ちんまりブログ

トップニュースをお届けします。

■「宗教」ではないということ~朗読会より■ 再掲 日時不明

2017-11-18 15:24:51 | 日記
私の自著「ベストチョイス」は、何かの宗教書と勘違いされて、最初から敬遠なさる方がいらっしゃるようですが、そんなことはありません。

朗読会で三浦精神科医も、「この本は宗教とは全く違う」とおっしゃって下さいました。

全くその通りでして、私は無神論者です。

「霊」や「神」や「前世」などという言葉はこの本にひとつも出てきません。

私は実証主義者ですから、実体のないものは信じません。

三浦先生にはっきりそのことをはっきり言って頂いて良かったと思っています。

このご時勢、テレビや本などで宗教系や、スピリッチュアリング、人生占い、運命鑑定などの有名人がご活躍されていますが、これらとは全く無縁な本です。

読んで頂けると分かって頂けると思いますが、この本の趣旨は「こころのあり方」を述べているだけなのです。

「過去」「現在」「未来」をどのように定義すれば、人生を前向きにとらえることができるのか。

特に苦しい「過去」をひきずっていらっしゃる方々には、「過去」は「悩み」「苦しむ」対象ではないと私は言うのです。

そして「ギヴアンドギヴ」の実践や体験の中で得られたことから、「未来」に対しどのような「こころ構え」をし、どうすれば良いのかを述べているのです。

「ギヴアンドギヴ」ということのこころの「優しさ」が、単に他の人を救うだけではなく、自らの人生をどれほど豊かにしていくのか。

そしてどんなにか自分の勇気になっていくのかを述べたのです。

この人生観は私が約50年近く、「悩み」「苦しむ」中で、そして犯罪被害者支援という過酷な体験から得られたことなのです。

「ベストチョイス」を「寄りそう本」として、いつもそばに置いてほしいと思うのです。

そして苦しいときに引っぱり出して、何度も繰り返して読んで頂きたいのです。

けっして宗教本ではありません。

はっこう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■「悩む」ということ~朗読会... | トップ | ■「美しい」ということ~朗読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事