箱根神社(九頭龍神社)の社務日誌から・・・

◆御鎮座1260年をめでたく迎えました!皆様のお参りをお待ちしております。箱根神社(九頭龍神社)公式HPもご覧下さい。

今週の献華

2017年05月27日 | 境内の花だより



              ・・・・・・・・ 今週の献華 ・・・・・・・・
              華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、渋川つつじ、紫蘭(シラン)、レースフラワーです。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

28日は境内社の曽我神社例祭です。

2017年05月26日 | お祭り

来る5月28日は、曽我神社の例祭が斎行されます。
 
本年は、兄弟の大願成就(仇討本懐)より823年に当たります。
皆様お揃いでのご参列をお待ち申し上げます。
 
曽我神社は、『曽我物語』で有名な曽我十郎祐成(すけなり)、五郎時致(ときむね)兄弟の御霊をお祀り致しております。
ご存じの方も多いかと思いますが、以下に兄弟の物語の概略を記載致します。
 
           =曽我兄弟の仇討=

 曽我兄弟は、幼名を兄・十郎は一萬(いちまん)、弟・五郎は箱王(はこおう)と言いました。兄弟が五歳、三歳の時に、所領をめぐる争いから実父河津三郎祐泰(すけやす)が工藤祐経(すけつね)に討たれるという不幸に遭遇します。
母・満江御前(まんごうごぜん)は、兄弟の身に危険が及ぶことを恐れ、曽我祐信(すけのぶ)と再婚し、兄弟は曽我姓を名乗ることになりました。兄・一萬は成人元服して名を十郎祐成(すけなり)と改め曽我の家督を継ぎ、弟・箱王は実父の菩提を弔うべく箱根権現別当の下に稚児として預けられ、修行に専念することになりました。

2405254_3文治三年(一一八七)正月、将軍・源頼朝の箱根権現参拝(二所詣)に付き従う敵・工藤祐経を眼のあたりにした箱王は、復讐の念にかられ隙を窺うが果たせず、敵・祐経と対面し「赤木柄(あかぎつか)の短刀」(箱根神社所蔵・国重文)を授けられ却って諭されてしまいます。十七歳になった箱王は出家を嫌い無断で箱根山を降り、元服して五郎時致(ときむね)を名乗り、兄・十郎祐成と共に仇討を決意しました。

2405253_2 建久四年(一一九三)五月、仇討ち決行の途次、兄弟は箱根権現に参拝し、別当に過去の非礼を詫びるとともに暇乞(いとまごい)をしました。兄弟の心中を察した別当は、それぞれ宝刀の微塵丸(みじんまる)、薄緑丸(うすみどりまる)を授け激励いたしました。折から頼朝に従って富士の大巻狩に参加していた工藤祐経を付け狙い、遂に五月二十八日夜半、祐経の館に討入り、奇しくも与えられた赤木柄の短刀でとどめを刺し見事本懐を遂げました。

2405255_2さらに、兄弟は十番切にみられる無類の剛勇で闘い、源頼朝の館まで乱入しましたが、兄・十郎は討死、弟・五郎は捕らえられてしまいました。翌二十九日、捕縛された五郎は頼朝の面前で、堂々とこれまでの仇討の苦衷を述べました。これを聞いた頼朝は兄弟の武勇に感嘆致しましたが、五郎は惜しまれながらも斬首されました。
後に頼朝は兄弟のその孝心に感じ入り、養父・曽我祐信に暇を与え領地の年貢を免じ、兄弟の菩提を弔わせました。また十郎祐成の討死を愛人の虎御前(とらごぜん)は深く悲しみ、兄弟の母と共に箱根権現で亡き兄弟の供養につとめました。
 
大願成就(仇討本懐)を遂げた5月28日に斎行される曽我神社の例祭では、討入りの晩、傘に火をつけ松明代わりに工藤祐経の館を目指したという故事に倣い「傘焼神事」が行われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

