Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

教育勅語が問うた リテラシー

2017-03-11 13:05:27 | 社会・経済

今日3/11は、東北・関東に大いなる犠牲を生じた東日本大震災の当日。6年前の、2011=平成23年のこの日午後、M9.0、最大震度7の激震が、大津波を伴って襲来。福島原発の大事故も重なり、15000人以上の犠牲、数千人の行方不明を生じ、今も12万人を超える方々が、仮設住居などの避難生活を余儀なくされている模様。改めて、犠牲各位への弔意と、避難を続けざるを得ない方々へのお見舞いを申したい。又、避難先にて、大人、子供の区別なく、いじめや嫌がらせの挙に出る遺憾な問題も複数起きている様だ。地域や行政が一体になり、こうした問題を徐々にでも解消する策を探り、打ち立て実行して頂きたいものだ。

海外では、かねて民間の友人と通じた政治資金疑惑などで弾劾話のあった、朴 槿恵(ぱく・くね)韓国大統領の弾劾及び失職が決まり、同国内は、同(前)大統領弾劾派と支持派が対立、衝突による犠牲も生じている様だ。失職から60日以内とされる次期大統領選は、5月上旬にも実施の様だが、情勢から、新北鮮派で反日志向の野党幹部が最有力らしい。竹島の帰属、慰安婦問題を抱える選出後の我国の対韓政策は、緊張を伴ったものにならざるを得ない可能性が高い。その辺りも、我々日本人は注意して見守る必要がありそうだ。

本題に入る。大阪府下の、復古志向の教育方針が良くも悪しくも注目された、私立小学校の認可申請か取り下げられたとか。最大の問題は、立地予定の国有地の、不当に安価とされる払下げの件だった訳で、設立が見送られた以上は国による買戻しとなりそうだが、既に相当部分が完成した、建物設備の存廃や予算処理などをどうするかの問題が残るだろう。納税者として、行政などの対応を引き続き注意して見守りたいものだ。これ以上疑惑を生じない、明朗な方法での処理を望みたいものだが。

もう一つの話題、明治から戦前までの教育指針「教育勅語」が注目された事について、拙所感を少し。当該の設立見込みだった私立小学校では、既存の私立幼稚園にて既に実施の、教育勅語の唱和が予定されていた様だ。同勅語は、基本的には天皇主権だった明治憲法と対をなす指針で、その事から、主権在民が確立した現憲法体制下では、それはそのまま全てが適合する訳ではなく、幼稚園児や小学生に、そのまま唱和をさせるには適切を欠いたものだったろう。そこの所は、保守の側と言えど、糾す必要有と愚考するものだ。が、しかし・・

世間には、こうした不適切のみを糾すのではなく、明治憲法や教育勅語を史実として触れ、研究し理解する事自体を良しとしない思潮がある様だ。特に、左派野党や日教組、エセ平和人権勢力の間に結構根強いと言う指摘もある。拙者は、これも又同様に芳しからじと心得る。

現代にはそのままでは通じないとは言え、明治憲法も教育勅語も、厳然とした史実であった。又、その内容を検証すれば、天皇主権、皇室中心の価値基準は多々あれど、人としての心得や倫理の指標としては、今尚有益な所も少なくないのだ。その有益を活かし、時代に合わぬ所は糾し、史実として認め、尊重して次代に繋げ、生かして行く姿勢こそが健全な思考ではないのか。「自国の神話、即ち歴史を忘れる民族は滅びる」との歴史学者 故A・トインビー博士の言葉もある。

江戸期から続く教養「読み・書き・算盤」中、読み書き能力、或いは読解記述力の事を「リテラシー(Literacy)」と言う。広くは、PCなど情報機器の知識及び利用能力までを指す事もある様だ。特に、メディアとの向き合い方、情報を自己の目的に合う様、使用できる能力の事を「情報リテラシー」と呼んで区別する事もあるらしい。この能力を、技量を磨いてこそ、歴史や社会の事共と、まともに向き合い、自己の知力で署問題を乗り越え前進できるのだと、拙者は心得るものである。

教育勅語は、確かに幼少者に唱和させるべき内容のものではないかもだが、他方、厳しく史実として学びの対象にはし続けるべきものである。日本国憲法にしても、経緯的には明治憲法の改正法だし、戦後一度は改正された教育基本法にしても、教育勅語の美点を継承した所が存在する。それをしないのは歴史歪曲であり、共産勢力や日教組、それに不良帰化人とかの思考と大差ない。現在、聖徳太子の呼称問題が表面化している様だが、こんな問題を生じる、文部科学省の管掌能力(ガバナンス)には疑問を感じざるを得ない。政治や行政に信念がないから、こんな問題を起こすのではないか。又、今後関係が難しくなるだろう大韓民国では、日本海の呼称を「東海(とんへ)」に変えさせる運動が根強くあると聞く。これも、我国の各省庁は軽く扱ってもらっては困る事だ。「気が付いたら、世界地図が変えられていた」事にもなりかねない。我国固有の事共や、由緒ある呼び名とかは、行政も国民市民も、もっと重い気持ちで向き合うべき。「祖国を敬い守る」事の一端は、その辺りにあるはずだ。

大阪・豊中の私立小学校問題は、用地の所で遺憾な疑惑を生じたのは事実だが、教育勅語による、国民市民やメディアのリテラシーを試す好機となったのも事実である。ここに、明治天皇や同時代の賢人各位の凄さを感じたのは、拙者一人ではないと心得るのだが。今回画像は今から数年前、当地の東郊、豊橋市街を行く私設の路面電車 豊橋鉄道東田(あずまだ)本線の、JR豊橋駅近くの模様。曜日や時間を問わず、大変に交通量の多い所で、車両間の接触事故を生じる事も間々あるも、この時はたまたま通行の流れが切れ、割合すっきりした画像を得る事ができた記憶がありまして。勿論今も大きくは様変わりしていませんが、中々再訪の機会に恵まれないのも事実です。 (P.S) 以下のURLに、教育勅語の資料をご紹介しておきます。再読の上、現代に有意義な所もきっとあるかと心得ます。勿論、最終判断は読者各位次第ですが。

http://chusan.info/kobore8/4132chokugo.htm

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍事研究禁止継承の、日本学... | トップ | 大韓民国の北鮮化に、懸念を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。

おきてがみ

おきてがみ

カウントダウンメーカー

ブックマーク

櫻井よしこさん 公式サイト
人気と信念の女流報道家 櫻井よしこさんの公式サイトです。
The Misterious World
多分、本州在住の知友、hicaliさんのブログ。外国語習得など、真摯な姿勢は学ぶ所ばかり。画像掲示板もあります。
The Misterious World(Yahoo)
多才を誇る大切な拙知友 hicaliさんのYahoo blogです。
方丈の里
多分、本州在住の政治社会考察の先輩。勇敢で真摯な姿勢は学ぶ所ばかり。
方丈の里2
尊敬する拙知友、方丈の里さんのブログ続編です。
おぅ!よぅ来たのワレ!まぁ上がっていかんかい!
関西の知友、真美さんの楽しいHPです。
風のように・・・
本州の知友、XkazeXさんの旅日記調ブログです。
ゆうさんのブログ
東日本の知友、ゆうさんのブログです。東日本大震災の折、救援輸送を担った功労者。
ここちいい場所 COZY
東日本の知友、hamiさんのブログと掲示板です。
元気ですかぁ~?!!~~
西日本の知友、だだSANのブログです。
ちょっと大人の面白ブログ
西日本の名医、悟空さんの大人の風情あるブログです。
Sentimental Rhapsody
北日本の知友、鞍馬天狗さんのサイトです。
憂国 喝!
東日本の知友、だいちSANのブログです。
HAKASE(jnkt32)の隠し部屋
拙方のHPです。写真帖、読み物の両ブログ及び画像掲示板等で構成しております。第2読み物ブログはR18成人向けです。
最初はgoo
スタッフブログ

政治(保守)他人気ブログランキング(応援クリックご協力を)

メッセージ

バックナンバー

  • RSS1.0 RSS2.0