ちんまりブログ

日々の中で考えたことを書きます

【民事訴訟】 初公判は15日になりました。

2017-06-13 18:29:53 | 日記
訴状を出したのがゴールデンウイーク前。

やっと先週に答弁書が届きました。

私の知り合いの有名な弁護士曰く(日弁連の役職もしたことがある)

「ああ、その弁護士なら知ってるよ」

「まずは裁判官がどう言うかだね」

「話し合い(和解)にしたらどうですか、と裁判官に言われたらそうすればいい」

「もし裁判官が何も言わなかったら、次回までに考えてきます、と言えばいい」

ま、そういうアドバイスがありましたのでそのようにしたいと思います。

何しろ「本人訴訟」ですから、裁判官には下手、下手にいこうと思います。

ちまたでは「本人訴訟」の場合、裁判官は弁護士のほうしか見ないと言いますから。。。

相手の弁護士は平成25年に弁護士登録した若い弁護士です。

まあ、手ならしに行ってこいとでも先輩に言われたのでしょう。

いいですよ、下手、下手にいき、まずは弁護士法の第一条を言わせますから(笑

その意味ついても聞きますから(笑

憲法も言わせますから(笑

民法も言わせますから(笑

世間ではオールマイティですけど、一般庶民に答えられるかどうか。

15日が楽しみです。

最後に言っておきますが、裁判費用は約1万5千円くらいです。

被告は弁護士を立てたので着手金10万円くらいはかかったでしょう。

さらに不運なことに被告は医療費も払うことに(謎

もうすでに負けています。

さらにこの民事裁判が終わったら、次の訴訟も考えています。

被告はどんどん弁護士にお金を払わなくてはなりません。

また、被告の夫も共謀したと考えられるので、こちらにも民事訴訟を起こすことができます。

どんどん訴えるぞ、訴えるのは自由だから。。。

たかが約1万5千円。

はっこう



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グランツーリスモ、モンスタ... | トップ | 文書再調査「内閣府でも調査... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL