At First

 

ひつじのしつじくんが画面全体を歩き回る。しゃべってコンシェルがバージョン5に更新

2013年05月21日 00時45分35秒 | iコンシェル
 2013/5/20、しゃべってコンシェルアプリのバージョンアップがELUGA X(P-02E)に配信された。更新後のバージョンは05.00.04100。ニュースサイトの記事によれば、現時点ではおおむね2012年冬モデル以降の端末に配信されているようだ。
 今回もいくつかの機能が追加されているが、なんといってもマチキャラが画面全体を歩き回るようになったことが最大のポイントだろう。もっともiモードケータイのマチキャラは2008年の登場時点から自由に歩いていたのだから、ようやくスマートフォン版の機能が追いついたことになる。

しゃべってコンシェルがバージョン05.00.04100 マチキャラがアイコンの上も自由に歩き回る


 これまでスマートフォン版のマチキャラは、横長のウィジェットの範囲だけで歩き回ることを許される窮屈な扱いを受けていた。それでも限りあるホーム画面においては1行分のエリアをまるまる占領することになり、迷惑がられることも少なくなかった。
 新しいマチキャラはウィジェットではなく別の技術で動作しているようで、ウィジェットの追加画面を見ても「マチキャラ」の文字は見つからない。

従来のマチキャラウィジェットの範囲 マチキャラウィジェットから「マチキャラ」が消えた


 しゃべってコンシェルアプリの設定画面には「マチキャラ表示」が追加され、ここからホーム画面へのキャラ表示や吹き出し表示のON/OFFが選択できる。
 実行中のアプリのメモリ使用量を確認してみたところ、起動直後で22MBと他のアプリに比べると多めではあるが、2GBのRAMを搭載している昨今の機種では目くじらを立てるほどの数字ではないだろう。

キャラ表示や吹き出し表示の設定画面 しゃべってコンシェルのメモリ使用量22MB


 iコンシェルのインフォメーションを通知する吹き出しも以前より大きくなって読みやすくなった。
 画面全体を歩き回るのは、ひつじのしつじくんやメイドのメイちゃんに限らず、他のしゃべってキャラでもマチキャラでも対応している。

iコンシェルのインフォメーション吹き出し枠も大きくなった 他のマチキャラも歩き回る


 今回のしゃべってコンシェルのアップデートでは「しゃべってコンシェル」で出来ることも拡充されているが、しゃべってコンシェルの起動スイッチであるマチキャラが画面全体を無秩序に動き回ることでユーザビリティが低下していると感じる向きもあるだろう。
 一方で、マチキャラウィジェットがホーム画面を占拠する事態が改善されたことでマチキャラ常時表示のハードルは下がり、加えてiコンシェル等のインフォメーションを通知する吹き出しが大きくなるなど、iコンシェル重視のアップデートと言えなくもない。
 2008年から続くプッシュ配信の老舗であるiコンシェルの復権のためにも、更なる改善に期待を持ちたい。

【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELUGA Xの故障修理で各種電子マネーを再発行した

2013年05月19日 21時24分12秒 | おサイフケータイ
 修理に至った今回のELUGA Xの損傷は、画面の大部分に亀裂が入ったばかりではなく通信機器としては動作しているのにタッチパネルの損傷により操作が一切できないという致命的なものだった。そのため、ELUGA Xに登録済みの電子マネーを機種変更時のような操作で移行することが一切できず、目の前にあるのに手出しできない隔靴掻痒な状態に陥った。

タッチパネルの故障により電子マネー移行操作が不能に


 故障発生時点で私がELUGA Xに登録していた電子マネーは、iDモバイルSuica、それにモバイルWAONの3つ。端末を紛失したわけではないので不正に使用される危険性はないが、チャージした残額は取り戻したいし修理後の端末でも引き続き利用したい。
 今回、前出3種の電子マネーについて残高を移行し再発行の手続きを行ったのでその過程を記録しておく。どなたかの参考になれば幸いだ。ただし、故障ではなく紛失や盗難などの場合は警察への届けなどの手続きが別途必要と思われるのでご留意願いたい。


