Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

ネット・メディアは やはり病んでいるらしい

2018-01-08 20:34:26 | 社会・経済

コナサン ミンバンワ!今日は 今年2018=平成30年の「成人の日」。以前より減ったとは言え、100万を超える各位が、新たに大人の仲間入りを果たしたと言う事で、心よりの祝意を申したい。一頃問題になった、酒気絡みの騒動も 随分目立たなくなった様で、こうした良き傾向は 末永く保つ努力を願いた所であります。

その成人式に関しての 遺憾な出来事が、首都圏と北九州方面で生じた様だ。成人する子弟の為、晴れ着の購入及びレンタル予約をかなり以前から入れていたにも関わらず、取扱い業者が突然業務を停止。為に、今日の成人式にての晴れ着が間に合わなかった方々が、相当数に上ると言う。もし、事前に代金入金を済ませておれば、犯罪に発展する可能性もある。当該業者は、謝罪と誠実な事後対応をするべき。その上で、相応の処分が、厳しく行われなければならない。一生一度の、衣裳を着る機会を逃がし、かつ支払代金を持ち逃げされた顧客各位の心理的打撃は、想像を上回るものがあろう。

拙邪推も入りはするが、こうした事件に関しては、いわば「被害」に遭った顧客の方々が、インター・ネットで業者と売買、或いはレンタル契約を行われたケースもある可能性もあろう。そうした場合、今回の様に、モラルや責任感の希薄な業者かどうかは、見極めが難しいのではないだろうか。やはり、成人式など「一生一度」とされる式典向け衣裳などの装備は、面倒でも店舗で下見し、真に実態のある業者と、文面で契約を行う方が安全ではと思うがどうだろう。

前置きが長くなった。ネットによる通販は、この所本当に種類も量も増え、更なる快進撃中だが、一部の業者に、前出の芳しくない所を抱える勢力がある様に、既存の勢力もそうだが、ネット報道メディアにも、その様な不良勢力が存在するのは良く知られる所。既存勢力では 朝日新聞や東京放送TBSが良く指弾され、公共放送NHKも その中立性が度々疑われる所だが、ネット・メディアにも 同様の病理があるらしい。

拙者が折々参照する 保守系メディアも、その全てが健全な訳ではないだろうが、所謂「ネトウヨ」と呼ばれる保守系と対峙する立場の左傾メディアも、それは似た問題を抱えている事だろう。更に、その問題を自覚していながら、改善への姿勢が見られない向きも多くあるから 始末が悪い。以下に、歴史作家 八幡和郎(やわた・かずお)さんのネット記事をリンク致す次第だが、左派野党の方向性を真似ているのか、やはり 自勢力と対立する見解や論調は「初めに攻撃ありき」の姿勢らしい。

こんな事だから、反論するも何も その前にスルーされるのではないか、と勘繰りたくもなるものだ。八幡さんのご見解についてのご感想は、読者各位の受け止めにお任せするが、拙印象は 前述の通りです。今回画像は、長野県・鳥居峠辺りを行く  冬のJR中央西線の様子。D・R・H・K様からの頂き物。有難うございます。   https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180108-00010011-agora-soci

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急地震速報は「空振り」を... | トップ | 成人式衣裳不着問題は ネッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事