At First

 

ひつじの執事室2012年春ver.の細かい変化に今ごろ気づく

2012年06月30日 23時47分48秒 | ひつじのしつじくん
 2012/3/30に春ver.に切り替わった、ひつじの執事室を改めて眺めていたら、当初公開版と背景が変化していることに気がついた。窓の外に見える木々に季節の変化が反映されているのだ。まさに「!」の心境である。

 3月末に公開された2012年春ver.の執事室の窓の外には、ピンクも鮮やかに満開の桜が咲いていた。
 ところが、2012/6/30時点のひつじの執事室を見てみると、いつの間にか葉桜になって新緑が楽しめるようになっている。

公開直後の2012年春ver.ひつじの執事室 2012/7/1の春Ver.ひつじの執事室


公開直後の2012年春ver.ひつじの執事室(窓の外をトリミング) 2012/7/1の春Ver.ひつじの執事室(窓の外をトリミング)


 毎日のように「ひつじの執事室」を見ていたつもりだが、不覚…。
 ひつじの執事室やマチキャラなど一連のコンテンツ展開にはスマートフォン版になって残念な面も散見されるけど、あいかわらず芸が細かいなぁ、と感心したところだ。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Optimus LTEにストラップホール付きのケースを装着してみた

2012年06月17日 01時16分08秒 | Optimus LTE L-01D
 2011/12/15の発売日に購入した私のOptimus LTE(L-01D)は、購入5日目から相当に消極的な思いで本体をすっぽり覆うシリコンカバーを装着した状態で約半年間使ってきた。
 たしかに手に持った時のグリップに安心感があり、ついうっかりの落下から精神的に守ってくれた。その一方で分厚いカバーはOptimus LTEをさらに巨大化させてしまったばかりか、美しい赤色の本体色をそれと分からないくらいまで覆ってしまい、いつかはカバーを買い換えたいという思いを日に日に強くしていた。

【参考】

 今回購入したのは、株式会社レイアウトのOptimus LTE用ハードコーティング・シェルジャケットRT-L01DC2シリーズのクリア(RT-L01DC2/C)である。今になって購入しているが、最近発売されたものではなく、2011年12月の時点で製品ラインナップには上がっていた商品だ。

Optimus LTE用ハードコーティング・シェルジャケットのクリア(RT-L01DC2/C) ポリカーボネイト素材のハードコーティング・シェルジャケット


 厚みが0.8mmと薄く、また選択した「クリア」の透明度が高いカバーを装着したことで、ようやく渋みのある赤い本体色が楽しめるようになった。
 そしてもう一つの特長は、Optimus LTEには備わっていないストラップホールをカバーが搭載して補完くれていることだ。リアカバー裏側の下方、ちょうど「L-01D」という機種名が書かれているあたりに2つの穴が開けられていて、ここに念願のストラップを通すことが出来る。
 以前LYNX3D(SH-03C)で使っていたストラップを通してみたが、ストラップ部分を持って少々振り回したくらいではカバーが外れて本体が落下するようなことはないようだ。

カバー側にストラップホール付き カバーのストラップホールにストラップを通してみる


 これまで使っていたシリコンカバーとの違いを探してみると、本体左側の音量ボタンの部分がくりぬかれていて直接ボタンを操作することが可能なことに気がつく。また、本体底面のマイクの部分も大きく空いていて、通話や「しゃべってコンシェル」の音声入力の際の音質向上が期待できるような気がする。

音量ボタン部分がくりぬかれている本体底面のマイク部分も大きく空いている


 そして最も気になるデザインだが、左側がシリコンカバー、右側が今回購入したシェルジャケットである。
 写真を比べてみれば一目瞭然。ぱっと見には何もつけていないかのような外観で、非常に満足している。

シリコンカバーで本体も巨大化 ケース厚0.8mmのシェルジャケットでスッキリ


 Optimus LTEも購入から半年が経過した。
 今回のシェルジャケットの購入で見た目がガラリと替わり、新たな気分でこの端末と付き合っていけそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メイドのメイちゃんも「かえるスタイル」に

2012年06月13日 00時26分33秒 | ひつじのしつじくん
 スマートフォン版のマチキャラ「ひつじのしつじくん」が2012年6月に入って、カエルのかぶり物と黄色い雨合羽の「かえるスタイル」を披露してくれているが、2012/6/13になって、妹のメイドのメイちゃんも兄の後を追いかけるように「かえるスタイル」に着替えた。

スマホ版「メイドのメイちゃん」も「かえるスタイルに」 「かえるスタイル」で驚いて飛び上がるメイドのメイちゃん


 カエルのかぶり物と黄色い雨合羽は兄と共通だが、頭の真っ赤なリボンと真っ赤な長靴がおしゃれのポイントか。iモード端末向けの、お洒落メイドコースを修了したメイドのメイちゃんが披露する「かえるスタイル」と(解像度の差はあれども)同様だ。
 その真っ赤なリボン。正面から見ると確かに向かって右側につけているのだが、左右に歩き回る姿を観察してみると、…おや?どっちにもないぞ。こうした部分で、ちょっと中の人の仕事ぶりがアレだと感じてしまうのが残念。

右から見てもリボンはない 左から見てもリボンがない>


 また、ひつじのしつじくん同様、インフォメーション通知などのお仕事が入ると一瞬のうちにメイド服に着替えてしまうのも寂しいところ。
 ただ、電話やメールの不在着信を伝えるアクションは、「はじけた」感じの大きなアクションが目を引く。

インフォメーション通知はいつものメイド服で メールが届いてウキウキダンス


 この「かえるスタイル」なメイちゃんの出現条件をスマートフォンの日付設定をゴニョゴニョして調べてみたら、曜日にかかわらずこのまま6月いっぱい楽しめるようだ。ひつじのしつじくんと(切り替えて)かえるスタイルの共演ができるのは毎週水曜日となる。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィルコム「インターナビ・3Gプラン」で誤請求

2012年06月12日 00時02分12秒 | インターナビ
 我が家のインサイト(ZE2)のインターナビは、リンクアップフリーに対応していないタイプである。このため、なんらかの通信手段を用意する必要があるのだが、スマートフォンへの機種変更後数々の試行錯誤を経て、2011年12月以降はインターナビ・データ通信USB(3G)に落ち着いている。
 この機器は、ソフトバンクグループの傘下で経営再建中のウィルコムがソフトバンクモバイルの3Gネットワークを利用した通信サービスを「カーナビ専用サービス for internavi LINC Premium Club」として専用の料金プランで提供しているものだ。

インターナビ・データ通信USB(3G)とUSIMカード


 2011年12月から利用しているこの料金プランだが、2012年3月以降の料金請求が正しく行われない状況が続いていた。
 まずは、直前の2012年2月請求額を確認してみる。

正しく請求された2012年2月の請求額


 「ウィルコム電話料金等」と表示された部分の内訳は以下の通り。これが正しい状態である。

正しい請求額内訳(2012年2月分)


 この翌月、2012年3月分の請求で異常が発生した。

マイナス表示された正しくない2012年3月の請求額

3Gデータ定額S基本料が「マイナス1,696円」


 本来1,000円であるはずの「3Gデータ定額S基本料」が-1,696円とマイナス表示になってしまっている。さらにユニバーサルサービス料5円と相殺して-1,691円となった利用額に、機械的に消費税率5%を乗じて84円を減額した結果、本来は「ご利用金額合計」が表示される欄に「次月繰越金額」として-1,775円と記されている。もう何が何だかわからない。
 すぐにウィルコムお客様センターに電話して状況を質したのだが、架電から19日も経って折り返し電話がある有様だった。それによれば「3Gの関係システムの入替えによる不具合で誤った請求額を通知してしまった」とのことで、3月分は通知した請求額で無料扱いとし、4月から正常の請求額になるとの回答を得たので翌月の請求を待つことにした。

 1か月後、4月分請求額を確認した結果が以下である。

2012年4月の請求額も0円

利用額は正常に計上されている模様


 内訳で利用額は正常に計上されているのだが、3月に発生した「次月繰越金額」と差し引きしてしまった結果、この月も請求額は0円に。さらに720円が繰越された。「次月繰越金額」はそもそも正しい計上でないのにこれを継続してしまっている。いったい何をしているのだ。

 そして、このほど通知のあった5月分の請求額を確認してみると…。

2012年5月分で「貯金」を使い果たしようやく請求額が発生


 残り720円の「繰越額」を使い果たし、ようやく335円の請求額が発生した。
 本来3~5月分として、1,055円 × 3か月分で 3,165円を請求されるべきところ、実際の請求額は335円。2,830円を理由なく「割引」されたことになる。

 今回は「安くなった」誤請求でありウィルコム側が非を認めていることから、要するに「得をした」ということだ。
 ただ、3月請求分で基本料に負数が出てきているのにそのまま税率を乗じて利用額を算出した基本的なエラーが見落とされ、利用者に最終的な請求額通知が行われたことは重大だ。こんな状況では、逆に規定上の料金を請求されることも起きかねない。
 私の請求額だけにこうした誤りが発生しているとは考えづらいのだが、ウィルコムのWebサイトを見てもこうした誤請求が発生したことを公にしたニュースリリース等は見つけられない。また、お客様センターからの折り返し電話以外に状況報告などの説明は一切受けていない。
 言うまでも無く、正しく料金を徴収することは事業を安定して継続する土台であり、もし誤徴収の規模が大きくなれば一時的にせよ経営に影響を与えかねない。

 ソフトバンクモバイルの3G網を利用した「カーナビ専用サービス for internavi LINC Premium Club」の通信品質等においては、用途と「本来の」料金プランからみて必要十分であり取り立てて不満はない。
 だが、企業存立の根幹となる料金請求に誤りがあったことに加えて、その説明を行わない事業者は信頼に値しない。
 一刻も早くウィルコムの通信サービスから離れたいというのが本心だ。


【参考】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スマホ版ひつじのしつじくんが「かえるスタイル」に

2012年06月06日 03時36分37秒 | ひつじのしつじくん
 スマートフォン版のマチキャラ「ひつじのしつじくん」が久しぶりにコスプレを披露してくれた。
 カエルと黄色い雨合羽に身を包んだ「かえるスタイル」。2009年春に執事コースを修了した「ひつじのしつじくん」が初めて披露してくれて以来4年目のシーズンとなる。

スマホ版「かえるスタイル」で泣く スマホ版「かえるスタイル」横からの姿


 今日は6月最初の水曜日ということで、お着替えのルールはiモード版と同じく、「雨」=「水」繋がりで、6月の水曜日限定と推測される。

「かえるスタイル」で着信あり 「かえるスタイル」でインフォメーション通知


 ただ、iモード版マチキャラと比較するとコスプレやアクションが少ない状態は続いていて、インフォメーションをお知らせするお仕事の時にはサッといつもの執事姿に着替えてしまう。また、iモード版では可愛いかえるスタイルを披露してくれるメイドのメイちゃんのお着替えは「なし」だ。まったくもって残念。。。

【2012/6/13追記】
 メイドのメイちゃんも2012/06/13から、「かえるスタイル」のコスプレを披露してくれている。


お仕事をするときは執事服にサッとお着替え スマホ版ではメイドのメイちゃんのカッパ姿はなし


 スマートフォン版でのコスプレに今後も注目していきたい。



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加