At First

 

豊橋鉄道にモバイルSuicaでの乗車記録を刻む約束を果たしてきた

2013年09月26日 23時20分27秒 | おサイフケータイ
 SuicaやTOICA、manacaなど全国10のIC乗車券が相互に利用できるようになった2013/03/23にmanacaエリアの事業者路線にモバイルSuicaで乗車して履歴を刻んだことは以前のエントリーで記した。



 この日は名古屋鉄道や名古屋市交通局はもとより、名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)から名古屋ガイドウェイバスに至るまでほとんどのmanaca参加事業者の路線に乗ったのだが、地理的事情から一社だけ積み残しがあった。愛知県東部の中核都市・豊橋市に本社を置く豊橋鉄道株式会社(豊鉄)だ。
 過日の失礼をお詫びするとともに欠けていたピースを埋めるべく、本日2013/9/26、豊橋に向かった次第である。

 いつもの通りモバイルSuicaアプリの利用履歴を見ながら、乗車順と逆に追っていこう。
モバイルSuicaの利用履歴


 「TP新豊橋」はJR東海及び名古屋鉄道の豊橋駅に隣接する豊橋鉄道渥美線の起点駅・新豊橋駅で、「TP愛知大」は同じく渥美線の愛知大学前駅を指している。渥美線は新豊橋駅を含めて自動改札機は設置されておらず、manacaなどIC乗車券は簡易改札機に端末をかざして乗車し、下車駅でも同様に簡易改札機にかざす方式だった。
豊橋鉄道1800系電車 manacaの簡易改札機


 「バス等豊鉄トラム」と表示されているのは、路面電車の市内線(東田本線)への乗車記録である。市内線の運賃は乗車区間に関わらず1乗車大人150円(乗車日時点)であり、乗車時に運賃箱に併設されたカードリーダーに端末をかざして乗車した。
豊橋鉄道モ780形 IC乗車券リーダー


 このほか、豊橋鉄道グループには路線バス等を運行する豊鉄バス株式会社もあるが、現時点ではバスでのIC乗車券の利用はできない。

 さて、せっかく豊橋まで来たのだから、名物を食さないわけにはいかない。
 豊橋名物といえば、最近は豊橋カレーうどんだろう。通常のカレーうどんの下にとろろとご飯が入った独特の構成だ。市内線や渥美線で行ける範囲に沢山の店舗があるのもありがたい。
豊橋カレーうどん


 というわけで、豊橋鉄道様、半年遅れましたがモバイルSuicaで利用履歴を刻ませていただきました。また、お伺いします。
豊橋鉄道市内線営業所


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ネタ】歌を拒否してモノマネを無理矢理見せる、ひつじのしつじくん[追記あり]

2013年09月25日 21時32分16秒 | ひつじのしつじくん
 しゃべってキャラのひつじのしつじくんに「歌って」と話しかけると、ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんがそれぞれ歌を披露してくれる定番ネタがある。
 ところが、ブログへのコメントで「最近歌わなくなった」と教えていただいたので、さっそく試してみた。

 メイドのメイちゃんに「歌って」と話しかけると…
 「歌?メイ実は、モノマネにもちょっと自信があるんですよ?」と、モノマネを振ってくれと言わんばかりの回答が返ってきた。

歌?メイ実は、モノマネにもちょっと自信があるんですよ?


 ならば、「モノマネして!」と話しかけると…

二宮金次郎!!


 まさかの「二宮金次郎!!」
 一発ネタをブチ込んできた。

 では、兄のひつじのしつじくんは、どうか。
 同様に「歌って」と話しかけると、横を向いてどこかへ歩いて行こうとしながら、「歌ですか・・・。うーん、じつはモノマネのほうが自信があるのですが。」と答える。

歌ですか・・・。じつはモノマネのほうが自信があるのですが。


 渋々、「モノマネして」と振ってみると…。

白い毛玉の真似をします。


 丸まって、「白い毛玉の真似をします」。

 ・・・。

 これはスベっているでしょう。
 派生ネタで「ウールの真似」「雪玉の真似」も見せてもらったが、いずれも予選落ちレベルのネタだ。モノマネでは、メイドのメイちゃんの方が一枚上手か。

 と思いながら、もう一度メイドのメイちゃんにモノマネを振ってみると…

メイちゃん「恥ずかしいっ!」


 おいっ! 自分から振っておいて、なんだそりゃ!


 楽しい兄妹である。



【2013/9/28追記】
 コメントで教えていただいたのだが、2013/9/28時点で「歌って」と話しかけると、モノマネではなく再び歌を歌うように挙動が変更されている。以前からの歌に加えて新しい歌が増えており、新曲リリースと言うことだろうか?

新曲を歌い上げるひつじのしつじくん 新曲を披露するメイドのメイちゃん


 スクリーンショットでは伝わりませんので、ぜひ、お手元のドコモスマートフォンでお聞き下さいませ。



【参考】
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじの執事室が2013年秋ver.にリニューアル。深夜に河童騒動が。

2013年09月19日 23時16分12秒 | ひつじのしつじくん
 ひつじの執事室2013年秋ver.へのリニューアルは、昨年と同じ9/19に行われた。
 今年は一日を通じて色とりどりの落ち葉が舞う華やかな演出で、建物は天井の高い寝殿造り風に構成されている。今年行われる伊勢神宮と出雲大社の遷宮を意識しているのだろうか。

 朝を告げる鳥が空を舞う中、ひつじのしつじくんが登場して縁側を歩き回る。
 午前10時になると、妹のメイドのメイちゃんが庭で落ち葉を掃き始めたのだが、ひつじのしつじくんはそれを横目に見ながら眠ってしまった。この昼寝はなんと夕方まで続く。寝過ぎじゃない?

ひつじの執事室2013年秋ver.朝 ひつじの執事室2013年秋ver.昼


 午後4時を過ぎてようやく起きあがったひつじくんは、メイちゃんが掃き集めた落ち葉でたき火を始めた。焼き芋でもしているのだろうか。メイちゃんは縁側に座って体を動かしている。この仕草はストレッチのようにも見えるのだが意味するところはわからなかった。
 午後6時を過ぎると、空に大きな満月が姿を現した。2013/9/19は折しも中秋の名月、ハシゴをかけて屋根に登った兄妹は仲良く月見をしている。月の模様は餅をつくウサギのようにも見える。

ひつじの執事室2013年秋ver.夕方 ひつじの執事室2013年秋ver.夜(中秋の名月)


 深夜になると縁側でひつじのしつじくんは寝てしまうのだが、足下にはキュウリが2本。意味ありげなこのキュウリがドラマを引き起こす。

ひつじの執事室2013年秋ver.深夜


 画面中央の物陰をよく見ると暗闇に河童の姿が確認できる。キュウリといえば河童の大好物ということで、キュウリに興味津々のご様子。
 今度は池から顔を出す河童、徐々に距離を詰めてきた。

河童が物陰から登場。キュウリを見ている。 池から顔を出した河童、キュウリをロックオン


 突然、眠るひつじのしつじくんのすぐ近くに出現。あっ!と思ううちに2本あったキュウリが1本なくなっている。あ!とられた!

眠るひつじのしつじくんのすぐ近くに! キュウリが1本なくなった



 ひつじのしつじくんは、2013/9/19付のひつじの伝言板で模様替えについて言及している。
 「高くなった秋の空に見えるのは何でしょう?満月の夜にはお月見も楽しめます。」と書いているが、今日のところは鳥と満月だけ。他にも何か仕掛けがあるのかな?

2013/9/19のひつじの伝言板


 執事の学校で提供されている「しゃべってキャラ」には特に更新なし。昨年公開された「しゃべってコース秋冬ver.」をそのまま楽しんでということだろうか。

 深夜の河童騒動はたしかに楽しいが、日中のひつじのしつじくんは昼寝をしたままでちょっと消化不良。例年、執事室の秋はイベント盛りだくさんなのだが、この秋ver.も今後なんからの変化があることに期待している。



【参考】
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ELUGA X、6回目のソフトウェア更新は「機能バージョンアップ」で実施

2013年09月19日 20時50分52秒 | ELUGA X P-02E
 ELUGA X(P-02E)に通算6回目のソフトウェア更新が2013/9/19から提供された。もうすっかり手慣れた作業のはずだったが、今回はちょっと勝手が違った。

 「設定」メニューから「端末情報」を開き、「ソフトウェア更新」をしたのだが「ソフトウェア更新の必要はありません」というメッセージ。慌ててドコモのWebサイトで製品アップデートを確認してみると、確かに今日から開始されているはずだ。
 同じWebページでアップデート手順を改めて確認してみたところ、どうやら今回は「機能バージョンアップ」のメニューを使用することがわかった。

「ソフトウェア更新の必要はありません」のメッセージ 「機能バージョンアップ」を選択:


 機能バージョンアップから、「ソフトウェア更新」ではなく「機能バージョンアップ」を選択。ここがポイント。

「サーバーから更新」を選択 「機能バージョンアップ」の実施確認画面


 73MBの新しいソフトウェアが公開されていることが確認された。この画面から更新に要する時間は16分。

最新のソフトウェアが見つかった 機能バージョンアップによるソフトウェア更新の予定所要時間は16分


 だが、しかしこの時点での電池残量は51%。残念ながらソフトウェア更新を行うには電池残量が不足している旨のメッセージが表示され、更新は中止されててしまった。そういえば、ELUGA Xを購入した初日にも同じことがあったような… orz
 10分ほど充電して残量が56%になったところで再度「今すぐ更新」をタップしてすると、無事に更新作業が再開され、端末の再起動が始まった。今回の更新では、フル充電の必要はなかったようだ。

