Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

名古屋市政の行方

2010-05-30 15:54:41 | 日記・エッセイ・コラム

コナサン、ミンニチワ!時季はずれの寒気到来もあって、5月も末ながら、当地名古屋も、首都圏に負けず特に朝晩は涼しく、肌寒ささえ感じる日もあった。明後日よりは6月、気温は徐々に平年並みに戻るも、入梅は少し遅れるらしい。東日本には依然寒気が南下し易い気候が解消せず、冷夏の気配もあると言う。こうなると、米穀を初め、生鮮野菜など農産物の作況が今から懸念される所。先月の不作による高値が一服したばかりだが、「実は今の価格が底値」と言う事態にもなりかねない。九州の家畜伝染病問題共々、農政当局の早めかつ適切な対応を願いたい。

さて、在沖縄米合衆国軍航空基地の移転問題をメインに大いに動揺した中央政局だが、地元名古屋の市政も揺れている。市民税の一割減税や、市長給与の五割減、市議会議員定数の大幅抑制など、河村現市長と名古屋市議会の軋轢は依然解消されていない。

減税財源を巡る対立などが主な原因の様だが、税金の安さは周辺よりの住民を名古屋市内へ呼び込む効果もあり、納税人口増に繋がれば、短期にて減税の元を取る道も開けるだろう。市長は、もっとそうした名古屋市にとりプラスとなるご自身の戦略を強調し、市議会に対してはどうかと思う。又、市長や市幹部の給与にしても、余りの高額は認められないものの、真に適正な金額はどの辺りか、市民や関係各位の多くの納得できる「落とし所」を常に探って頂きたいもの。それは名古屋市議会の議員定数問題にしても同様だろう。

今月の拙ブログはここまで。来月は、毎梅雨時恒例の、面白読物を構想中であります。

003

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「連立」の翳り

2010-05-29 23:17:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

2010=平成22年5月も後僅かとなりました。相変わらず内外には色んな問題が横たわっておりますが、在沖縄米合衆国軍航空基地移転問題、結局は沖縄県外移転の可能性は小さくなっている様ですね。この件につき、責任政党たる民主党は果たして本気で取り組んで来たのかどうか、その覚悟が疑われる所。「結局は県内」の結論しか導き得なかった鳩山内閣総理大臣の主導力は大いに疑われ、県外移転を仰るなら、最初からきちんと沖縄県内、そして在沖縄合衆国軍の実態を調査した上で動かれていたのか、大いに疑問が残る所です。

同党との連立に応じた上で、沖縄県外への移転を主張した社会民主党の見識も疑われる。福島党首は、主にこの問題についての民主党との見解の相違を理由に閣僚を罷免された訳ですが、県外移転の主張には一定の説得力があるのは認めるも、決定的に立ち位置が異なる事が分かっていながら何故安易な連立要請に応じたのか?
「所詮、無理矢理取って来てくっつけただけの政権では?(報道家 大谷昭宏さんのコメント)」とのご見解が改めて重く感じられる。この事を同党はどれ位真剣に自覚していたのか?甚だ疑問であります。

沖縄県民の悲痛な声を代弁した事を差し引いても、本業たる少子化・消費者担当相の任務を等閑にして、この基地移転問題に必要以上に口を挟み過ぎた印象も付き纏います。それならば、連立政権に加担する事なく一政党として国外や県外移転を声高に主張した方が余程筋が通っていたでしょう。それを行う事なしに「私を切ったのは国民への裏切り」との主張など、決して説得力がない様に思いますが如何でしょうか。

今回の社会民主党の一件は、被害者の一面もある事は認めます。つまり、同党を連立政権に引きずり込んだのは取りも直さず民主党であり、鳩山大臣と小沢最高幹部のやり口は、多分に詐欺的だったと言う事です。自由民主党総裁 谷垣禎一さんの「マニュフェスト詐欺」のご発言は、決して大袈裟ではなく、少なくとも一面では真実を言い当てていた訳ですね。

社会民主党の最高幹部よりは「鳩山大臣は最早政権に留まれないのでは」との見解も表された由ですが、それはそのまま連立にいた同党にも当てはまるでしょう。
党首が筋を通したのは事実なるも、それは我国の直面する現実を抜きにした言わば「ユートピア思考」の産物であり、沖縄県の安保面の負担を減らす為には、我国本土を含めての「痛み分け」が模索されなければらない。
鳩山大臣は、先日この問題で全国知事会を招集して協力を求められた由だが、欠席者が多かった事と、応じた知事が一人だけだったと言うのも情けない気がします。
海兵隊など、一部だけの移転が不可能な部隊もあるのは事実なるも、本土の自治体の首長も住民も、こうした問題を正面より考える熱意に欠けている嫌いがあるでしょう。
本当は、本土にての痛み分けの主張は社会民主党が行うべき性質のものだが、同党はそうした主張を避けている。これは恐らく、支持母体である労働組合、なかんずく日本教職員組合の強い反発があるせいでしょう。真に沖縄の為を想うなら、そこを押し切って痛み分けの実現へ向け奔走するのが筋ですが、その辺りは民主党と似た様なもので、期待するのは無理と言うものでしょうか。

まあ今の連立は長くは続かず、今夏の参議院選挙の折には瓦解が予想されます。自由民主党の捲土重来なるか、あるいは他の政党を中心に新たな勢力が結集されるのか、まずは見ものではありますが・・。
P.S 今月の拙日記は、以上です。*(日本)*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今回のW杯は・・・

