At First

 

アップデート対応しゃべってキャラ「おしゃれひつじコース」が登場

2014年04月21日 23時34分38秒 | ひつじのしつじくん
 2014/4/21、ひつじの執事室に「おしゃれひつじコース」へのリンクボタンが設置され、ネットワークアップデート対応のしゃべってキャラ「おしゃれひつじコース」の公開が始まった。
 2014/2/27のしゃべってコンシェルアプリの更新時に登場が予告されていたもので、2010-2011冬春モデルからネットワークアップデートが提供されていたiモード版マチキャラに主要な機能面でようやく追いついた。

ひつじの執事室に「おしゃれひつじコース」のリンクボタンが設置された ひつじのしつじくんのTwitterアカウントでも発表


 「おしゃれひつじコース」で公開されているのは「ひつじのしつじくん&メイドのメイちゃん」のしゃべってキャラ。ダウンロードにはspモード契約が必要なことが明記されており、docomoIDでログインして認証を受ける必要がある。
 「おしゃれ」といえば、メイドのメイちゃんのお着替え多めバージョンとして「お洒落メイドコース」と名付けられたiモード版マチキャラがあったことを思い出す。「おしゃれ」は懐かしいワードだ。

公開された「おしゃれひつじコース」のひつじのしつじくんとメイドのメイちゃん iモード版マチキャラのメイドのメイちゃん「お洒落メイドコース」


 ダウンロードしてキャラ名を確認してみると「おしゃれひつじver1」と表示されている。iモード版と同じく季節ごとにアップデートされていくのだろうか。キャラの部屋は「お着替え」にちなんで、クローゼットのデザインが採用されているが、キャラと大きさが合っておらずちょっと微妙な雰囲気だ。

キャラ名は「おしゃれひつじver1」 キャラの部屋のデザインはクローゼット風


 ホーム画面上では、さっそくひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんが兄妹で仲良くツーショットを披露してくれた。スマートフォン版でのツーショットは、2013/8/20から期間限定で提供されたしゃべってキャラ「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」で登場して以来で、通常版のしゃべってキャラでは初めてとなる。

スマートフォン版でもついにツーショットが当たり前に iコンシェルインフォメーション通知時もツーショット


 一方で残念な点もある。
 ホーム画面を歩き回るのはひつじのしつじくんばかりでメイドのメイちゃんはツーショット時以外は登場しない。しゃべってコンシェルのトーク画面もひつじのしつじくん固定のようで、メイドのメイちゃんと会話をするにはキャラを「おしゃれひつじver1」以外に変更する必要があるようだ。
 現在のところ、唯一(?)メイドのメイちゃんが単独で登場するのは、不在着信ありを知らせてくれるインフォメーション通知の場面のみだ。どうか、メイドのメイちゃんがメインで登場するバージョンも公開してもらえないでしょうか。>ドコモ様

しゃべってコンシェルはひつじのしつじくんのみ 唯一?メイドのメイちゃんの単独舞台は不在着信通知


 ひつじのしつじくんのTwitterアカウント(@hshitsujikun)のツイートによると「着替えるのはもう少し先」とのこと。
 例年通りあれば今後のイベントは、5/1のメイドのメイちゃんの誕生日を経て、端午の節句、かえるスタイルと続いていくところ。果たしてどんなお着替えで楽しませてくれるだろうか。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インサイトのインターナビをDVDキットで地図データ更新

2014年04月15日 23時39分25秒 | インターナビ
 インターナビの地図データを2年ぶりに更新した。
 我が家のインサイト(ZE2・2009年モデル)のインターナビは、メーカーオプションのHONDA HDDインターナビ(タッチパネルタイプ)で納車時の地図バージョンはVer.14.04。2年前の初回車検時にVer.14.09に無償でスマート全地図更新が行われた。このVer.14.09に収録されているのは高速道路・有料道路で2010年12月、一般道で2010年9月時点の調査に基づく地図のため3年が経過してあちこちの道路形状が合わなくなってきていた。

