松岩寺伝道掲示板から 今月のことば(blog版)

ホームページ(shoganji.or.jp)では書ききれない「今月のことば」の背景です。一ヶ月にひとつの言葉を紹介します

俺達は同じ人間やろ?    又吉直樹『火花』より

2015-06-30 | インポート

達は同じ人間やろ? 間違ってる人間がおったら、それ面白くないでって教えたらな。人が嫌がることは、やったらあかんって保育所で習ったやん。

「番茶も出花」なんて書いたら失礼でしょうか。禅では、「好時節」とも「投機」ともいうけれど、時機にぴたりとはまるのは今しかない今月のことばです。
芸人の又吉直樹の書いた『火花』が7月16日に決まる芥川賞の候補作品になったというのを聞いて、本屋で平積みになっている一冊を買い求めたのは6月の中旬でした。
寺の掲示版にそんな小説の一節を紹介するのも7.16以後では遅すぎる。今しかないのです。
150頁ほどの長くはないけれど、短くもない読み物で、一気に読み終わったかというと、中ほどで読み疲れて数日ほっておいたある晩、怒り心頭、胃が煮えくりかえるような出来事があって、再び手にとって一気に読み終わりました。煮えたぎった心をクールダウンさせてくれるには恰好の小説です。
冒頭に紹介したのは、芸人の先輩・神谷のことばです。少し売れ始めた後輩の徳永が、ネットに自分の悪口を書かれるようになりました。その事を神谷に尋ねます。
「人の悪口ばっかりの書き込みに対して、反論するのは、そいつ等と同じレヴェルになるから、やらん方がいいって言う奴おるやん?」
神谷がこたえます。
「レヴェルってなに? 土台、俺達は同じ人間やろ? 間違ってる人間がおったら、それ面白くないでって教えたらな。人が嫌がることは、やったらあかんって保育所で習ったやん。俺な自慢じゃないけど、保育所で習ったことだけは、しっかり出来てると思うねん。全部じゃないかもしれへんけどな。ありがとう。ごめんなさい。いただきます。ごちそうさまでした。言えるもん。俺な、小学校で習ったこと、ほとんど出来てないけど、そういう俺を馬鹿にするの大概が保育所で習ったことも出来てないダサい奴等やねん」
だいぶ前に『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』ロバートフルガム著(河出書房刊)という本があったけれど、やっぱし幼稚園ではなくて保育園でないとこの小説にはしっくりこない。
それと幼稚園で学んだのは知恵になっているけれど、先輩芸人が保育園で学んだのは知恵ではなくて、智慧です。知恵と智慧はどうちがうのか。私流に言えば、知恵は忘れてしまうもの。智慧は身体の奥底まで染みわたって、忘れようにも忘れることのできないもの、と定義しています。仏教は智慧の宗教だとどなたかが書いていたけれど、先輩芸人のいうのはまさしく仏教的な智慧だと思う。なぜなら、仏教は何かといえば「諸惡莫作(しょあくまくさ)、衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)、自浄其意(じじょうごい)、是諸仏教(ぜしょぶっきょう)=「悪をやめ善をおこなおう。そして、自身の心の浄化に努めること、これが時空越えた仏たちの教えであるから」です。まさしく、小説『火花』のことばは、衆善奉行ではないですか。
ところで、掲げた写真は一休禅師の「諸惡莫作、衆善奉行」です。風狂の禅僧・一休禅師はこのことばを隨分と染筆して残されているようです。風狂と善。意味が深いなぁーと思うのです。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真理は……。中峰明本のことば | トップ | るす 『高橋新吉の詩集』より »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事