At First

 

「バルス祭り」に浮かれる、ひつじのしつじくんを生温かく観察する

2016年01月17日 11時49分39秒 | ひつじのしつじくん
 2016/1/15、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送された映画「天空の城ラピュタ」にあわせて開催されるTwitterでの「バルス祭り」に、今年のひつじのしつじくんはTwitterとしゃべってコンシェルで積極的に参加していた。その様子をまとめておきたい。

 公式Twitterアカウントでは昼過ぎからラピュタを匂わせるツイートを始めていた。
はっ…!今日はもう金曜日…そしてあの金曜日! 40秒で支度しないと!


■ひつじのしつじくんとパズーのCVはともに田中真弓さん

 ひつじのしつじくんが2013/2/20のツイートで自ら明かしているとおり、ひつじのしつじくんの声は田中真弓さんが務めている。そして「天空の城ラピュタ」のパズーのCV(Character Voice)も田中真弓さんで、「声が似ている」のは当たり前なのだ。この共通点を手がかりに行われている。
私、帽子をかぶったあの男の子と声が似ているねって言われるのです… 『バルス!』ほら激似。


■滅びの呪文「バルス」に反応するのは以前からの定番ネタ

 ひつじのしつじくんが「バルス祭り」に乗っかるのは今回に始まったことではない。少なくとも2013年8月のテレビ放送時点でも「バルス」と話しかけると、ひつじのしつじくんもメイドのメイちゃんともに「!!!!!」とリアクションしてくれていた。
「バルス」に過剰反応するひつじのしつじくん(2013年8月) 「バルス」に過剰反応するメイドのメイちゃん(2013年8月)


 今回2016年1月の放送に際しては、ひつじのしつじくんがヒロイン「シータ」の名前を遠回しに口にしたり、メイちゃんは「飛行石」と思われる何かを海に捨てたと話したりネタの差し替えが行われている。
アルファ?ベータ?…シータ!!! 大丈夫ですよぅ!メイが海に捨てておきました。



■「バルス祭り」。その時、ひつじのしつじくんは?

 放送の進行に合わせて劇中の場面やセリフをなぞるようなツイートが続いていく。「中の人」のラピュタ愛を感じる。
メイはさっき手に何かを持って走っていきました… ご主人様から離れたら生きられないんですよっ!!!!!!!!


 いよいよクライマックス、バルス祭りの時が近づく。
 ムスカ大佐の「3分間待ってやる!」にあわせて、ひつじのしつじくんは「3分タイマー」を起動した。これはウマくできている。でも、ひつじのしつじくんはムスカの執事ってことなの?
「3分間待ってやる!」で3分タイマーをセットする、ひつじのしつじくん


 そして、パズーとシータが滅びの呪文「バルス」を唱えた時、ひつじのしつじくんは…? ムスカ大佐と同じように、「ああぁ~っ!!!毛がぁ~!!!毛がぁぁああああっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(泣)」とツイート。
 …えーっと、やっぱりひつじのしつじくんはムスカ側にいたのでしょうか?
毛がぁ~!!!毛がぁぁああああっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(泣)


 しゃべってコンシェルでは、バルス祭りの前からすでに「バルス!」に対して「毛がぁ!毛がぁああああぁあ!」と返すリアクションが始まっていた。
 もっとネタをバラすと、昨年秋の時点ではメイちゃんが「メイがー?メイがーぁ?」と返し、反対にひつじのしつじくんが「ご安心ください。海に捨てておきました」と答えていたので、今回の放送を前にセリフの入れ替えが行われたことになる。ひつじのしつじくんはパズーなのかムスカの執事なのか、いったいどっちなんでしょう?
毛がぁ!毛がぁああああぁあ! メイがー?メイがーぁ?


