箔と波のつれづれ日記

日本スピッツ箔+波とゆかいな仲間たち

わんわん秋祭りで逢いましょう

2016-10-19 00:36:38 | ワンコ
こんばんは、白黒茶々です。
気付いたら10月も下旬に入っていて、洋服やワンコの毛皮だけではなく、食べ物のほうではおでんや中華まんが出回り、秋の装いになりつつあります。しかし、白黒茶々家は先月末の1週間の間に家族旅行、DOG!フェスタ、わんわん秋祭りなどが集中していたこともあって、箔波日記のほうはまだ9月から脱出できずにいます。 そのぶん充実していたということで、ご了承くださいませ。 その中でも、今回はわんわん秋祭りの様子についてお伝えします。

ということで、話は先月の25日(日)にまでさかのぼります。 その時期は雨の天気が続いていたのですけど、その日は久しぶりに晴れの休日となりました。
朝から絶好のお出掛け日和だったのですけど、私の住む地域では、午前は道路愛護(地域住民による沿道の草取り)、神社の清掃(先週予定されていたものが、雨でこの日に順延)、太鼓台出し(祭りの準備の手伝いで、屋台小屋から大太鼓の屋台を出して組み立てる)の豪華三点セットがあって、いきなり多忙でした。 それらが終わったら、ようやくわんわん秋祭りのほうに走ることができるのですよ。ということで、私は休む間もなく箔と波を伴い、速攻でそちらのほうに向かいました。



ワンワンパーティークラブ主催のわんわん秋祭りは、毎年9月末の土日に、浜松市南区にあるこちらの遠州灘海浜公園を会場にしておこなわれています。



当日は同公園の駐車場が混んでいて、場合によっては遠く離れた中田島砂丘側の駐車場に回されることがあるので、注意が必要です。 そうならないように粘った結果、私はなんとか近いほうに止めることができました。 そこをクリアしたら、いよいよ秋祭りに挑みますよ



そのイベントでは、会場にたくさんの出店があるのですけど、今回は昨年とは場所が変わっていて、公園の東側の石のモニュメント周辺に並んでいました。 そちらの様子を見たら………



ワンコのレクリエーションがおこなわれる、芝生広場のほうに向かいましょう。 そこに着いた直後に………



いきなりスピッツのお仲間と逢うことができましたよ こちらの子はルーク君で、地元の男の子。ここのところは毎年のように、こちらの会場でお逢いしています。今回も、約1年ぶりに再会が叶って、とても嬉しいです。 しかし、彼らは帰り際だったみたいで、このとき以降はお姿を見掛けませんでした。
そうそう、芝生広場の受付でアンケートに答えれば、豪華な景品が当たる抽選ができることになっていました。 いいクジ、こいこいこ~い………



そうしたらなんと、2等賞が当たりましたよ 同時に、豪快に鐘も鳴らされましたし。 ちなみに景品のほうは、パウチタイプの犬缶24食が入った箱2つにございます。 たまにこいつをご飯に混ぜてあげると、箔と波は喜ぶ……… というよりは、テンションが上がり過ぎて狂喜乱舞状態になるのですよ。 なんて、浮かれていたら………



今度はハッピー君ピース君兄弟がやって来ましたよ 彼らと逢うのは……… DOG!フェスタの会場にもいらっしゃったので、3日ぶりですね。



さらに、その会場のほうで初めてお逢いした、マーリンちゃんもいるではありませんか おかげで、私のテンションがさらに上がりました。
私に続いて、彼らの飼い主さんたちも抽選に挑んだら、1等を引き当てたりしていました。 その賞品は、先述の犬缶が詰められたものが4箱となっていました。こんなに当選が出るのは、どうやらわんわん秋祭り初日となるその前の日が大雨で、人出が少なくて大量に余ったからだと思われます。 「たくさん過ぎて、消化しきれないよぉ」と仰っていたので、私が1箱受け入れました。 そのあとも1ダースぶんもらったりして、ウチのぶんは86食にも 犬缶の類いは、箔と波には盆と正月と誕生日以外はほとんど与えてないので、消化しきれるのでしょうか?いや、一気に与え過ぎてその食生活が当たり前になってしまったら、従来食べているドライフードに戻れなくなるのでは? う~む……… 嬉しいけど困った。
さんざん考え、数を計算した結果、5日に1度のペースで与えていけば、その犬缶の賞味期限の2018年4月までには消化することができるということで、落ち着きました。 また、それぐらいの間隔なら、ワンコの食生活に変化と豪華さが加わって、日々の生活も潤うってモンです。

