Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

味覚の話をしましょうか

2008-10-30 23:43:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

本当は色んな楽しみも多い秋10月のはずですが、波乱の経済情勢を中心に事件事故が余りにも多く、拙日記もどうも堅い話題が多くなりがちになってしまっています。これはちと反省点ですね。

今日も麻生内閣より、低迷する経済テコ入れの為の追加政策が発表されました。この内定額減税は約\2兆の規模になる由。今回は全納税世帯を対象に、現金又は金券を配布する給付金の形にての実施となる様ですが、これまでの減税がそうだった様に、その大半が貯蓄に回り、消費刺激は余り期待できない様な気もします。その様な財源があるのであれば、来春より既定の対国民年金の国庫負担増の引当に回すとか、産科婦人科を初めとして、折々危機的な状況が叫ばれている医療対策に充てるとかの賢明な政治判断が求められる所であると強く思います。難しい情勢であるのは事実ですが、麻生政権には常に「何が一番大事か」と言う点を捉え損ねない様願いたいものであります。

さてさて、その給付金をあてにする訳ではありませんが、今月の最後位少しでも秋に相応しい話題にて締めくくりたく思います。
私の知友のお一人に、食と味覚をテーマにブログを綴っていらす方があり、私も時々拝見に参ります。
主に北日本が舞台の様で、思わぬ珍味が飛び出す事もありますね。まあ多いのはランチとコーヒーと相性の良い洋菓子類の様ですが。

しかしながら一度、喫茶店のモーニング・セットの記事が載った時には私も興味深く拝読しました。
ご存じの通り、当地愛知は喫茶店のモーニング・セットの本場。先日のTV報道にて取り上げられていたのですが、モーニング・セットはどうも当地北郊の一宮市が発祥の地の様です。
今は苦戦中ですが、昭和中期の高度成長の頃、伸び盛りの繊維の街一宮にて、地元業者と取引先の方が食事を摂りながら商談が進められる、と一躍人気になったのがモーニング・セット隆盛のきっかけだった様です。その後愛知全域に広がり、今は一部の専門店以外では普通にメニューに加わっているのではないでしょうか。コーヒーや紅茶などの飲み物にゆで卵、バター・トーストとミニサラダ又はフルーツの小品が付くのが一般的な様で、値段は飲み物単品とそう変わらない様です。
私がほぼ週末毎に参る近所の高速道路出口脇の店も、ほぼこの内容で出していますね。

もう少し秋らしい所では、茸、特に松茸の時期でもありますね。
高価につき我々の様な稼ぎの不良な向きの所へは中々来ないのですが、これの吸い物は確かに美味。後、松茸ご飯も良いなあと思います。
もう一つ、忘れられないのが貝の牡蠣。先月末辺りから正月明け位までが味の良い時季らしいです。欧米では月を訳して「Rの付かぬ月は食すべからず」との言い伝えがある由。
これは時季を外れ、産卵の頃になると貝毒の危険が強まる事が一つある様です。日本語に訳すと、この月は5~8月の4か月。我国でも危険とされる時季と見事に一致します。私は生の貝類は苦手なのですが、味噌味の牡蠣のどて煮は好物で、冬場の楽しみでもありますね。幸い母がこれを得意としていますので、今冬も願わくばと思っている所。苦笑

さて、牡蠣はワイン、特に白ワインと相性が良い様です。我国でも山梨県と北海道を中心に秀逸な銘柄を産しますが、昨今の円高にて輸入ワインも再び入手し易くなっているのではと思います。
牡蠣と合うかは疑問が残りますが、来月はフランス産の赤の銘酒、ボジョレー・ヌーボー今年の新作がやって来るはず。今年ヨーロッパは大きな水害があった様ですので、愛好者ではない私も、その出来がちと心配な所です。*(ワイン)*
P.S 今月の拙日記は、以上です。次回は11/3(月・祝)以降に掲載します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金融機関の更なるセキュリティ強化を!

2008-10-27 23:25:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

本日は平日につき、私は勿論本業に赴いていた訳ですが、その間の本日々中、拙居所よりそう遠くない名古屋市内の郵便局にて強盗事件が発生、局の現金\10万余が強奪され、用務中の女性客1名が巻き込まれて負傷されました。又、この事件に対応して現場急行中の警察車両2台が同士討ち、内1台が沿道の商店に突入する事故をも生じました。いずれも大事には至りませんでしたが、一つ間違えば人的犠牲を生じかねないだけに、早急な犯人検挙と共にこうした事態の再発防止に全力を傾倒して頂きたいものであります。

次に今夜のあるTV番組にて取り上げられていた問題ですが、我国の金融口座の開設に際しては審査などがかなり甘く、テロ行動などに関わる海外の犯罪組織や国内の振り込め詐欺集団などに悪用されたり、その様な危険が大きいとか。つまり不正に入手された多額の金が、口座を変更され渡り歩く間に見かけ上正当化される資金洗浄、所謂マネー・ロンダリングに悪用されるケースの増加が予想される由。

都市銀行を初めとする金融機関もそれなりの対応は行っている様ですが、金融機関同士の連携に課題が残るなどまだまだ十分なものとは言えず、その一方で闇ルートなどによって、相当数の銀行口座が売買され、犯罪などに利用されるケースもある様です。
口座開設に当たっては、私の記憶ではクレジット・カードと違って審査らしい審査もなく、届け出印さえ持参すれば相当簡単に入手できた様に思います。これは今でもそれ程変わっていないと思われ、口座の不正売買が横行する現状に対応できていないのは明らかではないかと思います。

金融機関は口座についての本人確認などの審査を強化すべきであるのは勿論ですが、政府機関の財務省や金融庁も、そうしたセキュリティを高める為の政策についてはもっと行政主導の姿勢があって良いと思います。そうする事で郵便局や農業協同組合をも含めた各金融機関の足並みが揃い、連携して強力な対策を打ち出す事も可能となる場合だってあり得ますから。例えば、金融絡みの犯罪を生じかねない不審人物を電子データから追いこんで行く場合などですね。

勿論我々国民も、こうした金絡みの問題につき、無関心でいてはならないと強く思いますね。
下手をすれば自分の口座が悪用され、犯罪への道を開きかねない。
日本国憲法の弊害でもある所謂「平和ボケ」をもういい加減に払拭し、身近な問題に普段より関心を払い、できる限り自らの力で対応する自衛力を養う事も又、大切であると強く思います。*(注意)*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高野山へ・・・

2008-10-26 23:59:02 | 旅行記

コナサン、ミンバンワ!今年2008=平成20年10月も早終盤、山間などの標高の高い所では、そろそろ紅葉開始の便りを聞く様になった。昨日今日と俺は和歌山の高野山へ、以前2度に亘る中華人民共和国への渡航の折大変お世話になり、今春ご逝去となった海外旅行取扱会社々長の墓参に写真仲間有志や同社の関係の方と共に赴いた。

この地は遠く9世紀に、厳しい戒律で知られる禅宗の一つ真言宗の開祖、弘法大師こと空海師により開かれた修験場として有名で、勿論今でも多くの参拝客が訪れる。多くの寺院では道を求める多くの修行僧が真摯に研鑽を積んでいらす訳だがその一方で参拝客の為に寝食の便を供する宿坊を運営する所も少なくなく、今回我々もその1カ所にお世話になった。

厳粛な信仰の場とあってさすがに娯楽はないが、設備の方は旅館並みの浴場も完備、部屋も空調やTV、専用の洗面台位はあって、基本的に動物性蛋白と無縁な精進料理の夕朝食と共に、まずは一般旅行者にも不満のない内容となっているのは有難い所。料理にしても宗教の趣旨から見て事前に分かっている事だし、思ったよりは品数も多く、良く考えられた献立だったと思う。

この写真仲間との行程は、普段は酒気も大いに入った脱線気味のそれになる事もしばしばだが、今回ばかりは逝かれた恩人に対する追悼の場と言う事で、概ね厳粛な雰囲気にて推移し、参加各位もそれぞれに大人の態度で落ち着いた対応をしていたのには好感が持てた。普段が普段だから、何回に一回かはこの様な会合があっても良いのでは、と俺は思った次第。今月の拙ブログはここまで。ラタ、マイ月・・・。

030

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杜撰(ずさん)・・・

2008-10-24 01:01:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

今月初め、東京都内の救急指定病院が夜間、脳内出血の合併症に陥った妊娠中の女性を診療拒否した事が一因でこの方が落命された事をきっかけに、産科・婦人科の医療危機が再び注目されています。
以前より指摘されていた医師不足、特に夜間の当直態勢のそれに加え、亡くなられた方のかかりつけ医と救急病院との病状を巡る連携に問題があった模様。こうした問題は過日大阪府下でも生じており、医療危機が最早地方だけの問題ではない事を我々に告げていると強く思います。
こう申したくはないが、医療行政をも含めた一つの「杜撰(ずさん)」の形が露呈しているのではと思いますね。

さて当地の近場にも形こそ違え「杜撰」が露見しています。
来春に開港する予定だった、富士山静岡空港が滑走路の安全上の問題で、どうも遅れそうな気配です。
原因は滑走路周辺の飛行予定コース内に安全基準を上回る高さの樹木が存在し、放置しては国の空港施設完成検査をクリアできない為だとか。
報道によりますと、静岡県は問題の樹木が生長前の低い時に計画を策定しており、樹木が延びて高さが空路を支障する事を想定していなかったとか。その為に樹木の立つ土地の地権者より土地を取得する意思もなかったとか・・・。

一体これは、どう言う事ですか?小学生でもすぐ分る、後あと樹木が生長して高さを増す事を理解していなかったとは!

空港と言う大公共施設を建設する以上、国の許可基準を満たす事はもとより、将来空港の安全にとって不利益となるであろう事共を事前に予測してあらゆる安全策を講じる事は、地域住民の貴重な血税を投じて計画を執行する行政当局の当然の義務のはず。
それができなかったと言う事はそうした行政のプロとして失格であり、何よりも地域住民、そして我々国民の信頼を裏切る重過失行為でありましょう。

静岡県は当面、滑走路の運用を当初予定の2500mより短縮して運用する事で開港に漕ぎ着けたい意向の様ですが、その為には滑走路初め空港施設の仕様を変更する作業が必要で、その為に何億円と言う追加投資を強いられる見込みの由。全く杜撰な計画と揶揄されても仕方がないと強く思います。
そうでなくても旅客・貨物需要の見通しが適切でない事が指摘される富士山静岡空港。今のままでは喜劇グループ、スリムクラブの決め台詞「大丈夫か?フランチェン!」をそのまま静岡県に投げつけざるを得ない所ですが・・・。*(飛行機)*

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不良メディアの罪業

2008-10-20 00:01:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!昨日今日、当地愛知は晴天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。
この両日、遠出や家庭サービスをなさった各位も多い事と思います。
私も写真を少々撮りに動きました。

その一方で、そうした喜びを分かち合うはずの家族親族を、理不尽な凶悪事件に巻き込まれ失った方もいらっしゃいます。今回は昨夏当地にて発生、現在犯人らが公判中の女性会社員拉致惨殺事件についての地元紙、C新聞の過日記事を引用して少し考えてみたく思います。記事表題は「母に家を・・夢守る」であります。

『「○○○○」手錠を掛けられ、太腿には包丁が突きつけられていた。男3人に「暗証番号を言え」と脅され、身体を震わせていたが最後には小さな声で銀行の暗証番号を告げた。名古屋市内の女性会社員(当時31歳)が昨年8月、拉致殺害された事件。だが、その番号は嘘だった。被害者は命を賭して、何を守ろうとしたのか?

「死ぬまでに最低5~6回刺さないと死ねないかな」「もう、待てねぇんだよ。殺しちゃうぞ」
検察側は、9月に開かれた初公判の冒頭陳述で、強盗殺人罪等に問われた3被告による脅迫の詳細を明らかにした。
暗い車内の床に座らされ、動くことができない。3人中の1被告が性暴力を振るおうとした直後に3人で被害者を取り囲み、暗証番号を言えと脅した。番号を聞き出したと思うとすぐに殺害した。だが、銀行などで3度引き出そうとしたがうまく行かない。「まさか、あの状況で嘘をつくとは」と、3人は唖然としたという。
被害者の母親は「殺されると覚悟していたから、むざむざお金まで取られたくないと思ったのでしょう」と話す。
事件後、マイホームを買い、母を喜ばせたいと計画していた事を被害者の友人から聞いた。数年前の光景が浮かんだ。「お父さんとの約束で果たせてないのはマイホームだけだわ」と一人娘の被害者にこぼすと、目を細めて笑ってうなずいていた。夫は、被害者が1歳の時に病没していた。
「だからだったのか」預金は数百万円を超えていた。娘の夢を、母は被害者が斃れてから知った。
被告らの第2回公判は、今月開かれる。』

改めて、深い憤りを新たにする記事ですね。もし、私が裁判員だったら、少なくとも主犯は死刑、他の被告も無期懲役とする所です。又もし、国家権力を司る立場であればこの3名を徴兵し、アフガニスタン、あるいはソマリアなどの紛争地域に送り込んで現地過激勢力と戦わせ、2度と生きて祖国日本の土を踏ませない処分を下す所であります。

しかしそれにしても我国の司法は甘い。計画性の有無などが弁護側に崩されて、有期刑に減じられるケースがままあり、それも途中で釈放される場合すらあり得ます。そうして出所した連中が再び凶悪事件に関わる恐れすらありますね。それの抑止の為に、必要な保護監視を行う方途もありはするのだが、エセ人権勢力の妨害によって陽の目を見ないでいる所です。この為憲法もさる事ながら、刑法の必要な改正さえでききないでいる現状がありますね。

この様な凶悪事件の背後には、携帯電話にも対応した不良メディアの跋扈と言う問題が大きく存在するのも事実です。犯人らを結びつけ、凶行に走らせたのは携帯闇サイトの由。肥大化してしまったインター・ネットに必要な規制が追い付いていない所があるのです。
現行の日本国憲法も刑法も、そうした問題を全く想定していないのは明らかで、だからこそ蛮勇を奮って必要な見直しを行わなければならないのだが、左派、エセ人権派と言った不良抵抗勢力はそれさえも妨げようとする。それを認めれば思考停止となり、何も解決せず、何も変わらない事になりますよ。

著述家 西部 邁さんは「憲法は成文ではなく、不文律の方が望ましい」とのご見解を表した事がおありだと伺っています。これは英国の憲法をご参考になったのだと思いますが、確かに一理あると私は思います。
「言論の自由」だとか「居住権」などをなまじ成文にしてしまった為に、命と暮らしを守る安全確保との整合性が崩れてしまった。その意味からも今までの法規範についての姿勢の変革が求められていると思います。
又、不良メディアの背景には、戦後教育の悪さも関わっていると私は見ています。つまり何度も申す様に加害者からは倫理感を、被害者からは危機意識を不作為によって奪い去ったのです。この罪業も、今後大いに糾されるべきでしょう。*(日本)*

コメント
この記事をはてなブックマークに追加