春庭Annex カフェらパンセソバージュ~~~~~~~~~春庭の日常茶飯事典

今日のいろいろ
ことばのYa!ちまた
ことばの知恵の輪
春庭ブックスタンド
春庭@アート散歩

ぽかぽか春庭「古い歌とニューソング・家庭内与野党合同カラオケ大会」

2017-04-04 00:00:01 | エッセイ、コラム
20170404
ぽかぽか春庭日常茶飯事典>2017十七音日記4月(1)古い歌とニューソング・家庭内与野党合同カラオケ大会

 4月1日土曜日、我が家は、嘘偽りも忖度もなくすごしました。
 家庭内野党なる方が、名誉な肩書きのために夫さんの足下をぐらぐらさせている世の中を横目で見つつ、我が家は家庭内与党も野党も合同で、大カラオケ大会開催です。

 娘と息子が利用しているゲームサイトでは、年に何回か「無料通信カラオケの日」が開催されます。普段は有料で、1時間だと100円、24時間だと300円、1ヶ月だと千円。
 歌いたければ300円を払って24時間歌ったらいいのですが、そうはいきません。必ず無料の日に無料の時間いっぱい歌う、というのが、我が家の方針。親の影響で息子娘も「タダ」が大好きなのです。
 今回「春の無料キャンペーンの日」は、4月1日でした。

 家庭のテレビモニターに歌詞が出て、伴奏とメロディが流れます。音符でなく、棒線で音の高低がしめされるので、音符読めない者にもうたいやすいです。
 町のカラオケボックスのように、歌詞のうしろにきれいな風景が出たり、きれいな女優さん男優さんが演技をしたり、ということはないですけれど、自分をモデルにしたアバター歌手が歌う姿がモニターに出ます。アバターの衣装は次々に着せ替えができます。私の衣装は、演歌風着物になったり、ドレスになったり。今回はキャリーパミュパミュ風にしました。

 選曲、前は「ザピーナッツ特集」とか、「山口百恵特集」など、歌手ごとにまとめられた歌を選んでいたのですが、このところ、「年度別人気曲」というので選んでいます。「1970年に流行した歌」から始めて、今回は1977年の歌を歌いました。ほんとうは、1960年代の歌も歌いたいところですが、年代別で集められている歌の一番古い年が1970年なのです。たぶん、この通信カラオケを管理しているゲーム会社にとって、1960年代というのは、まだ町の喫茶店にもゲーム機など置いてなかった時代なので、化石時代なのかも。
 私が時代を「戦前、戦中、戦後」と分けて意識するように、ゲーム世代は「ファミコン以前、ファミコン以後」とか、「スイッチ以前、スイッチ以後」なんて分けているのかもしれません。

 無料の時間は4月1日の午前10時から午後6時まで。娘息子と私3人交代で、12時から6時まで、6時間歌い続けました。
 息子は途中で昼寝になりました。息子は、明け方までマイクのUSBコネクタを探していたのです。前回の無料キャンペーンで歌ったとき、マイクコネクタをどこかに落としてしまったらしく、家の中にあるはずなのに、見つからなかった。姉に怒られて、一晩中探しても見つからず、私は「モノをよく落とすなくすは私の遺伝」と思ったのだけれど、姉娘はカンカンで、無料キャンペーンが終わってしまう前に、マイクを調達せよと厳命したのです。息子は店が開店するとすぐにマイクを買いに行きました。そのため、10時から始まった無料カラオケの開始が12時になったのです。

 私、若い頃は演歌が大嫌いでした。美空ひばりも都はるみも嫌いで、50年代アメリカンポップスとか、60年代フォークソングとかを歌っていたのです。
 しかし、年取ってみたら、歌ったことのなかった演歌がしっかり身体に染みついていて、美空ひばりも都はるみもほとんどの曲を歌えます。
 男に捨てられて、「尽くしたりない私が悪い」なんて泣いている女の歌を「ケッ」と思って聞いていました。昔は、女が未練たらたらで別れた男を思っていたり、「あなた好みの女になりたい」とかいう歌詞に反発を感じたのが、ワハハと笑って聞いていられるようになったのです。

 男に好かれる「かわいくてけなげな女の一生」には、縁のなかった生涯を過ごしてきました。
 人生67年をすごしきて、演歌の中に描かれる男好みの女なんて、男の幻想のなかにしかいないのだ、とわかりました。男の目から見て素直でかわいい女って、実はしたたかな計算ができる女なのだ、男に頼り男に好かれるほうが得という計算がしっかりできて(無意識にせよ)そうしているのだとわかったから。
 お得な計算ができず、無料キャンペーンやら特売半額セールのような人生を選んでしまった自分を笑いながら歌えます。