15日は皐月月次祭併せ御衣祭、九頭龍神社新宮月次祭です。

2017年05月13日 | お祭り






          =両社参り月次祭のご案内=
両社参り月次祭で、箱根大神様と九頭龍様の両社参りが叶います。皆様お揃いでご参列下さい。
 
2601140326011404受付等の詳細は、こちらをクリックして、月次祭のご案内ページ内の「15日両社参り月次祭の案内」「15日九頭龍神社新宮月次祭の案内」をクリックすると、PDF文書が開きますのでご覧下さい。

03 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弁財天社の御社殿が新築され、遷座祭が斎行されました。

2017年05月10日 | 九頭龍神社


九頭龍神社本宮境内に御鎮座の弁財天社が建立され、10日午後5時より清麗祭を行い御社殿をお清めいたしました。引き続き遷座祭を斎行し、仮殿の九頭龍神社本宮から新社殿にお移りいただきました。
13日の月次祭は新たな御社殿でお参りいただけます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13日は九頭龍神社本宮皐月月次祭。玉串拝礼者のお知らせ。

2017年05月10日 | 九頭龍神社

26050901
風薫る新緑の季節です!13日は九頭龍神社本宮にて皐月月次祭を斎行致します。
皆様にはお揃いでご参列下さいますようご案内申し上げます。
24122702◇御神印について
九頭龍神社の御神印は、九頭龍神社本宮ではおこなっておりませんので、箱根神社に「九頭龍神社御祈祷神札」と「龍神水」をお引換においでの際にお受け下さい。
*御神印は、駐車場横のお札所と御祈祷受付にて承っております。

240109 ◇龍神水について
龍神水のお水取りは、箱根神社境内の九頭龍神社新宮でお汲み下さい。九頭龍神社本宮の手水所ではありませんのでご注意下さい。

       九頭龍神社新宮前の龍神水
駒ケ岳、神山を背に、芦ノ湖を象った水盤に霊水が溢れます。
辰年御縁年の箱根神社御鎮座1255年を奉祝記念して作られ、多くの皆様にお使いいただいております。

240109_2 こちらは、九頭龍神社本宮月次祭で御祈祷の方に、祈祷神札、参拝証と共に、おさがりとしてお渡ししている龍神水です。

240109_3 龍神水の直会で御神徳を心身にお受け下さい。

Jpg_2 ◆両社参りのおすすめ
◆九頭龍神社の本宮と新宮について
ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf
 

 220621 
 

 

 

 

 

 


平成29年5月13日(土曜日)
九頭龍神社月次祭の玉串拝礼者の発表です。
既定の方以外で、お申し込みいただいた玉串拝礼の方は次の通りですのでよろしくお願い致します。 
1、受付番号・・・(219番)
2、受付番号・・・(230番)
3、受付番号・・・(231番)
以上、5月13日の玉串拝礼は、既定の方々と上記の方にお願い致します。

0102_2

 

九頭龍神社本宮月次祭のご案内
  
受付等の詳細は、以下の記事をご覧下さい。
*九頭龍神社本宮のお祭りは、
  どの祭典も年間を通じて毎月午前10時に行います。 

 
0102_2
 
1、受付について

 
2201090301午前9時30分参拝船出航の15分前(9:15)までには受付を済まされますようお願い申し上げます。
 
2、受付での順路です
 

 1 参拝船の乗船券を購入して下さい(芦ノ湖遊覧船乗場で1,500円です)
 
2 ①月次祭案内状
  ②御祈祷申込封筒
  ③御供 をお受取り下さい
 
3 御祈祷申込の方は、外のテーブルで御祈祷申込書
  をお書き下さい
 
4 御祈祷申込の方は、お書きになった申込書に
  御祈祷料を入れて受付にお持ち下さい
  *御祈祷料は2000円以上をお入れ下さい
 
5 受付で、御祈祷申込書と引換えに
  ①参拝祈願証
  ②御祈祷神札・龍神水の引換券
  ③玉串拝礼申込書 をお受取り下さい
 
6 乗船までしばらくお待ち下さい。
 
◇当日おいでになれない方には、御祈願の予約受付を行っておりますので、箱根神社の御祈祷受付にてお申込み下さい。
 
◇帰りの船便は
4月13日~11月13日は11:05、11:45、12:20
12月13日~3月13日は10:55、11:45の予定ですが、船便の追加または荒天により出航時間が変更になる場合もありますので、当日ご確認願います。
 
