Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

大相撲 暴行疑惑の解明を願う

2017-11-23 14:06:12 | スポーツ

福岡市内にて「九州場所」中の大相撲。先月下旬の、鳥取県下での巡業中、横綱・日馬富士(はるまふじ)関による、後輩力士への暴行疑惑が問題化している所だ。一方の当該力士 貴ノ岩関の師匠で、巡業部長も務める 貴乃花親方が昨日、日本相撲協会の事情聴取を拒否した事もあり、この問題の解明は、長期化しそうな気配となって来た。

当該二力士は、いずれもモンゴル人民共和国の出身で、先輩を敬う風習が強くあり、当時は日馬富士関の説話中に、貴ノ岩関が、不適切な携帯電話応対をした為に、素手や電気部品などで殴打の挙に及び、貴ノ岩関が頭部に負傷したとされるもの。初めから、内容の異なる医師の診断書が二部存在したり、一方の当該 貴乃花部屋が、相撲協会執行部を経る事なく、鳥取県警察本部に被害届を提出するなど、不可解な所が目立つのも事実。報道各社の伝え方が、一時錯綜したのも遺憾。本場所中でもある為か、ここ一両日は、調べの進展がない様なので、過日の新聞記事なども引用して、少しこの問題に触れたい。

「日馬富士関暴行問題の経過」

10/25夜~26未明 横綱・日馬富士が、平幕・貴ノ岩に鳥取市内の酒席で暴行(の挙に出たとされる)

10/26 貴ノ岩が巡業に参加し、取組みも行う

10/29 貴ノ岩の師匠 貴乃花親方が、鳥取県警に被害届提出

11/2  日本相撲協会に、鳥取県警から連絡が入る

11/3  鏡山危機管理部長が、双方の師匠に電話で事情聴取。貴乃花親方は「よく分らず」と回答。

11/5  貴ノ岩が、福岡市内の病院に入院

11/9  貴ノ岩が退院。「脳震盪(とう)、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで、全治約二週間」と診断さる

11/10 貴ノ岩が、九州場所を初日から休場する事が判明

11/12 九州場所初日。日馬富士は出場

11/13 日本相撲協会が、貴ノ岩の診断書を公表。貴乃花親方は「診断書にある通り、本人の体調が悪いという事」と説明

11/14 一部報道で、問題が発覚。日馬富士が謝罪し休場。相撲協会が、本格的な調査開始を発表。

11/15 鳥取県警が、傷害容疑で捜査している事が判明

11/16 酒席に同席した横綱・白鵬が、日馬富士のビール瓶での殴打を否定。

11/17 鳥取県警が、両国国技館で、横綱・日馬富士を事情聴取。貴ノ岩の診断書を作成した医師が、11/9時点で、相撲を取る事に支障がないと判断していたと、相撲協危機管理委が発表(引用ここまで)

九州場所中であり、又、貴乃花親方他の、前述の対応などもあって、もう一方の当該 貴ノ岩関への事情聴取が、現状不可能な状況である事もあり、多言は控えるが、とに角、我国の国技たる大相撲の世界で生じた問題だけに、

①なぜ、こうした不祥事が生じた時、解決の陣頭指揮を執るべき、相撲協危機管理委の頭越しに、直に警察宛て被害届が出されたのか?

②日本人力士とは、風習も価値基準も異なる、外国人(今回はモンゴル人)力士各位向けの、我国の伝統的価値観による教育が、周到に行われていたかどうか?

などについての疑問が湧いて来るのだ。相撲協危機管理委が、問題解明の先頭に立たなければならないのは当然だが、巡業部長と言う、相撲界で枢要な立場にある 貴乃花親方も、今直ぐが不可能なら、近日中にも、なぜ当該の 貴ノ岩関が事情聴取に応じられないか、今回事案の解明に向け、どの様な所信であるのかを、相撲ファンのみならず、全国民市民に向け、明快な説明を願いたいものだ。

