ちんまりブログ

トップニュースをお届けします。

【再 不 服 申 し 立 て 書】 13について(2) 感想

2017-11-14 22:10:42 | 日記
竹中 「「それでもなお人を愛しなさい」とあなたは言われましたよね。それとお姐さんを刑事訴訟にするのは矛盾しませんか」

竹中 「村上さんは「人を愛しなさい」という言葉と、姉を告訴するということは矛盾していないと言われましたね。刑事処罰をお姉さんに受けさせることが「愛」だと思っていらっしゃるんですか」

竹中 「ただし、あなたの見解が正しいというためには、その前提として、刑事処罰が適正でなければいけませんよね」

竹中 「しかしながら、村上さんの告訴している事実は犯罪にならないのですから、前提がないですよね」

村上 「日本国憲法前文を読みます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」「聞いてくれてありがとう」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【再 不 服 申 し 立 て 書】 13について(1)

2017-11-14 22:10:16 | 日記
13 これから述べることは質問ではありません。

この世、正義か不正義か、そのどちらかでしかありません。

私は、この世を1 「常識」 2「法律」 3「社会正義」 4「愛」 で簡単に説くことができます。

まず、世の中には「常識」があり、ほとんどの「もめごと」がこれで解決されます。

解決できない場合はこのように裁判になります。日本は法治国家といいますが、「法律」はあるものの、実は法廷に真実はありません。『真実は本人だけが知っている』からです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(例として 美和勇夫法律事務所
http://www.miwa-lawoffice.jp/article/14789424.html
はなみずき司法書士事務所
http://www.8732ki.com/blog/archives/9 (民事)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
にもほぼ同じことが書いてあります。

それから弁護士法です。

弁護士法

第一条
 弁護士は、基本的人権を擁護し、「社会正義」を実現することを使命とする。
2  弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

とあります。「社会正義」とは

「人間が社会生活を営む上で、正しいとされる道理」。(デジタル大辞泉)

であります。「正しい法律」ではないのです。

「道理」が通じるか通じないかの問題です。

分かりやすく言えば、昔の「仇討ち」です。

あれこそが「社会正義」なのです。

私の持論でありますが、人一人殺したら「死刑」なのです。

この考えはあの有名な「モーセの律法」に遡るのです。

それが本当の「社会正義」なのです。

ですから「法律」は「社会正義」に未だに届かないのです。さて、この世、「常識」「法律」「社会正義」だけで成り立ってはいません。

家族も、学校も、町内会も、団体も、会社も、自治体も、国家も、国連も、、、それらは人間の「愛」があってこそ成り立つのです。

戦争は「愛」のない人々が起こすのです。

「愛」は平和をつくりますが、まだまだ人間は世界平和を実現できません。

誰もが「愛」に目覚めなくてはなりません。

「愛」、これこそが崇高な理念なのです。

ですから、「それでもなお、人を愛しなさい」(資料)なのです。

この理念は日本国憲法をも超えるのです。

ちなみに私は、被疑者をその「人間の存在」として愛していますが、それと処罰を受けることとはまた別問題です。起こした罪は罪なのです。それが「法」による公平さなのです。

犯罪被害者支援NPOギヴアンドギヴには崇高な最強の理念があります。(資料)