2010-05-25 07:41:00 | インポート
各位お早うございます。梅雨の前哨戦を想わせる強い雨が収まり、今朝は薄曇りの当地名古屋であります。

内外共に、在沖縄米合衆国軍航空基地の移転問題や九州にての大規模な家畜伝染病、タイ・ギリシャ両国の政情不安、それに朝鮮半島にての大韓民国艦艇の撃沈疑惑など、依然として多くの難しい問題が横たわる現状ですが、今朝は少し来月の開会を控えたW杯サッカーの2010=平成22年大会に少し触れようと思います。

今年の同大会、正直盛り上がっていない印象を受けますね。開催国が遠方の南アフリカ共和国にて、同国内の治安に難がある事も大きいですが、それ以上に今年ここまでの日本代表の戦績が低迷している事が第一の理由ではないでしょうか。
昨夜も、大韓民国代表との前哨試合で二敗目を喫し、代表監督 岡田武史さんは進退伺を表したとされます。この事は日本サッカー協会JFA上部の判断で、ひとまず続投となった訳ですが、今朝のTVにては在京の名門チームの経営難も伝えられ、我国サッカー・チームを取り巻く芳しくない経済面の環境も、戦績に影を落としている様です。

選手はおろか、指導者の人事にも事欠く印象を受ける今回の出来事、その背後には、我国に文化やスポーツに企業組織のみならず、個人レベルで寄付や投資のできる環境が整っていないのでは、ともふと思う事がありますね。例えば当地のプロ野球々団、中日ドラゴンズは企業組織向け、個人向けのいずれもファンクラブの活動などを軸に観客の人員面、資金面の双方で底上げを図っている。「ドラゴンズ気狂い」が多いと言われるのは承知の上ですが、一方には同球団の日頃からの地道な努力があるのも事実。我国プロ・サッカーチームには、まだこうした努力の余地がある様に思います。そうした事が実行されれば、例え開催国が遠方でも、少しはW杯への反応は異なったものになると思うのでありますが・・・。*(日本)*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

E~A~C~D~B

2010-05-25 01:19:17 | 旅行記

コナサン、ミンバンワ!一昨日と昨日、当地名古屋は雨模様。時折雨足が強まる事もあって、続く来月の梅雨前哨戦を想わせた。西日本にては大雨による水害をも生じている由で、被災各位には一言お見舞い申す次第。

さて、今回のタイトルは、一見しては理解不能だろう。実はこれ、東海道新幹線普通車の席の列番であります。同線をご利用の方はご存じの様に、普通車席は5列になっていて、海側がA~Cの3列席、山側がD、Eの2列席となる。座る場合のベストは、やはり山側の窓寄りE席で、その次が海側窓寄りのA席、以下3列の廊下寄りC席、山側廊下寄りD席、3列席中央のB席の順となる。

まああくまで、俺の嗜好よりの独断と偏見だが、他の各位も似た傾向をお持ちの様に感じるが如何であろうか。席順と言うのは、一見どうでも良い様でいて、実は実際に乗った居住性などを意外に左右する様だ。前売り座席指定特急券を購入の折は、ある程度席番指定もできる様であるので、トライする価値はあるだろう。

001

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州の家畜伝染病に思う事

2010-05-21 00:53:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

今月は、月初めの大型連休明け以降、本業を初め何かと忙しく、言い訳になってしまいますが、拙日記の更新も中々叶わない状況が続きます。いつも程とは参りませんが、折を見て記すつもりですので、何とぞご理解を賜ります様。

さて、今年初め以来、在沖縄米合衆国軍航空基地の移転問題が折々の話題となっていますが、今春は九州にての大規模な家畜伝染病流行の問題もありますね。口蹄疫と呼ばれるこの病は、我々人類に感染する事はないそうで、感染した食肉を摂っても問題はない様ですが、やはり不健康であれば、風評被害とかもあり得るでしょう。現に感染した動物は原則殺処分との農林水産省の方針が示され、これに基づいて実に12万頭に近い牛豚が処分される予定であるのは遺憾な事です。

病気の発覚は先月後半でしたが、それに先立ち3月末には最初の異変が認められた由で、この時口蹄疫の適切な診断が下されておれば、その後の感染爆発に近い事態を食い止められた可能性があります。先月来の、言ってしまえば自由民主党政権時代とさして変わらない農林水産大臣の対応不良の問題とも相まって、過去にこの病気の発生を経験したにも関わらず、どうも警戒が手薄になっていた印象を受けます。

農林水産省は、現状以上の感染拡大の阻止と、被害に遭った畜産農家の所得補償を行う意向の様ですが、\数百億は必要とされる公的資金の事を考えても、納税者たる一般国民に、この補償が必要な理由を、言葉を尽くして誠実に説明すべきでしょう。
政権党は、既に政権公約マニュフェストの度重なる修正にて国民の信頼を大きく損ねている。この事の対応を誤ると、最早信頼修復は不可能となりかねず、続く夏の参院選勝利も危うくなる事でしょう。

P.S 少し遅れましたが、今春の拙写真帖新作「春を想えば~弾丸列車の残像」が一応の完成をみました。
拙HP別室写真帖の下段⑮番へお越し下さる様。*(注意)*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加