ピンクリボンの会 「ソフィア」 の部屋

乳がんの早期発見・早期治療の大切さを皆さんに啓発する活動をしています。 この活動が全国津々浦々に広まることを望みます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピンクリボン活動のひとつとして 「Mayu-ココロの星」 の上映は?

2008-02-25 19:08:25 | Weblog
   「Mayu-ココロの星」と題する映画は、
  大原まゆ著「おっぱいの詩」を原作に作られた作品です。

   ちょうど昨年11月の乳癌検診学会のパネルディスカッションに、
  ご本人が患者の立場から参加し意見を述べられていました。
  そのときに上映会もあったのですが、観るタイミングが合わず、
  お話を聞くだけになっていました。

   その頃からピンクリボン活動のひとつとして上映が出来たらいいなぁ~と
  漠然とした思いがありましたが、最近現実味を帯びて来ました。

   ただ悲しいだけの、お涙頂戴の映画にしたくないと、
  ご本人の意見が反映されて撮影を進めたと聞いています。
  詳しくはホームページをご覧下さい。
     http://mayu-movie.jp/
  映画の宣伝をしようと思うのではありません!

   乳癌について思惑ではなく、
  ある程度の客観的な視点から知識を得られると思うことと、
  何かあった時に一連の流れが掴める物として
  捉えることが出来るのではないかと期待しています。

   何でもそうですが、百聞は一見にしかずです。

      上映会を開きたい
  そして、ピンクリボンリレーとして全国で順番に上映してゆく
  こんな思いで今いっぱいです。

  リレーに参加してくれる人が、いっぱい居てくれたらいいなぁ~と
  思っています。
 
       Over The ピンクリボン 
          検診率50%をめざし
    ― バトンを映画に替えて全国をリレーしよう! ― 
  
  こんな標語はどうでしょう?

   本人が検診や自己触診をしていこうと思う動機付けに
  とてもいいきっかけとなることを期待しています。

                                 管理人








 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本対がん協会のピンクリボ... | トップ | ピンクリボンウォーク2008  »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL