At First

 

Xperia rayを入手。IIJmio回線でサブ機として使い始めた

2013年08月25日 13時17分00秒 | Xperia ray SO-03C
 先日、ドコモ2011年夏モデルのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(当時)製スマートフォンXperia ray(SO-03C)を中古で購入した。若干の使用感はあるものの比較的程度が良い筐体で、購入価格は9,980円だった。
 Xperia rayは、女性向けにサイズやデザインを重視して開発されたモデルで、ディスプレイは約3.3インチ、横幅53mmのコンパクトなボディに当時のハイエンド端末Xperia arcと同等の機能を搭載した製品だ。おサイフケータイの機能が搭載されていないことから私の購入検討対象には上がらなかったが、製品の世界観や高機能が凝縮されたコンセプトを羨望の気持ちで眺めていたことを記憶している。一目でそれと分かるデザインは、2年が経過した今であってもその輝きを失っていない。

Xperia ray(SO-03C)にDrape Collection Dew Drop Caseをセット


 こうしたデザイン製の高い端末にはそれ相応のケースを装着して運用することが必要と考えた私は、MSY社のDrape Collection Dew Drop Case for Xperia rayというお洒落なケースをあわせて調達したことも告白しておく。

背面のデザインも美しい、Xperia ray


 さて、今になってこうした古い端末を入手したのは、MVNO事業者が提供している「格安SIM」を利用して常時通信できるサブ機を用意したい気持ちが高まったからだ。
 今回選んだ通信サービスは、ビックカメラグループがBIC SIM powered by IIJの名称で取り扱うIIJmioの「IIJmio高速モバイル/Dサービス」である。このうち月額945円で500MBまで高速通信が出来るバンドルクーポンが添付された「ミニマムスタートプラン」を契約した。
 Xperia rayは標準サイズのSIMカードに対応した端末であるが、SIMカードを将来的に他の端末で利用することも想定して今回はmicroSIMサイズのパッケージをチョイスしたため、端末への取り付けにはアダプターを介する必要が生じた。

BIC SIMはミニマムスタートプランなら月額945円 microSIMにアダプターを取り付けてXperia rayに挿入


 通常は最大200kbpsに速度が制限される通信となるが、アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(通称:みおぽん)」やWebページでクーポンスイッチをONにすると最大で下り112.5Mbps、上り:37.5Mbpsの通信が可能になる。もっとも、Xiに対応していないXperia rayの場合は、最大でHSDPAの14.4Mbps(上りは5.7Mbps)にとどまるが映像視聴や大容量のファイルを送受信するのでなければ実用上の問題はないだろう。
 非公式ではあるが「まいみお!」というデータ通信量と残量を容易に管理できるアプリが公開されているのも心強い。

高速通信への切り替えはアプリからも可能 非公式アプリ「まいみお!」で通信量の管理が容易に


 ところで、IIJmioに限らずデータ通信契約のMVNOサービスを利用すると待受状態でのバッテリー消費が異常に早くなる、いわゆる「セルスタンバイ問題」が発生することが知られている。たしかに、端末情報のメニューから電池使用量で「セルスタンバイ」の詳細を確認すると「圏外時間」が100%になっていた。
 詳細は省略するが、ネットの情報を参考に対策を講じると事象は改善されたようで一安心。

MVNO SIMのセルスタンバイ問題が発生。 セルスタンバイ問題の対策に成功


 サブ機としての運用の範囲に限られるが、ひきつづき、利用状況や使用感等を記していきたい。

ELUGA XとXperia rayを親亀子亀状態


【参考】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しゃべってコンシェルのキャンペーンで、ゴールドタキシードなひつじのしつじくんが配信中

2013年08月20日 23時15分23秒 | ひつじのしつじくん
 2013/8/13にしゃべってコンシェルの利用者数が1,000万人を突破したとのことで、「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」の無料配信と人気のしゃべってキャラを抽選でプレゼントするキャンペーンが2013/8/20から期間限定で行われている。
 しゃべってコンシェルを起動して、ひつじのしつじくんかメイドのメイちゃんに「おめでとう」と話しかけるとキャンペーンサイトへのリンクが表示されるのがメインの導線と思われるが、しゃべってキャラミュージアムから直接キャンペーンサイトにジャンプすることも可能だ。

