Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

2014=平成26年5月回顧~蛇足

2014-05-29 17:45:27 | インポート

本日は、平日なるも、有給休暇の取得が認められ、溜まった雑用の処理と、その合間に近所のJR線の貨物便の観察などして、一日を過ごした次第。本当に「休める時に休む」事の心がけの大切さを、改めて感じている所。世間には、親族をも含め、日に俺などより遥かに長時間を働き、月の休みが確実に下回る方々もいらす。曲がりなりにも、勤労者の権利を行使できている事への感謝と、不測の事態で勤務に穴を空ける事のない様、(或いは残り年数長くないかもだが)、最後まで心がけようと思う。

先程、報道にて取り上げられた事だが、当地名古屋でも、市営地下鉄を皮切りに、乳幼児向けのベビー・カーを収納する事なく使用できる様にしようとの取組みが始まった様だ。親達の本業勤務のあり様の見直し等と共に、折からの少子化を少しでも和らげるべく、子育てを少しでも容易にする一環として、ベビー・カー外出の条件の事実上緩和を図ろうと言う事だろう。

俺もそれ自体に反対するものではない。確かに、ベビー・カーのユーザー中には不心得な例も散見されるも、若者達の車内座り込みを初めとするマナー不良に比べれば、社会への影響は大きくない。名古屋市当局も、地下鉄車内にてのベビー・カー収納を強く求める事はしない方針の様だし、我々健常者のサイドよりも、収納強制を求める事はできない。混雑など状況にもよるが、いざとなれば、混雑時の外出を控えるなど、時間の調整が効く引退高齢者と違い、歌手 アグネス・チャンさんが先鞭を付けた、子連れ出勤の必要だってあり得よう。とりあえずは許容、後は乗り合わせた乗客間で調整すれば済む事だ。我々日本人も、よもやそれ位の知性や道義心が失われてはいないと心得る。尤も、戦後教育の圧倒的不良は、そうした良き心がけも若い世代へ意識して継承しないと、やがて廃れてしまいかねない所も孕んでいるとの自覚も必要だろう。後、列車もバスも、最近の車両は、車椅子用スペースが標準で用意されるも、常に使用される訳ではない。空いておれば、そこをベビー・カーのユーザーに使用させる事で混雑緩和を図るのも一法だろう。路線によっては競合するJR東海、名古屋、近畿日本などの各鉄道も、この問題への対応を考えている様だが、一度ライバルの垣根を越えて、各所にとり有益なアイデアを出し合い、最善の方法を考え、検討してみてはどうだろう。関係各位の、早めかつ前向きの取り組みを期待したいもの。

今日午前は、国会にての外交防衛委員会の模様を、途中まで拝見する機会をも得たが、話題の集団的自衛権行使のあり様につき、相変わらず難解なやり取りが目立った。特に、正午前の社会民主党(質問議員は、あの福島前党首!)の質疑応答は、予想通りの護憲原理的不毛な水かけ問答に終始していた。「こんな奴に、質問時間を与えるな」と終いには思ったものだ。まだ、その前の日本共産党議員の質疑応答の方が、反対側なりに紳士的だった。聞いて頂きたい。質問時間の延長への一礼はあったが、他の全党が欠かさなかった、回答者 安倍内閣総理大臣への答礼はなし。時間終了と共に、そそくさと退場とは「お前、雌猿か!?」と罵倒してやりたい気分だった。

話を戻すが、議事進行についての不良見本だろう。名古屋市の関係各位には、絶対に真似して貰いたくない光景だったのは勿論だ。又、こう言う不良な輩が幅を利かすから、後に続く子供達や若者達が、レベルを落してしまう事に繋がっている事実も、我々大人は押さえておきたいものだ。

Img_1285

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それにしても「北」は!

