町工場 奮闘記   車検と車の修理@東大阪!

大阪の下町でひっそりと自動車修理工場を営んでおります。孤軍奮闘している町工場の姿を知って頂けたら幸いです。

突然ですが・・・・・   【車検と車の修理@東大阪!】

2015-03-13 12:45:46 | 修理日記  車検と車の修理@東大阪! 


平素は

当ブログ 「町工場 奮闘記」をご覧いただきまして ありがとうございます!



        


誠に突然ではありますが 諸般の事情により


この度 ブログを 移転することとなりました (^_^;)


新しい移転先は 


http://hakkocars.com/



になります <(_ _)>



新しい場所で また 一からですが

よろしければ また見に来てくださいませ! (^^)


尚、


こちらのブログは時間の許す限り 置いておきます (^_^;)


ということで


みなさま

NEWブログ?で お会いしましょう~ 


(^o^)丿




自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com 

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思えば 遠くから来たもんだ?@ ダイハツ MAX 【車検と車の修理@東大阪!】

2015-02-27 16:29:24 | 修理日記  車検と車の修理@東大阪! 

当ブログへお越し頂きましてありがとうございます


誠に勝手ながらこの記事は移転致しました <(_ _)>


お手数ですが新しい移転先であります


下記のURLをクリックしてくださいませ!


http://hakkocars.net/archives/199


よろしくデス! 


(^o^)丿
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

寒さを乗り越えるべし! @ BMW X5 【車検とエアコン修理@東大阪!】

2015-02-15 19:37:24 | エアコン修理@東大阪!
当ブログへお越し頂きましてありがとうございます


誠に勝手ながらこの記事は移転致しました <(_ _)>


お手数ですが新しい移転先であります


下記のURLをクリックしてくださいませ!


http://hakkocars.net/archives/198


よろしくデス! 


(^o^)丿
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cuteは 永遠ナリ! @ ニッサン フィガロ 【車検と車の修理@東大阪!】 

2015-02-08 15:20:46 | 修理日記  車検と車の修理@東大阪! 
今も昔も

世の中にある クルマたちは

多かれ少なかれ?

皆それぞれ 何かしらの「使命」をもって生み出されてきました (^^)

しかし ほとんどが

人を運んだり 物を運んだりするのがメインなのですが

その中でも 「一握り」だけが

「デザインありき」であったり 「スピードやパワーありき」であったり

またはその両方を兼ね備えてあったり・・・・・ (^^)


それに加えて 今じゃ「低燃費 重視」なんて寂しい 使命を負ってたり (^_^;)


そんな中でも「デザイン重視」で ただ只「キュート!」な




ニッサン フィガロでございます!

   
今から20年ほど前、

世の中が なんとなく?浮かれていた時代に 

ニッサンが 世に放った「パイクカー」たち (^^)

Be-1、パオ、エスカルゴ、そしてこのフィガロと

今じゃ~みる影もない「日産」が元気ハツラツ、ノリにノッていた時代でもありました(T_T)


今回は「まだまだ乗りたい」と オーナーから「点検」を依頼されましたので

それじゃ~ いくべ~~~! (^o^)丿




現在の走行距離は 130,000kmほど。








リヤのドラムを外して点検!

ライニングが ええ具合に減ってます



反対側のホイールシリンダーは 中がサビまみれで ピストンが抜けません。(^_^;)



フロントブレーキはそのままでいけそうです。






エンドブーツ&ロアアームブーツ。

破れてはいませんが ひび割れてきていました。





リヤマフラーですが サビの為 破れてきております。が

内側が破れてないので 今のところは排気漏れしておりません(^_^;)





パワステフルードが漏れてきていました。

そして





見てはいけないもを 見てしまった・・・・・(笑)




ラジエターのサブタンクの水量が少ないな~と イヤな予感はしてたんですがね・・・ (^_^;)


オイル漏れも結構しているのでじっくりと診ていたら 緑色した液体が混ざっておりまして

予想どおり 「水漏れ」のサインです (-_-;)


いろいろと修理せねばならない箇所があることがわかり オーナーとの協議の結果、

優先順位を決めて 順次 修理していくことになりました。


まずは









サビで固着したホイールシリンダーは 交換!






磨り減ったリヤのライニングも全交換します (^^)




組み付けて ブレーキ調整したらOK!

 








マスターシリンダーのタンク内が きちゃないので

出来るだけ キレイにしてから フルードを抜き替えます。


そして



水漏れ&オイル漏れを修理します。

水漏れは「ウォーターポンプ」

オイル漏れは「カム&クランクシール」

から だと思われますので タイミングベルトも同時交換します (^^)








オイルで べチャべチャです (-_-;)





タイミングケースの中で クーラントが 大量に?固まってました。

それがために オイルとクーラントが混ざったものが タイミングベルトに

いっぱい付着しており このまま走行していたら ベルトが ジャンプしたり

歯が飛んだりして グッバイ! (ToT)/~~~ していたかもしれません。


個人的に 少し気になったので オーナーにお聞きすると

予想どおり? 過去に「水漏れ剤」を使ったことがあるそうです(-_-;)

緊急の場合は 仕方がないと思いますが 基本的には

安く済むからといって 安易に

「ケミカル製品」に 頼らず

結局は 漏れている原因を突き止めて修理しないと

オイラの経験上

「楽しい家族旅行」や「楽しいデート?」、「高速道路上」や「雨の日の送り迎え」等々に

動けなくなくなったり 故障渋滞を引き起こしたりと

とても悲しいことになりますので

よ~くよ~く覚えておいてくださいませ (笑)

 




カムシールからも漏れてました





カチカチで パリパリになったカムシール。

抜くのに結構苦労しました。

たぶん 前回のタイミングベルト交換時には シールは交換されていない感じです(-_-;)






打ち込み 完了!







漏れたウォーターポンプを脱着!

取り付け面をキレイにします。



新品のポンプを組み付け!







クランクシールも 打ち替え!




 


タイミングベルトを張ったら 



元通りに組み付けていきます












痛んだ ラジエターのロアホースも交換。

見た目より やりにくいッス (-_-;)



ラジエターのドレンコック&パッキン。

水漏れの原因になるので パッキンは必ず交換しましょう! (^^)


全部組めたら  




水をまわしてエア抜きをしながら エンジンの調子をみます!


その間に



オーナーから依頼された ウィンドウォっシャーのジャジャ漏れ?を直します (^^)


漏れはポンプ本体からでした が

古いポンプをみたら 前に作業した人の苦労の跡?に泣けてきました (^_^;)





オイラは 迷うことなく 新品に換えさせていただきました(笑)



漏れも止まりましたので これで大丈夫!





排気ガスも測定!

20年前のおくるまですが なかなか優秀だす! (^^♪


それじゃ~ 仕上げは






恒例の? テスト ドライヴ! (^^♪


1000cc + ターボ のエンジンは 決して速くはないですが

いい感じで 走ってくれます。



工場に戻って 最終的に 水漏れ&オイル漏れを点検!

特に問題なさそうなので



これにて 全ての作業完了デス! (^^♪


フィガロの オーナーにだけは今後のことを お話させていただきました!


そして

どれだけ 年月が経とうとも

人も車も「キュート」であれば いつまでも 大事?にされるんでないかと

オッサンは 思うのであります (^_^;)


「キュートは永遠ナリ」ですぜ!


でわでわ!


(^o^)丿



自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com 

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>


 
★最新の


「町工場 奮闘記 【車検と車の修理@東大阪!】は     


 http://hakkocars.com/  より 配信中?


 是非 ご覧くださいませ!


 (^^)v


 





 



 









コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

風が出ないんデス?@ジャガー XJ-6 【車検とエアコン修理@東大阪!】

2015-01-26 12:39:54 | エアコン修理@東大阪!
それは

去年の夏の暑い時期に

「エアコンは効いているみたいなんですが 風が出ないようになったんです?」

とのことで オイラの秘密工場?へ 一度 来られたのですが・・・・・


あいにく その時は 他のお仕事で手がいっぱいだったので

しばしの間 お待ちいただくことに・・・・・ が


「ア~」という間に 季節は「冬」になっておりました (ーー;)スンマセン


オーナー自身も ご自分なりに いろいろ調べたみたいなんですが・・・・・


そんなこんなで



ジャガー XJ-6 であります。


暑い時期にエアコンの風がでないのも 「地獄」ですが

寒い時期にヒーターの風が出ないのも 「地獄」(^_^;)


それじゃ いくぜ~! (^o^)丿




この車 オートエアコンなのですが

コントロールユニットの電源をいれてみると コンプレッサーは作動しましたが

オーナーが言うように 風が全く出てきません (^_^;)


吹き出し口も いろいろと変更しましたが ちゃんと切り替わっており

やはり風だけが出てきません。 


とりあえず





トラブルコードを拾ってみましたが あんまり関係なさそです (^_^;)



データーも見てみますが 「ファンが回ってないぜ!」ってことは 

分かりましたよ (笑)


そして まずは 一番あやしい ブロアーモーターを点検。





モーターの抵抗は問題なさそう。


だもんで

モーターに直接 バッテリー電圧をいれると 

ブロアーファンが勢いよくまわりました (-_-;)

ということはモーター自体は 無問題?






次にあやしい?のは「ファンレジスター」。



なんとか配線図も入手しましたので それをもとに追いかけていきます

とにかく関係のある個所をテスターで調べてみると おかしな電圧が出てるのを発見!

この時点で「何かおかしい?」と感じていたのですが・・・・・ (-_-;)





めんどくさいですが ブロアーケースを脱着!








このフィンが付いたものが 「ファンレジスター」。

要するに ファンのスピードをコントロールするもので

これが逝かれて 風が出なくなることもよくあります。







分解してみると ハンダの浮きや焼けが 結構あり

測定していくと 断線個所を発見! 

「おお~! コレじゃない! やったぜい!」 (^^)


早速 中古のブロアーユニットごと入手して  



ドッキング!  


結果、「全く まわらねぇ・・・・・」 _| ̄|○

マジかぁ~? そんなバナナ! 