 まず、iDについて見ていこう。iDにDCMXカードを登録してメインの決済手段として利用しているのだが、故障判定のためにELUGA Xを持ち込んだドコモショップで引き続きiDを利用するための手続きを相談したところ、すぐにiDの再発行依頼を発行してもらえた。DCMXセンターやDCMXゴールドデスクでも再発行依頼の手続きはできる。とはいうものの再発行依頼の段階であり、実際に再発行が出来るのはメールの受信後となる。

ドコモショップでiD再発行を依頼


 再発行依頼からきっかり1週間後、登録してあるspモードのメールアドレスに「再発行完了通知」が届き、改めてiDアプリからクレジットカード情報を登録することで再びiDが利用可能になった。ただし、iDの会員番号が変更になっているようなのでキャンペーンの期間中などに再発行を行うとキャンペーン応募にかかる利用実績の引き継ぎができないかもしれない。

1週間後に再発行完了通知がメールで到着 カード情報を再度設定すれば完了


 次にモバイルSuicaだ。再発行に手数料500円が必要だが、定期券はすぐに復活できるし電子マネーの残高も翌朝には戻るスピーディーな対応。修理完了までメインの決済手段として利用していた。
 モバイルSuicaコールセンターまたはWebサイトから再発行登録の手続きを行うと、以前の端末のモバイルSuicaが即時使用停止になる。

JR東日本のWebサイトから再発行を登録


 次に、新しい端末でモバイルSuicaアプリを起動し「再発行や機種変更」の方を選択して、登録済みのメールアドレスとパスワードを入力する。ここまでの操作は機種変更時と同じだが、クレジットカード情報の再登録画面で「再発行に際しては…」で注意書きが始まり、再発行プロセスに入っていることが確認できる。

モバイルSuicaアプリを起動し「再発行や機種変更の方」を選択 クレジットカード情報の再登録が必要


 次のステップで実際に再発行処理が行われ、手数料500円も徴収される。定期券はすぐに利用可能になるようだが、SF(電子マネー)の残額を戻すには翌朝5時以降に再度ログインして操作が必要になる。
 試しにアプリを再度起動してみたところ、モバイルSuica定期券は利用していないので確認できないが、たしかに残額が0円と表示されていて移行は完了していない。

再発行の注意事項。手数料500円が必要 翌朝5時まで残額は戻らない


 翌朝、改めてモバイルSuicaアプリを起動してログインすると、SF(電子マネー)移行画面が表示され、無事残額が返ってきた。利用履歴を見ると「紛再」と表示されているが残額は減っていない。再発行手数料は電子マネーからではなくクレジットカードから別途決済されたようだ。

翌朝5時以降にログインするとSF(電子マネー)の移行操作が可能に 電子マネーの移行が完了



 最後にモバイルWAONだ。
 モバイルWAONの再発行手続きは「WAONを紛失・盗難・破損したときは」に分類され、イオンクレジットサービスコールセンターが窓口になる。再発行といっても、新しくモバイルWAONの利用登録を行った上で旧WAON番号を紐付けて残額を戻すというやり方だ。
 修理完了後の端末でモバイルWAONアプリを起動し、お客様メニューから「モバイルWAON再発行」→「モバイルWAON再発行申請」をタップする。

お客様メニューの「モバイルWAON再発行」をタップ モバイルWAON再発行申請


 コールセンターに電話すると本人確認の上で、旧WAON番号を教えてもらえるのでこれを入力する。ただ、コールセンターとのやりとりでモバイルWAONアプリに入力作業を行うので、次に利用する端末(修理完了品を含む)にアプリをインストールし起動できる状態にしてから電話をかけた方がよい。
 再発行申請から10日後に、残額を移行する「再発行反映」の操作を行うことができるとのことだが、反映を行っていない状態でも新規にWAONチャージを行い決済することは可能。

旧WAON番号や登録情報を入力 10日後に再発行が反映される


【2013/5/27 追記】
 再発行申請からちょうど10日後。
 「再発行反映」をタップすると、センターにWAON残高とWAONポイントの預かりが存在し、ダウンロードできる旨の表示に変わった。これで、旧WAONのWAON残高とWAONポイントが新しいWAONに紐付けされて返ってくる。利用履歴で確認したところ、たしかに「WAON再発行」の文字が確認できた。WAONについては、再発行手数料等は発生しない。