電池残量51%ではソフトウェア更新が実行できず 10分後電池残量56%で更新を再実行したところ更新が再開し再起動


 その後、数回の再起動を挟んで更新作業が完了した。

ELUGA X、ソフトウェア更新中


 機能バージョンアップのメニューには「更新結果」という項目があるので開いて確認すると、更新日時と更新バージョンが記録されていた。更新日時は実際の時間より9時間ずれているので、グリニッジ標準時だろうか。

機能バージョンアップによるソフトウェア更新が完了。 機能バージョンアップの「更新結果」画面


 ELUGA Xの端末情報を確認しておこう。ベースバンドバージョンが「101039_DCM_01.03」から「101060_DCM_01.05」に、カーネルバージョン中の日付は2013/6/11から2013/8/29に、ビルド番号は10.0767から10.0798にそれぞれ更新されている。
 過去5回のソフトウェア更新ではベースバンドバージョンは「101039」のまま変わらなかったのだが、今回は「101060」に大きく変化している点に注目だ。

機能バージョンアップ前の端末情報:ビルド番号は10.07667 更新後のELUGA Xの端末情報:ビルド番号が10.0798に


 さて、今回の更新は伝言メモリスト閲覧時に、電話帳に登録された名前が表示されず、電話番号が表示される場合がある。事象の改善と、「Play ゲーム」アプリの追加とアナウンスされている。前者の事象については自分自身は体験していない。「Play ゲーム」はGoogleが提供するゲームサービスでGoogle +と連携してプレイ情報等を共有するもののようだ。



 同じメニューに並ぶ「ソフトウェア更新」と「機能バージョンアップ」の違いはよくわからない。漠然と機能バージョンアップの方がよりシステムの深い部分を更新するようなイメージを持っているのだが、今回示されている更新内容がそれにあたるのだろうか。
 まだ実施予定さえ明らかにされていないのだが「Android 4.2へのOSバージョンアップに向けた準備行為」が含まれているんじゃないだろうかと根拠なく考えているところだ。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CommuniCaseがアップデート。添付ファイルのプレビュー表示が9か月ぶりに復活も…

2013年09月11日 23時18分25秒 | スマートフォン向けサービス
 ドコモが提供しているマルチアカウント対応メールアプリ「CommuniCase」が2013/9/11、バージョン1.4.3に更新された。
 今回のバージョンアップ内容は、メール詳細画面の添付ファイルの表示方法が変更され、画像などの内容を本文にプレビュー表示できるようになったことだ。

 というのは正確な表現ではない。
 もともとバージョン1.2.1までのCommuniCaseには添付ファイルのプレビュー機能が搭載されていた。ところが、2012/11/27に提供されたバージョン1.3.0でこの機能が削除されてしまったもので、9か月にぶりに復活したことになる。

 実際に確認してみよう。
 メール詳細画面を開く。

 ・・・・・添付ファイルを保存するアイコンはあるが、プレビューは見当たらない。

ファイルが添付されたメールの詳細画面。プレビューはどこ?



 下にスクロールしてみる。

 ・・・。

 あっ!

下へスクロールしていくと…


 あった。

ようやく添付ファイルのプレビューが見えた



 種を明かせば、プレビュー機能が搭載されていたバージョン1.2.1でも同様だったのだが、メール本文と添付ファイルのプレビュー表示がされるエリアの間には意味不明な広大なスペースがあり、プレビュー画面があることを隠しているような構成だ。これは早急に何とかしていただきたい。

 ドコモからiPhoneが発売されることが正式に発表された2013/9/11、ひっそりと行われたCommuniCaseのバージョンアップだが、一言で言えば「残念」。プレビュー機能が復活したことは嬉しいが、9か月の間にもう少し何とかならなかったのだろうか。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELUGA Xで気になる3つの「特性」-電波の掴み、発熱、バッテリー

2013年09月08日 17時28分18秒 | ELUGA X P-02E
 ELUGA X(P-02E)を発売日から7か月あまり使ってきた。
 全体の印象は、堅実な作りでありながらも新しいアイデアが随所に盛り込まれている良端末と感じるのだが、電波の掴みと発熱それにバッテリーに関しては3つの気になる挙動がある。ただ、これらを「不具合」と呼ぶことは適切とは感じられず、「端末の特性」と表現するものに近い印象だ。この機会に整理しておきたい。