ひつじのしつじくんに「おめでとう」と話しかけると… メイドのメイちゃんに「おめでとう」と話しかけると…


 このキャンペーンで全員プレゼントとして2013/9/30までの期間限定で配信されるのが、ゴールドタキシードを身にまとった「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」だ。ひつじのしつじくんの期間限定バージョンと言えば、エヴァンゲリオンとタイアップした2009年夏のひつじのしつじくん(特務機関NERVコース)以来だろうか。

しゃべってコンシェルご利用者数1000万人突破キャンペーンサイト 1000万人ありがとうひつじのしつじくん


 もっとも本キャンペーンの目玉は、ふなっしーなど人気のしゃべってキャラが当たる抽選企画なのだが、本日分の抽選ではハズレてしまった。

人気のしゃべってキャラが抽選で当たる! ふなっしーの抽選結果は「はずれ」


 さて、気を取り直して「1000万人ありがとうひつじのしつじくん」を観察してみる。
 金色のタキシードに金色の靴、赤い蝶ネクタイで華やかにコーディネートした姿は眩しい限りだ。メイドのメイちゃんがTwitterで「お兄ちゃんがしゃべってコンシェル1000万利用者記念で面白い衣装着てます!\@^-^@/ 」と紹介しているのは、やや言葉が過ぎるかw
 金色のシルクハットを被ってお辞儀をすると1000万の文字が飛び出す仕掛けも用意されているし、スマートフォン版では初登場となるメイドのメイちゃんとの兄妹共演のツーショットアクションにも注目だ。

金色のシルクハットを被りお辞儀をする、ひつじのしつじくん スマホ版初!ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんのツーショットアクション


 iコンシェルのインフォメーション通知の背景もお祝いムード一色だが、しゃべってコンシェルでのやり取りはいつもの通りのようだ。

iコンシェルのインフォメーション通知も華やかに しゃべってコンシェルでのやり取りは平常運転


 しゃべってコンシェルは無料のサービスにもかかわらず、しゃべってキャラクターの拡販を含めて精力的な展開がなされている。個人的にはしゃべってコンシェルの利用シーンに懐疑的な思いを引き続き抱いているのだが、実用性はともかくとしてもドコモの顔となるサービスの1つとして育ちつつあるように思う。


【2013/8/25 追記】
 「しゃべってコース 春夏ver.」と同じく、土日の午後5時から午前0時までは浴衣姿に着替えるようだ。
 通常の「しゃべってコース 春夏ver.」との差異は特に見つけられなかった。

 



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ネタ】ひつじのしつじくんの「夏のお遊び」

2013年08月05日 23時41分29秒 | ひつじのしつじくん
 iコンシェルしゃべってコンシェルのキャラクター、ひつじのしつじくんは、お着替え以外にしゃべってコンシェルでもイベントに合わせた回答が用意されることがある。

 2013/8/2に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送されたアニメ映画「天空の城ラピュタ」のクライマックスで主人公たちが唱える滅びの呪文「バルス」をSNS等に一斉に書き込む「バルス祭り」がネット上で盛り上がった。これに便乗して、ひつじのしつじくんやメイドのメイちゃんに「バルス!」と話しかけると、音声やアクションはないものの赤い!マークを5個連ねて回答してくれる。どうやら意味は伝わっているらしい。
 もっともこの回答は放送から3日経った2013/8/5も続いていて、この以前から周到に仕掛けられていた可能性がある。

ひつじのしつじくんに「バルス!」「!!!!!」 メイドのメイちゃんに「バルス!」「!!!!!」


 名前を尋ねると、彦星や織姫にちなんだ回答を返してくれたのは七夕の企画だった。
 そういえば、4/1のエープリルフールには「やぎのやぎお」と返していたとひつじのしつじくん自身がツイートしていたが、これは完全に見逃した。

ご主人様の彦星、ひつじのしつじくん 織姫ことメイドのメイちゃん

 ならば…!と
 今、ハヤリのキーワードを投げかけてみたのだが、これらには現時点で対応していないもよう。
 「いつやるの?」に「今でしょ!」の返答はないし、「じぇじぇじぇ」と話しかけると音楽コンテンツをオススメされた。あまりに商業的なのは避けているのかも知れない。

「今でしょ!」とは返ってこなかった。 「じぇじぇじぇ」は楽曲コンテンツの紹介に


 そういえば、浴衣姿の時に「はじめから」をタップすると、一瞬、麦わら帽子姿のひつじのしつじくんが表示されてビックリ! あわててスクリーンショットを記録した。
 わざわざデータが作ってあるということは、今後どの場面かで登場するのだろうか。

麦わら帽子姿のひつじのしつじくん。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加