230309 ◇祭典修了後、箱根神社で行います「御祈祷神札と記念品と龍神水の授与」は、御祈祷神札を九頭龍神社本宮から持ち帰る関係上、12:00から行いますのでよろしくお願い申し上げます。
  
尚、必ず御祈祷を申込まないと「船に乗れない・お参りに行けない」と云う事はありません。今まで通り、お参りだけでも大丈夫です。そして、御祈祷の申込みも「強制ではありません」ので、皆様それぞれご自由に対処下さい下さいますようお願い申し上げます。
  
3、九頭龍神社本宮例祭の詳細について

 
2601090113「13日 九頭龍神社本宮月次祭のお知らせ」です。例祭も月次祭とほぼ同じです。当日受付でお渡し致しますが、初めてご参列の方はあらかじめお読みいただきますと、よくお解りいただける事と存じます。
◇13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内
  
(最新版25.12.01更新)
  ダウンロード 13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内.pdf
 
4、玉串拝礼のお申込みについて

 
220210_00_2 詳細は、受付で案内状をお渡し致しますのでご覧下さい。
260109021玉串拝礼申込についての詳細は、下のアンダーラインをクリックして、案内文書を開いてご覧願います。
  
「1日 箱根神社月次祭と朝餉会のご案内・玉串拝礼申込について」
ダウンロード  1日月次祭と朝餉会の案内 参拝証.pdf 
 
5、九頭龍神社本宮への参拝路について
 
22080902
 
6、周辺の駐車場について
 
22021013
  
7、交通機関とカーナビ入力情報について

伊豆箱根バスさんからのお知らせです

毎月13日のみ運行の九頭龍神社参拝専用バスは2016年7月13日で運行を終了致しました


【ご案内いたします】
 ◎8月13日(日)以降は《小田原駅東口・箱根湯本駅》より路線バスをご利用下さいますようお願い致します。

 ご不便・ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承下さい。 

22010911カーナビ入力情報は、上記の通りです。
 
8、両社参りについて

 
Jpg_2「両社参りのおすすめ」と「九頭龍神社の本宮と新宮について」です。ご覧下さい。
ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf
 
9、両社参り月次祭について
 
2601090315「15日 両社参り月次祭のお知らせ」です。ご覧下さい。
ダウンロード 15日両社参り月次祭の案内.pdf

  
10、三社参りについて

22010909両社参りに続いて、箱根神社・九頭龍神社・箱根元宮の三社参りもおすすめします。
三社参りの皆様には、箱根元宮に向う「箱根駒ケ岳ロープウェー」の割引証が進呈されます。

箱根芦ノ湖遊覧船・伊豆箱根バス・箱根ロープウェーの一括情報が掲載されているこちらをクリックしてお求め下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の献華。

2017年05月07日 | 境内の花だより

・・・・・・・・今週の献華 ・・・・・・・・
華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、小手毬(こでまり)、二種の苧環(おだまき)です。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の献華。

2017年04月30日 | 境内の花だより


・・・・・・・・今週の献華 ・・・・・・・・
華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、山吹、かいどう、むさしあぶみです。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九頭龍神社本宮幟旗奉納終了のお知らせ。

2017年04月29日 | お知らせ

九頭龍神社本宮月次祭に掲揚の幟旗奉納のお願いいたしておりましたが、お陰を持ちまして予定数の100旒に達しましたので、お申込み受付を締切らせていただきます。
ご芳志まことにありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月1日は皐月月次祭、その後朝餉会です。

2017年04月29日 | お祭り


 明後日から風薫る5月!若々しい萌木色の新緑の季節がやって来ます!
4月より再開いたしました朝餉会も、11月まで8月を除く1日の月次祭に続いて行っております。ぜひご参加下さい。



