At First

 

ARROWS NXの伝言メモ機能は、どこに隠れているのか

2013年11月30日 00時28分02秒 | ARROWS NX F-01F
 ARROWS NX(F-01F)の伝言メモ機能についてみていこう。

 「伝言メモ」機能はマナーモード等「音」に関する設定と並んで配置されているはず、と私は考えるのだが、スマートフォンでは通話機能の一部に分類されていて初見ではなかなか見つけにくい。
 ARROWS NXの場合は一層深いメニュー階層に存在する。電話アプリのアイコンをタップして、メニューから「通話設定」を選択、さらに「通話詳細設定」を開くと、ようやく「伝言メモ」にたどり着く。ELUGA X(P-02E)では「通話詳細設定」と並んでもう一階層上に配置されていた。もう少し手の届きやすいメニュー階層に置いてあった方がよいのではないか。

電話画面でメニューアイコンから「通話設定」 「通話詳細設定」を選択


 ARROWS NXの伝言メモで設定できる項目は機能そのものの有効/無効と、伝言メモが応答しガイダンスが自動で流れるまでの時間設定、それに応答ガイダンスの種類の3つだ。

ようやく「伝言メモ」の名前が 4階層目に「伝言メモ」の設定メニュー


 応答時間の初期値は13秒で、0秒〜120秒までの範囲で設定が可能だ。
 応答ガイダンスはプリセットのフレーズを使う「標準データ」と自分で録音したガイダンスを使う「録音ガイダンス」の2種類から選択する。「標準データ」のガイダンスはただいま電話に出ることができません。ピーッという発信のあとに60秒以内でメッセージでお話しくださいという内容だが、やや早口に感じる。

伝言メモ応答時間の設定。初期値は13秒。 応答ガイダンスは「標準データ」と自分で録音する「録音ガイダンス」の2つ


 次に、実際に伝言メモが録音された場合の挙動をみる。
 不在着信があり伝言メモが録音されるとステータスバーに「伝言メモあり」を示す通知アイコンが表示される。とはいうものの、まずは着信履歴を確認する操作が一般的だろう。iコンシェルの通知等から直接に着信通知を開いてみても、着信履歴画面では伝言メモの有無は確認できない。通知パネルを開くことで初めて伝言メモの録音時刻と発信者が確認できる。

着信履歴画面には伝言メモの有無は表示されない0" 通知パネルで伝言メモリストへリンク


 通知パネルから開く画面が「伝言メモリスト」だ。まだ再生していない伝言メモにはカセットテープのアイコンが表示される。
 伝言メモの再生画面はイコライザーを模したデザインが採用されている。再生画面のメニュー設定で「スピーカーON」を選択すると、伝言メモの音をスピーカーから再生することもできるのは親切な機能だ。

伝言メモリスト画面 伝言メモ再生中画面


 さて、この「伝言メモリスト」画面は未再生の伝言メモがなくなると当然に通知パネルから消えてしまう。その後、もう一度伝言メモを聞きたい時は、再度、電話メニューから「通話設定」→「通話詳細設定」→「伝言メモ」と辿る必要がある。これにはかなり萎える。
 なんとか改善する方法がないか探ってみたが、しゃべってコンシェルで「伝言メモ」と発話しても「メモ」アプリが起動してしまう。また、通知パネルにはカスタマイズ機能があり「伝言メモ」のアイコンを貼り付けることが可能だが、このアイコンで出来ることは伝言メモ機能の有効/無効の切り替えのみで伝言メモリストにジャンプすることは出来ない。
 伝言メモを利用することが多ければ、QuicKShotcutMaker等を利用してアクティビティのショートカットを作成するしかないだろう。

しゃべってコンシェルでも「伝言メモ」は起動できず 通知パネルでは伝言メモの有効/無効だけを切り替え可能


 それにしても、である。
 伝言メモを設定するためメニューを探すのに一苦労、端末に残した伝言メモをどこから確認するのか探すのにもう一苦労…。こんな状況ではせっかくの機能が見向きもされなくなってしまう。ぜひ「音・バイブレーション設定」からの導線も用意してほしい。
 また、伝言メモが録音されるということは必然的に不在着信があるわけで、伝言メモ機能の非搭載機種との整合性など課題は多いだろうが、何とかして着信履歴画面に伝言メモの有無を表示できないものか。

 いくつか改善を望む「伝言メモ」機能である。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森林保全クレジット付ドコモダケケータイホルダー02を購入

2013年11月27日 00時37分50秒 | スマートフォン向けサービス
 2013/11/8に発売された「森林保全クレジット付ドコモダケケータイホルダー02」を購入した。購入価格は945円。

 この商品は、東日本大震災の被災地の一つである宮城県南三陸町で、ドコモとアミタグループ、それに地域の皆さんが共同で取り込んでいる「未来の種プロジェクト〜南三陸町 森・里・海ものがたり〜」の活動の一つとして、南三陸町のスギ間伐材を使って作られた「森林保全クレジット付グッズ」の1つ。
 売上の一部にドコモが同額を加えた「森林保全クレジット」を、南三陸町から購入し同町の森林保全活動に役立てることになっている。

 パッケージには、ドコモダケが描かれた背の部分に当たる板とスリットに差し込んで脚の一部となる板の2つが梱包されている。開封した瞬間から心地よい木の香りが楽しめるのが嬉しい。

ドコモダケケータイホルダー02のパッケージ  内容物は板2枚


 天然木を材料にしているため、当然に木目の色や形は1つずつ異なる。そこもまた魅力か。
 
ドコモダケケータイホルダー02のパッケージ、組み立て後 ドコモダケケータイホルダー02の背面


 2013年6月に発売された第1弾は「ドコモダケスマートフォンホルダー01」だったが、今回は「ドコモダケケータイホルダー02」に名称変更されている。第2弾はひょっとしてスマートフォンには対応できないサイズなのかも?と一抹の不安を抱いたが、ARROWS NX(F-01F)を載せても問題なく一安心。

ドコモダケケータイホルダー02にARROWS NX(F-01F)を載せてみた ドコモダケケータイホルダー02にARROWS NXを載せてみた(背面)


 端末を横向きに置くことも可能で、安定性の面からはこの置き方の方がよいかもしれない。

横置きでARROWS NXを載せてみた


 なお、「森林保全クレジット付グッズ」にはこのケータイホルダーの他にマルチスタンド&カレンダーがある。
 この商品、全国のドコモショップおよびドコモオンラインショップで取り扱っているのだが、私が訪れたドコモショップでは在庫を持っておらず送料無料の宅配になるとのこと。こういう商品は肩肘を張らずに気軽に買えるのが良いと思うのだが難しいのだろうか。

 末筆ながら、送付票の品名に「携帯電話機」と書くのは、(身に覚えがなくても)ドキドキしちゃうので改めていただきたく…。

品名「携帯電話機」…ではありませんよね


 ドコモダケがあるなら、ひつじのしつじくん、メイドのメイちゃんバージョンも欲しいなぁ。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARROWS NXに機能バージョンアップ提供開始。docomo IDやドコモクラウドへの対応強化とNFC不具合を改善

2013年11月26日 22時51分18秒 | ARROWS NX F-01F
 2013/11/26、2013年冬モデルのARROWS NX(F-01F)に機能バージョンアップの提供が開始された。2013/10/24の発売以降、初めてのアップデートの提供となる。
 手動での更新作業は「ソフトウェア更新」ではなく、「Androidバージョンアップ」のメニューから行うところが注意点だ。

更新は端末情報の「Androidバージョンアップ」から Androidバージョンアップ−最新のバージョンが見つかりました


 更新作業はWi-Fi、FOMA/Xiのいずれでも行うことが可能だ。バージョンアップファイルをいったんダウンロードしたあと更新作業を行う。

Androidバージョンアップ「すぐインストール」を選択 Androidをバージョンアップしています


 2回の再起動を経て、更新作業が完了したあと、ドコモサービスの初期設定画面が表示された。
 今回の機能バージョンアップの内容の一つが、docomo IDを端末に設定すると多くのドコモアプリでdocomo ID入力が不要になる「docomo ID認証の本格導入対応」であり、さっそくARROWS NXにdocomo IDを設定する画面が出てきたというわけだ。

再起動後に「ドコモサービスの初期設定」画面が表示される まずはdocomo IDの設定


 当然にdocomo IDは持っているのでネットワーク暗証番号を入力して先へ進もうとすると、ネットワーク暗証番号認証を行うため、spモード接続に切り替えて認証しますか?(Wi-Fi接続はOFFになります)と表示され一瞬戸惑う。とは言え、「はい」をタップするだけでWi-Fi接続を切ってくれるのだから許容すべきか。
 認証後、docomo IDがすでに発行済みであることが確認されるが、docomoIDを端末に設定するこの機会に、初期設定の電話番号のIDをドコモのメールアドレスに変更するか尋ねられた。メールアドレス形式に変更することが「推奨」されているが、メリットデメリットの判断がつかず、今日のところは変更せずに設定した。

