Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

対「北」対話は、あくまでも選択肢オプションだ

2017-07-16 14:00:16 | 社会・経済

昨今、東北沖・太平洋の秋刀魚(さんま)や、日本海の烏賊(いか)の不漁がしばしば話題に上る様になった。海水温の変化など、生息環境の変調による所が大きいとされる一方、今まで漁の実績のなかった周辺諸国による乱獲が進んだせい、との指摘も大きくある。特に、一昨年以来の前述両者の絶不漁は、記憶に新しい。

まず、秋刀魚不漁の現状を打開する為もあって、昨日まで三日間、北海道・札幌にて、「北太平洋漁業委員会 NPFC」が催された。参加国は米、加、露、中国大陸、韓、台、バヌアツの各国と我国。この会で我国は、年間約56万tの漁獲枠設定を図り、特に永年漁獲実績のある我国に有利な案の実現を目指したが、周辺国では露に加え、昨年来大幅に実績を伸ばした中国大陸と大韓民国の反対に遭い、漁獲枠設定は実現しなかった。ただ、台湾が賛同した事もあり、漁獲枠が来年の次回会合でも引き続き協議される事となったのは、数少ない収穫か。まあ同会も「やらぬよりはやった方がマシ」と、拙者などは総括するのだが。勿論これは、最終的には、北太平洋の秋刀魚漁場の状況も見た上での判断となる事も事実。漁獲枠に反対した露、中、韓各国は、以前から自国益を強引に主張する傾向が鮮明だから、それも視野に入れた対応をしなければならない。

次に、日本海の烏賊不漁も、軽視できないレベルの様だ。秋刀魚や浅蜊(あさり)などと同様、漁業問題も、深刻化の前に手を打つ事が大事だと言われる。日本海の漁場で、最も注視すべきが、北陸沖の、所謂大和堆と呼ばれる、水深の割合浅い海域だ。この辺りは、海洋生物の餌となる微生物が多く集まり、日本海では屈指の好漁場とされる。その大半は、我国の排他的経済水域EEZの中だが、近年はこの辺りに、中国大陸や北鮮の漁船多数が出入り、不適切な操業の挙に出るケースも多い様だ。

そして先日、大変遺憾な事態があった。取締り警戒中の、水産庁の公船に、当初国籍不明とされた不審船が接近して一時追尾の上、水産庁公船に向け、小銃の様な火器を向けたと言うのだ。不審船は、北鮮籍の疑いが強く、外務省は、中国大陸・北京の外交ルートで厳重抗議の由。勿論、これだけでこの問題の対処としては、当然不十分である。

北鮮は元々、我国の尊厳や独立主権、領土・領海・領空他を制する権限を尊重する意思などなく、日本海の事を、一方的に東海(とんへ)と呼び、その全海域が、北鮮の統治下であるなどと、得手勝手な主張を続けて来た。勿論、こんな主張は国際法違反であり、耳を貸す必要もない事だが、北鮮当局がその様な意識である事は、把握した方が良いだろう。

振りかえれば、昭和期に生じ、我国の漁業関係の方二名に犠牲を生じた「松生(しょうせい)丸事件」や、前後して相次いだ、複数の日本人拉致事件も、北鮮の、この様な不埒な対日姿勢が引き起こしたものだ。我々日本人は、こうした「陰のある」歴史を公正に振り返り、「北鮮は、まともな会話のできない無法国家である」との自覚を新たにすべきだろう。

進みこそすれ、止む気配のない核兵器と大陸間弾道弾ICBMの開発、これも変わらず続いているとされる、同国諜報機関による、対日破壊工作の事実を考えれば、我国の対「北」姿勢は「まず圧力、その上で、可能性があれば対話余地を作る」結論になるはずだ。その意味で、安倍現政権の、圧力を表に出した対応姿勢は、妥当なものだろう。「例の」四野党とそのシンパ勢力中には「対話を優先すべき」との主張が多い様だが、それは我国を困難と不利益に追い込む「媚中・媚朝・媚韓」の反日的不良姿勢に他ならない。「北との対話」は、あくまでも「認められる選択肢オプション(option)」の一つに留まるのである。

それと共に、日本海で警戒に赴く、海保・水産の両庁の警戒は、北鮮船舶との緊迫事態に備え、一定の武装を施した公船で行うべき。実際に数年前、東シナ海にて、海保船と北鮮工作船間で、銃撃戦状態になった事があるではないか。その記憶を、蔑(ないがしろ)にしてはならず、又、今はその位のレベルで臨まなければ、我国の大切な漁業資源を守りきるのは難しい、と強く思う。併せて、依然続く、弾道ミサイル飛来の脅威にも、適切に対応し続ける努力が求められよう。

今回画像は、一昨年夏、新潟県下のJR信越線沿いにての模様。この海岸の遥か沖合が、日本海の一大漁場 大和堆であります。国際法で認められるとは言え、相手が無法国家・北鮮とあっては、国際連合のフォローも限界があり、結局、我国の資源や権益は自衛せざるを得ないものがありましょう。それと、この一帯を含む日本海岸から、無辜の日本人複数が、不当に連れ去られた事実も、常に脳裏に刻み、次世代にも語り継ぐ必要がありますね。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の記憶~思い出のペット公害 | トップ | 世界はそれを「陳腐!」と呼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。