あのマザーテレサが壁に刻んだという、あの「逆説の十カ条」(資料)です。

これに敵う理念はありません。

私は約15年間、これを実践してきました。

そういう自負があります。

私の「NGO GIVE AND GIVE」英語訳のサイトでも、世界に発信しています。

人々がこれを実践すれば、少なくとも戦争や争いは減りますし、少なくなります。

きっと争い事も少なくなります。

それ程最強なのです。どうぞよく読まれてお考え下さい。

最後になりますが、被疑者はどうも「弟は病気だ」と勝手に言いふらしていたようです。

直感で母のお葬式に出なかった時も、勝手に親族に「弟は体調が悪い」と勝手に言いふらしていました。

亡き母の火葬場で、私の従妹が。私の妹にすりより、「お兄さんの病気は本当なの?」と聞いてきたくらいです。悪質です。

さらに親族には「弟は頭がおかしい」とか言いふらしていたようです。

確かに私は「〇〇性障害」を患っています。

しかし、証拠に出した主治医の診断書には「現在は安定した状態がつづいております」と書かれており、誤解なきよう新たな診断書も提出しています。

正常でなければ、裁判などをできるはずがありません。

主治医の診断書には「長く続く精神苦痛があります」と書かれています。

本当のことです。未だに精神的苦痛が続いているのです。

被疑者からの何の謝罪もないのです。

こういう人間を、人は「ろくでなし」と言います。

札幌高等検察庁 殿、どうぞこれまで書いてきた「真実」をわきまえて、再審理して下さい。

そして不起訴を撤回して下さるようお願い申し上げます。

再度、「検察の理念」より強い、私の最強の理念。

あのマザーテレサが壁に書いていたという「逆説の十カ条」(資料)をどうぞ。

資料

NPOギヴアンドギヴの理念として

(引用「それでもなお、人を愛しなさい」ケント・M・キース 著: 早川書房)

「逆説の十カ条」

1 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

3 成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5 正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

6 最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
  それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7 人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8 何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9 人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10 世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

(10については英語でNGO GIVE AND GIVEを主宰しております)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【再 不 服 申 し 立 て 書】 12について

2017-11-14 22:09:26 | 日記
12 最高検察庁 検事総長は検事総長の紹介にて(最高検察庁HP)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この度,検事総長に就任しました西川です。どうぞよろしくお願いします。

 検察の使命は,厳正公平・不偏不党を旨とし,法と証拠に基づき,適切に捜査・公判を遂行することによって,刑事事件の真相を明らかにし,刑罰法令を適正かつ迅速に実現することにあり,この使命は,時代が変わってもいささかも変わるものではありません。私は,国民の検察への負託を深く自覚し,日々生起する様々な刑事事件を適正に処理することによって責務を果たしていきたいと考えております。

 検察の使命は不変であるとはいえ,これを実現する捜査・公判の手法は,時代や社会の変化に合わせて柔軟に変えていく必要があります。既に6年近くにわたり,前任の各検事総長の下で,様々な改革の取組みがなされており,私もこの流れを全面的に継承し,「時代の変化に対応して国民の負託に応える検察」を目指していこうと思っております。

 先の通常国会で成立した刑事訴訟法等の一部を改正する法律は,取調べの録音・録画の一部義務付け,合意制度等の導入など,証拠手段の適正化・多様化及び公判審理の充実を図り,改革を一層推進するものとも位置付けられるものでありますから,施行の準備に総力を挙げて取り組みたいと思っております。

 検察は,国際的なテロ事犯の発生など犯罪の国際化,複雑困難な財政経済事件,サイバー犯罪,特殊詐欺や児童虐待など,最近の犯罪情勢に的確に対応していかなければなりません。そのためには,各種分野における知見の習得,科学的捜査を一層重視した捜査手段の高度化,公判における科学的証拠や取調べの録音・録画の有効な活用,尋問技術の向上などを推進していかなければなりません。また,検察権行使に当たっては,被害者の心情に十分配慮してきめ細かな対応をするとともに,加害者の処分に当たっては再犯防止・社会復帰の観点からの検討も必要です。検察は,個々の職員の多様な専門能力を高め,組織として力を涵養し,多くの課題に取り組んでいきたいと思っております。

 私は,全国の検察庁職員がその職責を自覚して,公正誠実にしかも熱意をもってその職務に取り組むよう,検事総長として全力を尽くしたいと思います。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

と述べられていますが、今回の御庁の

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
通    知    書

(略)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

は、検事総長 殿 の主旨に則っているとお考えでしょうか。

高田 「法と証拠による判断」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【再 不 服 申 し 立 て 書】 11について

2017-11-14 22:07:38 | 日記
11 「検察官事務取扱副検事 岩本 治 殿」は(検察庁サイト)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
検察の理念

この規程は,検察の職員が,いかなる状況においても,目指すべき方向を見失うこ となく,使命感を持って職務に当たるとともに,検察の活動全般が適正に行われ,国 民の信頼という基盤に支えられ続けることができるよう,検察の精神及び基本姿勢を 示すものである。
検察は,公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ,事案の真相 を明らかにし,刑罰法令を適正かつ迅速に適用実現するため,重大な役割を担ってい る。我々は,その重責を深く自覚し,常に公正誠実に,熱意を持って職務に取り組ま なければならない。 刑罰権の適正な行使を実現するためには,事案の真相解明が不可欠であるが,これ には様々な困難が伴う。その困難に直面して,安易に妥協したり屈したりすることの ないよう,あくまで真実を希求し,知力を尽くして真相解明に当たらなければならな い。 あたかも常に有罪そのものを目的とし,より重い処分の実現自体を成果とみなすか のごとき姿勢となってはならない。我々が目指すのは,事案の真相に見合った,国民 の良識にかなう,相応の処分,相応の科刑の実現である。 そのような処分,科刑を実現するためには,各々の判断が歪むことのないよう,公 正な立場を堅持すべきである。権限の行使に際し,いかなる誘引や圧力にも左右され ないよう,どのような時にも,厳正公平,不偏不党を旨とすべきである。また,自己 の名誉や評価を目的として行動することを潔しとせず,時としてこれが傷つくことを もおそれない胆力が必要である。 同時に,権限行使の在り方が,独善に陥ることなく,真に国民の利益にかなうもの となっているかを常に内省しつつ行動する,謙虚な姿勢を保つべきである。 検察に求められる役割を果たし続けるには,過去の成果や蓄積のみに依拠して満足 していてはならない。より強い検察活動の基盤を作り,より優れた刑事司法を実現す ることを目指して,不断の工夫を重ねるとともに,刑事司法の外,広く社会に目を向 け,優れた知見を探求し,様々な分野の新しい成果を積極的に吸収する姿勢が求めら れる。
これらの姿勢を保ち,使命感を持って各々の職務に取り組むことを誇りとし,刑事 司法の一翼を担う者として国民の負託に応えていく。

1 国民全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を自覚し,法令を遵 守し,厳正公平,不偏不党を旨として,公正誠実に職務を行う。

2 基本的人権を尊重し,刑事手続の適正を確保するとともに,刑事手続における裁 判官及び弁護人の担う役割を十分理解しつつ,自らの職責を果たす。

3 無実の者を罰し,あるいは,真犯人を逃して処罰を免れさせることにならないよ う,知力を尽くして,事案の真相解明に取り組む。

4 被疑者・被疑者人等の主張に耳を傾け,積極・消極を問わず十分な証拠の収集・把 握に努め,冷静かつ多角的にその評価を行う。

5 取調べにおいては,供述の任意性の確保その他必要な配慮をして,真実の供述が 得られるよう努める。

6 犯罪被害者等の声に耳を傾け,その正当な権利利益を尊重する。

7 関係者の名誉を不当に害し,あるいは,捜査・公判の遂行に支障を及ぼすことの ないよう,証拠・情報を適正に管理するとともに,秘密を厳格に保持する。

8 警察その他の捜査機関のほか,矯正,保護その他の関係機関とも連携し,犯罪の 防止や罪を犯した者の更生等の刑事政策の目的に寄与する。

9 法律的な知識,技能の修得とその一層の向上に努めるとともに,多様な事象とそ の変化にも対応し得る幅広い知識や教養を身につけるよう研鑽を積む。

10 常に内省しつつ経験から学び行動するとともに,自由闊達な議論と相互支援を可 能とする活力ある組織風土を構築する。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
を「順守」したとお考えでしょうか。

