箱島ほたる保護の会
上州吾妻谷の玄関、名水百選箱島湧水の地から、ホタルの明かりを守り続ける「箱島ほたる保護の会」の活動を紹介します。
 



 今年もホタルの季節がやってきましたね。

きっと素敵な舞いを楽しむことができるでしょう。

箱島のホタル観賞にお出かけ下さい。

 さて、今週末、第一保護地となりの田んぼで環境保全、景観維持のために、田植えをします。

どなたでも参加できますので、親子でお気軽にご参加ください。

 

<子供ホタレンジャー学習会>  「田植えをしよう!」

日時  6月7日(土) 8時30分~12時

場所  第一保護地となりの田んぼ (集合場所)

   *車は箱島公民館に駐車して下さい。

服装  どろんこになってもいい服装。(着替えを準備して下さい。)

    帽子、タオルなども準備して下さい。

 

たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 
いよいよホタルシーズンがやってきました!

今年もホタルが舞う頃になりました。静かに箱島へお出かけ下さい。決してホタル泥棒などする事のないようにお願いします。ホタル情報を紹介すると、突然、ホタルがいなくなるんです...
 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夏休みに入り、ゲンジボタルはほとんど見られなくなりました。

でも、ヘイケボタルはたくさん出ています。

観賞者もたいへん少なくなってきたので、静かに落ち着いた気持ちで、ホタル観賞ができます。

第一保護地は、まだまだこれから8月末までホタル観賞ができます。

どうぞご家族でお出かけください。

箱島の夜は静かで、夏の涼を存分にとることができますよ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ホタルと田んぼって付きものですよね。

第一保護地の隣の田んぼで田植えをしましょう!

大人も子どもも年寄りも県外の方も歓迎です。

みなさん、ふるってご参加下さい!

1 日 時  平成25年6月8日(土) 午前9時~12時 (小雨決行)

          *集合は、 8時50分

2 場 所  箱島ほたる第一保護地のとなりの田んぼ

3 服 装  田植えができる服装(汚れてもいい服装)、帽子、足袋等

4 持ち物  タオルや着替えなど

5 その他  駐車は箱島公民館をご利用ください。

箱島ほたる保護の会では、「ホタルと人が暮らす里づくり」の一環として、子どもたちへの環境教育活動にも取り組んでいます。

ほたるの保護や環境教育に関心のある方は、ふるってご参加下さい。

たくさんのみなさまの参加をお待ちしております。

 *田植えの後は、あづま温泉桔梗館に行ってさっぱりするといいですよ。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




今年もホタルが舞う頃になりました。

静かに箱島へお出かけ下さい。

決してホタル泥棒などする事のないようにお願いします。

ホタル情報を紹介すると、突然、ホタルがいなくなるんですよね。

すると、どこかのホテルの庭先でホタルが舞っていたりするんですよ。

「当館の庭園でホタルの優雅な舞いをお楽しみ下さい。」なんていう情報が堂々と紹介されているんです。

ホタルが生息している場所では決してないのに・・・・・。

ホタルを愛する人には、そんなホテルに決して泊まらないようにお願いしたいですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年もホタルの季節が近づいてきました。

箱島ほたる保護会のみなさん、入会希望のみなさん、箱島ホタルに興味のあるみなさん

今年もホタルの保護活動を始めましょう!

まずは、例年恒例の草刈りと第一保護地の水路の整備です!

みなさん、ふるってご参加ください!

日時 : 5月18日(土) 8時~12時

場所 : 箱島公民館集合

*当日、廃品回収をしているので集合場所が第一保護地になるかもしれません。

午後には、「総会」と「焼き肉懇親会」を開催します。

時間は、草刈り終了時間をもとに決定します。

場所は箱島公民館です。

今年も「箱島ほたる保護の会」をよろしくお願いいたします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




のち 22℃

今日は、東京から「スタジオ・ヨギー」のみなさんが箱島に涼みにやってきました。
まず、名水百選の箱島湧水でおいしい湧き水をたくさん飲んで、自然を満喫していただきました。


そして、箱島公民館にてチェアーヨガでリラックス。
外は大雨で雷が鳴り響いていましたが、その分、自然の力をたくさんもらえたようです?