220621

 

 

 

 

 

 

 

平成29年5月1日(月曜日)
箱根神社月次祭の玉串拝礼者の発表です。
お申し込みいただいた玉串拝礼の方は次の通りですのでよろしくお願い致します。
 
1、受付番号・・・(9番)
以上、5月1日の玉串拝礼は、上記の方にお願い致します。

=箱根神社の1日月次祭ご参列お申込み方法と受付=
260109021下記の案内状(アンダーライン)をクリックしてご覧下さい。PDFファイルになっています。
ダウンロード  1日月次祭と朝餉会の案内 参拝証.pdf

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日は昭和祭と九頭龍神社新宮例祭です。

2017年04月25日 | お祭り

来る4月29日「昭和の日」には、午前9時より箱根神社御本殿にて昭和祭が斎行され、引続き、午前10時より九頭龍神社新宮にて例祭が斎行されます。



 九頭龍神社新宮拝殿が建立されて初めての例祭奉仕となります。昨年は生憎の雨中の斎行となりましたが、今年は突然の雨でも大丈夫です。
皆様には、ぜひ昭和祭から引続きご参列下さいますよう、ご案内申し上げます。
なお、ご参列ご希望の方は、1日、15日の箱根神社月次祭同様のお申し込みにてお願い致します。

23042603こちらをクリックすると、直接上記のページをご覧いただけます)

=昭和祭について=

4月29日は「昭和の日」です。この日は昭和天皇の御誕生日であり、昭和の御代には「天皇誕生日」でしたが、昭和天皇が崩御され、元号が平成に改まってからは「みどりの日」となりました。

しかし「昭和」の時代を顧みるにふさわしい名称を望む多くの国民の声に応え、平成17年に祝日法が改正され、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす祝日として「昭和の日」となりました。この日、全国の神社では「昭和」という歴世稀にみる激動の時代を顧みつつ、昭和天皇の御聖徳と御事績を仰ぎ「昭和祭」が厳かに斎行されます。

昭和天皇皇后両陛下におかれましては昭和24年(1949)、元箱根での植樹祭ご臨席にあたり、当神社に幣饌料(へいせんりょう)を御下賜になられたのをはじめ昭和30年の箱根行幸啓、また昭和41年の箱根神社御鎮座1200年式年大祭、以後三度に亘る県下への行幸啓に際しても幣饌料を御下賜になられました。

22042803昭和55年(1980)の7月3日には、当神社への行幸啓を賜り、両陛下の畏き思し召しにより御神前に太玉串を供えての御親拝の栄に浴しました。

=昭和天皇と箱根=

若きころ登りし山をなつかしみ   かへりみてゆく旅はたのしき

これは昭和55年の箱根行幸啓に際して詠まれた御製です。昭和天皇は、幼少時から皇太子時代にかけて幾度も箱根で夏をお過ごし遊ばされました。
 
皇太子であられた大正時代にも、当神社に御拝遊ばされたほか、初めて登山電車が開通した際には御乗車を賜りました。その折々に箱根の山々で登山をお楽しみ遊ばされ、明星ヶ岳登山道には記念碑が建てられています。

22042804 昭和天皇と箱根の関係を語る上で、現在の恩賜箱根公園にあった「箱根離宮」の存在は重要です。明治6年(1873)8月20日に明治天皇が当神社に行幸され御親拝遊ばされた10年後、初代内閣総理大臣伊藤博文の勧めにより、神社対岸の旧社領・塔ヶ島に「塔ヶ島離宮」が完成し、23年には「函根離宮」と改称されました。(写真は、恩賜箱根公園に建つ離宮の面影を再現した2階建ての洋館「湖畔展望館」)
和風の御殿と西洋風の建物とからなる美しい離宮は、芦ノ湖と富士山が織なす日本一の景観を誇り、明治、大正、昭和の天皇御三代にわたり愛され、多くの皇族方や賓客のご来遊とともに箱根との御縁も深まりました。
若き日の夏、御父君とお過し遊ばされた楽しい思い出多き地が箱根であり、冒頭の御製によく表れています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと開花の乙女桜と今週の献華。