大相撲は、世界に知られた 祖国日本の「顔」でもある。その「顔」が不明朗なままでは、折角回復した相撲人気も、又冷え込んでしまうし、スポーツ界各方面への悪影響も、大いに懸念される所。当該となった、横綱・日馬富士関の処分は、残念ながら不可避だろうが、この問題の望ましい解決へ向け、関係各位には真摯な対応を願いたい。今回画像は先年、群馬県下で捉えた、蒸機列車出発の模様。三年前の、丁度今頃だった記憶がありまして。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人の挑戦心を守れ~為末見解に思う事

2016-08-20 20:48:21 | スポーツ

ブラジル国、リオ・デジャネイロでの五輪夏季大会が佳境の様だ。我国代表も善く健闘、獲得メダル合計は、分っているだけで計40を数え、更なる上積みの可能性もある。好結果は大いに喜ばしい一方、我国選手代表各位が毎回悩まされる、困った事共もある様だ。この問題につき、元陸上選手 為末 大さんが、ネット上に見解を表されたので、引用しながら考えて参りたい。

《日本選手は なぜ謝るのか》 ----------------------------------------------------

「現役時代にあまり気がつかなかったが、引退してすらミックス・ゾーンにメディア側として立って、あらためて感じたのは日本選手のインタビューの特異さだ。成績が悪かった時の米国選手が、自分なりの敗戦理由と次目標を語るのに比べ、涙を流しながら『期待に応えられず申し訳なかった』と謝罪し続ける選手を見ていて胸が苦しかった。

日本の選手のインタビューは似通っていると言われるが、私はその一端に、この謝罪の要求というのがあるのではないかと思う。負けた原因を分析したら言い訳と批判され、純粋な感覚を表現すれば負けたのにヘラヘラしていると言われる。選手にとっては競技をすることが一番大事だから、変なことで社会から反感を買いたくない。結局、一番問題が起きにくい謝罪一辺倒の受け答えになっていく。

選手に謝罪を要求することの弊害が2つある、と私は考えている。1つは、五輪という舞台で選手が一体どう感じたのかという、その瞬間にその人しか語れない言葉にふたをしてしまう可能性があるということだ。勝ち負けを超えて、世界の頂点の舞台で感じたことや、やろうとしたことを聞けるのは、社会にとって大きな学びとなるはずだ。

もう1つは、この国から挑戦心がなくなってしまうことだ。彼らは長い間トレーニングをしてきて、挑戦をし、勝ち抜いて代表になった選手たちだ。その選手たちの挑戦の部分を評価しないで、最後の結果だけで批判をする。そうなれば子供たちも社会も、挑戦することをやめていく。

一体どの程度の割合で批判をしている人がいるかというと、私はごく少数ではないかと考えている。私を含め多くの人は挑戦自体が素晴らしいし、一生懸命やってきたのは自分なんだから、自分の気持ちを素直に出せばいいと感じていると思う。

日本はこれから厳しい局面を迎える。超高齢社会を迎える中で、挑戦できる人たちが自分らしく挑戦をしていかないと生産性も高まらず、国が衰退していく。結果は運だが、挑戦は意思だ。挑戦をするという意思を持って厳しいトレーニングをし、その場に立った(のである)。結果の前にそのことをまず尊敬し、そこから姿勢を学ぼうとする社会であってほしいと私は思う」(引用ここまで)。

-----------------------------------------------------------------

この見解を、皆様はどうお感じになりますか?俺視点では、一部の不良な姿勢を改めようとしない輩の為に、為末さんが指摘された、熾烈な修練を経て世界の大舞台に立った我国代表の選手各位が、僅差でも順位を落としたりすれば、すぐ非難される様な空気ができてしまっている様に感じられてならない。

余りの邪推は控えようと思うが、こうした向きは、どちらかと言えば煽情的な二流以下のメディアにいそうな気がする。又、夏場特有の事だが、頭のおかしな輩が何人かいて、代表選手各位に、無益な謝罪をさせようと画策しているのかも知れない。あくまで想像だが、そんな挙に出ても、我国の国益や国民市民の福利には何ら結びつかず、ただの自己満足に終始する低級な出方であろう。その為に、我国の挑戦心が低下したら、手を叩いて喜ぶのはどこの国のどいつらか、一度頭が悪いなりに思考でも巡らしてみてはどうか。