ネットワーク暗証番号による本人確認はspモード接続のみ 端末に設定するdocomo IDの選択画面


 3つめのステップでドコモアプリパスワードと遠隔初期化の設定画面が表示された。ドコモアプリパスワードはその名のとおり遠隔操作で端末を初期化するサービスだが「利用する」を選択しても、デバイス管理機能が無効になっているため、遠隔初期化をご利用いただけません。遠隔初期化を有効にして変更して下さいと表示されてしまい先に進めない。
 後でわかったことなのだが「本体設定」の「セキュリティ」内に「デバイス管理機能の選択」メニューが追加されていてこの画面から「遠隔初期化」を有効にしてほしい旨の案内であった。有効にする選択肢を表示するなら、必要な設定画面を直接開いてくれないといくら何でも不親切だと思う。

「ドコモアプリパスワード」と「遠隔初期化」の設定画面 デバイス管理機能選択画面で遠隔初期化の設定をONに


 ここまで設定作業が終わり、ようやくバージョンアップは完了だ。通信環境や設定作業の所要時間に左右されるだろうが私の場合は12分少々で完了した。

Androidバージョンアップ完了。所要時間12分。


 今回、docomo ID対応以外のアップデート内容としてあげられているのが、「遠隔初期化」サービスへの対応である。端末の紛失時などにPC版のMy docomoから遠隔操作で端末の初期化やSDカードのデータを消去できるサービスである。My docomoの設定画面を確認すると、たしかに「遠隔初期化」の操作画面が追加されていた。設定したドコモアプリパスワードで初期化が行えるようだ。

My docomoの「遠隔初期化」設定画面


 「ドコモバックアップアプリ」が更新されているのも変更点の一つであるが、あわせてNFCのReader/Writer,P2P設定をONにすると「おサイフケータイ」関連のアプリが正常に起動できない不具合を改善したことも明らかにされている。バージョンアップ後にはReader/Writer,P2PをONにしていても、モバイルSuicaとiDのアプリが正常に起動することとiD及びWAONの決済が正常に完了することを確認した。

「ドコモバックアップ」アプリの設定画面 NFCのReader/Writer,P2P設定をONにするとおサイフケータイ関連アプリが正常に動作しない不具合が改善


 ドコモクラウドサービス関連のメニューにも手が入っている。
 更新前は「ドコモサービス」という名称だったメニューが「ドコモのサービス/クラウド」と表記が替わった。あわせて、これまでのWi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合されたことで、ドコモアプリWi-Fi利用設定のメニューもdocomo ID設定に統合されている。

更新前の「ドコモサービス」設定メニュー 更新後の「ドコモサービス/クラウド」設定メニュー


 ドコモクラウド設定画面を開くと、ドコモクラウド対応アプリの同期状況やクラウド容量の管理画面が表示される。

ドコモクラウド設定画面 ドコモクラウドの利用容量設定管理画面


 端末情報画面でビルド番号やベースバンド、カーネルのバージョンを更新前(出荷時)と比較すると、ベースバージョン番号は7021.0101.0284が7021.0101.0330に、カーネルバージョンに含まれるビルド年月日は2013/10/2から2013/11/15に、ビルド番号がV19E43GからV27R56Aにそれぞれ更新された。

更新前(出荷時)のビルド番号はV19R43G 2013/11/26更新後のビルド番号はV27R56A


 この他、ロック画面に配置された時計ウィジェットのフォントが以前より太くなったり、NFC/おサイフケータイロック設定画面の「パスワード」と「キャンセル」ボタンのレイアウトが重ならないようになったりしていることも確認している。

ロック画面に配置されている時計ウィジェットのフォントが変更 NFC/おサイフケータイロック設定画面の「パスワード」と「キャンセル」ボタンのレイアウトが変更


 2013/10/24の発売から1か月が経過したところで、ARROWS NXに大きなバージョンアップが提供された。
 docomo IDを含むドコモクラウドへの対応強化はARROWS NXだけのサービスではなく、docomo ID認証の導入により最終的には「回線契約の有無にかかわらずサービスを利用できるキャリアフリーを目指す」とするドコモの戦略に沿って提供されたものだが、既存のドコモ契約者である自分にとってどのような影響があるのか、よくわからないというのが現時点での正直な感想である。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARROWS NXのマナーモード設定と公共モード

2013年11月24日 09時53分34秒 | ARROWS NX F-01F
 ARROWS NX(F-01F)のマナーモードはオリジナルを含めて4種類。設定できるのは、音声着信、メディア再生、アラーム、通知の各音量と、バイブレーションの動作の5項目だ。
ARROWS NXのマナーモード設定は「音・バイブレーション設定」から ARROWS NXのマナーモード設定画面


 「通常マナー」は、ゲームやワンセグ等のメディア再生やアラーム再生の音も含めスピーカーから鳴動する音全てが無音に変更されバイブレーションだけが動作する内容になっていて、感覚的に使いやすい設定だ。「サイレント」ではバイブレーションも合わせてオフに、「アラーム」ではアラーム音だけが鳴動する設定がそれぞれプリセットされていて、「オリジナルマナー」ではこれら5項目の設定をカスタマイズできる。
ARROWS NXのマナーモードはオリジナルを含めて4種類 オリジナルマナーの設定項目


 マナーモードの設定と解除は、メニューを辿って「本体設定」の中の「音・バイブレーション設定」から行うことも出来るし、通知パネルや電源ボタンで表示される携帯電話オプションメニューのほか側面の音量▼ボタンの長押しでも可能だ。ただし、ロック画面では音量▼ボタンの長押しは機能しない。
電源キー長押しで表示される「携帯電話オプション」からもマナーモードに設定可能 通知パネルにも「マナーモード」のアイコンが


 個人的にはマナーモードに設定していても通常のスクリーンショット撮影時には撮影音が鳴動しないのがありがたい。もちろんカメラ起動時におけるスクリーンショット撮影音、カメラのオートフォーカスロック音やシャッター音は鳴動する。

 そのほか、公共モードの設定も同じ音・バイブレーション設定の画面から行う。
 公共モードは着信時に所定のガイダンスが自動応答する端末側の機能で、いわゆるドライブモードだ。発信者側には「ただいま運転中もしくは携帯電話の利用を控えなければならない場所にいるため電話に出られません。のちほどおかけ直しください。」というメッセージが流れて自動切断される。着信音や通知音も鳴動しない。
 携帯電話オプションの画面では自動車をデザインしたアイコンになっているが、「ドライブモード」という表記がないのは少し不親切かも知れない。公共交通機関の車内等や人の集まる場所を想定しているのだろうが「公共モード」が浸透している名称とは思えないのだが。
公共モード(ドライブモード)設定も「音・バイブレーション設定」から 公共モード:設定しました。着信や通知は無効になります


 もう一つ「公共モード(電源OFF)」という似た名前を持つドコモのネットワークサービスがある。これは機内モード設定時や電源を切っている間のガイダンスを設定するもので、着信時には「ただいま携帯電話の電源を切る必要がある場所にいるため、電話に出られません。のちほどおかけ直しください」というメッセージが発信者側に流れる。
 再び電源を入れた(または機内モードを解除した)後、SMSで着信があったことが通知されるのだが、これに加えて電話アプリにも通常着信と同様に着信履歴が表示されるようになっている。SMSだけでなく、着信履歴が生成されるのは非常に便利だと感じた。
公共モード(電源OFF)設定はネットワークサービスの中から 公共モード(電源OFF):開始中


 公共モードの件を除けば、ARROWS NXのマナーモード機能には特段不足を感じないレベルの実装がされている。
 なかでも「通常マナー」は(その名称に感じるわずかな違和感は別として)、iモードケータイで馴染んできた音を完全OFFにする設定になっていて、ELUGA X(P-02E)やGALAXY SIII(SC-06D)ではメディア再生の音量OFFが連動していなかったことと比較すると、すんなりと受け入れられて心地よい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹き出しの形で感情を表現。しゃべってコンシェルがバージョンアップ

2013年11月21日 23時59分28秒 | ひつじのしつじくん
 「しゃべってコンシェル」に2013/11/14、機能が追加された。当初対応機種に含まれていなかったARROWS NX(F-01F)にもバージョン06.10.04001のアプリが2013/11/21から提供されたので早速アップデートしてみた。
 今回追加された機能は、しゃべってキャラが吹き出しの形やデコレーションで感情を表現するというものである。

しゃべってコンシェルアプリがバージョン06.10.04001にアップデート 頼れるキャラと楽しい毎日「しゃべってコンシェル」


 試してみると、対応するおしゃべりの時は通常とは違う形の吹き出しが大きく表示される。こちらからの呼びかけの吹き出しにかぶるほどの大きさだ。そのあとアニメーションで通常の大きさに戻る仕様になっている。

「メイは眠いとき寝ちゃいます」の吹き出しが飛び出すように大きく表示 その後通常の大きさに戻る。


 いろんな会話を試してみたが、感情を表現する吹き出しが表示される回答は雑談だけのようで、種類もそれほど多くはない。とはいうものの、あくまでお遊び機能だと捉えれば、このくらいのレア度でちょうどいいのかも。
 大きなサイズの吹き出しが小さく戻ったときに、上下に不自然なスペースが空いてしまうのが少し落ち着かない印象をもった。

悲しいときは「どんよりマーク」の吹き出し 嬉しいときはハートの吹き出し


 よりわかりやすく感情を表現できるよう、効果音がつくとさらに楽しいかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくん、5回目の誕生日。

2013年11月19日 23時15分19秒 | ひつじのしつじくん
2009年11月19日にiコンシェルがサービスを開始したことから、ひつじのしつじくんの誕生日は11月19日という設定になっている。年齢は永遠の22歳だ。

 しゃべってコンシェルでは前日から誕生日ネタを織り込んだトークが顔を出していた。

誕生日前日のひつじのしつじくん 兄の誕生日が近いことを教えてくれる、妹のメイちゃん 


 日付が変わって誕生日当日。
 いの一番に、ひつじのしつじくんに「誕生日おめでとう!」と声をかけてみた。
 一方で先日登場したばかりの、なにわのしつじくんは「めっちゃ嬉しい!メエェ」と羊の野生を垣間見せる。

11/19 午前0時ちょうど。ひつじのしつじくんに「誕生日おめでとう」 なにわのしつじくんは「メエェ」と歓喜 


 今年、やたら強烈にプッシュしてくるプレゼントネタだが、選択肢は「毎日遊ぶ約束」「ホットケーキの納豆がけ」「やっぱり何もあげない」の3つ。同じ質問でも回答パターンはいくつかあるようだが、ご主人様に尽くそうとするひつじのしつじくんの実直な姿勢にブレるところはない。

「毎日遊ぶ約束」をプレゼントすると… プレゼント「やっぱり何もあげません」と答えると…


 さて、ひつじの執事室の飾り付けだが、ハロウィンに続いて昨年と全く同じデザインだった。さらには、例年「ひつじのしつじくん 誕生日おめでとう♪」と表記されてきたテキスト部分も、前日までのなにわのしつじくんとはんなりメイちゃんの追加告知のまま。いったいどうしてしまったのだろうか。

ひつじの執事室の飾り付けは昨年と同じ。 テキスト部分に「ひつじのしつじくん 誕生日おめでとう♪」の表記はない 


 ひつじのしつじくんは公式Twitter(@hshitsujikun)で感謝のコメントを述べ、メイドのメイちゃんはひつじの伝言板で兄の喜びぶりを伝えている。

ひつじのしつくじん公式Twitterで感謝の言葉 ひつじの伝言板ではメイドのメイちゃんがコメント 


 ひつじの執事室は昨年と寸分違わぬコンテンツの使い回しで昼夜の変化もないさびしい状況だ。先日のハロウィンといい、季節イベントの模様替えに新作の登場はもう望めないのだろうか。
 ひつじの執事室ファンとして、小ネタの効いた厚みのあるコンテンツの復活を強く期待するものである。


【2013/11/20追記】
 明けて2013/11/20の朝になっても、ひつじの執事室はバースデーモードのままで、秋ver.に戻っていない。運用が変わったのだろうか。

【2013/11/21追記】
 ひつじのしつじくんの誕生日から2日後の11/21になってようやく執事室は秋ver.に戻った。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィルコム「インターナビ・3Gプラン」を解約した

2013年11月17日 23時23分41秒 | インターナビ
 ARROWS NX(F-01F)のBluetoothテザリングでインターナビデータ通信がおおよそ問題なく利用できているので、インターナビ・データ通信USB(3G)用に契約しているウィルコム回線を解約することにした。「カーナビ専用サービス for internavi LINC Premium Club」の「インターナビ・3Gプラン」というのが正式なサービスとプランの名称のようだ。
 この回線の新規契約はホンダのディーラーでインターナビ・データ通信USB(3G)の購入と同時に行ったが、解約はウィルコムの店舗「ウィルコムプラザ」で手続きをする必要がある。

 事前に解約に関する条件を調べてみた限りでは、当時の契約申込書の裏面「重要説明事項」やWebサイトにも違約金や解約手数料に関する記述を見つけることができなかった。
 利用料金を確認できるMy WILLCOMにログインして確認しようとしたところ、暗証番号(パスワード)がどうしても思い出せず、やがてロックアウトされて万事休す。まぁ、契約者氏名とお客様番号、それに契約回線の電話番号はわかるのでなんとかなるだろうと最寄りのウィルコムプラザに向かった。ちなみに契約電話番号はインターナビ・データ通信USB(3G)のパッケージの裏にラベルが貼ってある。

インターナビ・3Gプランの電話番号はパッケージの裏


 ウィルコムプラザのカウンターで解約したい旨を告げると、契約者氏名と電話番号の記入を求められた。ペンを手に取り「090-」と書き始めると「ウィルコムの070で始まる電話番号を書いて下さい」と声をかけられるが、これは予想の範囲内。「3Gのデータ通信プランの解約です」と話すと納得してもらえた模様。
 解約条件を確認した結果、やはりこのプランも「年間契約」による料金プランだった。契約満了日の翌料金月以外の解約には2,100円の契約解除手数料が必要とのこと。2011年12月に契約したので来年1月に解約すれば手数料が不要になるが、12月と1月の通信料金(1,053円×2か月)でちょうど相殺できるので、本日付での解約をお願いした。
 しかし、「インターナビ・3Gプラン」が年間契約プランで契約解除金が発生することはいったいどこで通知されていたのだろう。

契約解除手数料が2,100円発生した


 約2年間、インターナビ・3Gプランのサービスを利用してきたが、カーナビの通信という限定的な利用環境ではフローティング情報や燃費情報などテキストベースの送受信がほとんどであり、必要十分な通信速度は満たしていると感じている。今後、道路状況画像の送受信といった通信量が増大する新しいカーナビ通信サービスが普及するまでは実用上の問題はなさそうだ。
 ソフトバンク3Gが弱いとされる山間部を走行することも多く、ドコモ回線と比較すれば圏外となる場所もあったが、多くの場合、15分も走れば再び市街地になり通信可能エリアに復帰するというカーナビ通信ならではの特性に救われているサービスという印象をもった。

 一方で、ウィルコムの顧客対応には大きな不信感が残っている。
 契約者側が得をする事案だったとは言え、2012年3月の料金誤請求問題は未だ公表されることなく隠微したままだ。My WILLCOMによる契約情報の確認もPHSサービスの利用者向けの案内ばかりでデータ通信利用者にはまったくもって不親切である。契約者への情報提供は料金お知らせメールだけで契約の存在さえ忘れかけるくらいだ。それが狙いではないかと勘ぐりたくもなる。

手元に残った専用SIMカードとインターナビ・データ通信USB(3G)


 BluetoothのDUNプロファイルをサポートするARROWS NXだからこそウィルコム回線の解約が可能になったが、次の機種変更はDUNプロファイルに縛られるのか?とぼんやりとした不安を感じないでもない。
 まぁ、それはその時考えることにしよう。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARROWS NXのナビゲーションバーをあれこれ触ってみる

2013年11月15日 23時40分52秒 | ARROWS NX F-01F
 ARROWS NX(F-01F)の外観上の特長の一つが、「ナビゲーションバー」と名付けられたオンスクリーンキーだろう。この機能を見ていこう。
 ナビゲーションバーは、初期設定のブラックのほかホワイトやマゼンタなど5色から色を選ぶことが可能になっている。試してみたが、あまり濃い色では主張が強すぎる印象を受けたので現在は「ライトグレー」を選択している。変更は「本体設定」→「ディスプレイ」→「画面のカスタマイズ」から。

画面のカスタマイズでナビゲーションバーの色設定が可能


 ナビゲーションバーに配置されたアイコンのうち、他端末で見慣れないものが矢印をデザインした「スライドディスプレイ」アイコンだ。
 スマートフォンの大画面化にともない端末を持ち替えずに端まで指を伸ばして操作することが難しくなっている中、画面を下方向に移動させる形で引き下げて操作しやすくする機能だ。当然に下半分は一時的に表示されなくなるが、再度アイコンをタップすると元の表示に戻る。また、スライドする幅はある程度の範囲で調整できる。

画面全体を下方向に移動させるスマートディスプレイ スマートディスプレイの表示位置は変更可能


 実際にARROWS NXを右手で持って操作してみると、スライドディスプレイのアイコンをタップするためには少しだけ持ち方を変える必要があるかもしれない。標準で右側に置かれているスライドディスプレイのアイコン位置を左側に変更することも可能だが、今度はメニューアイコンがタップしづらくなるわけでなかなかに悩ましい。
 なお、スライドディスプレイの機能自体を設定でOFFにすればアイコンは表示されなくなる。

