Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

テロ等準備罪処罰法成立雑感

2017-06-15 20:09:41 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!今朝、国会両院で審議中だった、テロ等準備罪処罰法案、つまり、改正組織犯罪処罰法案が、難産の末 衆院に続き、参院も通過、成立した。従来、既遂の犯罪のみを処罰する、我国刑法の概念を越え、組織犯罪については、計画時の処罰に道が開けた事になる。

勿論、新法は、薬の副作用に当たる 望ましくない所も皆無ではないだろうから、施行までの期間にも検討を加え、その運用に、個人秘密プライバシーを損ねる可能性とかを最大限払拭すべく、より健全な形とする努力をして欲しい。まだ不十分と言われる、誠実な説明を引き続き行い、新法の趣旨の理解、共有を確実にできれば、国民市民の理解は必ず得られる事だろう。

参院での審議採決は、法務委員会採決を省く「中間報告」が行われて本会議採決のみとなり、少し慎重を欠く印象を残した感は否めない。ここは一定困難があっても、委員会採決を経るべきだったのではと心得る。愛媛・加計学院問題や、来月初に迫った東京都議選などとの関連を考慮しても。国会日程を延長できない困難は一定理解するが、政権与党はどんなに勢いがあっても、踏むべきステップは踏んで欲しかった。その事が、諸野党や、対立する左傾メディアに隙を与えない武器にもなり得るからだ。

野党側も、その事では政権与党や有権者を揶揄できないだろう。十分な審議時間確保の主張とは裏腹に、閣僚や衆院法務委員長の問責、或いは解任決議案提出で委員会を流会させるなど、結果として審議時間を取らせない戦術を濫用した。こんな事で「審議が尽くされていない」などと喚いても、聞かされる有権者側は「何言ってんだか」と白けるだけである。こんな事態が続くと、その内本当に「参院要らね!」「政党要らね!」とか言う事態に陥りかねないと、拙者などは思うのだが。

「監視社会到来」などと煽って不安を優先させる、報道のあり様も相変わらず不良。特に、朝日新聞勢力のそれが、やはり酷い様だ。冒頭の法案成立直後、朝日新聞電子版の見出しは、その全てが否定的な記事ばかり。同社の社是「不偏不党」は大嘘で、恰も左派野党やそのシンパ勢力の、政治情宣プロパガンダそのもののあり様だった。系列のTVA報道番組も、似た様なもの。他紙や他TV局も、一部を除き近い様な感じだった気がしている所だ。国際連合特別報告人見解や、スノーデン元CIA局員の私見などを利用し、しきりに戦前の治安維持法と結び付け、不安の拡散を図っていた所がある。勿論、全国民市民がそんな「情宣」を真に受ける程愚かではない、と信じる者だが。

前述の、ケナタッチ国連報告人やスノーデン元局員は、非公式に我国の改正組織犯罪処罰法への懸念を表しはしたが、それは、現状より踏み込んで、個人の尊厳や思想良心の自由へのフォローを行うとか、改正法の趣旨や方向性を明確にした方が良い、との勧告として表されたもので、決して法改正そのものに反対の意ではない。それをやったら内政干渉になる事位、この各位は御存じのはずで、それを「法案廃止」に賛同する如く見せるのは、左派容共「お花畑」勢力による印象操作だ。

更に、日本労働組合総連合会(連合)も、ケナタッチ、スノーデンの両見解に準じた「運用面での強い歯止め」を求め、廃案もしくは廃止志向の民進以下四野党とは異なる見解である。こうした批判には一定目を向けるべきだが「初めに廃止ありき」の四野党と日本弁護士連合会、新聞、出版の各労連の見解は、話にならぬもの。スルーしても良いだろうと、拙者などは愚考する。

安倍総理大臣は、成立した改正組織犯罪処罰法につき「厳正な運用を行う」旨を宣誓された。くれぐれも、いつの時も、基本的人権他との原則的兼ね合いを考慮した、健全な運用が行われる事を強く望んで、今回拙記事としたい。読者各位の賛否は覚悟の上にて。今回画像は、昨年の今頃収めた、当地近所の、JR名古屋駅西側の市街地周辺の模様であります。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このままでは 政党政治は ... | トップ | 日本教育学会は、日教組の手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。