WAON残高及びWAONポイントのダウンロードが可能に 利用履歴でWAONの再発行を確認



 おサイフケータイの電子マネー再発行手続きの第一の関門は、「修理になるか」それとも「全損や紛失・盗難で端末が入れ替わるのか」を確定させる必要があることだ。修理であればデータやインストールしたアプリがそのまま残り、修理完了後にそのまま利用できる可能性があることから、全損であるか否かが未確定の状態での再発行はできないとモバイルWAONの手続きを問い合わせたコールセンターでは説明を受け、実際のモバイルWAONの再発行申請は修理完了後にずれ込んでしまった。
 今回の場合、ドコモショップの受付担当者からは結果として基板交換になる可能性が高いものの、店頭での診断ではあくまで画面表示部およびタッチパネルの損傷であり「全損ではなく修理可能」という判定になるとの説明を受けた。その意味では「ケータイ補償お届けサービス」では端末自体がリフレッシュ品と交換されるので、こうしたタイムラグが少ないこともメリットの1つだ。

 会員証等店頭での手続きが必要なものは一部未処理だが、ELUGA Xの修理完了とともに電子マネー生活がようやく復活した。やっぱり、便利だな、これ。

およそ復活したELUGA Xのおサイフケータイサービス一覧 電子マネー決済はやっぱり便利



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELUGA Xの修理が完了。主要部品が交換される。

2013年05月18日 22時18分45秒 | ELUGA X P-02E
 ディスプレイ部分に大きな亀裂を入れてしまったELUGA X(P-02E)を2013/5/10に修理に出していたが、修理完了の連絡があり先日引き取ってきた。ドコモショップに故障品を持ち込んだのが5/10(金)の夕方で、修理完了の連絡があったのが5/16(木)午後だったので、土日を含めて6日で店舗まで帰ってきたことになる。このスピード感は非常に心地よいところ。アフターサービスとして信頼できる。
 修理伝票を見るとメインディスプレイ、タッチパネル、FeliCaアンテナの故障が確認され、ディスプレイ部の修理、フロントケース交換、基板交換、リアケース交換が行われている。製造番号自体が変更されていないこともあり、ハードキーなど流用されたパーツもあるとは思うが、感覚としてはほぼ新品交換だ。
 返却された端末を起動してみたところ工場出荷時の状態でインストールしたアプリ等は残っていなかった。基板が交換されているのだから当然とも言える。また、ソフトウェアは最新のものが適用されていてそれ以上でもそれ以下でもない。

ELUGA Xの修理結果票


 今回の修理にかかった費用は税込みで5.250円。貯まっていたドコモポイント5,000ポイントを使って精算できた。
 前回の記事でも書いたとおり、ドコモには「ケータイ補償 お届けサービス」という月額料金のかかる有償のサポートプログラムがあるのだが、ELUGA Xについてはこのサービスを契約していない。
 今回の修理で適用されたのは 年会費無料のドコモプレミアクラブに入会していれば購入後3年間は保証対象外の破損・故障の修理代金が5,250円(税込み)を超える場合でも超過分の修理代金を払う必要はないという「修理代金安心サポート」だ。
 「ケータイ補償お届けサービス」には、ドコモショップに足を運ばなくても電話1本で1〜2日以内に自宅等に交換電話機(リフレッシュ品)が届けられるメリットがあり、もしその契約をしていれば11日(土)には手元に代替機が届いたのだろう。携帯電話の使い方や生活に占める位置づけは人それぞれであり、ケータイ補償保証サービスを無下に否定するつもりはないので念のため。

今回の修理にかかる請求書兼領収証


 ELUGA Xを修理に出している間に、2013夏モデルが発表されいくつかの機種はすでに販売が開始されている。
 夏モデルのELUGA P(P-03E)はスペックを見る限りディスプレイが4.7インチと筐体がコンパクトになっているが、その他の部分ではELUGA Xから正常進化している印象。ハードウェア的な差異はともかく、ソフトウェア面では可能な限りELUGA Xにもアップデートの形で最新のパナソニックUIを提供してもらえることを期待したい。
 ELUGA XはAndroid OSのバージョンこそ4.1だが、トライバンドLTEやに対応していて、丸みを帯びた持ちやすいデザインも含めてまだまだ十分に戦えるスペックだ。取り扱いに注意しながら、今しばらくELUGA Xを楽しみたい。