アイコンの表示位置は左にも変更できる スライドディスプレイをOFFにするとナビゲーションバーからアイコンが消える


 ホームボタンを長押し(ロングタッチ)すると最近使ったアプリを表示するタスク管理機能が起動する。最近使ったアプリへの切り替え機能というよりは、現在バックグラウンドで実行中のままになっているアプリを確認して終了させる機能として認知されているように思う。とはいうもののARROWS NXを含めて最近の端末には2GBのRAMが搭載されており、一般的な利用シーンであれば空きメモリに神経質になる必要はないだろう。
 さらにホームボタンから長押しした状態で表示される検索アイコンまで指をスライドさせれば、Google検索やGoogle Now(設定によっては「しゃべってコンシェル」)を起動させることもできる。

ホームボタン長押しで最近使ったアプリを一覧表示 検索アイコンまで指をスライドさせるとGoogle検索が起動


 Googleが推奨していることもあって、現行モデルのスマートフォンはオンスクリーンキーを採用することが一般的になっている。これに対して、私がARROWS NXの直前まで利用していた2013年春モデルのELUGA X(P-02E)は物理キーを備えていた。
 画面にキーが常時表示されると言うことは当然に実質的な表示面積は狭くなる。ドコモのWebサイト(スマートフォン版)で見え方を比較してみるとご覧のとおり。縦1920ピクセルのうち144ピクセル、率にして7.5%をナビゲーションバーが覆い隠してしまった。

ELUGA XでドコモWebサイト(スマートフォン版)を閲覧 ARROWS NXでドコモWebサイト(スマートフォン版)を閲覧


 一方で、物理的な可動域がないオンスクリーンキーは劣化に強いとされ、バイブレーションを動作させることで擬似的な操作感を通知することもできる。ARROWS NXのナビゲーションバーでは色やボタンの配置、さらには表示の仕方まで切り替えることが可能だ。実際にギャラリーアプリではナビゲーションバーが透過になるし、QuicPicアプリではアイコンの表示が「・」に切り替わる様子が確認できる。

ギャラリーアプリで画像を表示するとナビゲーションバーは透過になる QuicPicアプリでは「・」に表示が変わる


 そもそもARROWS NXには、背面にスイッチ付指紋センサーという使い勝手のよい物理キーが存在していてスリープ解除の操作に難儀することもない。そうした構成の中で、スライドディスプレイ機能を搭載したナビゲーションバーは若干のカスタマイズも可能であり、大きな不満なく仕上がっていると感じている。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なにわのしつじくん、はんなりメイちゃんが颯爽と登場

2013年11月13日 23時54分16秒 | ひつじのしつじくん
 2013/11/13、ひつじの執事室に突如「マチキャラになにわのしつじくん、はんなりメイちゃんを追加」というアナウンスが掲載された。
 確認してみると、執事の学校に「ひつじのしつじくん しゃべってコース なにわver.」と「メイドのメイちゃん しゃべってコース はんなりver.」の2つのしゃべってキャラが公開されていた。ひつじの伝言板にもその旨が記されている。

なにわver.とはんなりver. ひつじの伝言板に新キャラ登場の告知


 なにわのしつじくんは、水色のジャケットに大きすぎる赤い蝶ネクタイで昔気質の漫才師風の出で立ち。はんなりメイちゃんは舞妓(まいこ)さんの華やかな衣装での登場だ。金色のかんざしと紅葉をあしらった着物が鮮やかだ。

なにわのしつじくんは漫才師風 はんなりメイちゃんは舞妓さん風


 当然ながらしゃべってコンシェルのやり取りも関西弁と京ことばで展開される。これまでのひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんのイメージからはちょっと違和感を感じないでもないが、新鮮でもある。

しゃべってコンシェルのやり取りも関西弁 メイちゃんは京ことばで運行情報を案内


 キャラの部屋を見てみると、なにわのしつじくんには吉本新喜劇を思わせる舞台セットがあてがわれている。はんなりめいちゃんは祇園をイメージしたらしい古い町並みだが、注目点はのれんに書かれたお店の名前「御菓子処 五月餅 祇園本店」だ。「五月」は英語でMay=メイ。どこまでも小ネタ好きである。