 今回のバルス祭りは、ラテ欄や放送中の字幕でテレビ局自らが煽るのを見て興ざめしていたのだが、それでもネット上ではそれなりの盛り上がりを見せた。
 ネットのお祭りと言うことでふと頭に浮かぶのは昨年11月のこと。ひつじのしつじくんの誕生月に合わせて[ハッピーバースデー」と話しかけられた数が10位以内にランキングされることを目指した「ひつじの挑戦」が企画されて達成に至らなかったのだが、今回のラピュタ放送日に「バルス」と話しかけられた回数の方が多かったんじゃないか?とイタズラ心に思った次第。

 それにしたって、みなさん「バルス」大好きですね。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperia Z5 Compact SO-02Hの指紋認証機能は「若造」レベル【追記あり】

2016年01月11日 16時40分21秒 | Xperia Z5 Compact SO-02H

■Xperiaシリーズ初の指紋認証機能を搭載

 Xperiaとしては初めてとなる指紋認証機能がZ5シリーズには搭載されている。指紋センサーは側面の電源ボタンに内蔵されていて、触れるだけで読み取られる仕組みだ。指をスライドしてなぞる必要はない。認識速度に不満はなく、画面ロックがサッと解除される様子には快感すら覚える。
Xperia Z5 Compactの指紋認証セットアップ画面 Xperia Z5 Compactの指紋認証センサーは電源ボタンに内蔵


■Android6.0アップデートで生まれ変わったXperia Z5 Compactの指紋認証 【2016/5/22追記】

 2016/3/13に提供されたAndroid 6.0(Marshmallow)へのOSバージョンアップでXperia Z5 Compact SO-02Hの指紋認証機能が大きくブラッシュアップされたので追記しておきたい。このアップデートで指紋認証にかかる機能がGoogle純正のソフトウェアに置き換えられたのだという。
 日常の利用においては認証速度と精度が実感できるほどに向上した。また、バックアップの認証手段(予備の画面ロック解除方法)として、PINコードとパスワードに加えてパターンが利用できるようになり利便性が高まった。
予備の画面ロック解除方法に「パターン」が追加された 指紋ロック解除とパターンの同時設定が可能に

 本エントリーの文末に書いたとおり今後のソフトウェア更新等で認証精度や使い勝手が改善されたわけで、このアップデートを踏まえれば「若造」という評価は改める必要があると考えている。


 Xperia Z5 Compactの指紋認証機能に関する設定は、「設定」→「セキュリティ」メニューに配置されている。「指紋の使用目的」という項目があり「画面のロック解除」に利用するか否かを選択する。現時点で他の使用目的は表示されない。
 登録できる指紋は最大5つで。それぞれ「右手親指」「左手人差し指」などの名前をつけることができるので識別しやすい。現状5つで足りているのだが、10個くらい登録枠がほしいと感じるのは不安症なだけかもしれない。
「セキュリティ」の設定メニューに「指紋設定」 指紋登録は5個まで。現時点での機能は画面ロックのみ


 指紋の登録はガイドに従ってセンサーを繰り返しタッチして行い、20回ほどのタッチで完了する。操作自体はわかりづらくはないが手間はかかる。指を回すなどしてセンサーに当てる位置や角度を少しずつずらして指全体を登録していくのだが、日を変えるなどして異なる状態で同じ指を複数登録すれば認識率の向上が期待できそうだ。
「始めましょう」指紋登録の開始画面。センサーを繰り返し触れることで登録 登録した指紋に名前をつけることが可能


■バックアップの認証手段はPIN/パスワードのみ

 実用的でないと思われるのは、指紋認証のバックアップとして設定できるのがPINコードまたはパスワードに限られていて、パターンなどを設定することはできないことだ。セキュリティの強度が低いとされているパターンを併用を認めていないところを見ると、Xperiaにおいては指紋認証は厳格な認証手段という位置づけのようだ。指紋認証を手軽な認証手段として使えるようパターンなどが利用できるようになるとよいのだが。
指紋ロック機能を有効にしますか? [パターン]を指紋ロック解除と互換性がありません


