Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

再び懸念される、日本海側の治安 続き

2017-12-04 20:53:56 | 社会・経済

コナサン、ミンバンワ!大相撲の、九州冬巡業が始まった様だ。現地では、地元ファン各位から暖かく迎えられたのは良いが、先般の元横綱・日馬富士関の暴行疑惑のあおりで、夜間飲食を初め、遊興に出る力士各位がゼロになった由で、地元経済への貢献は、例年より限定的となってしまったのが惜しまれる。加えて、本来なら巡業の先頭に立つべき貴乃花親方も、外国勢力士衆と上手く行かないとかもあって、帯同しない異常事態も見られる。一刻も早く、警察捜査とのかね合いもあろうが、疑惑の全容解明と、国技神事としての大相撲の名誉回復に、全力を上げて頂きたいものだ。

本題です。先週来触れている、日本海岸にての 北鮮籍らしい不審木造船の漂着が激増、乗組員らしい人物も、10名を超えている様だ。秋田県に続き、山形県下や北海道南部でも漂着などが報告され、後者の件では、渡島半島南部の、松前町沖の島嶼部にて、基本無人の所、漁業向けの管理棟が荒らされ、中にあった家電品や燃料、灯台駆動用の太陽電池装置ソーラー・パネル一部などが盗難に遭った由。ほぼ同時期に漂着した、木造船一隻の乗組員らが、家電品などを海に投棄する様子が、海保によって確認され、この盗難事件との関連が疑われている様だ。

先月下旬の漂着では、乗組員 8名全員が、北鮮本国への帰還希望が伝えられたが、窃盗容疑で刑事問責されるべき人物があれば、直ちに帰還させるべきでないのは当然で、海保と警察が連携の上、しっかりした捜査と、容疑者の拘束、それに事件の徹底解明を、強い姿勢で実行願いたい。過日、外務省の失態もあったらしいが、漂着人物中には、今も警戒を要する、「北」中央当局に通じる 政治工作員に近い向きが紛れているかも知れず、くれぐれも、中途半端な対応で、帰国を認める事があってはなるまいて。

先月のケース同様、当該木造船複数は、日本海中部の好漁場、我国の排他的経済水域EEZに、不当に出入りしている疑いが大きくある。漂着した人物達の人道的対応も、それは一定必要だろうが、その一方で、窃盗とかの不法行為が事実なら、断固たる姿勢を見せ続ける事も大事。ただでさえ「北」は、新型弾道ミサイルの試射や、核兵器開発の継続など、不穏な動きを表にしているのだ。日米をメインに、対北圧力を高めるべき時だ。我々国民市民は、人道面を一定踏まえながら、一方で、我国の平和と安全上の脅威には、強く対峙する決意と危機意識を新たにしなければならないだろう。

今日は、国会参議院にて、先般の「北」新型弾道弾発射に対する抗議声明が、全会一致で可決採択された。その事は前向きに評価したいが、安倍総理大臣の演説中、「北」の生じた、日本人拉致事件への断固とした対応表明の下りで、不謹慎にも野次を飛ばした野党議員が複数あった由。個人名は「語るに落ちる」連中につき、記す気がしないが、特亜寄りの 小沢自由党の一派であった事は、はっきりと記しておきたい。こんな勢力、こんな会派には、次の選挙で投票してはなるまいて。今回画像は、先年訪れた、今回漂着事案の一地点からも遠くない、新潟・山形県境近くの日本海岸。沖合に、佐渡と並ぶこの地域の離島 粟島が見られます。通る列車は、羽越線下り 秋田行貨物便であります。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今上陛下 ご退位へ | トップ | NHKよ「受信料」勝訴なら 電... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2017-12-05 14:44:24
あんなオンボロ船でも日本へ辿り着けるのですから、もう少し丈夫な船で、武器携帯なら小さな島なら乗っ取られそうで怖いですね。

戦争はミサイルばかりではないでしょう。
小さな島を足がかりに本土でテロまがいなことをするかもです。
北関係のスパイが紛れ込んだ可能性もあるそうです。
警察・公安関係、大変でしょうが頑張ってほしいですね(^^)/
木造船漂着は、心理作戦かも (HAKASE(jnkt32))
2017-12-05 21:41:11
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。

本当に、北鮮はどんな出方をするか分らない所に、危なさ
がある様に、拙方も思います。

木造ボロ漁船ばかりが漂着している現状は、何か我国民
市民をある意味で安心させ、その間に工作員複数を上陸
させ、我国を同様させ、混乱に陥れようとする意図かも。

もう一つ、朝鮮半島情勢の緊迫時、難民上陸を可能に
する為の下見かも知れません。

どちらにしても、我国や国民市民にとり、大いに芳しく
ない事共であり、北海道南の島嶼部で、窃盗の挙に出
た疑いが強い以上、確執に拘束して取り調べる必要有
りでしょう。安易な帰国希望への性急な対応は、危険
な感じがします。まずはお礼まで。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会・経済」カテゴリの最新記事