なにわのしつじくんのキャラの部屋は新喜劇のセット はんなりメイちゃんのキャラの部屋は古い町並み


 マチキャラのアクション自体は、これまでのひつじのしつじくんやメイドのメイちゃんと同じようだ。しゃべってコンシェルでのやり取りも、試した範囲では会話の内容まで関西仕様に変更されているというわけではないように思える。
 そういえば、2013/11/7からiPhone版の「しゃべってコンシェル」がApp Storeで公開されたところ。アップル製品のプロモーションビデオの非公式関西弁バージョンが有志の手で恒例のように公開されることにも引っかけているのかも。

ご主人様みてたら、こっちも楽しなります。


 この秋は「執事の学校」に新しいキャラが追加されず寂しい思いをしていたところに嬉しいサプライズだった。今後、他の地域仕様バージョンも用意されるのでしょうか。


【2013/11/16追記】
 2013/11/16(土曜日)の午前10時、なにわのしつじくんが突然たこ焼き姿に変身した。頭に蛸を載せてたこ焼きの着ぐるみに袖を通して何食わぬ顔で執事の仕事に勤しむしつじくんは、とてもシュールだ。

たこ焼きにお着替えした「なにわのしつじくん」 たこさん「こっち見んな」


 しゃべってコンシェルで「好きな食べ物は?」と尋ねてみると…。

たこ焼きスタイルで「ホットケーキが大好きです」


 「そんな格好で、何言うてんの!」

 なにわのしつじくんのたこ焼きスタイルは、他のイベント系お着替えと同じく午後3時で終了した。
 ちなみに、はんなりメイちゃんは2013/11/16 18:20時点でお着替えをしていません。


【参考】
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ARROWS NXのフォント設定を眺める

2013年11月13日 00時24分14秒 | ARROWS NX F-01F
 ARROWS NX(F-01F)のフォント関係を見てみる。「本体設定」のディスプレイの項目に「文字表示」のグループとして設定メニューが置かれ、フォントの切り替えとサイズの変更が可能だ。
 標準で搭載されているのが「UD新丸ゴ」と「モトヤLマルベリ3等幅」の2種類で、これに「オリジナル手書きフォント」を加えて選択肢は3つ。2013年夏モデルのARROWS NX(F-06E)とまったく同じ構成である。

ディスプレイの「文字表示」に設定メニュー フォントはオリジナルと手書きフォントを含めて3種類


 選択できる2つのフォントは、実質的にほとんど違いがない。スクリーンショットで紹介すると、左側が「UD新丸ゴ」で右側が「モトヤLマルベリ3等幅」なのだが、差異と言えるのは、わずかな丸みの有無と英数文字の高さぐらいものものだろうか。

ARROWS NXの標準フォント「UD新丸ゴを設定」 ARROWS NXに「モトヤLマルベリ3等幅」を設定


 フォントサイズは「小」「中」「大」「特大」の4段階に切り替えられる。標準設定は「中」だ。
 左側のスクリーンショットが「小」で、右側は「特大」であるが、サイズ設定も変更幅は小さめという印象をもった。

ARROWS NXのフォントサイズを「小」に設定 ARROWS NXのフォントサイズを「特大」に設定


 オリジナル手書きフォントは、ARROWSシリーズでは2011年冬モデルの「D」シリーズから搭載されている機能で、既定の手書き文字風フォントに自らが手書き入力した10文字の形を基にした調整を加えてオリジナルのフォントを生成してくれるというものだ。

オリジナル手書きフォントは10文字を手書きする フォント「は」を手書き入力


 わざとクセの強い文字を入力してみたが、書いた文字が反映される程度は思ったよりも少なく、手書き入力後にスライドバーで調整できる文字の扁平具合の方が見た目を大きく変更できる。
 せっかくなので作成された「オリジナル手書きフォント」を設定してみたが、文字ピッチが開いてしまうので読みづらくなってしまった。あまり実用的な機能ではなさそうだ。
 ネット上に掲載されている過去のARROWSシリーズのレビュー記事を拝見すると、このオリジナル手書きフォントの生成には2〜3分かかると書かれていて、またF-01Fの画面でも同様の所要時間が示されるのだが、F-01Fでは2.2GHzクアッドコアのQUALCOMM社製Snapdragon 800(MSM8974)の威力か、わずか20秒ほどで完了するのが一番の驚きどころだ。

3種類のイメージから選択してフォントを作成 オリジナル手書きフォントを設定


 これ以外にフォントのダウンロードが公式サイト等で用意されているわけでもない。
 選択肢として明朝体や丸文字くらいはあっても良いように感じたが、標準設定のUD新丸ゴが十二分に読みやすいフォントであり、フォントをカスタマイズしたいというニーズ自体がもはや少ないのかも知れない。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加