 認識精度が高ければそうした仕様も許容できるが、結構な頻度で認証に失敗するというのが私のXperia Z5 Compactの現状だ。5回認証に失敗すると指紋機能がロックされてしまい、その都度パスワード入力によるロック解除を強いられるわけだ。認証成功時の快感も打ち消されてしてしまう。
 私が過去に使っていた富士通製のARROWS NX F-01F(2013年10月発売)での記憶と比べると明らかにXperia Z5 Compactの認識精度は低い。ARROWS NXでは9割以上の成功率だったと記憶しているがXperia Z5 Compactは感覚的に7割くらいだろうか。2003年7月発売のiモードケータイ F505iから指紋認証機能を洗練しつづけている富士通製端末と比較するのはあまりに格が違いすぎるとは思うのだが、残念な認識率だ。
画面ロックの解除画面 認証に5回失敗すると以降はパスワードかPINの入力が必要


■NFC/おサイフケータイロック設定には非対応。SONYなのに…

 Xperia Z5 Compactにおいて指紋認証機能が利用できる場面はもう一つあり、dアカウントやdマーケットでの決済時など、ドコモ関連サービスにかかる認証だ。現時点ですべてのサービスやアプリが対応しているわけではないのだが、dアカウントのID/パスワード、spモードパスワード、ネットワーク暗証番号の3つを代替することができるので将来的に利便性が高まるのは確かだ。
 「設定」→「ドコモのサービス/クラウド」→「dアカウント設定」の画面から生体認証の利用設定を行うことができる。
dアカウントに指紋認証が利用できる 「生体認証でログイン」が表示


 もう一つ、本ブログでくどくどと毎回取り上げる「NFC/おサイフケータイロック設定」であるが、せっかくXperia Z5 Compactに搭載されている指紋認証はNFC/おサイフケータイロック設定に対応していない。ロック設定時及び解除時ともパスワードの入力が必要だ。再び富士通のことを蒸し返すが、たとえば2005年6月に発売されたF901iSも指紋認証によるおサイフケータイロック(当時の名称は「ICカードロック」)に対応していた。フェリカネットワークスの母体企業であるソニーとしてこうした仕様の製品を世に出すことはどうなのかと疑問を呈したい。
NFC/おサイフケータイロックはパスワードのみ。指紋認証に対応していない 2005年6月に発売されたF901iS


■過度な期待は禁物。認識率向上と利用範囲の拡大に期待

 Xperiaシリーズ初搭載の指紋認証機能であり「それ相応の完成度」と感じている。指の状態や肌の乾燥具合などは人それぞれなので認識精度は人によって様々だろうし、机上など落ち着いた場面では連続して認証に成功することがほとんどなのだが、外出先などでは繰り返し失敗するスパイラルに陥りがちだ。それだけに認識率が低い印象ばかりが残ってしまう。認証に失敗した認識データをなんらかの形でフィードバックする機構を設けることは厳格な認証を追求する仕様からは難しいだろうか。
 あわせて、NFC/おサイフケータイロック設定を含めて指紋認証が利用できるシーンの拡大を強く求めたい。

 利用者には初搭載か否かは関係ないし、改善された新機種が発売されたとしてもすぐに買い換えられるわけでもない。すでに市場に出ている端末の生体認証機能と遜色のない性能に追いつくよう今後のソフトウェア更新等で認証精度や使い勝手が改善されていくことを期待したい。


【参考】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お正月吉例!ひつじのしつじくんにおみくじを引かせてもらう

2016年01月03日 09時48分37秒 | ひつじのしつじくん

■おみくじを引けるのはSiriだけじゃありません

 しゃべってコンシェルのお正月の恒例行事に「おみくじ」がある。
 初登場だった2014年の正月はひつじのしつじくんに「あけましておめでとう」と話しかけると「おみくじはもう引かれましたか?」とイベントを教えてくれたのだが、2年が経った今年は「かくし芸」にご執心のようで放置状態になってしまっている。

