Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

週刊三面雉Ⅵ

2010-07-19 23:22:51 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!今夏は梅雨入りが遅かった為、どうせ梅雨明けも今月末か8月だろうと勝手に予想していたのだが、あろう事か遠出をしていた先週末、突然に明けてしまった様だ。勿論バカ話はまだ途中。猛暑まっただ中となったが長続きはしない様だとの観測もあり、盆明けにも予想される秋雨向けに続編をとっておいても良いのだが、折角なのでもう少し続けさせて頂く事とする。

さて、その低能読物の方、桃が島軍の軍港に用意され、酒食の振る舞われた懇親会場の模様。偽!大黒の供の一部と鮫の一党は、黒船上とその周りよりの参加となる。

雉「大国主命(おおくにぬしのみこと)様。恐れながら申し上げますが、まあこの辺で、エテ公の一物の事は保留して、何か他の話題に飛んでみるってのは如何でしょうか?」

赤鬼「拙者も同感です。しつこく『おじさんサンバ』ならぬ『おじさんチ〇ポ』てのも如何なものかと・・。」

青鬼「つまり、こうですね。笑 『私は若い!私は若い!チ〇ポ、チ〇ポで日が暮れる!』ってとこでしょうか。又笑」

犬と兎「上手いなあ青殿!こう言う事になると・・・苦笑」

偽!桃「三面雉良く言った!俺も同じ事考え中やったんや。それに赤どんも青どんも冴えとるなー。笑」

偽!大黒「皆の衆。想いは分かった!そんならエテ公のチ〇ポの事はそっちへ置いといて、他ネタへ飛んでみるか!」

偽!桃「さてと三面雉、他ネタはどうやって探す?」

雉「お館感謝です。褒められると引き下がる訳には参りませんな。さて、次はどうしようかと・・・。」

若蟹「雉殿、ちと申し上げてよろしいでしょうか?」

雉「ハイハイ、どうぞ。笑」

若蟹「実はちよっと耳に挟んだ事があるんですが、夜の大人の情報は、青殿が大変お詳しい様な事を・・・。」

兎「ハハハハ若ちゃん、その通りやよ。青殿はそっち方面の大家や言う話、知ってる向きは多いよ。ねえ雉殿。又笑」

雉「残念ながら事実やね。苦笑 青殿、どーでしょう。この件で貴方を指名申してよろしいか?」

青鬼「あ~あ、仕様がありませんな。まあどうしてもと仰るなら、拙者が一話お聞かせするもやぶさかではござりませぬが。微笑」

偽!大黒「何や青どん。そっちも面白そうやんか。出し惜しんでねえで、パ~ッとしゃべっちまえや~」

青鬼「ですが、若蟹殿が未成年って事もありますし、ここはまあ当たり障りのないレベルでって事でご勘弁願えませんかねぇ?」

犬「確かにそれもあるねぇ。で青殿、今回はどこまで踏み込まれますかな?」

青鬼「そうでんなー、今回はまあ、女性の足の美しさとかに触れてみようか思てましてー・・苦笑」

偽!大黒「面白ぇ!是非やってみてくれや!笑」

他の面々「ハイッ!聞きましょう。」

青鬼「それでは、慎重を期して参りますぞ。」

青鬼のエロ話が始まったのを見て「三面雉よ有難う!助かった~!」と胸を撫で下ろす猿であった。(以下次号)

016

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊三面雉Ⅴ

2010-07-11 23:32:40 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!第22回参議院選挙も終わり、目下開票が進められている所。本投票に先立って行われた期日前投票はかなりの反響で、当初は高い投票率も予想されたが、本日の優れぬ天候と、消費税の扱いを巡っての各党の混乱など選挙の争点が良く見えなかった事もあって、最終投票率は伸び悩んだ様だ。今夜遅くには大勢が判明、昨年の衆院選で大勝した民主党連合政権にも厳しい情勢となる事が予想される所だ。

さて今季梅雨の低能読物、5回目の今夜は、偽!大黒による猿の一物の徹底検査とかになるのだろうか?