竹中 「尊重はしているが、被害者のおっしゃることが100%とおると言うことにはなりません」

竹中「尊重の意味の見解の相違かもしれない」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【トップニュース配信中止】 大変申し訳ございません。。。16日結審。。。尋問書変更。。。などなど。。。

2017-11-14 21:38:24 | 日記
まだまだ、しなければならないことが多くあります。

今回も申し訳ございません。

数個くらいの記事はアップします。

よろしくお願いいたします。

はっこう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【再 不 服 申 し 立 て 書】 10について

2017-11-14 20:34:31 | 日記
10 私も多少ながら法律を知っております。でありますから、判例にとらわれず、札幌高等検察庁の信のもとで、この案件は100%の「起訴」にならなければなりません。

全国の、ハラスメントに遭っている犯罪被害者が、この民事裁判を注目しています。報告を待っています。

私が悪質な被疑者に対し「起訴」となるよう要求するのは当然だと思います。

この世の中、ハラスメントが横行しています。

私の、まだ若い知人も、職場でパワーハラスメントにあい、私がメンタルクリニックを紹介しました。それでもパワーハラスメントは続いています。

そういう加害者たちにハラスメントにも、「刑罰」があることを知らしめたいのです。

犯罪被害者支援NPOギヴアンドギヴ代表として、この身を挺して、この案件を追求しようとするのは当然と思いますが、どのようにお考えでしょうか。

高田 「要望になりますので、回答できる問題ではない」

高田 「回答しない」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰宅します

2017-11-14 19:49:28 | 日記







カフェを出ました。

いつものタクシー第一交通さんに電話しましたが、なかなか出ません。

お客様をお送りしている最中かも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごちそうさま

2017-11-14 18:02:00 | 日記



美味しい。

さて、被告への、合法的攻撃開始(謎)

はっこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌高等検察庁 総務部長(そうむぶちょう)】 自称IQ130(笑)。。。竹中ゆかり。。。近いうちに。。。不服。。。。

2017-11-14 17:31:26 | 日記
よくぞまあ、自称IQ130と言ったもんだ(笑)

防戦一方。。。〇悪い。。。

このような元検事が「札幌高等検察庁 総務部長」なるは、最後の出世?

私は黙っておらん!!!

この

札幌高等検察庁 総務部長 竹中ゆかり

を放っておくにはいかん!!!

はっこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌高等検察庁 総務部長(そうむぶちょう)】 竹中ゆかり。。。プロフ。。。公開。。。すごいね。。。もしかして〇〇コかも(笑)。。。

2017-11-14 17:16:12 | 日記
児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解

法なびスタッフブログ

2013.4.1(4)付 法務省人事


保坂展人のどこどこ日記 郷原信郎さんと熱く語った裁判員制度の問題点(5月8日動画追加あり)


捜査研究 2012年08月15日発売号


宗教者が裁判員制度について学ぶ 10.9


国際宗教同志会 平成21年度第3回例会 記念講演
『裁判員制度について』
大阪高等検察庁 総務部 司法制度改革担当検事
竹中ゆかり


http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/693/086693_hanrei.pdf


人事、法務省 (2017/4/1 5:00)


プロになるための基本法シリーズ
マスター警察行政法
竹中 ゆかり【著】


マスター警察行政法 プロになるための基本法シリーズ 単行本 – 2010/2/1 竹中 ゆかり (著)

竹中ゆかり


児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解


2015.4.1付(2) 法務省人事

平成28年(う)第1079号 邸宅侵入,公然わいせつ被告事件 平成29年4月27日 大阪高等裁判所第1刑事部判決

0からの司法修習ライブラリー


自薦か、多薦か知らないが、よくぞこんなにネットに出ているとは(驚)

この後のの記事

「総務課量を躾ける」(原案)((笑)

を予定。

お楽しみに。

はっこう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加