Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

誕生月に 言いたい事 その⑬

2017-04-28 23:33:37 | 国際・政治

2017=平成29年4月も、後僅かになった。拙方も又一つ、決して粋とは言えない齢を重ねる事と相成った訳で、お祝いのメッセージも伺っており、感謝の至り。作家 安西愛子さんの近著のタイトルではないが、このままでは決してめでたい訳がないので、少しでもそうならぬ様、心がけたいとも思う所であります。

さて本題。一昨日、十数名の報道関係者有志が、国会審議中のテロ等準備罪処罰法案の反対声明を発した由。拙方、これは前のめりに同調せず、冷静に、遠巻きに見守るべきと心得る。有志中には、ご見解が概ね支持できる、劇画作家 小林よしのりさんもお顔出しだったのは意外。有志への参加の可否は、ご本人の判断次第だから言及しないが、有志自体の立位置は頂けない。小林さんと言えど、今度ばかりは手放しで支持する訳には参らない。中心メンバー、田原総一朗、鳥越俊太郎、岸井成格、青木 理の各位については、もう言及する気もしない「語るに落ちる」レベルなので、触れないでおく。余談だが、拙的には一定評価したい、池上 彰、辛坊治郎のお二方が見当たらない様なのは、一応安心した次第。

沖縄が我国復帰を果たして間もない、1975=昭和50年前後の数年間をメインに、北鮮の日本人拉致事件が多発した。明らかなテロ行為にして、北鮮と邦人極左勢力の共謀が認められたとされ、我国の、国家の尊厳を脅かす重大事態だ。被害者とそのご家族の被ったダメージと共に、全ての日本人は、この事を深く心に刻まなければならないはずだが、その為の法整備が、しばしば左派容共勢力の妨害に遭って、果たせない所あったのは事実である。今も未整備の防諜法制と共に、審議中のテロ等準備罪処罰法制があれば、或いは防げた可能性のある事共ではなかったか。

又この法案は、我国が未だ未批准の為、締結がされないままの、国際組織犯罪防止条約の発効にも道を開くものだ。他の大半の諸国は、既に同条約の締結を終え、例えば銃などの凶器や、違法薬物などの密輸事件の国際捜査などに、少なくとも一定の効果を上げていると聞く。問題にしたいのは、主要先進国G7中の未締結国が、最早我国だけになってしまっている事だ。テロ等準備罪処罰法案は、対象犯罪が現実に起こり得るレベルの事象に絞り込まれ、具体的計画や準備行為を伴う場合が前提。勿論、戦前の治安維持法の様な、無制限な拡大適用を防ぐ手立ても打たれているし、野党中 大阪維新の会などからは、対象項目の更なる絞り込みや、弁護士立合いなど、できるだけ捜査の可視化を求める動きもあり、その為の改善はされるべき。

それにしても、我国法曹界でも、テロ等準備罪処罰法案には賛否両論があり、日本弁護士連合会 執行部見解は「予定調和の」反対だが、非主流の側に立つ弁護士の方々中には「戦後の我国法制文化は成熟し、テロ等準備罪処罰法制を整備する条件は整った」とする積極見解も少なくない。我々は、こうしたご見解を尊ぶべきで、民進党と前出の報道関係有志の様な「絶対反対」に、安易に与すべきではないだろう。

折しも今朝、北鮮は又も弾道ミサイル発射を試みた様だ。結果は失敗だった様だが、我国への脅威に変わりはない。同国工作員の我国への出入りは、今も続いているとされ、日本人拉致事件に続く、不穏な行動がないとは言えまいて。又、その折、旧日本赤軍の連中みたく、「北」工作員の手引きをする邦人連中が現れないとも言えない。それが露見した時、適切に処罰する法律が未整備では、到底先進国とは言えない。又、こうした活動は、国際レベルで行われるのが常で、為に外国捜査機関との有機的な連携も必須だ。やはりテロ等準備罪処罰法案は、これからの治安のあり様を見ると「必要」と言う事になる。

同法案の反対勢力は、例えば冒頭の報道関係有志などは、スポンサー企業の「組織防衛」の為に行動した面も、それは考えられよう。最近感じた事だが、昭和末期の日本航空国内便機の墜落や、2005=平成17年春の、JR福知山線大列車事故などの被害者遺族各位が、事故当該企業の、組織責任を問う「組織罰」の創設を求めて立ち上がられた由。その根拠となる心情は、十分に汲まれるべきものだが、事件隠しに繋がる恐れからの慎重意見もある。又、これも組織防衛の見地から反対意見も有り得るかも知れない。しかし、一番大事な、組織の責任が追及され、糾されるべきは勿論だろう。テロ等準備罪処罰法案も、似た様な所があり、決して、組織防衛の為の反対声明であってはならないはずだ。

今回画像は、今月の記事中唯一の、今春の模様。先週出かけた、新潟・福島県境辺りの、阿賀野河畔の某発電所傍に花の見所があり、地元のみならず、首都圏辺りからの遠征も多そう。春から初冬の土休日に、向こうを行くJR磐越西線の蒸機列車を交え、撮影に及ぶ愛好者も多いです。この折も、先着した数名の、置き三脚複数から「本気度」が感じられ、共感した拙者は、同アングルで列車を迎えたと言う訳で。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生月に 言いたい事 その⑫ | トップ | 日本国憲法の 立ち位置は変... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。