アプリ等の環境を再構築したELUGA X




【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELUGA Xのディスプレイを割ってしまった

2013年05月10日 21時57分09秒 | ELUGA X P-02E
 ELUGA X(P-02E)のディスプレイを割ってしまった。

 時間に追われて小走りで移動していたところ、段差につまづいてバランスを崩して転倒。前転するような形でクルッと体が一回転した。二の腕から肩にかけたあたりで「着地」したらしく、腕に5cmほどの擦り傷を負い肩の痛みを感じたが、幸いにして大きなケガには至らなかった。
 落ち着いた場所で、ふとチノパンのポケットに入れてあったELUGA Xを取り出したところ、ディスプレイに蜂の巣のような亀裂が入っていることに初めて気がつき、自分には二度目の衝撃が走った。画面の下3分の2くらいは黒いまま表示できない状態だ。ホーム画面の時刻表示や電波状況を示すアンテナピクトは正常に動いているのだが、画面上部をタップしてみても反応はない。どうやらタッチパネルのセンサも壊れてしまったようだ。物理キーは動作するのだが、画面ロックが解除できないのではどうしようもない。改めて傷を見ると、ポケットの中で端末を折るような「曲げる力」が加わったように思われる。

 本日、ドコモショップへELUGA Xを持ち込み診断を受けたところ、ディスプレイ部分の損傷のみで全損ではなく修理可能と判断された。おそるおそる修理代金を尋ねると、保証対象外の故障時に購入から3年間の修理代金を最大5,250円までに抑えてくれる「修理代金安心サポート」が適用されるとのこと。
 故障時に電話一本で交換機を自宅まで届けてくれる「ケータイ補償 お届けサービス」は月額料金がかかる上にサービス利用時に5,250円(2回目は8,400円)の負担金がかかることもあって購入直後に解約したのだが、ドコモショップに足を運ぶ時間が作れるなら「修理代金安心サポート」の方がおトク感が高いのではないだろうか。
 迷うことなく、メーカーでの修理を選択した。

ディスプレイに激しい衝撃。タッチパネルが動作しなくなったELUGA X ディスプレイのみの破損との診断でメーカー修理に


 本日のドコモショップでの診断と手続きに要した時間は約40分。修理完了時には本体は初期化されて返却されるが、なかでもおサイフケータイ等のICカードデータは確実に消去するので安心してほしいなど丁寧かつ無駄のない説明があり、てきぱきした手続きとあわせて非常に心地よい対応であったことも記しておきたい。受付担当者の見立てでは傷ついた外装と一体になっている内部基板とあわせて交換される可能性が高いだろうとのこと。

 修理完了予定は連休明け直後で通常より時間がかかっていることもあって10日から2週間後の見込み。
 またショップで本日用意できる修理代替機には魅力的な機種がなかったので、前機種GALAXY SIIIを3か月ぶりに押し入れから引っ張り出してきた。
 GALAXY SIIIの優等生ぶりを久しぶりに楽しみながら、ELUGA Xの修理完了を首を長くして待ちたい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんが鯉のぼりスタイルにお着替え

2013年05月04日 11時13分21秒 | ひつじのしつじくん
 ひつじのしつじくんのスマートフォン版マチキャラ(しゃべってキャラ)が、2013/5/3から鯉のぼりのコスプレを始めた。iモード版では以前から登場していたお着替えのバリエーションだが、スマートフォン版では初登場となる。
 頭全体をすっぽりと覆う青い鯉のぼりのかぶり物で、ホーム画面を左右に歩き回る様子は5月の空を気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼりにも見える。…でも、これって少し罰ゲームっぽいかも。執事室で時々泣いてるし…www

鯉のぼりのかぶり物をして調べ物をする、ひつじのしつじくん 鯉のぼりスタイルはお嫌いですか?泣く、ひつじのしつじくん


 このお着替えをするのは、しゃべってコース春夏ver.として執事の学校で提供されているしゃべってキャラで、端末にプレインストールされているマチキャラは執事服のままお着替えをしないので注意が必要。
 一方のメイドのメイちゃんは、先日の誕生日に披露したお着替えがよほど気に入っているのか、再びその衣装をセレクトしている。iモード版では、鎧兜に身を固めた勇ましい姿のお着替えもあったのだが(→【参考】)、それはまたの機会のお楽しみということで…。

