ぐうたら主婦 きっとの暮らしと遊び

ヘタレな主婦の山歩きとぐうたらな生活の中で思ったことなどを書き連ねてみました。

作手古城祭り

2017-05-14 16:46:22 | 日記
朝、
やっぱ、何か動けんなあ〜
とか思いながら起き出し、支度をしてオババを迎えに実家へ。

「早いねー、何で早い?」

「きょうは作手行くじゃん!」

と言いながらムッシュのポロシャツを渡し、「これ着りん、きょうは真夏日だってよ。」
と出かけた。
結構早く着いた気がしたものの、駐車場は遠くしか空いておらず
離れたところに停めて歩き出した。

「シャトルバスありますよー。」
というお目目の綺麗なお兄さんたちに
「大丈夫でーす。歩いて行きまーす。」
と散歩半分で会場まで歩いていたら

こんな説明文を見つけたり



こんな史跡を見つけたり、
歩かなきゃわからんよねー、と言いながら歩いて行った。



だんだん亀山城が近くなってくる。






遠くから鉄砲の音が響いてくるので大急ぎで城跡へ















一足遅かったけど、最後の一発を聞けたので満足。






なんか妄想に走りそう……。






いつもは熊笹に覆われていて、なかなか足を踏み込めない場所も綺麗に道が見えていたので
ちょっと探検。












あっちこっちウロウロして野菜やこんにゃくなどを買って会場を後にしていたら
何と!
武者さんが「ちょっとごめんなさいー。」
とか言って追い越して行くではないかっ!
大慌てで両手の荷物を持ち替え、シャッターを押した。

突然日常の中で武者さんに遭遇するなど滅多にない事だ。
物凄いコーフンした!
しかも、その武者さんが鎧兜の似合うことったら。
まるっきり馴染んでいて、そのまま歩いていても違和感なかった。

お城のガイドツアー目的で行ったのに、おばばが
「もうわたしゃ歩けん、疲れたー。」
と言うので泣く泣く作手古城祭りを後にしました。
うらにわ師匠の解説でたまには頭を使おうとメモ帳とお気に入りのペン持参で行ったのに
残念!


「お腹すいたー。」
というおばばを乗せて国道301号を下り新城市内へ戻って来ると
爽やかな風はあるものの、やはり暑い。
作手は本当に爽やかな空気でいっぱいだった。
作手よいとこ。

さて、昼ごはんをどうしようかと言うので
“ のんほいタウン新城 ”に載っていた「王様の食堂」へいっぺん行ってみようかと
行ってきた。

こんな景色を見ながら坂を下って行きます。






貸しボートもあります。



新城観光ホテルの斜め前に



ありました‼️



唐揚げ定食。

お肉は食べやすいように下ごしらえがちゃんとしてあって、
とても美味しかった。小鉢も優しい味の野菜で、コンニャクの味噌田楽も
お味噌汁もサラダもご飯(麦が少し入っていた)どれもこれも美味しゅうございました。
おばばも喜んでいたのでよかった。
毎日あそこで日替り定食食べてたら案外痩せるかもしれん、とちょっと思った。

お店はぎゅうぎゅう詰で入れば20人くらい、余裕もって行けば10人くらいがちょうどいいくらいの
小さなお店ですが、サッシではなくガラスの窓が昭和な感じで落ち着く。
ただし、玄関の引き戸を開けたらすぐに靴を脱いで上がるようになっています。
間違っても登山靴のまま行かないように。
(行ってしまった)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康診断 | トップ | 医療用おぱーい2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。