箱根神社(九頭龍神社)の社務日誌から・・・

◆御鎮座1260年をめでたく迎えました!皆様のお参りをお待ちしております。箱根神社(九頭龍神社)公式HPもご覧下さい。

大祓を奉修。あすから7月、文月月次祭が斎行されます。

2015年06月30日 | お祭り

 午後4時、たくさんのご参列の皆様とご一緒に、夏越大祓(なごしのおおはらへ)を恙なく奉修し、罪穢れのない清々しい健やかな心身に立ち返りました。
先づは大祓詞を奏上し、続いて切麻で祓いを行います。更に大麻で祓い、祓物で祓い、と幾重にも祓えを重ね、最後には形代流しにて罪穢れを祓い去ります。

続いて茅の輪をくぐり、厳しい夏も元気に乗り切れる丈夫な心身を保つ大きな力を戴きました。

納めに、ご参列の皆様と箱根大神様に感謝と祈願のお参りを致します。
ご参列そして形代でご参加の皆様には、大祓の奉修洵におめでとうございます。

夏越大祓を修めいよいよ7月、元の清々しい心身に立ち返り残る半年も元気に日々を送りましょう.
皆様には、7月31日から1週間に亘って行われる箱根神社の夏祭りにも、是非ご参列ご参加いただき、大神様の更なる御力を戴かれて、いよいよ充実した心豊かな日々をお過ごしいただきたく存じます。

260630071 そして夏祭りの季節です!
先ずは、明日の文月1日の月次祭と朝餉会にご参列下さい。皆様お揃いでのお越しをお待ち申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日30日は大祓! | トップ | 九頭龍神社本宮文月月次祭。... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-07-01 17:50:17
先日はいつもの事だから心配ないとおっしゃってましたが
いよいよ噴火の傾向との事で心配です
去年神奈川を離れるまでは何度も参拝してましたし気が気でありません
Unknown (ヒバ)
2015-07-16 11:12:19
Unknown様
御返事が遅れてまことに申し訳ございませんでした。
現在の規制状況を箱根町の広報を添付いたします。
コメントをいたたいた頃噴火があったようですが、噴火があった場合の想定の範囲内で直径10メートル位の火口から噴出があったようですが、周辺に影響をおよぼすものではありませんでした。この2~3日前から
実際に火口付近に立ち入り調査が入っているようです。終息に向かっているようだとの見解の学者もいらっしゃいます。有感地震は10日位前からございません。
現在も規制されていますが、警戒区域外では普段と何も変わっていません。ただ、参拝の方は例年に比べ3割位少ないでしょう。大涌谷を始め観光業は惨憺たる状況です。
人的災害は一切出さない。という安全優先での規制になっていると思います。

以下は箱根町発表のものです
今までの経過について
 平成27年5月6日午前6時30分から、次の措置をとることにしました。
 (1)県道734号線の大涌谷三差路から大涌谷方面への通行禁止
 (2)箱根ロープウェイの全線運休
 (3)姥子~大涌谷間の自然探勝歩道の閉鎖
 
 平成27年5月4日午前5時から、次の措置をとることにしました。
 (1)大涌谷自然研究路の閉鎖 
 (2)ハイキングコースの一部区間の閉鎖


平成27年6月30日12時30分、気象庁は大涌谷周辺の入山規制を発表し、噴火警戒レベルを3に引き上げました。
これに伴い、県道の早雲山・姥子間を規制するとともに、姥子、上湯場、下湯場、箱根早雲郷別荘地の一部の皆さんに対し、避難指示を発令しました。
 今後、火山活動の活発化が予想されるため、火口周辺の立ち入りを禁止しました。

町では火山活動の活発化に伴い、災害対策基本法第63条に基づき、大涌谷周辺の想定火口域から約700mの範囲を警戒区域とし、立ち入りを規制しています。
ただし、警戒区域内に住居等があり、貴重品の持ち出し等、一時的に帰宅するための立入を特別に認めることもあります。なお、現在も気象庁及び箱根火山の研究・観測を行なっている神奈川県温泉地学研究所が監視体制を強化しています。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む