ヒントとしては、我国選手が勝利を収めると、必ず揚がる国旗たる日章旗、斉唱される国家 君が代を快く思わない勢力と無関係ではない様な気がするのだが。

もう一つ、為末さんが指摘された脅威的な問題が超高齢化だ。これには当然、超少子化が伴う。つまり、出生数が低迷したまま、総人口が激減する公算大と言う事だ。現実的観測として、我国の総人口予測は、今世紀半ばには1億を確実に割り、以後今世紀末には7000万人代、来世紀途中でほぼ半減すると言われる。最悪、日本の独立自衛が叶わなくなる恐れもあるのだ。

現に、後期高齢層を除き、対女性人口で若干上回る男の生涯未婚率はとうに二割を超え、三割を窺うと言う指摘もある。これも、挑戦心を持ちにくい世のあり様が影響しているのは間違いない。政治資金疑惑への対応もそうだろう。軽度なものにまで、重罪の様に騒ぎ立て、引責謝罪要求一辺倒では皆挑戦をやめ、国自体が衰退してしまいかねない。それが嫌なら、好結果が出ないからと言って、徒な謝罪要求などとてもできない現実を、もっと見据えるべきだ。何よりも、先の大戦にまつわる「戦争と平和」の問題で、我国の一方的侵略だったとの、容共特亜に偏った、自虐史観を招いた一方的偏向教育と報道が、抜本的に糾されねばならないだろう。

為末さんのご見解は「一事が万事」である事を主張されている様に感じる。「自由と平和」は所詮理想だが、希望が持てそうな良さげな事を言っておいて、実態が全く伴わない理不尽な非難ばかりでは、それは聞かされる方はやる気をなくし、後に続く者も現れまいて。困るのは、これら非難を繰り返す一部勢力の情宣が上手く、さも多数意見の様に、巧妙に見せかける事が多い所だ。やはり出所は不良メディアと思わざるを得ない。我々は、この様な不良言動に、くれぐれも惑わされない様注意しながら、全力で戦ったスポーツ選手や、より国益を考える政治家諸氏と向き合って参りたいものである。

今回画像は、先年のもので恐縮だが、岐阜の悪友の地元近く、瑞浪市内を行くJR中央西線貨物便の様子を。沿線の稲にも色がつき始めた、今頃の時季のものです。何だかだと言っても、昔も今も、米は我々日本人の活力源ですね。紹介中の、渡辺貞夫さんの今回楽曲は「ポゴのテーマ」 下記アドより視聴可能。

https://www.youtube.com/watch?v=rkiXhz--DMI

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本 昌~我らがレジェンド

2015-01-12 11:24:57 | スポーツ

冬晴れとなった本日、負傷入院中の母の見舞いと、実家の雑用の合間を縫って、ようやく少し時間を確保でき、拙ブログを更新している。
今年に入っても内外の情勢は大いに難しく、フランス国にては先日、某新聞社による過度のイスラム教風刺に起因すると見られる、同教急進勢力による大規模な銃撃事件が発生、十数人もの犠牲を生じる事となった。先程は、同国内にて犠牲各位を追悼する行事も多数参加の上行われた様だ。

確かに、イスラム信者にとりご神体とも言える唯一神アッラーや、預言者ムハンマドに対する不敬が事実なら、それは承服し難い事共であり、言論・表現の自由が尊重されるべきであっても、そこの所は自制を以て臨むのが筋。報道メディアの倫理不在はかねて指摘されており、今回はその不良が最悪の事態を招いたと言う事だろう。報道への積極姿勢が委縮してしまうのは芳しくない事であるのは分るが、行き過ぎ、やり過ぎは他の文化を持つ人々の不興を買う事もあるを、改めて自覚すべきではないか。