 娘と息子の選曲。まったく知らない歌ばかり。私もちょっとは大昔のじゃない歌も歌わねば、と、選んだのは朝ドラ主題歌。ミスチル、宇多田ヒカル、AkB48、ゆず、絢香など。毎日朝ドラを見ていたわけじゃないけれど、朝ドラを見るおばはん世代に合わせた曲が多いので、私にも歌えます。

 世の中、暗殺された遺体がミサイルとばす国に帰ることになったり、海の底から修学旅行生のなきがらを含んだままの船体が引き上げられたり、元名誉校長さんと元理事長さんが互いにウソツキ呼ばわりすることになったり、まったくウソもマコトもわけわからぬことばかりですが、我が家は「無料」にひかれて、親子で6時間歌い続けた、まあ、なんともウソもない4月1日でした。、、、、おっとと、ウソをついてしまいました。家庭内野党は、家庭外にでておりまして、法事でもなければ顔見ることもない野党でして、、、

<つづく>
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽかぽか春庭「古団地と新ス... | トップ | ぽかぽか春庭「長倉洋海vs西... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時代 (まっき~)
2017-04-04 06:19:42
いろいろ想像しながら読めて、とっても面白かったです。
そうですね、自分みたいなのがニューシネマ以前以後、スピルバーグ以後、QTタランティーノ以後、デジタル以後、、、と分けるようなものですね。

歌うより呑む、なので、それほどカラオケの経験はないですけど、かーちゃん死んだ直後に、とーちゃんがスナック連れていってくれて、とーちゃんは『高校三年生』、自分はイエローモンキー。
ねーちゃん結婚前夜に、ふたりで行ったときは、ねーちゃん聖子ちゃん、自分マッチ。
家族で行った思い出は、このふたつかな~。

普段は、年配のひとが多いときは裕次郎、
若い子に囲まれたときは斉藤和義とかですけど、よく聴く割にはラップは恥ずかしくて歌えません。

演歌のよさは、まだまだ分かりませんが、ただひとつ、『氷雨』だけは、若いころから好きなんですよね、なぜか。
まっき~さん (春庭)
2017-04-04 07:29:40
パパ上の熱唱する高校三年生、わかるなあ。ぴったり年代ですね。きっと母上も好きだった歌。
ねーちゃんと、結婚前夜のカラオケ。短編小説になりそうな。

氷雨、私のレパートリーソングです。湿っぽくて未練たらたらがいいです。
でも、氷雨、もとは夏に降る氷の粒、あられのことだったのに、この歌以後、冬の冷たい雨、というほうが世間的に通りがよくなった。今では冬の季語。
Unknown (yokochann)
2017-04-04 22:17:57
洋楽専門だった私はカラオケなんてゲッ!でしたが、次第に洋楽のものも増え・・・。
とはいえカラオケで歌う事なんてまず無いけれどね。
家族でノリノリで歌っている姿が目に浮かびます。
振付、ダンスもあるのでしょうね~~。
yokoちゃん (春庭)
2017-04-05 02:42:32
私は小学校中学校ではNコン合唱の一員だったので、歌うのは大好きですが、どちらかといえば音楽の教科書に載るような歌が多かった。
カラオケで歌うとストレス発散です。

76年77年の人気曲のなかには、カーペンターズなんかが入っていました。洋楽曲もけっこうあってビートルズとかポピュラーなものは多いけれど、yokoちゃん好みのはどうかな。

アントニオ兄もカラオケ好きですよね。いつか大阪あたりで大カラオケ大会でも。
楽しまれましたね。 (ほうせん)
2017-04-05 17:03:49
カラオケ経験、3回ほどです。
最近は知りませんが、演歌が歌えない、知らないで何時も唱歌?を探してもらっていました。
そうそう、ダンスの後で・・・を知っている部分だけ歌いました。
最近、60歳代の友人たちと一度行ってみようと話していますが・・・
思い切り声を出して歌う、健康に良いですよね。
ほうせんさん (春庭)
2017-04-06 00:02:48
唱歌でもオペラアリアでも、大きな声を思いっきり出して歌うこと、健康にいいというので、ほんとうは毎日歌ったらいいのですが。
我が家は無料の通信カラオケの日だけ。
ほうせんさん、お友達と歌う唱歌、家でもひとりで歌って過ごすの楽しいですよ。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL