派遣村ブログ

実行委員会解散後、「年越し派遣村の必要ないワンストップ・サービスをつくる会」からの情報発信を行っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月18日舛添厚労大臣発言に対する抗議文

2009-08-25 12:56:57 | 日記
8月24日に発表した舛添厚労大臣に対する抗議文です。

                  抗 議 文
  
                        元派遣村名誉村長 弁護士 宇都宮健児
                            元派遣村実行委員会有志一同
                        〒104-0061 東京都中央区銀座6-12-15
                         COI銀座612 7階 東京市民法律事務所
                       TEL:03-3571-6051 FAX:03-3571-9379

厚生労働大臣 舛添 要一 殿

私たちは、年末年始、日比谷公園にて派遣村を企画した実行委員会の有志です。
 貴殿は、8月18日、横浜市内の街頭演説で、年越し派遣村の取り組みについて
言及し、「4000人分の求人票を持っていったが一人も手を上げなかった。大事な
税金を働く能力があるのに怠けている連中に払う気はない」と発言しました。
私たちは、この発言は、事実誤認により生じる偏見、もしくは、事実を捻じ曲
げた中傷であり、命からがら派遣村を訪れ、今もなお厳しい雇用情勢の中で生活
の再建を目指して努力している方々への侮辱であると考えます。自立を目指し、
切実な思いで求職活動をしながら、何件も何十件も断られ、それでも求職活動を
続けているのに、よりによって厚生労働大臣という立場にある人からこんなこと
を言われたら、どういう気持ちになるか。村民一人一人の心情を考えてください。
派遣村は、厚生行政と労働行政の双方に対し、重たい提起を投げかけた取り組
みでした。しかし、貴殿は目の前の現場に、一度も足を踏み入れなかった。そう
した方が、事実を捻じ曲げた言動を繰り返していることを、私たちは黙認するこ
とはできません。上記の発言を撤回し、文書による謝罪を求めます。
 また、派遣村に持ち込まれた求人票に関する事実、及び私たちの見解を以下に
記しますので、ご一読ください。

1)「一人も応募しなかった」というのは、1月5日の4施設入所初日のことである
 1月6日にも、派遣村実行委員会に対して、大村厚労副大臣から同様のクレーム
を受けました。しかし、1月5日は日比谷公園撤収作業後、国会への請願行動や議
員申入れなどをしており、都内4施設に入所したのは午後4時ごろでした。東京都
職員から施設の決まりごとなどの説明を受けるとすでに5時になり、ハローワーク
の出張窓口が閉まりました。初日の応募がなかったのは、こうした理由によるも
のです。
 また、このことは、大村氏にはその場で説明し、誤解を解いていますし、貴殿
もその報告を受けているはずです。6日からは朝から相談が始まっていましたし、
今ごろになって言い出すのは「為にする」議論です。

2)「手を上げなかった」というのは誤り
 1月18日の時点で、求職者登録をした村民は百数十名に上っており、4施設に滞
在していた村民の半数に上りました。
 4000件の求人中から応募し、旅館の住み込みや清掃、警備、タクシー会社など
に就職し、派遣村を去った方もおります。

3)4000件の求人には実態のないものも多かった
 応募をした村民は、ほとんど断られてしまっています。応募した会社から返っ
てきた返事は、「もう決まっちゃいました」「実は募集していないんです」「ハ
ローワークから求人を出すよう言われて、ホントは募集してないんだけどお付き
合いで求人を出しているだけなんです」といったものでした。こうした実情を、
大臣は御存じでしょうか。

4)寮付き求人へのトラウマ
 当初の応募が少なかった背景には、派遣村に持ち込まれた求人の多くが、「住
み込み」など寮付きの求人だったことにも原因があります。
 派遣切りは、雇用契約の解除と同時に、住まいを追われるという過酷な首切り
体験でした。寒空に放り出された彼・彼女らは「二度と同じような目に遭いたく
ない」という思いをもっています。今度こそは、自分の住居を確保して、職場に
通いたい、だから住み込み求人への、応募には躊躇する、というのは心情として
も理解できることではないでしょうか。

5)求職活動どころではなかった
 年越し派遣村では、心身の不調を訴える人や、今日の食費もない極限状態に追
い込まれた人が多く、生活保護を受給し、その日の生活費を確保することが最優
先の課題でした。 
 実際、緊急小口貸付資金の特例交付が始まる1月7日夕方までは、ほとんどの人
が無一文の状態であり、求職活動のための面接交通費などを持っていなかったの
が実情です。
 また、既に、大半の方が派遣切り後に、ハローワークや様々なところに相談に
行ったり、必死の思いで職探しをおこなって来られていました。その結果、有り
金も底をつき、どうしようもなくなって派遣村にたどりつかれています。心身共
に疲弊した状態では求職活動を満足に行うことはできません。

6)誰でも年収1000万以上稼げる求人があったらください
 上記の発言のあった翌19日も、貴殿は「求人は、すべて寮付住み込みで、年収
1000万以上稼げるものだった」などと発言されたと聞いています。耳を疑いまし
た。そんな求人があったという話は実行委員会では聞いていません。
 また、もしあったとしても、ある種の専門性が問われる職務である可能性が高
く、派遣切りされたり、数年間の野宿経験をしてきた失業者が就ける仕事でしょ
うか。ミスマッチが大きすぎたとしか考えられません。そのことを、求職者が怠
けているといった文脈にすり替えないでください。

7)政策の実施と言っていることが違います
 政府が21年度補正で「第二のセーフティネット」を構築したのは、昨年秋から
の派遣切りで派遣村村民も含め、職も住居も失う労働者が大量に出たにもかかわ
らず、セーフティネットが機能していないというその反省の上に立ってのことだ
と思います。
 派遣村の村民は、多くの失業者と同様に求人活動をし、同様に就職できていま
せんが、これらの人たちに対する「第二のセーフティネット」が無駄だというの
でしょうか。そうであれば、政策決定者自ら「第二のセーフティネットなど不要
だ」と言っているのと同じです。閣僚としての自らの行為に矛盾する発言であり、
その社会的責任は重大であると考えます。
                                              以上

この記事をはてなブックマークに追加