そして 「3V?」って何? (+_+)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は 「そっちは危ないから 行ったらアカンで!」と言われれば 言われるほど

危ないほうへ 行きたくなるもの (笑)


人は 「あんなロクでもない男?についていっても 絶対に幸せにはなれんぞ!」と

言われれば 言われるほど

ロクでもない奴と一緒にいたい?と思うもの (笑)


そんなオイラも

「行っては行けない」、「行っては行けない」と わかっているハズなのに

毎回 果てしない?「迷宮のアンドロメダ行き」の「999」に乗ってしまうんです (ーー;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








コントロールユニット脱着!









ハンダの状態が メチャ悪い。



いろいろ測定してみます






ボリュームスイッチの抵抗が過大なのを発見! (^^)

「これか~、こやつが原因やったんか~」

あやすい個所を全て ハンダつけをば し直してみましたが 改善されませんでしたので



中古のユニットゲット! (^^)




早速 ドッキング!


「ヤッター! 風が出た~!ヤッホー!」と思ったのも つかの間 

一瞬で 終わりましたよ (+_+)


マジか~? なんで~? _| ̄|○


もう ワケがわかりません (ーー;)


それからというもの、他の仕事しているときも ご飯を食べてるときも

お風呂に入ってるときも トイレで用を足してるときも お布団の中でも

ずーっと 考えては いろいろと試してみましたが

どれもこれも うまくいかず 完全に ドツボにハマってしまいましたよ(T_T)


そして 何も解決しないまま 約1ヶ月・・・・・


しばらくは 何も考えたくなかったので 毎度のことながら 

何日も完全に放置プレイ <(`^´)>


そして 時が満ちてきました?ので



第2章?のはじまり はじまり~! (^_^;)


まず初心にかえり 配線図を熟読玩味します。

そして 






もう一度 元から調べていきます

すると

一つ わかったことがありました。



それは ファンをコントロールするための「トランジスター」に

ベース電流が 流れてこないことでした。

これではトランジスターが「ON」にならないので ファンは回りません! 

やっと 解決への糸口をみつけました! (^^)

このベース電流は エアコンのコントロールコンピューターから 直で出てきてるので



コンピューターの端子のところで 点検してみますが電圧は出ておらず

ココまできたら 仕方がないので


 







エアコンのコンピューターを分解!

コンデンサーの漏れや トランジスターの焼け、抵抗の破損や ハンダのクラック等

キズミを使って 時間をかけて各部を隈なく調べましたが

問題なさそーです <(`^´)>


ここまでトラブルシュートで原因を追求し 

消去法でやってきましたが 最後に残っているのは

「リレー~モーター間」

だけになりました。(゜o゜)


しかし、一番 最初に点検して リレーも電圧も問題ないのは確認済み!
 






 
だけども 

もう一度 測定してみると 電圧が ころころと変化して落ち着きません! 

しかもおかしな数値です。


ここで やっとオイラ 遅ればせながら

「ピンッ!」ときましたよ! (゜o゜)


コレって「アース」がちゃんと 落ちてない (T_T)


しかも 関係のある アースポイントは全部問題なかったハズ?


配線図を 改めて 見てみると・・・・・





なんと コネクターが もう一個 あるじゃない (T_T)

思いっきり 見逃してましたよ (T_T)


この時点で このコネクターが接触不良を起こしているのを 確信!

そして このコネクターがどこなのか 配線を追いかけてみると




みつけた!!!


しかも メチャ 焼けてる匂いがする \(^o^)/




よく見ると 配線が焦げてました(笑)


おまけに コネクターが 熱で変形して なかなか外れません。

チカラ技で 強引に分離させてみると・・・・・








ビンゴ~~~!!!  \(^o^)/


やった~! 今度こそ 本当に みつけたぞ~~~~! \(^o^)/





相手側の端子も 焼け焦げてました。

しかし、一歩間違えたら 車両火災ですよ ホンマに (^_^;)




もうこのコネクターの端子部分は使えないので

焦げた配線を使えるところまでカットして 別で配線を引き直して

独立させて ハンダつけで 結線して絶縁処理しておきました。(^^)

そして

エアコンのスイッチを「ON」すると・・・・・

気持ちよく ブロアーモーターが回りだして 

風が出てきました!  よかった! \(^o^)/


素直に「うれしい!」


これで 寒い日も 暑い日もエアコンが使えるぜ!


今回の作業、あまりにも長い 出口の見えないトンネルに入った

おかげで オイラは何度となく 作業を放棄しそうになったり 

「元々、風なんか 出ないんじゃ ねぇ?」とか思ってみたり

時にはジャガーさまに 呪文?をかけたりしてみましたが


しか~し


そんなことはどうでもいい! 終わりよければ 全て良し! \(^o^)/ビバ!






またな~~~!


(^o^)丿





自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com 

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>



★最新の


「町工場 奮闘記 【車検と車の修理@東大阪!】は     


 http://hakkocars.com/  より 配信中?


 是非 ご覧くださいませ!


 (^^)v





















  













コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加