その後、あづま養魚場にて楽しい夕食会。
保護の会の会員と楽しい交流会をしていただき、ありがとうございました。

最後は、第一保護地にてホタル観賞です。
夕立に打たれてホタルの舞いはやや少なかったですが、
生まれて初めてホタルを見るという方もたくさんいて満足していただけたようです。

第一保護地では、まだゲンジボタルとヘイケボタルを見ることができます。
ゲンジは少なくなりましたが、ヘイケはこれからもたくさんでると思います。

その後、第三保護地に行きましたが、2匹だけでした。
夕立の影響もありますが、もうほとんどお仕舞いのようです。

ヨギーのみなさん、楽しいひとときをありがとうございました。
また、お出かけください。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




  21℃

 連日、暑い日が続きますね。
でも、箱島は夜になると気温が下がって過ごしやすいですよ。

 第一保護地は、今、ヘイケボタルが大乱舞!
サイダーをついだときに、泡がシュワシュワシュワ-ッと立ちこめるように
ヘイケボタルが川面や草むらの上を舞っています。
それはもうすごいですね。
これを見たら、生きててよかった!と思うことでしょう。
ゲンジボタルとは違う趣があり、なんとも賑やかな、しかし繊細な光。
7月半ば頃まで、昼間むしむし暑くて、夜、雨風のない日、8時~8時30分の間にこの光景が見られます。

ただし、今週末は最高の人出が予想されます。
駐車場所が少ないので、交通指導員の指示を聞いて駐車してください。
渋川方面から来る場合、「箱島湧水」入口に交通指導員がいます。
左折して公民館駐車場に入れたいところですが、9時頃まで満車で入れません。
すると、右折するように指示されます。右折して200m位で左折して第3・4駐車場があります。

しかし、交通指導員のいる箱島湧水入口を直進して300m行くと信号があり、信号の手前左側が第5駐車場(保育園駐車場)になります。そこに止めた方が第一保護地には距離的に近いです。
もし、第5駐車場がいっぱいでしたら、保育園前の県道を挟んで30m下った右側に第6駐車場があります。
両駐車場から第一保護地までは300mほどの距離です。県道沿いを渋川方面に200m歩き、右に上る舗装道路を50mあがって左折して50mで第一保護地です。
中之条方面からお越しの方は、ぜひ第5・6駐車場をご利用ください。

駐車場の誘導もホタル保護会が行っています。
ご協力のほどよろしくお願いします。
あわせて環境保護への協力、募金等のご支援もいただけると幸いです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初夏のリトリート
豊かな自然と緑があふれる中で、幻想的なホタルの光とヨガを。

ということで、「スタジオ・ヨギー」のみなさんが箱島に涼みにやってきて
ヨガとホタルと名水百選を楽しんでくださいます。

7月7日(土)
13:15~ 箱島公民館からお不動様へ
15:30~ ホタル学習会
16:00~ ヨガ教室

という予定で、その後、ホタル鑑賞会になります。
みなさんでヨガの体験をしてみませんか。
場所は、箱島公民館です。

お・た・の・し・み



 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 21℃

いやぁー、さすがに土曜日ですね。
今シーズン最高の人出ででした。
7時過ぎには、公民館と第2駐車場はいっぱいでした。
その後、第3もいっぱいになり、神社の第4駐車場もいっぱいになったようです。
駐車場についてはご不便をおかけして申し訳ありません。
金・土曜日はできるだけ乗り合わせでお出かけください。
伊香保温泉に宿泊してマイクロバスで送迎してもらうというプランはどうでしょうか。
浴衣でうちわを持ってホタルを鑑賞するなんて素敵ですね。
実はこういうお客さんが増えているようです。
結構ゆとりのある方が多いんですね。

「サラリーマン 暇もないのに ホタル保護」

明日は駐車場の草刈りと梅もぎに頑張ろう!
そして、夜は駐車場の整理ですね。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





 21℃

今日は、東小学校PTAが主催するホタル学習会がありました。
小学生や中学生、保護者や先生方といっしょにホタルの学習を深めました。
箱島公民館のホールには100名以上集まってとても盛況でした。
その様子は画像が届いたら公開します。
内容は、先日の案内のとおりで、箱島ホタル保護の会U副会長がホタル講話をして、その後、鑑賞会に行きました。
金曜日ということもありたいへんな賑わいで、ゲンジボタルも大喜びで舞っていました。
100匹くらい舞っていますかね。
とても優雅な第1保護地でした。
その後、第2・3保護地を回って公民館に戻ってきました。
三日月が西の空にあって、天上には北斗七星があり、ホタル観賞と天体観測を満喫できました。
小学生はとても元気があり、またホタルの話もよく聞いていました。
地域の子どもを地域の大人が面倒見るという斜めの関係をつくれるのが、箱島をはじめ東地区のすばらしさだと思います。
子どもホタレンジャーの活動とともに、「ホタルと人が暮らす里づくり」をますます充実していこうと考えています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