2013-12-21 16:41:04 | インポート

北方の雪雲が流れ込み易かったのだろうか、今朝の当地愛知は雨模様の不安定な天候だった。

天気は午後に入って安定し始めた様で、明日と明後日の連休後半は、晴天が期待できそうだ。恐れながら、明日は俺も、郊外へ撮影にとも思っている所。後、来春の消費税上方改定をも視野に入れた、年末年始の買い物にも行った方が良さそうだ。

さて先日、京都発の有名な中華料理チェーン店の現社長と、北九州の有力な漁業協同組合長が相次いで銃撃され、落命される遺憾極まる事件が続発した。如何に標的となった被害者に落度があったとしても、殺ってしまった罪責は逃れ様もない。京都の事件では、通常の手段では入手不可能な消音銃が用いられた様で、外国の犯罪集団が関与した疑いも持たれよう。速やかな全容解明と、犯人確保の暁には、動機や背景を初め、事件の全貌を語らせる必要があろう。その上で、斃れた各位への弔意も一言申し上げておきたい。

さて、銃撃並みに物騒な国家と言えば、朝鮮民主主義人民共和国の最近の動向だ。故 金 正日(きむ・じょんいる)総書記の逝去より2年、現最高指導者 金 正恩(きむ・じょんうん)第一書記に次ぐ地位にあった、張 成沢(ちゃん・そんてく)最高幹部が突如その地位を追われ、形ばかりの人民裁判にて死刑判決、直ちに執行されたのは記憶に新しい、と言うより生々しい所だろう。銃殺による処刑だったとの指摘もあり、事実とすれば、随分前近代的なあり体だと申す事もできよう。

政変とも言えるこの事件には、金第一書記の指示に基づく、同国最高指導部より軍部への利権移譲を、張最高幹部が誠実に実行しなかった事が背景との指摘もある様だ。どちらにしても、金第一書記の実権強化と、ここ2年間の権力継承問題もあって、抑えられ気味だった軍部の不満がここへ来て表れたのかも知れない。詳しい所は不明につき、これ以上の言及は控えるが、まあ先軍的とも言われる同国らしい出来事ではある。今後も、巡航ミサイルの増備や核実験の再開など、危険な兆候がどうしようもなく見え隠れする「北」。我々も、祖国日本と日本人の命の安全にも関わるだけに、その動向に引き続き監視的注意を払い続けると共に、未だ帰国叶わぬ日本人を初め各国の拉致被害各位の消息にも留意する必要があろう。

それにしても、明らかに非人道的な刑執行に際し、欧米初めのエセ人権勢力は、一様に「黙秘権行使」らしい。国際連合の担当委員会は懸念を表明し、できる限りの調査に臨む方針だが、こうした事件が欧米や我国などの旧西側で生じていたら、この連中、国際機関の始動を待たずに大声で騒ぎ立てるのが常ではなかったか。それが今回、国連機関の出方を窺うかの様に、波を打った様な静けさ!見せられてるこちらはまあ白けるわな。このままだと連中、「北」や中国大陸を初め、共産圏や左派勢力の手先だとみなされても仕方がないと思うがどうだろう。

011

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人式と食糧安保の事

2012-01-09 15:49:00 | インポート
正月 松の内の直後に、恐れながら3連休を頂きました。「国民の祝日に関する法律」の改正により、去る2000=平成12年より、「成人の日」が以前の1/15より第2月曜日に変更された為もありますね。本日は成人式。当地名古屋の街中にても、晴れ着姿や礼装の若い方々を見かけました。

新成人は戦後最も少ないとも言われ、又祖国日本の前途が懸念される程の大変な情勢下ではありますが、何とか希望の見出せる様、つつがない歩みを望みたい所です。

先の震災にて大きなダメージを受け、復興途上の各地にての成人式は、一際特別な意味があった様な報道にも接し、特にこの地域の若い方々が、難しいのは分るが、少しでも明日を見通せる様、我々をも含む周囲が応援して参る姿勢も大切かと心得ます。

さて、式典と来れば、飲食がつきものですが、先の震災による大きな農業被害が生じた事もあり、新成人の方々には、どうか食糧を大事にする姿勢を持って下されたく思うのは、私一人ではないと思います。そうした心がけが、我国の食糧自給率を高める「食糧安全保障」の向上にも繋がるからであります。

拙ブログ「トイレの雑記帳」に、その食糧の無駄削減に取り組む若い方の記事を載せました。下記アドレスよりご一読を下されば幸いであります。*(日本)*
http://nanaseko.blog.ocn.ne.jp/bloghakase32/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

又また「縦割り」の弊害だ

2012-01-07 23:46:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!

