Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

誕生月に 言いたい事 その⑩

2017-04-21 20:19:16 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!

先日の事だが、公共N局の、東シナ海の沖縄・尖閣問題に関するTV報道において、中国大陸と我国の国旗表示の配列に問題があり、厳しい批判のブログ記事を目にした。具体的には、TV画面の国旗表示が、中国大陸旗→上 我国旗→下となっていたもの。確かに慎重さを欠く扱いで、最低でも、両国旗を横並び表示すべきであった。以後、この様な問題なき様、細心の注意で取扱いを願いたい・・で本来は済む所だが。

実態は違う様だ。今春前、我国政府要人が、今は正式国交を結べない台湾国を訪問された折の、公共N局の報道も、一抹の疑問持たれるものだった。報道とは本来、特に政治の分野においては、出来事の事実だけを、伝え手の主観や心情を交えずに伝えるべきはずだが、この時のニュース記事は、中国大陸当局の心証を害する懸念があるなどと、余計な記述があったのを覚えている。流行語を借りるなら、それこそ、余計な忖度(そんたく)をしたとも取れる所ではないか。こんな媚中報道は、断じて認められるべきではない。

これも、他のブログ記事で恐縮だが、公共N局にも、労組員をメインに日共の関係及びそのシンパが、全国で数百人はいるらしい。この左巻き連中が、N局のTV、ラジオに跨って、放送方針に芳しくない影響を及ぼしている可能性は大きくあろう。同局は、よく知られている通り、原則全国民から受信料を徴収して運営されている。放送の中立、公正を検証する倫理委もそれは存在し、決して機能していないとは申さないが、前述の実態もある事を、受信料を納める立場の我々は、よく把握しておきたいものだ。

公共N局も一定はそうだろうが、主要な報道メディアは、往々にして自勢力に有利な印象操作をすると聞く。振り返れば、2009=平成21年の民主党連立政権への交代劇も、背後で演出していたのは、朝日新聞勢力をメインとする左傾メディアだったと言われる。最近は、ネット報道のチャンネルも充実し、我々も、主要メディアが必ずしも中立、公正ではない事を、一定は検証できる様になったのは、好ましい事と心得る。もう、昭和期や平成初期の頃の様に、主要メディア、特にTVのそれを真に受け、鵜呑みにする様な、受け身の時代は終わろうとしている。常にネットの情報とかと突き合わせ、真に妥当な所を追求する努力が、我々視聴者にも求められる時代になったと言う事だろう。

今回画像は、先年訪れた、当地名古屋の一桜名所 荒子川公園の様子。一昨年までいた、以前の居所から至近でしたが、中々に足が向かず、ようやく訪れる機会を得た時は、もう引越しの直前だったのを覚えておりまして。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生月に 言いたい事 その⑨ | トップ | 誕生月に 言いたい事 その⑪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。