Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

大韓民国の北鮮化に、懸念を持て 続き

2017-01-30 18:40:59 | 国際・政治

昨年来の、大韓民国内外での「慰安婦像問題」に関しての、我国政府の駐韓大使召還他の諸措置につき、河野元官房長官が、根拠のない批判を表している様だ。同氏はご存じ、所謂慰安婦問題を至難にした「河野談話」の発信元。その人物が、苦渋の決断とも言える、今回の我国政府措置を軽々に批判できるのだろうか。そも、河野談話はその根拠が粗雑な上に、1993=平成5年夏、宮沢内閣総辞職のドサクサ紛れに発せられた芳しからぬ経緯があり、野党政権への交代を控えた事の、点数稼ぎとの指摘もある程だ。そんな談話を真に受ける訳には参らない。

安倍政権は、河野談話再検証の意向を表しているが、ここはゆっくりでも良いから、真実の所を極める努力をお願いしたいものだ。

さて本題。拙方も支持する女流報道家 櫻井よしこさんのサイトに、看過できない記事が載っていた。冒頭の慰安婦像問題も勿論関連するが、その裏面には、北鮮による対日破壊工作の影響の疑い大とされるものである。櫻井女史は、これらの事共が

①大韓民国政府の方針に反して実行され、同国々民運動本部など、保守層の方々からは苦々しく思われている事 

②慰安婦像設置運動を繰り広げるのは、表向きは民間団体であるが、その背後には、北鮮工作機関の動きが、強く疑われる事

③進行中の、朴 槿恵(ぱく くね)大統領の弾劾裁判についての、弁護側反論の日数が大きく制限されている事

④次の同国大統領選挙では、より媚中媚朝の対日強硬候補が選出される可能性が大きくある事、などが指摘されている。

これまでの国会議員、閣僚時代からの、媚中媚朝とされる河野元長官の言動も、これらの動きに呼応したものである可能性もあり、事実なら河野談話の公正が、改めて疑われる事となるだろう。詳細は、以下のリンクをご参照下さる様。今回画像は、昨春訪れた新潟・山形県境に近い日本海岸「笹川流れ」の様子を、これまでとは別地点から。既に、秋田県下などでは、北鮮の弾道ミサイル飛来などに備えた避難訓練を実施する所もあると聞く。又、引き続いて、日本人拉致事件の解決も目指さなければなりません。朝鮮半島情勢は、もう今までとは違うとの認識を持つべきでしょう。(P.S 今月の拙ブログは 以上です)。

櫻井よしこさんの今回記事 下記アドレスです。

http://yoshiko-sakurai.jp/2017/01/28/6684

河野元長官関連問題の記事 下記アドレスです。

http://ironna.jp/theme/40

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育~劣化しているのでは? | トップ | 公衆電話を使った事は・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。