この正月も、一見平穏に過ごせたのは良いのですが、一方で、やはり世間を不安がらせる出来事もありました。
1995=平成7年春に首都圏を恐怖に陥れたサリン毒物殺傷事件を初め、多くの凶悪事件を生じたO教団の最高幹部だった、特別手配中の男性容疑者が東京警視庁に出頭、逮捕されました。

同容疑者は、十数年間に亘る逃亡の経緯や状況、人間関係などについては多くを黙秘している様ですが、主な自首の動機「東日本大震災にて、無辜の方々が多数亡くなったのを見て情けなくなり出頭」との言動には、ある程度の信憑性があるのでは、とも思います。他には、既に収監され死刑判決が確定している同教団創始者の死刑執行を遅らせる意図があるのでは、との憶測もありますが、その辺りは今後の同容疑者の起訴、裁判の具合を見る必要もあるでしょう。

今回私が問題にしたいのは、男性容疑者が「自分が特別手配されている」とわざわざ申告の上東京都内の警察署に出頭しているのに、現場の警察官が「悪質ないたずら」あるいは「狂言」と勝手に判断して取り合わなかった事でしょう。下手をすれば、再び捕り逃がしてしまう可能性もあっただけに、この拙劣な対応は大いに遺憾だと思います。

専門家や報道の方々のご見解も伺いましたが、この教団関連の事件につき、同じ警察でも刑事部門は大変俊敏に動くものの、他の部門にてはこれら事件の記憶や記録が風化してしまい、関心の低下もあって、以前より鋭い対応ができなくなっているのでは、との事でありました。これはやはり、我国の行政の多くにありがちな「縦割り組織の弊害」が災いしていると思わざるを得ません。

民業でもそうですが、21世紀の様々な事共は、組織の枠を越えた「横の繋がり」がないと対応し難い所が多くある様です。想えば前世紀に生じた多くの大事件も、こうした連携に欠けていた為に、犯人を捕り逃がしたまま公訴時効となってしまったり、あるいは誤認逮捕によって冤罪の問題を生じたり、多くの禍根を残したのは事実だと思います。

この出来事より、警察庁は、重要事犯の容疑者の扱いに万全を期す為善後策を明らかにしましたが、捕り逃がしを防ぐ為にも、現場レベルでの情報の共有や、組織の上下は勿論、部門間の連携にも万全を期して頂きたい。それでなければ、社会の安全安心を守る事は難しいのでは、とも思いますね。
P.S 今回は、ブログ記事を省略しております。*(注意)*
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012=平成24年々頭雑感

2012-01-04 11:18:00 | インポート
新年も、早三が日が過ぎました。
世間にては「ご用初め」。今年初めてご出勤となる方々も多い様ですね。恐れながら、拙方のご用初めは明日。引き続き、健康安全留意にて臨みたく思います。

首都東京にては、内閣総理大臣の年頭会見があった様ですね。ともすれば増税のイメージが先行する現政権だが、そうであれば、今以上にもっと情報を開示して我々国民に対し、分り易い手法で今後の政権運営への決意を明らかにして頂きたい。
ただ、負担ばかりが増える様では、誠に権力者の価値がないと言う事になってしまいます。まあ、今回は政治社会の話題は控えたいと思っている所ですが。

これと同時に、我々が長らく親しんで参った本サイト「OCN Cafe」の終了がいよいよ来月末に迫りました。
3月以降のネット交流をどうするか、お考えの方々も多いと思います。
私も勿論その1人ですが、詳しい所はCafe終了後に主となる拙ブログ「トイレの雑記帳」に譲ろうと思います。下記アドレスよりご一読を下されば、幸いであり、又、このアドレスは必要に応じ、各位のサイトへのリンク、並びに「お気に入り」登録を下さって結構です。*(地球)*
http://nanaseko.blog.ocn.ne.jp/bloghakase32/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加