………と、つい犬缶算に入り込んでしまいましたけど、とりあえずそれらは駐車場の車にしまっておいて、ドッグトレーナーが指導するアジリティー体験をやってみることにしましょう。 それには、ハッピー君やピース君、マーリンちゃんも一緒に参加してくださるのですか これは、より楽しくなりそうです。



まずは、スロープからいくようです。飼い主はリードを短くもって、「いけ 」の合図とともに伴走。上手くクリアできたら、大げさといってもいいぐらい、愛犬を誉めてあげましょう とのことです。
ハッピー君やピース君に続いて、箔と波も難なくクリアすることができました。よぉ~し、よし 調子に乗った私は、2頭同時越えに挑戦。なんとかそちらも成し遂げることができました。



次は、スラロームですね。これは、等間隔に置かれた棒の間を、ワンコを縫うように歩かせるというものです。やはりこちらも、飼い主はリードを短く持って彼らを誘導するみたいですね。



3つ目の障害は、トンネルにございます。多くのワンコは閉鎖空間には入りたがらないのですけど、彼らの視点が天井にいかないようにして、誘導してみてくださいませ。………と、ドッグトレーナーの方が仰っていました。



最後は、ハードルであります。 こちらは飼い主は伴走しつつ、「とべ!」の合図とともに、ハードルを越えるように持っていくか、一緒に飛んでみてくださいませ。ハッピー君、こちらもいい動きですよ。そのあと、小一時間のインターバルがあったので、私たちは会場内をぶらぶらして過ごしました。そうしている間に、ハッピー&ピースママさんが「どう見てもポメではない白ふわと遭遇した」と知らせてくれました。これは、スピマジックのニオイがしますね。とにかく、みんなでその現場に駆けつけましょう



そうしたら、いましたよ 浜松市内に住んでいるというこの白ふわは、ジャック君という男の子。飼い主さんと話をしていくうちに、彼は日本スピッツではなくて、アメリカンエスキモードッグだということが判明しました。 実は私は、最近エスキーの存在を知ったばかりで、本物と逢うのは初めてでした。



そんなジャック君を、みんなで囲ったり………



波と並べてみたり……… って、ポーズがシンクロしていますね。 スピッツとエスキーは別犬種とはいっても、起源は一緒で日本スピッツの逆輸入みたいなものなので、同類といってもいいでしょう。



そして、私たちは再び芝生広場へ。 そちらでは、ワンコを伴っての「ダルマさんが転んだ」や「負け抜きジャンボじゃんけん大会」などがおこなわれたのですけど………



その間に、今春の白ふわオフ会でもご一緒した、ポメラニアンのくぅちゃんがやって来ました。この日はママさんしか都合がつかなくて、大きいほうのちぃ君はお留守番となったそうです。そのちぃ君は、私たちがご無沙汰している間に、さらに体重が増したらしいです。



レクリエーションはその後も続き、尻尾ふりふり競争や一発芸の披露などがありました。そのうちの一発芸のほうは、「高速お手、おかわり、伏せ」などのようなものでもよくて、敷居が低く気軽に出られるということもあって、たくさんのワンコが飛び入り参加。 その中で、マーリンちゃんは「おすわり、伏せ、抱っこ」の動きを見せてくれました。一緒にエントリーした箔の技といえば、やはりお得意の「前足ぶんぶん」ですよ。



今回のわんわん秋祭りは、内容が充実していて、私たちは楽しい時間を過ごすことができました。また、たくさんの白ふわのお仲間たちと逢うこともできましたし。さらに、そんな彼らと一緒に運動したり、レクリエーションに参加したりすることによって、親睦を深めることもできたと思います。 その白ふわたちと、また何かのイベントなどでご一緒できたら、嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツへ   にほんブログ村 犬ブログへ
 「1度はアメリカンエスキモードッグと偽ってみようかな」と思われた方は、こちらに投票してやってください。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彦根城の魅力、お伝えします... | トップ | めんそ~れ!たつぴの修学旅行 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わんわん祭 (ハッピー ピースママ)
2016-10-22 23:29:16
遠州浜海浜公園ではお世話になりました。
いつもブログは拝見させて頂いております。
今回はうちのワン達沢山載せて頂きありがとうございました。
また機会があればご一緒させて頂きたいと思います。
ハッピー ピースママさん♪ (白黒茶々)
2016-10-24 00:24:19
こちらこそ、ワンワン秋祭りのほうでもお逢いすることができて、とても嬉しかったです。さらにレクリエーションのほうにもお付き合いしてくださったおかげで、今まで以上に楽しむことができました。 ハッピー君とピース君、アジリティーでは大活躍でしたね。

いつも箔波日記を読んでくださり、ありがとうございます。
また機会があったら、ご一緒してくださいませ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL