Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

防災~対自然災害も、対弾道弾も、同様の心構えで

2017-09-01 18:53:32 | 社会・経済

2017=平成29年9月も、宜しくお願い致します。毎年の事だが、今月は防災月間。前世紀の1923=大正12年のこの日生じた、関東大震災の重い教訓は、先の大戦のそれと同様に、重く受け止められ、活かされなければならない。

少し、本題からはそれるのだが、大阪府下の工業地帯を通る産業道にて、納品待ちや休憩の為、長時間停車する大型トラックなど多数向けの、一斉取り締まりがあったそうだ。確かに道路法規上適切とは言えない振る舞いだが、いかに周辺住民各位からの苦情も受けたとは言え、この場合「初めに摘発ありき」だけでは、ちと安易過ぎやしないだろうか。最初の警告にしても「近くの駐車場に移動しなさい」だけでは、この大きな問題の解決とは言えない所がありそうだ。

そも、工業地帯向けの納品大型車が待機する為の、周囲の駐車余地は十分か?違反を覚悟で、長時間路肩待機をする向きの多くは、あれば必ず利用するだろう駐車場所そのものが不足、その覚悟に悩まれているのではないか。行程もギリギリの所でタイト、安全の為にも、合間に少しでも休憩を、と苦慮されている向きも多いのだ。多くは違法駐車との現状は分るが、この様な取締りは、周囲に十分な駐車余地の有無とか、周到な調査の上で行われるべき。このままでは「初めに警察の功利ありき」と見られかねない様に思うのだが。特に、人命を左右しかねないトラック乗務各位の休息は、人道上と交通安全上からも、最大限の配慮がされるべきは当然だろう。

ここで本題に入る。前述の様な、大型車多数を受け入れられる駐車場所の確保は、非常の場合の防災拠点としても活用できるはずだ。対自然災害では、とりあえずのテント仮住居、初動対応は大きく異なろうが、これから予想される、弾道弾防災の為の用地としても、活用が見込めるだろう。

拙者は、防災を考える上では、自然災害に備える所も、弾道弾の脅威に備える所も、形こそ違え、その意味の重さと心構えにおいては、同様に、同等に考え 行動すべきと心得る。前二者の、形こそ違え、避難の手順、持ち出し品の繰り返しの確認、避難場所の確認や、入場し利用する時の心がけ・・などなど。住民各位と各自治体行政が、日頃から触発し合って、質や精度の高いものにして行く必要があると思う。

北鮮による、弾道弾防災訓練の折に散見された事だが、自然災害の防災訓練にあっても、立場こそ違え、違法な妨害行動が生じる可能性がないとは言えず、前者の場合、特に早急に整備を願いたいが、機動警察官複数立会の元で実施できる様にして頂きたい。訓練を危険に晒す、重大行為があった場合に、当該容疑者を確実に逮捕できる様にすべき事を、改めて主張する。又これは、自然災害防災訓練でも、状況の推移を見て、同等又はそれに準ずる態勢にする必要を検討して頂きたい。

自然災害ではないが、先般の「北」弾道弾上空通過の折、政府の状況把握は早く、適切であったとされる。この件につき、野党や一部報道メディアから「事前に国民に知らすべき」との主張があったが、これらはどれも、必要な国家機密を尊重する姿勢のなさから発せられたもの。迂闊に知らせれば、国民市民レベルで無用な混乱を招いたり、初め伏せられるべき政府の情報が、全て一般に晒される事となり、その事が相手国に知られる事となりかねない。この主張には、第一野党 民進党も同調していたが、旧民主政権時の東日本大震災の折、枝野官房長官(当時)は「混乱を抑える為」として、類似の災害情報管制をしたはずだ。不都合な事共は「忘れる」或いは「なかった事」にするのか?そんな事だから、同党への不信は払拭できないと強く思うのだ。

とまれ、表題二つの事共についての防災への姿勢は、今、限りなく同等に近づいた。どちらも、万一の折には落ち着いて向き合い、対処できる様、普段から心がけておくのが一番だろう。「必要な備えをして、正しく警戒する」この事を、我々は改めて自覚しなくては、と重ねて思う。今回画像は、丁度一年前、当地の市立・名古屋科学館前庭に保存されていた、三重県下の、ある化学メーカーが、工場貨物向けに運転していた、明治生まれの産業蒸機が、再起をかけて、大阪府下のボイラー整備会社へ向かう所。上部と本体を一度分割し、大型トレーラーによる陸送準備中の模様です。今も検査中。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「北」の国是は「報復無罪?」 | トップ | 音楽家 日野皓正さんの行動... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (しゃちくん)
2017-09-04 13:12:59
この納品待ちの大型トラックの騒音と排ガス問題は築地市場でも問題になっておりました。
特に鮮魚を積載する保冷車は品質管理上、庫内の温度を保つためにエンジンを止める事が出来ません。
外部電源を供給したりと一部でその設備があっても立地上夜の歌舞伎座周辺まで路上駐車があったりと問題も多く豊洲への移転が決定してましたからね。
話が脱線して申し訳ありません(-_-;)
ご見解御礼 (HAKASE (jnkt32))
2017-09-04 16:19:16
しゃちくんさん、今回もご見解を有難うございます。

薄々、感じてはいましたが、首都圏、それも渦中の築地でも、
同様の問題が生じている訳ですね。

仰る様に、鮮魚や精肉、生鮮野菜の輸送に欠かせない
、大型保冷車、冷凍車は、常にエンジン又は発電機が
止められませんで。

豊洲新市場では、そうした問題が大きく解消される事
を祈りたい所です。

後は、移転時期をいかに早めるかでしょう。
小池知事の、速やかで適切な判断が、強く望まれます。
まずは、お礼まで。{/astro_pisces/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事