 インターナビVer.14用の地図は年2回(6~8月頃と12~2月頃)に新しいバージョンを発売することが会員向けページで明らかにされているが、2012年第2版が2013年1月に発売されてから、2013年第1版(Ver.14.13)の提供は大幅に遅れて2013年10月にずれこんだ。しかし律儀に年2回発売の「約束」を守ろうとしてくれたのか、2013年第2版(Ver.14.14)が2014年2月に提供されたことを耳にし、その心意気に心を打たれて有償での更新を申込むことにした。
 価格は税抜きで15,000円。DVD2枚で構成されていて、更新作業の際にはディーラーで発行されるパスワード等でディスク毎に認証を行う必要がある。DVD1枚目による更新は30分ほどで終了するのだが、2枚目の更新作業には約10時間を要するためナビを利用しながら裏で更新作業を行う。

インターナビ地図更新キット(Ver14.14) 約10時間を要する地図更新の作業中


 Ver.14.14では高速道路・有料道路で2013年6月、一般道で2013年4月時点の地図が収録されていて、およそ2年半分の更新が行われたことになった。インターナビ上でランドマークと呼ぶ店舗のアイコンもいくつか更新されていて、ローソンストア100などが追加されている。

前バージョンからの主な変更内容 ローソンストア100のランドマークアイコンが追加


 同時に2014年1月版の新規道路配信が提供された。
 とはいうものの「高速道路を中心に、長距離ドライブする際に多くの方にメリットのある路線を選択して配信」という、相変わらず同意できないコンセプトに基づいて提供された情報は、わずか3路線にすぎず、残念な限りだ。

Ver14.14.01で配信される新規道路はわずか4路線


 東海地方では、名古屋高速4号東海線の六番北-木場間のみ。たしかに地元の方や通過する利用者には重要な路線だが、郊外のバイパス道路など更新してほしい身近な路線をこれ以外にもいくつか挙げることができる。

東海地方では名古屋高速4号東海線の六番北-木場間が開通する


 今回の更新で高速道路・有料道路は2013年6月、国道・都道府県道は2013年3月時点の情報にアップデートされたが、ほぼ1年前の情報である。毎日の生活に不可欠な道路情報の更新は情報の鮮度も満足できるレベルには無い。
 ようやく2013年9月発売のフィット以降では3年間にわたって半年ごとに地図データを無償で更新する「スマート全地図更新」サービスが提供されるようになったが、それ以前のインターナビでは有償のデータ更新を繰り返すしか無いのはもどかしい。

Ver14.14.01の地図情報は2013年6月まで


 なお、プログラムバージョンはデータ更新の際にナンバーを1つずつカウントアップしているのか、14.09のVer.7.00からVer.12.00になっている。

プログラムバージョンはVer.12.00に更新


 プログラムバージョンは大幅に更新されているが、目に見えた機能の追加は見つけられていない。
 蓄積されたフローティング情報を元に急減速が多発している信号機のない交差点の情報を提供する「安全運転コーチング」サービスがVer.15以降のインターナビには提供されているらしいのだが、Ver.14シリーズでは未対応とのこと。スマートフォンアプリ向けサービス「インターナビ ポケット」のカーナビ機能をわずか3,000円/年で契約すれば提供されるサービスが、15,000円を支払って車載ナビの地図データを最新版に更新しても提供されないとはいかに。
 
スマホアプリで提供される「安全運転コーチング」機能には未対応


 ひとまず地図バージョンを「最新版」に更新して自らのガス抜きをしたが、日々フローティング情報を蓄積している既存車載インターナビユーザーへの還元策はもう少しなんとかなりませんかねぇ、ホンダ様。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「しゃべってコンシェル」アプリがアップデート。マイクON時の画面などが更新される

2014年04月05日 15時37分40秒 | ひつじのしつじくん
 「しゃべってコンシェル」アプリが2013/3/27にバージョン07.00.04002に更新された。2014/2/27にバージョン06.20.04002が公開されて以来、ほぼ1か月の間隔でのメジャーアップデートということになる。
 
