Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

衆院代表質問 立憲民主党=やはり旧社会党だ

2017-11-21 13:16:45 | 国際・政治

昨日から、特別国会の代表質問が始まったが、新党(の様な) 立憲民主党の枝野代表質問は「やっぱり」芳しくないものだった。安倍自公政権の、安保問題を含む政策意図を探って、国民市民の利益に繋がる様、望ましい言動を引き出そうとする、良き意味での巧妙さに大きく欠け、相変わらず 護憲原理志向の、質問と言うより 一頃目立った左派学生勢力の「アジ演説」に近いものが感じられ「やはり、まんま旧社会党だな」との拙感触は、間違っていなかった。

折しも、米合衆国は、北鮮を「テロ支援国家」として再指定を行った。我国も、それを支持する国際的立場だが、だからと言って、我が三自衛隊が「地球の裏側での戦闘行為」に参加する訳では勿論ない。あり得るのは、在外同胞が救助を要する場合だけだろう。朝鮮半島にしても、大韓民国政府の承認がなければ動けず、よって、現状での「半島」出動はないと言われる。こうした動向にも、枝野立憲民主執行部は「我国が戦争状態に巻き込まれる」などと過剰反応を繰り返している様だ。こんな主張は、民進党や民主党以前の、旧社会党レベルのそれであり、後退的先祖返りと申して良い。

先の衆院選、確かに第一野党だった 民進党分裂と言う、難解な状況で、有権者には大変な投票となったのは分るが、ここにも近現代史の教育を疎かにした、現代の弊害が現れている様だ。平成初めまでの、旧社会党の体たらくが 国民的に明らかにされておれば、立憲民主党の抱える容共左派的思考が、一定でも理解できたのではと心得るものだ。選挙戦に当り、情宣巧者 日共の協力を得、SNS利用の戦術では、同党傘下だったとされる学生運動組織 旧シールズの構成員だった、ネット戦術に明るい連中の支援もあって、辛うじて第一野党に手が届く善戦をしたとされるが、若い支持者たちは、恐らくこの党の、旧社会党的体質を知らずに支持してしまったのではないか。

前述の「自衛隊が、戦闘目的で 地球の裏側まで派遣できる様になる」などとの言動は、日共が安倍自公政権を攻撃する一方、他の野党との連携を図って籠絡する時の「脅し文句」ではないか。勿論、決して真に受けて良いものではない。立憲民主党は、先の衆院選では、選挙区によって、立候補者を調整するなど、日共の選挙協力を大きく受けた為に、同党の強硬な方向性に逆らえなくなっているのだろう。そうした所を含め、これら政党の近現代史を、公正健全に学べないまま支持してしまった 若い有権者が少なくないとなれば、不幸な事である。又、選挙戦遊説中 山口公明代表が「立憲民主は一見民主」との、極めて的を得た発言をされたのだが、果たして何人の有権者が真摯に耳を傾けたか?こちらも、一抹の疑問が残る。

このままの情勢なら、枝野立憲民主執行部の方向性が、旧社会党と大差ない実態は、徐々に露見して来ようし、第一野党の地位も、盤石ではないまま推移するだろうが、一つ気になるのは、旧社会党時代の弊害の体験が、風化して来ている事だろう。今回、立憲民主党を支持した若い有権者達は、旧社会党の実態を、直に見ていない。連携する日共・社民辺りの 巧妙な情宣に籠絡され、過日と同じ失敗を繰り返す可能性もない訳ではなく、その辺りは、我々も注意して向き合う必要があるかもだ。何と言っても、これら三党は、我国固有の事共や文化を破壊する「容共」で通じている事を忘れてはならないし、警戒を要する所でもあろう。今回画像は、過日捉えた 浜名湖近くを行く東海道・山陽新幹線上り列車の様子。今世紀初め、主戦だった 700系編成も、もうすぐ引退の時が近づいています。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東急電鉄線の、運行障害事故... | トップ | 大相撲 暴行疑惑の解明を願う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2017-11-21 22:46:47
枝野さん、共産党との違いがよく分らなかったです(汗)
護憲で、どう日本の防衛が出来るか、具体案を聞かせて欲しかったですね。

相変わらず、足引っ張ってるだけみたいに見えましたが?

この白い新幹線、生き物のように滑る感じで走ってますね(^^)/
安保問題は 要逆追求です (HAKASE(jnkt32))
2017-11-22 19:54:08
のん子さん、今回もご見解を有難うございます。

仰る件、某週刊誌記事などで見たんですが、立憲民主と日共の両党も、違いが曖昧な感じがします。

拙者は、昭和末期や平成初期の、旧社会党の大たらくが
余りに酷似してましたので、引き合いに出した次第です。

どちらにしましても、ただ足を引っ張るだけの印象が付き纏うのは事実ですね。

浜名湖近くの、東海道・山陽新幹線画像、本当に
「言われてみれば」の所ありまして。

曇天だった事もありましょうが、それが反って生き物的
な雰囲気に繋がった様な所も「そう言えば!」て感じがする様なって所です。良いご指摘も、併せて一礼です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事