 まずは、弱電界(と思われる場所)での電波の掴みに関するものだ。
 画面には「しばらくお待ち下さい(パケット)」と表示される。通知パネルで詳細を確認すると「アクセス制限が変更されました(音声サービスがブロックされています)」「アクセス制限が変更されました(データサービスがブロックされています)」と表示され、少なくともこの瞬間は通信が切断されてしまう。
 インターネットで検索してみると、この通知は近隣でネットワーク工事が行われたり通信障害が発生した際に基地局側から通信を規制する信号を受信したりすると表示されるものらしい。だが私の利用環境では、そこそこの頻度で発生するので毎回が工事や通信障害を理由に生じているとは考えにくい。発生しやすい場所は勤務先の窓のない階段室という、やや特殊な状況であり、アンテナピクトによれば電波状況が厳しい場所なのは確かだが、毎回必ず発生するというわけでもない。また、これ以外の場所でも「ごくまれに」見かけることもある。
 このメッセージが表示された状態は十秒ほどで解消し、通知パネルのメッセージもしばらくすると消えるので発生したとしても気がついていない可能性もあり得る。
 頻度が極めて低いことや回復が早いことから、「困る!」「使い物にならない!」と憤るほどではないのだが、通信機器の電波に関することであり、気になる現象だ。

ELUGA X「しばらくお待ち下さい(パケット)」の表示 ELUGA X「アクセス制限が変更されました」の表示


 発熱の状況も気になる。
 特に屋外でカメラを連続で使用すると、温度状況によりカメラが使用不可になることが多い。数枚のスナップ撮影ならともかく、コンパクトデジカメの替わりにイベント撮影などに利用するのは現実的ではない。もっともこれはGALAXY SIIIでも同じ現象を経験している。
 カメラ以外でも利用状況によっては短時間で端末が明らかに熱を帯びることがあり、確認してみると電池温度が50度に近い状態になっていることもしばしばだ。カメラ以外の機能が利用できなくなることはないので、熱さを我慢して使い続けることは可能だが、精神衛生上良くはない。

「温度上昇を検出しました」の表示 十数分で温度急上昇の図


 バッテリー残量が残り少なくなると、電池残量10%の表示の段階で強制的に電源が切れてしまうのには面食らった。取扱説明書を確認しても、電池残量が15%を切ると、電池残量が残り少なくなっている旨のメッセージが表示され、充電をお知らせします。電池残量がなくなると、電源を切る旨のメッセージが表示され、電源が切れますと記載されているのみで、電源が自動的に切れる閾値が10%であるとは読み取れない。これまで見てきた端末では残量10%で切れてしまうことはなかったのだが…。
 
バッテリー残量残り10%で強制電源断 ELUGA Xの電池パックはP29 2320mAh


 パナソニックのスマートフォン事業は今後個人向けを縮小し、法人向けにシフトする旨の報道がされている。昨年後半以降の製品、特に直近のELUGA XやELUGA Pは同時期の他社製端末と同等以上のクオリティを有する製品を送り出していると思うのだが、いかんせんスマートフォンへの注力が遅れたとことによるブランド力のなさを挽回するには至らなかった結果と解釈している。
 こうした企業経営上の事情がなかったとしても、これら電波や発熱の問題をソフトウェア更新で解決することは難しいだろう。本エントリーはひとつの記録として記した。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月は別バージョン。ひつじのしつじくんが、もうひとつの夏衣装にお着替え

2013年09月01日 23時43分34秒 | ひつじのしつじくん
 2013/9/1の夕方、ひつじのしつじくん(しゃべってコース 春夏ver.)のお着替えが変化した。8月の週末の17時から24時までは妹のメイドのメイちゃんと揃って浴衣姿を披露してくれていたのだが、9月に入って内容が変わった。
 ひつじのしつじくんは、大きめの麦わら帽子に鮮やかな青のかりゆしウェアだ。なかなかに夏らしいのだが、太陽が沈んだ夕方から夜の時間帯のお着替えとしてはちょっと違和感を感じないでもない。

麦わら帽子にかりゆしウェアのひつじのしつじくん 資料を参照するひつじのしつじくん


 一方のメイドのメイちゃんは、一転してピンクが眩しいフリフリの衣装にお着替えだ。
 この衣装はiモードケータイ向けのマチキャラで「お洒落メイドコース」を修了したメイちゃんがバレンタインデーに披露してくれていたものと同一だ。スマートフォン向けでは初登場となる。フリルのついたメイド服(?)で、胸元と背中が大胆に開いているところが夏らしさの表現か。

メイドのメイちゃんはフリルのついたメイド服 背中もかなり開いている(!)、メイちゃんの衣装


 秋の気配が感じられる9月に入って、春夏ver.しゃべってキャラのお楽しみも潮時かと思っていたが、9月にこんな仕掛けがあったとはびっくりだ。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加