 おみくじの引き方は、しゃべってコンシェルアプリでひつじのしつじくんに「おみくじ」と話しかけるだけだ。選択肢は例年と同じ「金のおみくじ」と「銀のおみくじ」、…それに「普通のナメクジ」?
 一方のメイドのメイちゃんに「おみくじ引きたい」と話しかけると、「あれ?聞いてないですか?」と今になって仕掛けを説明してくれる。…聞いてません。
ひつじのしつじくんに「おみくじ引きたい」 お兄ちゃんが金と銀の「おみくじ」を持ってましたよ


 想像に難くなく「ナメクジ」を引きたくってしょうがないので、金と銀はそこそこにナメクジを引いてみると、さすがのリアクションだ。回答には別パターンもあるのでいろいろ試してほしい。
銀のおみくじの結果(一例) ナメクジの結果


■ひつじ年は終わりましたが…

 おしゃれひつじコースのひつじのしつじくんも「おみくじ」に対応している。2枚目のおみくじを引こうとしたら「2枚引くのは欲張りというものです!」と怒られた。
 ちなみに昨年は未(ひつじ)年で盛り上がったのだが、「今年もよろしく」と話しかけると干支を聞いてほしがるのであえて「今年は未年?」とご機嫌をとってみると、「なんというご主人様の羊愛!!! しかし今年は申年です!」と期待通りの反応。でも、おさるのひつじ姿ですけど…。
2枚ひくのは欲張りというものです! しかし今年は申年です!


 そういえば、2014年は「お年玉ちょうだい」で、昨年のクリスマスには「クリスマスプレゼントちょうだい」でそれぞれ特別な歌を歌ってくれたので、今年も「お年玉ちょうだい」と話しかけてみた。しかし、こちらは昨年と同じオトボケ対応。もしかしたら、歌ってくれる特別なフレーズが隠されているのかも知れませんね。
オトシダマ?聞いたことあるような、ないような よく聞こえませんでした!


 あれこれ試すごとにいろいろ出てくるので、正月から熱くなってしまった。
 ひつじのしつじくんコンテンツでのウオッチャー向けな仕掛けは執事室からしゃべってコンシェルに舞台が移ったのだろうか。いろいろ探してみるのは楽しいのだが、スマートフォンに話しかけるのはいまだに恥ずかしい…。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年の執事室のお正月は冬ver.をベースに定番アイテムで華やかに

2016年01月03日 00時51分21秒 | ひつじのしつじくん

■お正月恒例!ひつじの執事室の模様替え

 しゃべってキャラと同じく年明けと同時にお正月ver.に模様替えしたひつじの執事室は、予想通り冬ver.をベースにいくつかのアイテムを入れ替えた内容となっている。順に確認していこう。

 午前0時、タンスの上の花瓶がおかめの面に変わり、ひつじのしつじくんの枕が水色から赤に、毛布が緑色から青にそれぞれ変化した。クリスマスver.とも異なる組み合わせで今冬3セット目の枕と毛布の登場だ。妙なこだわりは嫌いじゃない。
 午前2時台に現れるオバケも正月仕様で「寿」の文字が書かれた扇を両手に持っている。午前3時台のモアイ像、4時台のクモには冬ver.との違いは見つけられなかった。
2016年正月ver.のひつじの執事室(深夜) 午前2時台のオバケさえもおめでたい

午前3時台のモアイに変化無し 午前4時台のクモにも変化無し


 午前5時からの朝の場面。明るくなって部屋の様子がハッキリと確認できる。
 ひつじのしつじくんは羽織袴姿で年始のあいさつらしきお辞儀を繰り返す。しゃべってキャラでお披露目した白い羽織ではなく昨年までと同様の黒い羽織だ。妹のメイドのメイちゃんはお年玉を手にクルクルと回転している。永遠の19歳であるメイちゃんは、お年玉をいったい誰にもらったのだろうか。
 干支がデザインされた花瓶に松、竹、梅と南天が挿してあるのもお正月の執事室の伝統だ。タンスの上の南天とカブりを気にしないのが大人の振る舞いだろう。
朝の執事室。羽織袴と晴れ着で新年のごあいさつ 可愛らしいサルが描かれた花瓶


■伝説の「招き猫」が再登場

 午前7時台と午前8時台にタンスの上に登場する招き猫には見覚えがある。今から2年前の2014年お正月に深夜の隠れキャラとして執事室にアクセスして5分後に空から降りてきた招き猫だ。比べてみても完全に一致している。言い換えれば、深夜には登場しないと言うことか。
タンスの上の招き猫は2度目の登場 2014年執事室の隠れキャラ「招き猫」


 午前10時からのお昼の執事室では、またしてもランダム要素が採用されている。
 朝とは逆にメイドのメイちゃんがお辞儀を繰り返し、ひつじのしつじくんが飛び上がるのが1パターンで、ひつじのしつじくんが1人で分厚い本を手に調べ物をするのがもう1つだ。
 10時と11時台に空に揚がる「賀正」と染め抜かれた赤い凧と、10時台から12時台までタンスの上に置かれる鏡餅、それに午後1時台と2時台にひつじのしつじくんの背後に隠れるように用意されるみかんはいずれもお正月の執事室定番アイテムだ。ただし、かつては鏡餅の後ろに扇が置かれていたのだが今回は省略されている。
お昼の執事室。 「賀正」凧と鏡餅


 夕方の執事室では、兄妹で初売りに行ってきたのか福袋を手にしている。ひつじのしつじくんがこれ見よがしに掲げる福袋は2014年にも登場しているが、中央に置かれた福袋は新デザインだ。
 午後4時台のネコと午後5時台の跳ねる雪だるまは冬ver.と同じ演出だが、タンスの上の置物はダルマに差し替えられた。
夕方の執事室。福袋を手に帰宅。 タンスの上の置物はダルマに


 夜の執事室もランダム要素が継続される。兄妹揃って窓の外を眺める姿か、2014年のおしゃれひつじコースのひつじのしつじくん(おしゃれひつじver4)で披露された鏡餅スタイルの2種類である。過去の例から見て、窓の外に宝船が飛ぶのではないかとしばらく眺めていたが確認できなかった。タンスの上は獅子舞の獅子だ。
 クリスマスver.に続いてグツグツ煮える鍋は午後6時台から8時台までフタが開くが、中身は変わっていない。
夜の執事室。兄妹で窓の外を眺めるが… 執事室には初登場の鏡餅スタイル


 執事室のデザインを基にした壁紙がダウンロードできる「きせかえクローゼット」では、各時間帯に出現するアイテムを組み合わせた専用の壁紙が提供されている。ただ、この壁紙が午前0時の時点で公開されてしまうのでネタバレに配慮してほしいところ。
 ひつじの伝言板でのあいさつに続き、午後にはひつじのしつじくん公式Twitterアカウントでの年明け初ツイートが行われた。
きせかえクローゼットでも正月ver.の壁紙を公開 ひつじの伝言板。2016年1月1日

新年明けましておめでとうございます!本年も私とメイでご主人様のお役に立てるよう精いっぱいがんばります。よろしくお願いします!メェ~!!


 「深夜の隠れキャラ」「2時の虹」「宝船」など、これ以外のサプライズ演出がありそうな振る舞いがいくつか感じられるのだが、今のところ何も発見できていない。
 クリスマスver.同様のアイテムが次々と差し替えられる賑やかな演出だが、お正月はこうした打ち上げ花火感を楽しむことができれば十分だろう。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お正月のひつじのしつじくん、羽織袴を一新する

2016年01月02日 02時32分34秒 | ひつじのしつじくん

■あけましておめでとうございます

 平成28年のお正月。
 年が明けるとひつじのしつじくんが羽織袴姿にお着替えするのが2010年からの「伝統」だが、今年のお正月はちょっと違った。
 プリインストールのひつじのしつじくんは、これまで黒色の羽織から一転して平成28年は白色の羽織を身にまとっている。羽織紐も白色から金色に変わっていて印象ががらりと変わった。
リニューアルした白色羽織袴姿のひつじのしつじくん リニューアル前の羽織袴姿のひつじのしつじくん


