魅了されたもの・・・

戦争遺跡とか
航空機とか
廃とか

常磐炭礦(株)選炭工場

2016-10-12 17:26:04 | 廃全般
江戸末期の黒船来航を契機に燃料としての石炭が各地で注目され、いわき地方では185
6年に片寄平蔵が内郷の弥勒沢で石炭層(露頭)を発見、加納作平らと当地域石炭産業興
隆の礎を作りました。
茨城県ではこれより前の1851年に神永喜八が開坑したのが始まりです。
福島県双葉郡富岡町から茨城県日立市北部までの石炭分布地域は、常陸国(茨城)と磐城
国(福島)の「常」と「磐」を合わせて「常磐(じょうばん)炭田」と総称され、産出され
た石炭は九州や北海道と共に日本産業の近代化に大きく貢献しました。














この地は常磐炭田の歴史の抽象的な場であり、石炭産業の近代化・機械化の進められた地
域である。中でもこの中央選炭の場所が「選炭工場」というネーミングで稼動していたこ
とから推察できるように常磐炭礦(株)がその持てる技術力を発揮して、地下の採炭現場
と一体化して採炭・坑内運搬・選炭商品化・鉄道搬送と総合的な施設の建設を行ったとこ
ろである。1952年築造、コンクリート造り。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磐城炭礦内郷礦住吉坑 水中... | トップ | お知らせ(10月14日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。