松岩寺伝道掲示板から 今月のことば(blog版)

ホームページ(shoganji.or.jp)では書ききれない「今月のことば」の背景です。一ヶ月にひとつの言葉を紹介します

八月十五日 真幸く(まさきく) 贅肉あり  池田澄子

2015-08-11 | インポート

八月はお盆月です。お盆は七月十五日が正式なのですが、八月のお盆は旧暦かというと、そうではない。一ヶ月遅れのお盆です。
松岩寺のお盆も八月で十五日にお盆の法要(お施餓鬼)をします。そんなわけで、例年今月のことばは八月一日にお盆らしいことばにして、一か月もたせるか。あるいは十日頃にお盆バージョンに書き換えるかしているのですが、今年はずばり、八月十五日で始まる俳句にしましたが、これって解説がないとわかりにくい。そこで、孫引きの元になった櫂未知子著『食の一句』(ふらんす堂刊)の櫂女史の解説を転載して今月のことばの背景といたします。

すいとんにせよ雑穀入りごはんにせよ、本来は他の食べ物が充実していてこそ価値ある物だ。敗戦後六十年近くを経て、日本人はダイエット談義に花を咲かせるようになった。この句は浅く読めば、単純に平和を謳歌しているように見える。しかし、〈贅肉〉すら持てなかったかつての日本を逆から描いてまことに秀抜である。〈真幸く〉という万葉以来の歴史ある言葉を軽々と用いており、掲載の句集が刊行された年に、私はこの句をベストワンに挙げた。(『ゆく船』)季語=敗戦忌(秋)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« るす 『高橋新吉の詩集』より | トップ | 夕暮の  大西良慶 »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事