その一方で、戦場で使う様な銃火器を、街中で極めて簡単に行使した実行犯達の蛮行も、勿論指弾されなければならない。イスラムにとり「報復は正義」と言われ、前述の様な事由があったにせよ、無辜の複数を殺傷した事は、正に「宣戦布告なき戦争」そのものであり、それは国際法規や、国境を超えた道義によって糾され、裁かれるべきであろう。どの様な理由にせよ、人殺しに正義はないと言う事を、我々も人類として自覚する必要があろうし、10億を超えるイスラム信者の殆どは平和を求め、武力に訴える過激行動に出る向きは、ごく一部である事実にも留意する必要があろう。

とまあ、キナ臭い話題はこの辺にして、今回は、スポーツの世界で頑張る「レジェンド」と呼ばれる中高年のベテラン選手の活躍に、少し触れたい。昨年辺りより、スキー競技の葛西紀明選手の活躍で、この言葉はすっかり馴染んだ感じがするが、他にもプロ・サッカーのカズこと三浦知良選手や大相撲にて健闘の旭天鵬関、カーレーサーでもあるトヨタの現総帥 豊田章男さんにも加わって頂いて良いかも知れない。そして当地の勇者、プロ野球 中日D投手の重鎮、山本 昌選手の事にも触れなければならない。

既にプロ活動30年を超え、昨年は、我国プロ野球史上最年長の49歳で勝利投手に輝いた。もう監督や投手コーチなど、指導者の地位にあってもおかしくない方だが、現役へのこだわりは大変なものと聞く。来年は、いよいよ前人未到の50歳での勝利に挑む事となるが、先日の地元紙 C新聞に載った、ある私立大学教授のお話では、やはり昨今のBクラス定着の原因でもある、打線の低迷が山本投手にとっての不安材料でもある様だ。台所事情が厳しいのは分るが、勝つ為には打てなければならないのも事実。中日球団が、どれだけ本気で対策に出るか?試される所ではないだろうか。
それと、ここは同じ悩みを抱えた他球団の足跡に学ぶ事も少しは必要かも知れない。その球団とは、同様に長年打線低迷に見舞われ、一昨年辺りからようやく復調した広島Cの事だ。リーグにては確かにライバルだろうが、冷静に近年の歩みを観察すれば、復調へのヒントが見えて来るかも知れない。その事が、山本投手を真の「レジェンド」に押し上げる事を心より望みたいものだ。

前述の私大教授の記事は、一時今回拙文中に載せる事ができましたが、携帯にての誤字訂正に失敗、誤消去してしまいました。この点は一言お詫び致しておきます。画像の方は、当地の野球中継にも長年貢献した、当地中心部に聳えるTV塔の、この正月の夜景であります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬季五輪報道のあり様は・・

2014-02-16 23:43:11 | スポーツ

コナサン、ミンバンワ!先週辺りより開催中の、ロシア国ソチにての冬季五輪は、そろそろ佳境と言う所か。序盤は、女子スキー、モーグル部門の上村愛子選手や、同じ女子ジャンプ・スキーの高梨沙羅選手の惜敗など、スロー・スタートの印象あった日本代表だったが、日程が進むにつれ、男子スノー・ボード競技にての若手選手らのメダル奪取、先日の男子フィギュア・スケート競技にての、羽生結弦(はにゅう・ゆずる)選手の金メダル奪取、その後の男子ノルデテック・スキー複合部門の渡部暁斗選手の同部門初の銀メダル奪取と、ジャンプ・スキー競技にての葛西紀明・日本代表選手団主将の、歴代最年長での銀メダル奪取など、遂に本領発揮かとの印象だ。まだまだ、浅田真央選手の出場する女子フィギュア・スケート競技など見所が控えており、日本代表のこれからの活躍に声援を送ると共に、世界トップの精鋭が集う場だけに、各競技三人しかいないメダル奪取は、決して容易ではない現実にも、想いを致したい所ではある。