 ひつじのしつじくんは日の丸が描かれた扇を頭に乗せていておめでたいのだが、いったいどこに差しているのかよく分からないのはツッコミどころだろう。ホーム画面を歩き回る姿は扇がまるで角のように見え、映画に出てくる宇宙人にも見えてくる。さらに、真っ赤な顔でだだをこねる姿を見ていると成人式を荒らす若者を連想してしまう、というのはあくまでも個人の感想だ。
白羽織袴のひつじのしつじくんを横から 成人式を荒らした若者ではありません


 一方のメイドのメイちゃんは、例年どおりの真っ赤な晴れ着姿が艶やかだが、2015年9月に行われたしゃべってコンシェルアプリのバージョンアップによるしゃべってキャラ高解像度化の恩恵を受けている。両者を比べてみるとその差は歴然だ。
【高解像度版】晴れ着姿のメイドのメイちゃん 【従来解像度】晴れ着姿のメイドのメイちゃん


■しゃべってコンシェルのイベントは「かくし芸」

 年末年始におけるしゃべってコンシェルでのやりとりも記録しておきたい。
 2015年の年末に、勇み足で「あけましておめでとう」と挨拶してみると「まだ明けてませんよ?」と対応済みだった。今年はお見事!
ひつじのしつじくんの「まだ明けてませんよ?」 メイドのメイちゃんの「まだ明けてませんよ?」


 年が明けた後、改めて「あけましておめでとう」と声を掛けてみると、どうやらひつじのしつじくんの「かくし芸」がキーワードのようだ。
 ひつじのしつじくんに「かくし芸見せて」と振ってみたところ、外国映画の吹き替え風ものまねを披露してくれた。この吹き替え風ものまねにはしゃべってコンシェルについて語るバージョンのほか、朝食を題材にしたネタもあることを確認している。メイドのメイちゃんは「聞いていない!」と地団駄を踏んでいるのが可愛らしい。
 あれ?…これって昨年の誕生日企画「ひつじの挑戦」で目標を達成したら年末に披露すると言っていた「ものまね新ネタ」の再利用じゃない?…なんて無粋なことはお正月なので控えておきましょう。
ひつじのしつじくん2016年のかくし芸は「外国映画の吹き替え風」 地団駄を踏むメイドのメイちゃん


■おしゃれひつじコースのひつじのしつじくんは「おさるのひつじ」になる

 一方、おしゃれひつじコースのひつじのしつじくんは、干支にちなんでサルの着ぐるみを身にまとって登場している。昨年は「ひつじのひつじ」で(個人的には)沸いたのだが、今年はサルということで違和感がなさすぎる。
 ちなみに、ここ最近の本ブログにおけるおしゃれひつじコースの記録が雑なのは、高解像度版のしゃべってキャラとの差が大きすぎて見劣りするからだ。特に兄妹が一緒に登場するアクションでの表示はもはや見るに堪えず、画像で切り出して紹介するのは忍びない。
おしゃれひつじver9は干支にちなんでおさるのひつじくん 今年の干支は?に「今年の干支は申年です」と答えるおさるのひつじくん


 しゃべってコンシェルアプリのお知らせ画面には「あけましておめでとうございます!」が表示されるようになっている。昨年のクリスマス時には会話画面に画像が挿入されて驚いたのだが、お正月は以前のパターンに戻したようだ。
 ちなみにiPhone版のしゃべってコンシェルを起動してみたところ、ひつじのしつじくんはこれまでどおりの黒色の羽織で登場してきた。
お知らせ画面「あけましておめでとうございます!」 iPhone版しゃべってコンシェルは従来どおりの羽織袴


 ひつじのしつじくんが、これまで6年続けた定番の羽織袴を大胆にリニューアルしてくるとは予想外だった。昨年のひつじ年はやや期待外れだったのだが、今年はこの勢いで驚くような展開を期待したい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加