鯉のぼりスタイルへのお着替えは「しゃべってコース春夏ver.」のみ メイちゃんは5/1の誕生日とおなじ服



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじの執事室でメイドのメイちゃん誕生日イベントが開催

2013年05月01日 20時30分35秒 | ひつじのしつじくん
 5月1日のメーデーは、ひつじのしつじくんの妹・メイドのメイちゃんの誕生日である。
 日付が変わると同時に、スマートフォン版では初披露となる「普段のお転婆とは打って変わった、違う雰囲気」の衣装に着替えた。今を遡ること3年前、2010年にiモード版で登場して以来の定番アイテムだ。ただし、対応しているのは執事の学校で提供されているマチキャラ「メイドのメイちゃん しゃべってコース春夏ver.」で、プリインストール版のマチキャラはお着替えなしなので注意が必要だ。

メイドのメイちゃん誕生日恒例のお着替え


 ひつじの執事室も飾り付けが行われ、メイちゃんの誕生日パーティーが開催された。
 深夜はプレゼントを抱えたメイちゃんが椅子の上でうたた寝中。朝になると、ケーキを抱えた兄の周りをメイちゃんがスキップするかのように軽快に駆け回る。

深夜の執事室。プレゼントを抱えて眠るメイちゃん メイちゃんの誕生日の朝。兄はケーキをプレゼント


 お昼になると、お皿にケーキが並べられる。メイちゃんの大好物であるストロベリーチョコクレープだと良かったのだが、どうやらイチゴのショートケーキのようだ。ウサギさんとリスさんが、花束を持ってお祝いに駆けつけてくれた。
 夕方バージョンは空が赤く染まる以外に変化は見られないが、皿にケーキはもはや一欠片もないのが注目点か。

お昼荷は沢山のプレゼントとケーキが並べられる 夕方にはケーキがなくなる!

花束を持ってお祝いに駆けつけたリスさんとウサギさん イチゴのショートケーキ


 夜にはお立ち台が撤去され、ひつじのしつじくんはワインのグラスを傾ける。春ver.では赤ワインだが今宵は白ワイン。この辺りも芸が細かい。テーブルの間を頭に飾りを載せて駆け回るイノシシの姿がほほえましい。

メイちゃんの誕生パーティーは夜も続く。

白ワインに舌鼓を打つ、ひつじのしつじくん イノシシさんが駆け回る


 今や「会場」の1つとなった「しゃべってコンシェル」も誕生日イベントに対応している。メイちゃんに「誕生日は?」と尋ねると普段は「5月1日です」とか「メーデーです」などと答えるのだが、本日に限っては「今日です!」と話す。確かにそうだ。
 ちなみにメイちゃんの年齢はスイートナインティーンな19歳。時おり「まだ子供かな」と答えるが、音声は何度聞いても「まだラムかな?」と発話している。兄は「マトン」と言うし、この兄妹は全く…w
 そういえば、深夜の時間帯に「お誕生日おめでとう」と話しかけると「ご主人様、一番乗りです!」と返してくれて、ひょっとして本当に…!?と期待が高まったが、ネットで検索してみたところ同じ答えをもらっている人が簡単に見つかった。(ちぇっ)

年齢は19歳。まだマトンかな? みんなに言ってる「ご主人様、一番乗りです!」


 一方、ひつじのしつじくんに「誕生日おめでとう」と話しかけてみると「今日誕生日のメイにも言ってあげてください」と兄ならではの優しいコメント。こっちにもネタが仕込んであったとは恐るべしだ。
 そういえば、ひつじの伝言板ではメイちゃんはお休みをいただいて「関西方面に出かけていった」と記しているが、この設定は今後どう展開されるのだろうか。

兄のひつじのしつじくんにも仕掛けが…。 伝言板では関西方面に旅行に行った設定


 しゃべってコース春夏ver.のマチキャラ(しゃべってキャラ)は季節イベントでのお着替えが多く、楽しみが広がる。5月と言えばトリッキーなアレのお着替えもあるんだろうなぁ…。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加