しゃべってコンシェルアプリがバージョン07.00.04002にアップデート しゃべってコンシェルアプリのアップデートお知らせ画面


 今回のアップデートでは、しゃべってキャラに発話するマイクON画面がリニューアルされた。これまではマイクのアイコンだけが赤色に変わっていたが、アップデート後は画面全体が黒反転するようになった。話し始めのタイミングをよりわかりやすくするという配慮のようで、発話準備OKまでのレスポンスが短縮されたわけではないが、「画面が黒くなったら話す」と覚えれば冒頭の語が認識されない失敗も減りそうだ。

アプデ前のマイクON画面 アプデ後のマイクON画面


 しゃべってキャラをタップすればキャラの部屋、キャラ選択画面へのリンクのほか、進行中の会話履歴をすべて消去する「会話をリセット」が可能だ。

しゃべってキャラをタップした時のメニュー画面 キャラ選択画面は変更なし。


 端末のメニューキーを押下すると設定メニューのほか、ヘルプメニューにもリンクしている。

メニューキーで全体の設定画面 ヘルプ画面もコンテンツが充実している


 以前から充実していたヘルプメニューだが、初回起動時などに表示される「はじめてガイド」が今回リニューアルされている。また、操作案内を表示するヒントボタンは画面上部に移設された。

しゃべってコンシェル「はじめてガイド」 ヒントボタンが新しく配置された


 ヒントボタンで開く「しゃべり方のヒント」の「しゃべってみる」をクリックするとマイク画面のしゃべってキャラの吹き出しにも内容が継承されるのは気が利いている。

「しゃべり方のヒント」で「しゃべってみる」をクリックすると… 発話例が表示された状態でマイクON画面が表示される


 ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんとのやり取りには変化は見られない。

ひつじのしつじくんとの会話のやり取り メイドのメイちゃんとの会話のやり取り


 どの時点からか開始されたのかは不明だが、しゃべってコンシェルアプリの新規インストールやアップデート直後に、ひつじのしつじくんがしゃべってキャラに設定されていると、「しゃべってコンシェル」と書かれたボードを掲げたひつじのしつじくんが登場する。
 2013/8に提供された「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」で似たような演出はあったが、珍しいアクションなので注目しておきたい。

初回起動前にはひつじのしつじくんが「しゃべってコンシェル」のボードを持って入り口を案内


 ところで、過日にアナウンスいただきましたネットワークアップデート機能対応のしゃべってキャラの提供はどうなっておりますでしょうか? > ドコモ様
 

【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんが改名するエイプリルフール企画

2014年04月01日 00時29分46秒 | ひつじのしつじくん
 猫も杓子も羊もエイプリルフールな4月1日。
 ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんは、しゃべってコンシェルでネタをかましてくれた。

 日付が変わる前に、ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんにそれぞれ話しかけてみると、すでにエイプリルフールを意識した返答が…。これは、何か仕掛けてる!

「エイプリルフールの準備はお済みなんですよね」とひつじのしつじくん 「エイプリルフールに騙そうとしていませんか」とメイドのメイちゃん


 日付が変わった2014/4/1。
 ひつじのしつじくんに名前を尋ねてみると、「ジン・ギース・カーンです」とシレっとボケてきた。

「ジン・ギース・カーンです」


 一方のメイドのメイちゃんは、「ラ・ムチョップ」です。これは、ちょっと名前としては苦しいか…

「ラ・ムチョップです」


 ちなみにドコモさん自身も、新しい通信サービスMLEを活用した「MOONサービス」というネタを展開しておられます。みなさん、おつかれさまです。

ドコモ MOONプロジェクト MLEの選べるプラン


 個人的には、「ひつじの執事室」を模した「しつじのひつじ室」という企画を数年来温めているのだが、作画力が無く未だ公開には至っておりません。おそまつ。

 ひつじのしつじくんやメイドのメイちゃんのネタは他にもあるのでしょうか?


【2014/4/1 23:50追記】

 どうやらいろんな会話にエイプリルフールネタが仕込まれている模様。

これはもしやエイプリルフール? エイプリルフールですね!メイ、騙されませんよ!


現在、私の思考回路は正常ではありません。 今日はエイプリルフールですよ?やることは決まっています。


 今日はツイートも頻繁で、おつかれさまでした。また来年~!



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加