松岩寺伝道掲示板から 今月のことば(blog版)

ホームページ(shoganji.or.jp)では書ききれない「今月のことば」の背景です。一ヶ月にひとつの言葉を紹介します

初秋や 見入る鏡に 親の顔

2010-09-29 | インポート

今月のことばは村上鬼城(1865~1938)の俳句です。立秋を過ぎたころ、鏡を見入ると、親の顔によく似た自分の顔がある。そんな句をのこした鬼城は高崎で育ち高崎で亡くなった 俳人です。この句を教えてくれたのは、故松原泰道師でした。泰道師は昭和35年から平成13年まで40年間にわたり松岩寺のお施餓鬼法要(毎年8月15日)で法話をして くださいました。いつの8月15日だったか、御著書にサインを添えて書いてくださったのがこの句です。著書のタイトルは『父母恩重経を読む』でした。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳を信じて目を疑うは俗の常... | トップ | 一つのたいまつから  »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事