Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

随筆家 高山正之さんに学ぶ 「騒女」への視点

2017-09-14 20:59:53 | 国際・政治

「民進は オワコンですか そうですか」前原民進党代表が、大きな困難に見舞われている様だ。同氏は、日本新党時代の1992=平成4年と、1999=同11年の二回、北鮮こと朝鮮民主主義人民共和国への渡航歴があるそうだが、二回目に、現地女性と懇ろにしている様子が、昨日出た老舗週刊B誌に画像共載った由。現民進党代表にして、当時国会期間中だった折の渡航とは、大いに不適切は事実。

同党は今、複数国会議員の離党など、難しい局面だけに、過去の事とは言え、こうした履歴は決して好感される事はないだろう。そう言えば、民進党初め、野党女性両院議員や、一部報道関係者などは「初めに騒擾(そうじょう)ありき」の好感できぬ挙動の人物が多過ぎやしないか。各自の言動は、もう「語るに落ちる」レベルなので、余り詳しく記す気もしない所だが。今回は、同じ老舗週刊S誌に連載をお持ちの随筆家 高山正之(こうやま・まさゆき)さんの記事を拝借し、この困った問題を、少し見て参りたい。

「変見自在~女と革命」

「朝日新聞の北京支局長は、大連(ターリェン)だかにマンションを買って、女を囲っていた。北京政府のお気に入りなると、そういうこともできるらしい。そうではない産経新聞の記者たちは、随分住みにくいと聞く。先日、その北京から帰任した矢板明夫記者は、現地の銀行に預けていたカネを下ろせなかったと、どこかに書いていた。預金は、八年間の給与やボーナスの余りで、ほんの100万円ちょっと。なのに人民元で下ろすのは良いが、外貨の日本円ではダメだという。

中国大陸は、実をいうと威張れるほど外貨備蓄がない。備蓄の半分は、温 家宝とか高官連中が、海外に持ち出してしまった。残りは、弱い人民元を外為市場で買い支えるため無駄にできない。だからどんな小口でも、そう気安く外貨を出す気はないのだという。まして、トヨタやパナソニックなどが中国大陸で稼いだ億兆単位のカネも、外貨では持ち出せない。あっちに置いたままが実情だという。国際通貨基金IMFの引き出し権を持つとかいっても、実態はおもちゃのお札でしかない。

そんな中国大陸に「私、新しい工場を出しました」という中小企業主に会った。稼いでも、同国から出せない。そんな所で頑張る日本人に、何と言っていいか、言葉に詰まった。企業主はそこまでは悩んでいないようで、ただ「デモ屋には難渋しています」という返事だった。デモ屋とは、日系企業を見つけては、従業員を焚きつけて待遇改善、賃上げのデモを打たせる仕事師のこと。企業が折れて、何%か給料を上げると、それに見合った成功報酬を取って、次のカモとなる日系企業を求めて立ち去っていく。

デモ屋のルーツを辿ると、小倉寛太郎(おぐら・ひろたろう)というダンディ東大生に行き当たる。彼は駒場で学生運動を立ち上げると、東大生のまま、どこかの会社に潜り込んでは、ストライキを打たせて会社を潰して歩いた。中に三越があった。彼は格好いい。女心を鷲掴みにする特技で、女子従業員をストに駆り立てた。1951=昭和26年暮の三越争議がそれだ。ライオン像のある正面玄関に女店員がピケを張り、警官隊と衝突を繰り返した。小倉は、中国大陸のデモ屋と違い、カネは取らない。企業を潰し、世情不安を拡散して、日本を破綻に追い込めば良い。日本共産党の本分だ。

小倉は、次に日本航空JALに入った。連合国進駐軍GHQに潰された「航空ニッポン」の再建拠点として、政府肝いりで設立されたばかりの会社だ。小倉は、東大卒の幹部候補生を装って、労組委員長に就任すると、三越で使ったテクニックそのままに、まず女子社員を誑(たら)し込んだ。銀座の大通りで、スチュワーデス(今のCA)を並べてデモ行進までやらせた。

航空再建に賭ける、社長の松尾静磨は足許の乱に驚き、小倉を説得したが、彼は聞く耳を持たなかった。パンストをタダでよこせ、生理休暇を一週間にしろとかの、アホな要求を並べ立て労使の対立が頂点に達したとき、松尾の娘が白血病で重篤になった。小倉はそれに付け込んだ。徹夜の団体交渉を続けて、松尾を追い詰めたが妥協のないまま夜明けを迎えた。ために松尾は、娘の死に目に会えなかった。スチュワーデスたちは、それを知って泣き、小倉の下を去った。日本のデモ屋は女を使いきれなかった。

小倉の日本騒擾のアイデアは、朝日新聞の中江利忠が引き継いだ。彼は、植松 隆に慰安婦の嘘を書かせる一方で、民主主義は、二大政党が形だと、無知な読者を煽った。それで土井たか子がブームに乗り、社会党が政権に近づいたが、土井と北鮮の関係がばれて潰れた。

朝日新聞は次に民主党を担ぎ、強力な野党が政治を健全にすると訴えた。結果、目論み通り、日本は未曾有の混迷に嵌(はま)った。朝日新聞は、日本騒擾の仕上げに民進党を選んだ。上に蓮舫を飾り、下に辻元清美と山尾志桜里を配した。そしたら、蓮舫が台湾人とばれ、辻元は国有地払下げ問題で尻に火がつき、山尾は絶倫過ぎた。革命と女は結構、反りが合わない。(引用ここまで。文中人物は 敬称略)

「変見」を自認されるだけあって、高山見解は、全てが公正妥当と言う訳でもないのは分っている。が、しかし同氏の「騒ぎ立てる輩が、一番悪い」のお言葉もある。政治家だろうが、民間報道人だろうが、国民市民やメディアの読者や視聴者を、騒ぎ立て煽ろうとする女達のあり様を見る時「当たらずと言えども遠からじ」を感じるのは、拙者だけではないだろう。故・土井たか子、謝 蓮舫、辻元清美、山尾志桜里の各位共、高山さんの見方が、立場こそ違え少しずつ、かなりの所で当てはまっている様に思えてならないのだ。似た立場の連中は、趙 春花(通名・福島瑞穂)、森ゆうこの両参議、報道陣筆頭は、菅官房長官会見荒らしで不評の、望月衣塑子・東京新聞記者辺りである。

後述三人の言説や行状は、最早記す気もない「語るに落ちる」レベルであり、他の各位のブログ記事や、利用価値ある新聞雑誌やWEB記事をご参照頂ければ幸いに存じます。今回画像は、先年夏 当地近所の JR金山駅にて捉えた、長野県方面への、中央線燃料列車の様子。夏場は少ない荷動きも、灯油が需要を迎える秋以降は増便や油槽車増結などもあって、次第に活気を帯びて来る時季ではありますね。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電波オークション制実施へ ... | トップ | 本当に始末が悪い「高齢左翼」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。