それにしても、この所の各メディアの報道姿勢は、決して感心できるものではないのも事実。冬季五輪のメダル奪取の話題ばかりが先行し、一方で大問題になっている、我が国内の雪害の報道が後回しになっている印象が付き纏うのだ。普段では考えられない積雪により、特に首都圏辺りの影響は大きく、高速道をメインに、雪で進行を阻まれた多くの通行車が滞留し、計千人を越える身動きの取れなくなった方々が、燃料切れなどもあって車内に留まれなくなり、沿道の避難施設への移動を余儀なくされるなど、これまでにない異常事態を生じており、又、同じ首都圏にては、大手私鉄の列車が、雪の影響から列車の安全を守る保安システムの限界を超え、正常に動作したにも関わらず先行列車との追突事故と、それに伴う乗客複数の負傷を防げなかった遺憾な事態を生じてもいる。又、鉄道線にても大雪による列車の滞留が発生、中には二昼夜も動けず、これ又乗客の方々が避難所へ移られた例もある様だ。更に、各地の公共施設などで、予想外の積雪の為に、屋根が崩落する危険な事故を複数生じた所もある様だ。

雪の問題で、国内がこれだけ混乱しているのに、メディアの五輪報道が先行している様であるのは問題だ。確かに、選手各位が国家の名誉を背負い闘っているのは理解できるが、やはりここは、先の震災同様、雪によるダメージを負った各地にとり有益な最新の警戒情報や避難場所の案内、気象面の見通しなどを優先すべきだし、これから同様の事態になった場合の教訓とすべきだろう。臨時に伝えられる交通情報も、決して十分な質量とは言えない所があった。事は人命がかかっているのだ。報道各社には、その事を念頭に置いて、伝えるバランスに留意してもらいたい所である。

Img_0951

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

特報~東北楽天G・E、初のプロ野球日本一+@

2013-11-03 22:47:00 | スポーツ

コナサン、ミンバンワ!2013=平成25年11月も、拙ブログを宜しくお願い致します。

この連休は、昨日より新潟入り。今日まで、主に近郊の山近くなどで、始まった紅葉を追っていた。地元知人の有意義なアドバイスも得られ、一応は納得の画像が得られたかな、とも思う次第。今夜まで競われた、プロ野球日本シリーズも、こちらの宿で拝見していた。明日帰る予定。そして、表題の結果へと。まずは、2004=平成16年の球団結成後初のリーグ優勝、そして、先の震災の試練を越え、被災地東北の、復興への希望を背負って日本一を遂げた東北楽天ゴールデン・イーグルスの健闘を心より称え、その栄光を奉祝したいものであります。

今季初めのリーグ戦の頃より見所多かったものの、その詳細は割愛するが、特に対ロッテCS戦、そしてセ・リーグ中特に優勢が目立った対読売巨人となった日本シリーズ本戦にあっても、主に活発な打撃と、ファン以外にも有名な、田中将大投手の頑張りもあって(昨夜の一敗は確かに残念ではあるが)、今回の栄光と相成ったと言う所だろう。同シリーズ中に、巨人軍の重鎮だった川上 哲治さんがご逝去となり、言わばその「弔い合戦」の側面をも有した今季日本シリーズだったが、両チーム共内容の濃い、頂上決戦を闘い、見る者を納得させる良い闘いをしてくれたと思う。末筆で恐縮だが、川上さんのご冥福をも、併せてお祈りする次第であります。

P.S 蛇足を少し。プロを初め、スポーツの世界は「礼節が大事」な世界と心得る。皇室主催の先日の園遊会の席上、あろう事か天皇陛下に対し、直訴状に近い内容の書状を直にお渡しした国会議員があったのには、正直驚き呆れている次第。

天皇陛下以下、皇室方に対し意見書などを提出する際は、請願法の規定により、必ず時の内閣を経由すべき事が定められている由。国法を率先して守るべき国会議員がこの有様とは如何なものだろうか。同議員が陛下に宛てた内容は、先の震災被災地中、特に福島県下の原子力発電所事故に伴う地元の子供達の健康被害増大の可能性と、放射線対策作業の関係各位への悪影響を訴えるものだったとか。しかしながら、如何なる大義名分あろうとも、取るべき礼節と言うものがあろう。件の議員は、スポーツ選手や指導者の方々より、そうした事共を学び直されてはどうだろうか。

1288014902_1

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加