Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

日本国憲法の 立ち位置は変わった その⑦

2017-05-15 20:35:54 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!今日夕方の事だが、公共N局のGTVが、明らかに変な報道をしていた。先の大戦で被災された方々中、一部勢力が、正式な戦災補償を求める動きを、いかにも絶対の正義の様に伝えたのである。

確かに、先の大戦では300万超の方々が尊い犠牲となり、又、それに匹敵する多くの方々が、重傷などの後遺症で苦労されているのは分る。その犠牲の上に立つ、我々現代人は、当然表敬の気持ちを謙虚に表さねばならず、先の大戦は、公正な史実として、公正に語り継ぐ義務を負っているのも事実である。が、しかし・・

戦災補償の事共となると「それはそれ、これはこれ」の複線思考を取らざるを得ないのではないか。大雑把な所はお許しを願いたいが、例えば、戦傷病で、現在まで苦しむ方々が100万人だとすれば、例えば名古屋市が一定支給の方針を決めた、見舞金の様な措置をするとして、仮にその一人当たり額が100万円としても、予算額は、概算で1000億円。このレベルの措置だったら、勿論国レベルなら国会両院、地方レベルなら地方議会の承認が必要だが、早い時期の実施が必要と言う事になろう。だが、正式補償となれば、それは不可能に近いのではないか。

何しろ、見舞金とは額が桁違いだろう。最低でも1000万円代、後遺症の具合によっては、億単位もあり得よう。しかも、対象となる方々は、先の見舞金試算の100万人クラスでは済まず、先の大戦犠牲の方々に匹敵する、300万人クラスとなる可能性も大きくある。そればかりではない。現状でさえ、南京事件や慰安婦問題で、対日歴史問題には強行姿勢を取る、中国大陸や大韓民国、北鮮などの特亜各国が、更なる補償要求に動く可能性も捨てきれない。

そうした状況も加味して計算すると、内外の補償要求を真に受けて対処すれば、最低でも数百兆円、下手をすれば1000兆円を超える、天文学的な金額を要する事となってしまう。これは、現状我国の国家予算の、約11倍である。国民総資産をも凌ぐ戦災補償は、元より無理と言って良い。

繰り返すが、拙者は、先の大戦で戦傷病を余儀なくされ、今も後遺症を抱える不運な方々に対し、何もしなくて良いと言うのではない。戦没の方々同様の、深い表敬をすべきは当然だし、当地名古屋市が取り組もうとしている、見舞金制度の始動も、応援しなければとの立場だ。ただ、正式な戦災補償は、今後を含めた経済面、財政面から実現不可能と言わざるを得ないと言う事だ。

もしも、この補償が強行決定されれば、我々現代人のみならず、これから生まれる明日の、明後日の我国の国民市民も、社会資本にも教育にも、最低限の生活環境にも恵まれない劣悪な状況下で、戦災補償の為だけに生き働く事になってしまう。先般まで問題となった、広告企業電通の若手社員複数の過労死の様な問題が、全国の企業や行政組織で続発し、それでいて生活環境は、AA圏にも劣る劣悪なものに成り下がってしまうだろう。ただでさえ、全国民市民が決して満足ではない現状よりも、基本的人権無視の、更に窮迫した状況に追い込まれてしまうのである。その結果、何が起きるか?

既に問題化し始めている、総人口減少が暴走レベルで加速する事だろう。多くの若者達が、経済の困窮と、国や社会への失望から恋や結婚を諦め、年間100万人を優に超えるペースでの激減が現実になり、我国の総人口は、来世紀の早い段階で、今より半減以下と言う事になりかねない。そうなれば、安保面の施策もできず、国家の独立さえ守れなくなり、周辺諸国の軍事進攻や領土・領海・領空の大規模侵犯、それらは勿論、我が国民市民の多数犠牲を伴う事となろう。その揚句、日本列島とその島嶼部は分割統治され、祖国日本そのものが消滅させられる事となりかねない。これは、我が国家を否定する、共産勢力の了見そのもの。現に北鮮は「国を滅ぼしても、戦時賠償を取り立てる」姿勢を明らかにしたとの指摘もある。

