Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

音楽家 日野皓正さんの行動から見える 対北姿勢

2017-09-04 14:12:54 | 国際・政治

一日遅れとはなったが、秋篠宮家 眞子内親王殿下と、小室 圭さんの婚約発表を伺った。一言、祝意を申したい。しかし・・

この慶事を狙った訳でもあるまいが(中国大陸で行われる、重要な国際会合への牽制意図らしいとの指摘有)、北鮮が、昨年に続き、通算六度目の核実験を強行した。今度は水爆とかで、先に我が本土超えの飛翔をした中距離弾道弾実験に続くもの。安倍政権は、当然の事ながら厳重抗議。国際連合安全保障理事会の緊急会合要請も発せられた。その一方、未確認情報ながら、不適切なこの時期に訪朝した、某野党関係者が金 正恩(きむ・じょんうん)委員長への祝意の言動があったとも聞いている。事実なら、徹底した糾弾を願いたいものだ。

まだ多くの学校が夏休みだった、先月末の事だが、首都圏で開かれていた、音楽家(ジャズ・トランペット奏者) 日野皓正(ひの・てるまさ)さんの青少年向け公演(東京・世田谷区教委主催)の席上、所定の演奏パートを大きく超えて、ドラム演奏を続けた教え子の男子中学生に対し、髪を掴んで所謂「ビンタ」などの手を上げる行動をされた問題が、広く知られている様だ。賛否は覚悟の上だが、拙者も同氏の音楽に嵌っている一人なので、その辺も弁えながら見て参る事にする。尚、ある方のブログ記事を、一部参照させて頂いた事をお断りしたい。

出来事の顛末はこうだ。日野さん主体の演奏中、当該男子中学生が、曲後半のドラムによる単独演奏ソロ・パートにて、所定の長さを大きく超えて演奏を続け、日野さんがドラム・スティックを取り上げる処置後も、何と、素手演奏を継続したと言うもの。日野さんは、初め口頭注意をされたが聞き入れられず、揚句、頭髪を掴み、顔にビンタを張ったと言う展開。TV放映もされた動画の限りでは、体罰的印象を免れず、多数のSNSによる批判意見を寄せられた様だ。

この件については、某スポーツ紙に詳報が載った由なので、少し引用して参るが(一定、言い回しの変更はある)

「当該生徒は反省し、終了後、日野さんの楽屋まで謝罪に赴いた由。同氏は『俺と彼(あいつ)は、親父と息子の様な間柄。他の生徒には、手を上げない』その上で『彼の心を立て直してやらないと、との想いがある。だから、(ビンタも含め)これからもやるだろう。アントニオ猪木さんの方が、数段痛いと思うよ』と、教育の一環たる事を強調した由。更に『音楽や集団行動ってのは、和を考えないといけない。周囲を尊敬(リスペクト)しないといけない』と持論を展開。結果として、ビンタに至った事については『行き過ぎた所は分り、それは謝る』としつつも『でも、必要な時もある。それだけの事』と一貫して主張は変わらなかった。

聴衆多数の前でのビンタ行為で、騒ぎが増した所には『お客様の前だろうがどこだろうが、俺は"バカヤロー"と言う。真剣だから。見てる人は分らないから。日野は酷い、子供が可哀そう、と言われるかもだが』と反応。今後、生徒が又同じ事をした場合を問われると『手は上げず”やっぱりお前は、無理だからやめよう”と言う。音楽は協調(ハーモニー)で会話なんだ。会話ができない者は、どいてもらわないといけない』と回答。

又、報道陣向けに『諸君がこう言う事(伝え方)をやって、日本の文化をダメにしているのだ。だから文化が低迷している』と言う意の苦言も呈し『諸君は俺をいじめるが、本当は、彼(当該生徒)をいじめてる訳。俺は何を言われようが、真剣に文化と生きてる訳だし、子供達を何とかして世界的にしようと思い、色んな事をしている。諸君が騒ぐ程、彼は忘れられずに何年も苦しむ事になる。それをよく考えるべき』と語気強く述べた」(引用ここまで)。

日野さんの、今回の件に関して、拙者の目には、三十数年前の昭和末期、当地の海岸部で生じた、戸塚ヨット・スクール事件がダブって見える。この時も、当時の戸塚校長の過熱指導が問題視され、複数の犠牲や人的被害を生じた以上止むを得なかったも、引きこもりや不登校を少しでも改善する為の、熱血指導が全否定されるのは問題ではないか、とも思ったものだ。戸塚さんも日野さんも、その辺りの折り合いが、少し拙かったのかも知れない、と拙者などは思っている所だが。それと、この様な出来事につき、東京・世田谷区長と教育長が沈黙しているのは不審だ。前者は確か、野党・社会民主党の関係だったはず。国会で派手に与党を追及するなら、こんな問題には、堂々たる説明対応ができるはずだが。

前述の、ブログ主の方は、以下の様にも述べられている。

「そもそも、暴力は絶対にダメなのか。世の中の子供が全て、言って聞かせれば済む子供であれば、それで良い。しかし、世の中にはそんな子供ばかりではない。言って分らなければ、痛みを与えて『お前がやってる事は、悪い事だ』と分らせなければならない子供もいる。

例えば、犯罪に手を染めようとしている子供がいるとしよう。言って聞かせ、それでも行動をやめない場合、力づくで止める事は、子供の将来に必要だろう。それは、指導する側の大人が担うべき責任ではないのか。私には『ビンタはダメ』と言う大人の多くが、子供の教育から逃げている様にさえ思える。

『暴力は絶対ダメ』は、どこか日本国憲法第9条信仰に似ている。金 正恩に言って聞かせれば、彼は核開発を止め、日本人他拉致被害者を返すのか。北の「狂った様な委員長」も、公正と信義ある者の一人と言えるのか。私は、戦争を肯定しているのではない。しかし、金執行部の暴走を止める為には、力を背景にした『ビンタができる』的な状況が必要なのだ」

このご見解には、拙者も心より同意するものだ。対北政策も、「話にならない」狂った様な金 正恩執行部の現状では「初めに対話ありき」では現状対応は不可能。まず、対ロ対中への一定対応も行った上で、更なる圧力、制裁を、焦らず徐々に効く様加えるべき。勿論、我が核保有や開発と同様、議論としては、対話のオプションを用意するのに反対はしない。対話最優先の、我国野党やそのシンパたる学者、報道メディア関係連中のあり様は、米・日・韓の軍事的備えは度を超えて非難する癖に、中・ロや「北」の核問題には、意識して踏み込まない卑劣な所が大きくある。世人はそれを「二重基準(ダブスタ)」と呼ぶ。

今回画像は、この初夏、三重県下の志摩・賢島へ出かけた折の一枚。近畿日本鉄道人気の高級リゾート列車「しまかぜ」に次ぐ地位の「伊勢志摩ライナー」上りが出発する折のもの。この辺りは、地図では海沿いなるも、画像に入れられる所は意外と少な目でして。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防災~対自然災害も、対弾道... | トップ | 捕獲動物は、食糧安保に貢献... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。