偽!大黒の黒船乗船者一同「手術~ 手術~ 手術~!」いや~、それにしても大変な音量である。

偽!大黒「一同、ご苦労やった!とても良く響いたな。さてとエテ公、ちとお前自身をこすって立ててみ。」

猿「ええっ?何ですと? ちと恥ずかしくてできませんなあ。」

偽!大黒「何をこく!お前、桃が島軍の作戦室で、ワン公の眼前で自慰こいとったそうやんか?」

犬「大黒様!仰る通りです。こいつは、我々がまだ赤殿や青殿と所領争いをしてた頃、作戦室で、あろう事か俺の見てる前でこきやがったのです。その挙句『良かった~!』ですよ。俺は思わず声を上げました。『何が良かっただよこの野郎!』てね。」

兎(船上より)「そのお話、いつぞやワン殿より聞きましたな。いや~、本当に言葉もないですわ~(呆れ)」

赤鬼「ウサ殿のお話でも、相当重症の印象ですな。まあこれ以上は控えますが。失笑」

青鬼「拙者はコメ差し控えます。苦笑」

偽!桃「あれ?青どん。貴方はエテ公に同調してたんじゃねえかな?」

青鬼「まあ確かにあの時は・・・ですね。今は、ちとご勘弁を。又苦笑」

偽!桃「まあ良いや。さてと皆々様。この岸壁では何やから、晩餐かねて改めて会見言う事にしてえですが如何?」

雉「賛成です。やはり各位お疲れでしょうから、そちらに場を変えて語らいましょう。エテ公の黒棒話も、その折に。笑」

偽!大黒「よしゃ!それで良いやろう。酒食も楽しみやが、何たってエテ公の黒棒変化を楽しみにしてるぜ。な!」と、猿の肩をドン!と叩いて見せる。

相変わらず、浮かぬ顔の猿。そんな事にお構いなしに、船の乗員共々、場所の移動が始まった。(次号は7/19に掲載予定です)

004

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊三面雉Ⅲ

2010-06-28 23:59:48 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!梅雨の晴れ間で、大いに暑かった当地名古屋。明日は又、梅雨空に戻る気配。まだまだ雨がちの日々と言う事で、この低レベル連載も続行させて頂く次第。

