^。
朝一の塾通いです^^ (すみとも)
2016-10-13 08:23:27
今日も楽しく お勉強できました^^
 あらら~ 塾と言う言葉は残っていますね。

 チンドン屋・・・・渋谷の駅前に!!!
 チンドン屋さえ 生で見たことがありませんよ! 結構私も若いのですね^^
 
  
yokoちゃん (春庭)
2016-10-13 09:33:37
毎年春に水を入れ、取り入れ時期に「水落し」を行って維持されてきた田ざんぼ。一度水入れをやめてしまうとたちまち強固な雑草の根が蔓延り、それを田に戻すのは容易ではない、という農家の話を聞きました。
井上ひさしなどが稲作維持を訴えていたのは、米を自給するという意味だけではなく、国土の保全ということでした。里山の風景も、村の絆も、田んぼによって保たれていたから。

落語のことば。志ん朝が江戸の古典を演ずる苦労話をしていました。江戸ことばを知らない現代の若者に(このインタビューのときの現代の若者というのは、私の世代のことです)噺のおもしろさを伝えるには、どうやって今の人にもわかることばに置き換えて、しかも江戸情緒をこわさないように変換するかの工夫にある、と言っていました。
我々が若い頃でさえそうですから、イマドキの若いもんに江戸語話は通じない。通訳が必要になってくるが、噺のなかでいちいち講釈をたれていては笑い話にならない。古典落語で笑うには、「教養が必要」なんてことになると、本来のくまさんはっつぁんを笑いのめす落語からは離れてしまいます。
ことばは大事にしていきたいけれどね
すみともさん (春庭)
2016-10-13 09:50:19
「あいもの」は死語か、というすみともさんのオコトバが今回の春庭コラム「秋の生活」のきっかけになりました。

10月の花火大会に出かけたら、何人かの若いお嬢さんが浴衣を着ていました。10月1日にはいっせいに長袖制服に替わったのは、私らの世代までで、今は袖の長短は自分で決めるそうです。だから、浴衣=花火見物の衣装と考えるのも悪くはないのでしょうけれど。
袷と単衣も自由なのでしょう。そのうち、浴衣のうえにダウンベストをはおる着付けもでてくるかも。

昔の田舎町。チンドン屋の音が聞こえると、子ども達はついて歩いた。ほかに娯楽がなかったんですよ。
良家の子女は「人さらいがいるから、ついていっちゃダメ」と言われていたようで、ついて歩くのは、私らのような人さらいも連れて行かないようなガキども。
すみともさんは、良家の深窓にいたのでしょう。いやいや、ご幼少のみぎりには、もはやチンドン屋が姿を消していたのですね。
「ことば塾」少しはお役にたてているならうれしいです。
こんにちは (ほうせん)
2016-10-15 11:18:47
チンどん屋は、生きているのですね。

俳句を詠んだ経験はありませんが、
偶にテレビ番組「プレバト」を観ます。

季語を知って詠めればと思いますが、
私には難問です。
でも好きです。
ほうせんさん (春庭)
2016-10-25 09:18:37
コメント見逃してしまい、すみません。

プレバトの俳句コーナー、人気だそうですが、我が家のテレビ番組選択権は娘が握っていて、これまで見たことありませんでした。
NHKの俳句と短歌の番組は、見たことがあります。プレバトは、俳句など作ったこともなかった芸能人が作るところが人気なのでしょうね。

チンドン屋、私も久しぶりに見ました。渋谷や新宿などの繁華街ではけっこう出ているみたいです。パチンコ屋の宣伝が多いみたい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL