Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

天皇陛下の退位実現特例法成立に思う事

2017-06-09 13:44:41 | 国際・政治

本日午前、天皇陛下のご退位を実現する特例法「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が、衆院に続き、参院本会議にて、採決参加を拒否した自由党を除く、全会一致で可決成立した。これで、19世紀前半の江戸期 光格天皇以来、約二世紀ぶりのご退位に道が開かれた。

今回の特例法は、今上陛下一代限定とするもので、次代以降の対応については、次世代の叡智に任せようと言う事だろう。そこの所は、今回の特例法を尊重したく思う。

今上陛下は、現状 齢80を大きく超え、日常のご公務にも、健康・身体面からの不安が出始めている。先般逝かれた政治学者 渡部昇一さんも語られていた様に、摂政制度をフル活用し、従来通りの終身在位を通す途も、それはあっただろうし、そう言う主張をされる層も、その心情は一定分るが、ここはやはり、ご高齢の今上陛下の「お気持ち」に沿う事も同様に大切で、それを踏まえた国会審議の軌跡も、国際連合人権委の圧力を真に受けての、女性宮家創設検討の付帯決議と、芳しからぬ自由党の不良姿勢を除いては、まあ不満のないものだったと心得る。

自由党の、採決拒否の姿勢の裏にあるのは、やはり、小沢共同代表の、独裁的権勢志向に尽きるだろう。かつての民主党政権時、今上陛下の、そのご意向を無視して、国家主席就任前の中国大陸の要人 習 近平(しー・じんぴん)さんとの会見を強引にセットしたのは、有名な話だ。

そうした事以外からも、小沢代表の最終目的は、我国伝統文化の礎 皇統をも超越する絶対的権力の収奪にあり、結果、皇統廃絶もやむなしとの不良姿勢ではないだろうか。その為に、今回成立の天皇体位実現特例法も、皇室典範の改正に踏み込んだ、審議と成立に年月を要する、恒久法制にこだわったのだろう。日本人として、又、ご高齢の今上陛下の現状を慮(おもんぱか)る時、人倫面からも、到底承服できる姿勢ではない。

この問題については、ある知人の方も、女性宮家創設の所について、懸念を表されていたので、少し紹介させて頂きたい。皇室のこれからについては、複数の有識者の方々から、旧宮家の方々の復帰を検討すべきとのご見解が表されている事も、申し添えておく。

「一般人の子供が皇位継承者になることと、かつての宮家が皇位継承者として復活することのいずれが、国民に違和感を与えるものか、妥当性が高いのか、大いに議論されるべきです。今上陛下と結婚された一般人の美智子様と、皇太子殿下の配偶者である一般人の雅子様が、どれだけ皇室の伝統を破壊し、陛下の尊厳を貶(おとし)めているのかを見れば、一般人との婚姻がいかに問題が多いか、今は国民の多くが理解しています。

まして女系天皇ということになりますと、一般人の男子が介入してきます。善良な人柄ならまだしも、奸計と悪意の無頼漢なら、皇室が崩壊させられる危険性が高まります。女性宮家創設を唱える勢力には、なぜ先祖たちが男系天皇を守ってきたのかという、肝心の問題への思考が欠落しています」(引用ここまで)。

この様に、女性宮家創設の扱いは、厳に慎重が期されなければならない。今回の「検討する」の付帯決議は、特例法成立を早期に行う上では、やむを得ない所もあったろうが、特に「女系天皇」については、前述の、知人の方のご指摘にある通りの、皇室崩壊の危険をも孕(はら)むだけに、断じて認められるものではないと思うがどうだろう。

此度の、今上陛下ご退位実現の特例法成立までの経緯には、報道メディアの影響も、それは大きくあったろう。良しにつけ、悪しきにつけ「第四の権力」の立場に変わりはないはずだが、この事につき、関係者の意識は低劣過ぎるのではないか。前出の知人の方は、こうも述べておられる。

「馬鹿な国民が多くいる国には、馬鹿な政府があります」 「馬鹿な国民が多くいる国には、馬鹿なマスコミが蔓延(はびこ)ります」 「馬鹿な国民が多くいる国では、馬鹿な学者が幅を利かせます」 「私たちは、少しでも賢くなり、自分の力で考えるようになりたいものです。自分の国を愛せない者は、人間のクズです。いつの時代になりましても、これはきっと真実であろうと私は考えます」・・・「貴方の言や良し!」拙者も、この方の真実を突いたご見解を心より敬愛し、支持するものである。

今回画像は、昨年の今頃、当地近辺 金山副都心近くの尾頭橋(おとうばし)に咲く、立葵の様子。現在は、護岸工事に入っており、立入規制が敷かれているので接近できない状態だが、再整備の暁には、再び様子を見に参りたいと画策している所であります。以下に、今回記事の情報元をリンク致します。 https://news.goo.ne.jp/topstories/politics/31/a27875152aafbaee2d2df55582dc6387.html

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左派容共勢力の喚く「自由・... | トップ | 日本国憲法の 自己矛盾を認... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-06-09 16:06:59
旧宮家には、秋篠宮愁仁親王殿下と同世代の男系男子が6名いらっしゃるそうだと聞きました。 この方々こそ、まさに皇位継承権を持つものとしてのスペアなのです。 現代における継体天皇を探す努力が、女性の宮家と言う中身の無いものの議論より、優先されるべきです。 
ご見解有難うございます (HAKASE(jnkt32))
2017-06-09 19:24:41
北極熊さん、恐らくは、初めてのご見解を有難うございます。
女性宮家創設との、安易な付帯決議には、拙方も、一抹の疑問を抱きますね。

元皇族 竹田恒泰さんもご指摘の様に、貴見解にあります、
旧宮家の方々の、皇族復帰を、一定条件下で実現させる必要がありましょう。
これは勿論、女性宮家の議論より、上位であるべきです。
まずは、お礼まで。今後も、折ありましたら、宜しくお願い致します。
Unknown (のん子)
2017-06-10 12:45:13
立葵が前面でのお写真、ステキです!

譲位、決まってしまいましたね。
天皇両陛下が左思想と解ってからは、それも良いかもとは思いましたが、次代があの方達では・・・(汗)

出来るだけ早く秋篠宮さまへと願っています。

確かな皇位継承を目指すべき (HAKASE(jnkt32))
2017-06-10 18:52:53
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。

今回の特例法は、全てが納得できる訳ではないのは事実です。

ただ、今上陛下のご高齢と、今後予想される健康不安からは
やむを得ない所もあり、安倍政権と宮内庁の賢明な対応を望みたいですね。

仰る通り、皇位継承一位の皇太子殿下も、健康不安がおありらしいので。

拙近所の立葵、毎年好い感じなんですが、今年は護岸工事の為、お預け状態です。
まずは、お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。