さてさて、懲りない自慰の果て、厠にて醜態を晒した猿。折角苦労の果て復帰を果たした桃が島軍全員の反感を買い、偽!大黒との久しぶりの会見を果たせるのだろうか。

雉「ホンマにまあ、貴様全然懲りてねえな。まず、その腐れジャーキーみたいな黒棒を見えん様にせいや。吐き気がするわい!」

猿「分かったよ。だがそれにしても、『腐れ』は余分と違うか?」

赤鬼「エテ殿。それは違わないぞ。雉殿の御言葉は事実なるぞ。あー、拙者もちと恥ずかしかったりして。苦笑」

犬「何だかなあ。見てて目も耳も腐りそうやな。雉助の口癖やねえが。あー、その腐れ棒が夢に出て来なきゃえーけども。」

青鬼「拙方も、ちと青ざめとるとこです。もう言葉も継げなんだりして。苦笑 お館はどーお思いですかな?」

偽!桃「まあ皆の見解に近いな。果たしてエテ公の黒棒見て、大黒様はどう仰るか、見物ではあるな。」

ここまでポロクソに言われながら、猿はそう応えていない様に見受けられた。いやいや、大したタマだこりゃ。

そうこうする内に夕方近くなり、桃が島の軍港に偽!大黒の黒船が到着する時刻が近づいた。桃が島軍一同は、岸壁に勢揃いして出迎える事となっている。

到着に先立ち、偽!大黒とお館偽!桃の携帯会話を少し。

偽!桃「大黒様。やっぱエテ公はお出迎えにやれませんな。」

偽!大黒「何でや。俺の楽しみの一つは奴の顔見る事なんや。ついでに黒棒もなぁ。笑」

偽!桃「いやぁ、お勧めできない。あんな物見たら、目が腐りますよ。」

偽!大黒「桃太郎。良う聞け。俺は免疫できとるから大丈夫や。とに角、エテ公を出迎えによこす様。分かったな!?」

偽!桃「まあ仕方がありませんな。そこまで仰るならお連れしましょう。では後程。」

偽!桃「おいエテ公。大黒様がお前に会いたがっていらす。会見は一応できるぞ。感謝せいや。」

猿「有り難き幸せに存じます。」

犬「フン!どこまで本気だか。」

雉「俺も素直にゃ取れねぇな。」

鬼2匹「我々は、ノーコメントであります。」

桃が島軍一同は、軍港へ向かった。そして程なく入港した偽!大黒の黒船。先導は鮫と鰐鮫、蟹親子と兎、海亀と偽!大黒の取り巻き衆も同乗している。

桃が島軍一同「コナサン、ミンバンワ!イうこそ、ヨらっしゃいました!」

偽!大黒一同「コナサン、ミンバンワ!オんとうに、ホ会いしたかったです!」

双方「本当に皆さまお元気そうで何よりです。」

偽!大黒「本当に良かった。・・てとこでエテ公、噂の黒棒とやらを俺に見せてみろや。」

猿「ええっ!何ですと!?」

柄にもなく、当惑する猿であった。(以下次号)

010

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊三面雉Ⅱ

2010-06-20 22:42:11 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!梅雨まっただ中の当地名古屋だが、昨日と今日は、午後に少し時雨れた他は、小康状態の空模様であった。ただ、曇りがちであるのは事実。今にも粗相しそうな空の下、今年2010=平成22年の低能読物「週刊三面雉」を進める事とする。

犬「やれやれ、又エテ公の持病が始まった様やな。毎度この時季の事とて、もう余り気にしたくもねえが、それにしても今夜は大黒様とのお久の会見。あいつどの面下げてお会いするつもりなのか?」

雉「まあ『合わせる顔もない』ってのが実態だよね。尤も奴はそんな事は意識もしてねえだろうけど。所で青殿、奴がどんな写真持ってったかお分かりですかな?」

青鬼「左様でんなぁ。半分は拙者の勝手な想像もお許し下さればだが、総じて全裸のは持って行ってないみたいですよ。」

赤鬼「そうか、やっぱりコスプレか。丸見えよりもチラの方が興奮するらしくて。」(失笑)

雉「赤殿も有難う。ほぼいつも通りですか。毎回そうやなあ。奴もまあ、能のない事で。」(こちらも失笑)

偽!桃「所で、皆どうやろう。奴がいつ行き果てて出て来るか、ちと予想して見やせんか?」

青鬼「それちと面白いでんな。よろしい、受けて立ちましょう。」

他の三匹「ほな、我々も参加よろしですよ。」 こう言う事だけ、意思決定の速い面々であった。

雉「それじゃ、青殿は何分後を予想されますか?」

青鬼「そうでんなあ。瞬間湯沸かし器とも揶揄されるエテ殿の事やから、15分後に賭けますか。」

雉「ほな、拙者も青殿の予想に賭けますわ。」

犬「俺も青殿に同調します。笑」

偽!桃「ほなどうやろう。俺と赤どんで20分後で行くか。特に根拠はねえけど、エテ公ああ言う事になると、結構長めなんや。まあ良い。負けたら俺が倍出すからな。」

赤鬼「お館に賛同するとしましょう。20分後!」

一同が固唾を飲んで待機する中、喘ぎ声が一段と大きくなった後「アヘアヘアヘ・・」と行き果てる声がはっきり聞こえ、厠の扉が開いたのが、ほぼ15分後であった。そこに見えたのは、腑抜けて呆け切った表情の猿。使命を終えて、萎び切った黒棒まで丸見えだったのは申すまでもない。

余りの醜態に、一同はこう怒鳴りつけたのである。「お前、今夜大黒様に接見すんなや!」(以下次号)

010

コメント
この記事をはてなブックマークに追加