2017年04月17日 | 境内の花だより


昨年より10日遅れて開きました。

・・・・・・・・今週の献華 ・・・・・・・・
華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、桃、石楠花、利休梅です。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の献華。

2017年04月15日 | 境内の花だより

・・・・・・・・今週の献華 ・・・・・・・・
華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、雪柳、レンギョウ、胡蝶花(シャガ)です。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十五日は両社参り月次祭です。

2017年04月13日 | お祭り


爽やかな春の空です。芦ノ湖周辺ではまだ桜の開花便りは届きません。昨年より一週間以上遅れてます。






          =両社参り月次祭のご案内=
両社参り月次祭で、箱根大神様と九頭龍様の両社参りが叶います。皆様お揃いでご参列下さい。
 
2601140326011404受付等の詳細は、こちらをクリックして、月次祭のご案内ページ内の「15日両社参り月次祭の案内」「15日九頭龍神社新宮月次祭の案内」をクリックすると、PDF文書が開きますのでご覧下さい。

03 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日は九頭龍神社本宮月次祭。

2017年04月12日 | 九頭龍神社

4月13日(木曜日)、九頭龍神社本宮にて如月月次祭を斎行致します。皆様にはお揃いでご参列下さいますようご案内申し上げます。
明日はお天気もよさそうです。芦ノ湖畔の桜はまだまだつぼみにもなっていませんが、箱根山の中腹位が今見頃です。参拝往来途中の桜をお楽しみください。
◇九頭龍神社新宮について
箱根神社境内御鎮座の九頭龍神社新宮に拝殿が新たに建立されました。新年より初詣の皆様には拝殿でお参りいただいております。
雨や雪が降っても傘をささずにお参りいただけます。ぜひ新宮にもご参拝下さい。

24122702◇御神印について
九頭龍神社の御神印は、九頭龍神社本宮ではおこなっておりませんので、箱根神社に「九頭龍神社御祈祷神札」と「龍神水」をお引換においでの際にお受け下さい。
*御神印は、駐車場横のお札所と御祈祷受付にて承っております。

240109 ◇龍神水について
龍神水のお水取りは、箱根神社境内の九頭龍神社新宮でお汲み下さい。九頭龍神社本宮の手水所ではありませんのでご注意下さい。

       九頭龍神社新宮前の龍神水
駒ケ岳、神山を背に、芦ノ湖を象った水盤に霊水が溢れます。
辰年御縁年の箱根神社御鎮座1255年を奉祝記念して作られ、多くの皆様にお使いいただいております。

240109_2 こちらは、九頭龍神社本宮月次祭で御祈祷の方に、祈祷神札、参拝証と共に、おさがりとしてお渡ししている龍神水です。

240109_3 龍神水の直会で御神徳を心身にお受け下さい。

Jpg_2 ◆両社参りのおすすめ
◆九頭龍神社の本宮と新宮について
ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf

0102_2
九頭龍神社本宮月次祭のご案内
  
受付等の詳細は、以下の記事をご覧下さい。
*九頭龍神社本宮のお祭りは、
  どの祭典も年間を通じて毎月午前10時に行います。 

 
0102_2
 
1、受付について

 
2201090301午前9時30分参拝船出航の15分前(9:15)までには受付を済まされますようお願い申し上げます。
 
2、受付での順路です
 

 1 参拝船の乗船券を購入して下さい(芦ノ湖遊覧船乗場で1,500円です)
 