余り長くなってもいけないが、先の戦災補償のこだわり過ぎが、実は、次の戦争の可能性を引き寄せると言う、皮肉な連鎖を生み出そうとしているのだ。戦災補償の件は、聞こえは良く、左派野党勢力や、エセ人権勢力などが「人類の理想の実現」などと理由をつけて持ち上げようとする動きもあるとか。これは、我々が当然すべき戦没並びに戦災犠牲被害の方々への表敬や、見舞いの気持ちとはかけ離れたものだ。紛らわしいのが曲者だが、決して支持できる運動ではない。真に受ければ、祖国日本の未来を、確実に闇に閉ざす事となるのだ。

今回画像は、餓鬼時分以来の悪友の地元、岐阜県下で再興の時を窺う、旧国鉄蒸機のテスト走行の様子。C12型と言う、50tクラス。タンク式と言って、背後に燃料槽に当たる炭水車が控えず、石炭とボイラー用水を、機械部分が全て抱えるスタイルで、短距離の運転や、大規模炭鉱や大製鉄所などによくいて、製品を積み込む貨車の入替えや、貨物列車の仕立ての用務をこなしていた、産業機関車に近い立場のメカでした。今は、とりあえず足回りが復旧。続いて、ボイラーの整備に臨み、遠くない時期の、完全復帰を目指している様です。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国憲法の 立ち位置は変... | トップ | 日本国憲法の 立ち位置は変... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦後補償は既に解決済み (しゃちくん)
2017-05-16 07:41:59
戦後70年を過ぎ戦争が直接の原因となる後遺症を患う日本人の数は激減していることでしょう。
子供の頃は上野駅周辺に負傷兵が軍服を着てアコーディオンを演奏したりしながら乞食みたいな事をやってました。たけしの漫才のネタにもなってた「片腕を失った兵隊さん、夕方帰るときになると服の下に隠してた腕を出してた」なんて眉唾物でした。

NHKは時々このような近隣諸国を刺激するような戦後補償問題をぶり返しておりますねぇ…国益を損なう事に喜びを感じる在日を内包するが故の愚かな姿勢。

栃木県内を走る真岡鉄道でも週末はこのC12型によるSLもうかを運行して以前乗車した事があります。
運転席の後ろに小さな石炭積載スペースがあり下館~茂木間を燃料補給無しで走れます。茂木駅では転車台があり方向転換するのを乗客たちは珍しそうに眺めておりました。勿論、私にとってもSL初体験☆

「特亜」に隙を見せてはいけない (HAKASE(jnkt32))
2017-05-16 09:31:49
しゃちくんさん、今回もご見解を有難うございます。

仰る様に、年月の経過で、戦傷病の後遺症を患う方々が次第に減る事と、
基本 戦後補償が終わっている事も考慮しないといけません。

そうですか、北野(たけし)さんの、その事共にまつわる噺も興味深い所です。

ご存じの様に戦災補償とかの問題は、対外的にも微妙な所がありますから、
慎重な取り扱いが厳しく求められるはずですが、
昨日の公共N局の報道姿勢には、或る悪意と無神経を感じずにはいられませんでした。

聞いた所では、N局内にも日共シンパが百人単位で潜んでいるとかで、
或いはそうした連中の策動によるのかも知れませんね。

これもご存じ、特亜各国は、こうした動きには特に敏感で、戦災補償ともなると、
更なる上乗せを露骨に要求しかねないので、注意を新たにする必要がありましょう。

蒸機C12型は「軽量の頑張り屋」でした。当地でも、岐阜県下の他、
名古屋港の辺りでもよく活動していた様です。

首都圏だと、そうですね。真岡鉄道に健在ですか。
あそこの機は、マニアはよく知ってるんですが、昭和初期生れの、貴重な初期ロットだと思います。

静岡の大井川鐡道とか、鳥取県下の三セク線でも見られる様ですが、
多くは準戦時下でデビューした、中期以後の仲間でして。まずは、お礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。