針と糸

刺繍とか編みものとか

刺繍 種の模様 「樋口愉美子のステッチ12か月」から

2016-10-14 17:35:07 | 刺繍

種の模様

一目惚れで購入した樋口愉美子さんの手芸本は出版されるたびに購入するものの

眺めるだけでなかなか手つかず

一旦自分で作ったハンドメイド作品を作ったり販売するのは置いといて

お勉強も兼ねてのんびり初心にもどって楽しんでさしてます

 

面をチェーンStで埋める事が新鮮ではまります~

1色刺しって気軽なんだけど、ステッチの不出来が目立つ

ふっくら形よく引き締め具合やらねじれやいろいろちょっとしたこと

針を刺す微妙な位地で素敵になったりなんだかな・・・だったり

意外に、多色で色とりどりの糸で刺した方が、粗が目立たないかもしれません

多色でさせば色彩やら色の配色に目がいってくれるから

まぁ樋口愉美子さんの図案がものすごく素敵なので

少々下手っぴでも、コツコツさして仕上げれば素敵なものがきっと出来上がりますよ。

   

いよいよクラッチバッグ(バネポーチ?)に仕立ててフィニッシュじゃ

失敗したらショックです。恐怖です。:泣笑

 

今日帰ってくる途中

ちょうど6本取りのフレンチナッツStでさしたような植物が道端に

あっこれ

先生、たしかに10月のステッチです♪

■使用本 「樋口愉美子のステッチ12か月」-P38種の模様

『手芸』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刺繍 東欧のピンクッション | トップ | 料理したもの »
最近の画像もっと見る

あわせて読む