2 ①月次祭案内状
  ②御祈祷申込封筒
  ③御供 をお受取り下さい
 
3 御祈祷申込の方は、外のテーブルで御祈祷申込書
  をお書き下さい
 
4 御祈祷申込の方は、お書きになった申込書に
  御祈祷料を入れて受付にお持ち下さい
  *御祈祷料は2000円以上をお入れ下さい
 
5 受付で、御祈祷申込書と引換えに
  ①参拝祈願証
  ②御祈祷神札・龍神水の引換券
  ③玉串拝礼申込書 をお受取り下さい
 
6 乗船までしばらくお待ち下さい。
 
◇当日おいでになれない方には、御祈願の予約受付を行っておりますので、箱根神社の御祈祷受付にてお申込み下さい。
 
◇帰りの船便は
4月13日~11月13日は11:05、11:45、12:20
12月13日~3月13日は10:55、11:45の予定ですが、船便の追加または荒天により出航時間が変更になる場合もありますので、当日ご確認願います。
 
230309 ◇祭典修了後、箱根神社で行います「御祈祷神札と記念品と龍神水の授与」は、御祈祷神札を九頭龍神社本宮から持ち帰る関係上、12:00から行いますのでよろしくお願い申し上げます。
  
尚、必ず御祈祷を申込まないと「船に乗れない・お参りに行けない」と云う事はありません。今まで通り、お参りだけでも大丈夫です。そして、御祈祷の申込みも「強制ではありません」ので、皆様それぞれご自由に対処下さい下さいますようお願い申し上げます。
  
3、九頭龍神社本宮例祭の詳細について

 
2601090113「13日 九頭龍神社本宮月次祭のお知らせ」です。例祭も月次祭とほぼ同じです。当日受付でお渡し致しますが、初めてご参列の方はあらかじめお読みいただきますと、よくお解りいただける事と存じます。
◇13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内
  
(最新版25.12.01更新)
  ダウンロード 13日九頭龍神社本宮月次祭のご案内.pdf
 
4、玉串拝礼のお申込みについて

 
220210_00_2 詳細は、受付で案内状をお渡し致しますのでご覧下さい。
260109021玉串拝礼申込についての詳細は、下のアンダーラインをクリックして、案内文書を開いてご覧願います。
  
「1日 箱根神社月次祭と朝餉会のご案内・玉串拝礼申込について」
ダウンロード  1日月次祭と朝餉会の案内 参拝証.pdf 
 
5、九頭龍神社本宮への参拝路について
 
22080902
 
6、周辺の駐車場について
 
22021013
  
7、交通機関とカーナビ入力情報について

伊豆箱根バスさんからのお知らせです

毎月13日のみ運行の九頭龍神社参拝専用バスは2016年7月13日で運行を終了致しました


【ご案内いたします】
 ◎8月13日(日)以降は《小田原駅東口・箱根湯本駅》より路線バスをご利用下さいますようお願い致します。

 ご不便・ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承下さい。 

22010911カーナビ入力情報は、上記の通りです。
 
8、両社参りについて

 
Jpg_2「両社参りのおすすめ」と「九頭龍神社の本宮と新宮について」です。ご覧下さい。
ダウンロード 両社参りのおすすめ 箱根神社と九頭龍神社.pdf
 
9、両社参り月次祭について
 
2601090315「15日 両社参り月次祭のお知らせ」です。ご覧下さい。
ダウンロード 15日両社参り月次祭の案内.pdf

  
10、三社参りについて

22010909両社参りに続いて、箱根神社・九頭龍神社・箱根元宮の三社参りもおすすめします。
三社参りの皆様には、箱根元宮に向う「箱根駒ケ岳ロープウェー」の割引証が進呈されます。

箱根芦ノ湖遊覧船・伊豆箱根バス・箱根ロープウェーの一括情報が掲載されているこちらをクリックしてお求め下さい。
  
皆様には、九頭龍神社本宮新年祭にご参列いただき、ご一緒に感謝と祈願のお参りの奉修をお願い致します。

ご参列をお待ち申しあげます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の献華と生花のご奉納。

2017年04月06日 | 境内の花だより


・・・・・・・・ 今週の献華 ・・・・・・・・
華道小原流 石井京華(京子)様
華材は、柊南天(ヒイラギナンテン)、クリスマスローズです。
石井様には、いつも洵にありがとうございます。

小田原市内で生花店を営まれている河野様より
コーラルドロップと言う名のデンドロビウムのご奉納を賜りました。
誠にありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加